DONUTS

2016-06-07

幸福が等しく降り注げば問題ないわけだけど、木陰に立つあの人には届かないとして、なにができるか。まず自分にそのひかりはあたっているのか、あたっていないのだとしたら、自分はどう思うのか、上を睨むのか。隣のひかりをただ見つめ続けるのか。その場から移動するのか。

何かを書くということはどういうことなのか、何も書けないと言う事は。何も書けない間に流れる生活の中、繰り返される毎日にどう思うのか。

悲しい事があったとして、悲しい事が合ったとして。流れる映像に何を思うんだろうか。

なぜ何かをしなければいけないと思うのだろう、なぜ何かを書こうと思うのだろう

見つけて欲しいのか、そのような矮小な考えしか浮かばない

変える事はステップを踏むようにけんけんぱ

幸福が等しく降り注げば問題ないわけだけど、木陰に立つあの人には届かないとして、なにができるか。まず自分にそのひかりはあたっているのか、あたっていないのだとしたら、自分はどう思うのか、上を睨むのか。隣のひかりをただ見つめ続けるのか。その場から移動するのか。

何かを書くということはどういうことなのか、何も書けないと言う事は。何も書けない間に流れる生活の中、繰り返される毎日にどう思うのか。

悲しい事があったとして、悲しい事が合ったとして。流れる映像に何を思うんだろうか。

なぜ何かをしなければいけないと思うのだろう、なぜ何かを書こうと思うのだろう

見つけて欲しいのか、そのような矮小な考えしか浮かばない

変える事はステップを踏むようにけんけんぱ

2016-04-25

捨てるためにエリカヴァドゥのCDを聴く。ここ最近聴いたもので一番良かったので捨てずにもう一度寝る前に聴く。

よくよく考え直してみたら、人間一日にできる事は本当に少ない。こういう事も老いてきてようやくわかってくる。老いを受け入れるというよりも老いも、それに抗おうとする若さについても程々に客観的に見れるようになった。とにかく対外的に何もネタにならないしする必要もない。毎日毎日時間は少ない、少しずつ積み重ねるように変えていくしかない。

コンビニパンと水とブロディと虎の巻を買う。サイレントマジョリティーはここ何年かのクリーンヒット、本当に黙ってた人間をぶん殴るような曲でかんぱいした。強いなーと思った。徹底した笑顔での反撃

2016-04-24

家で酒を飲むと眠たくなってしょうがない。何もできずに寝た。

何回か繰り返してやっとわかるようになった

2016-04-22

記憶の中にあるものをちゃんとなぞるもの。

2016-03-27

書く事はなんでこんなに恥ずかしいんだろうかと思う事にも十分飽きたので、滞りなく永遠に続く日常を本当に繰り返すんだなあとも、最早思わなくもなりながら毎日過ごしている。

そうやって、昔のスターの写真を見て無敵なほどの若さの輝きと比較して現在の顔を見つけた時、スターでこれなら普通の自分はどれだけひどいんだ、良かった時なんてあったのだろうか?という問いを発する今をピークとしてずっと下がり続けている日常の中で健康を気遣ってたまには早く寝たり、白湯飲んで自分が浄化されるイメージとか思い浮かべながら、時間をちゃんと埋めようかなんて意識的に考えたりする。それで勘弁してくれなんて思いながら。

自分は何も残せないななんて、こんな言葉に対応する希望の言葉は、今の世の中には五万とあり、自分に合った言葉を探して自分をやめないようにする。いつもいつもつじこのりこの「mazic」の歌詞が何度も流れる。

結局僕等ら何も成し遂げられなかったたなんてちっともそんなことない

なんて一行をずっと持って、たまに流しては、俺はなにしてんだって本当に一人で口に出してつぶやいても、展開しない生活を確認する。明日からもこのままだこのままなんて言って