Hatena::ブログ(Diary)

証券アナリスト試験のための備忘録 RSSフィード

このブログは証券アナリスト試験に必要な知識・勉強法・参考書その他もろもろを解説しています。
また、英語の翻訳もやってますので経済英語の学習にもなるかも

必要な関数電卓の説明はこちら(電卓が新しくなっています。)
債券相場の業界用語はこちら

2014-01-17

経済学入門:供給と需要2/Economics Basics: Supply and Demand

A. The Law of Demand/需要の法則


The law of demand states that, if all other factors remain equal, the higher the price of a good, the less people will demand that good. In other words, the higher the price, the lower the quantity demanded. The amount of a good that buyers purchase at a higher price is less because as the price of a good goes up, so does the opportunity cost of buying that good. As a result, people will naturally avoid buying a product that will force them to forgo the consumption of something else they value more. The chart below shows that the curve is a downward slope.


f:id:tokerusakana:20140114161202g:image


需要の法則とは、他の条件がすべて同じであるなら、財の価格が高くなればなるほどそれを需要する人々は少なくなるという法則のことをいう。つまり、価格が高くなればなるほど需要量は少なくなる。財の価格が上昇すれば、その財の購入に伴う機会費用も上昇するから、財の価格が高くなる点において買い手が購入する財の量は少なくなるのである。結果として、人々はそれを購入することで彼らが他のより価値が高いと考える消費を手放さなくてはならなくなるような製品の購入は自ずと避けることになる。以下の図は右下がりの曲線を示している。

A, B and C are points on the demand curve. Each point on the curve reflects a direct correlation between quantity demanded (Q) and price (P). So, at point A, the quantity demanded will be Q1 and the price will be P1, and so on. The demand relationship curve illustrates the negative relationship between price and quantity demanded. The higher the price of a good the lower the quantity demanded (A), and the lower the price, the more the good will be in demand (C).


点A、BおよびCは需要曲線上にある点である。この曲線上の点は、需要量(Q)と価格(P)の直接的な相関関係を表している。よって、点Aでの需要量はQ1になり、価格はP1になる。その他の点も同様である。需要(関係)曲線は価格と需要量の負の相関を示している。財の価格が高くなれば、需要量(A)は減少し、価格が低くなれば、財の需要量(D)は増加する。


(参考)ビギナーのための経済英語―経済・金融・証券・会計の基本用例320