球バカな日常

2014-08-28

量子コンピュータって凄いのか? 18:16

ネットに「量子コンピュータが出来たら凄いゲームが出来るのか」ってスレのまとめがありました。

「今のコンピュータと比べると物凄い進化するからゲームももっと凄いものが出来るんじゃないか」って発想だと思います。

夢を見るのは素敵な事だと思いますが、現時点での量子コンピュータのアプローチからすると「物凄いゲーム」が出来る様には思えません。

難しい話は端折って言うと今のコンピュータの原理はそろばんと大差ありません。

想像もつかないくらいの圧倒的な計算の結果として、現実との差がなくなるくらいにリアルな動画を作ったり物凄い分岐を持つシナリオを組み込んだりしています。

ボタンを押したら弾が敵に向かって飛んでいくってだけでも結構な演算処理をしています。

量子コンピュータを使うと今のコンピュータでは数億年かかっても出来ない計算結果をわずかな時間で導き出す」と言う量子コンピュータ特性を「物凄い計算処理能力がある」と勘違いすると「凄いゲームが出来るんじゃないか」と言う夢が出て来るんだと思います。

結論から言うと「量子コンピュータは計算なんてしない」のです。

計算しないから計算結果が素早く出てくるって寸法です。

何を言ってるのか分かりませんよね。

現在実用化されている量子コンピュータの一つであるD-Wave2のアプローチは計算装置ではなく「実験装置」と呼んだ方がしっくりきます。

搭載されている量子ビットを条件に基づいて配置して電圧をかけるとわずかな時間で量子ビットが相互作用して安定した状態を作り出す。

その安定した状態が「解」と呼ばれ通常のコンピュータで言う計算結果になる訳です。

例としてよく挙げられるのが最適化ルート(巡回セールスマン)問題です。

「3点を結ぶ最短ルートはどれか」の3点の部分が30を超えた辺りで通常のコンピュータでは力ずくで計算すると万年単位の時間が掛かります。

量子コンピュータのアプローチは量子ビットを条件に基づいた配置にしてあげて安定した状態になるまでほんのちょっと待つと最適(またはそれに極めて近い)状態が目の前に現れる。だから実験装置と呼ぶ方が良いと言われている訳です。

言い換えると「組み合せの最適解は何か」を知るには量子コンピュータが最適と言う事です。

組み合せの最適解が分かったら何が嬉しいのかって思いますよね。

薬の製造は最適解の模索だそうです。AI機械学習の処理も最適化問題が主だそうです。

高性能な量子コンピュータを使うと人間が絶対に勝てない将棋ソフトが出来るどころではなく囲碁将棋の「最終的な解」が見つかるのは間違いなさそうです。

つまり正しい手順を指すと必ず先手必勝、後手必勝、引き分け、のどれかに結論が出るって意味です。

ちなみにオセロは結論が出てなくて6x6の縮小版だと後手必勝って結論だそうです。

こうした仕組みのコンピュータでどうやって超高性能なゲームを作るかは私には想像が出来ません。

囲碁将棋は作れそうですが、楽しいかどうかは別になっちゃいます。

でも目にも止まらぬスピードで量子ビットの配置を変える事が出来たら何かしらのゲームが作れるかも知れませんね。

モグラに空を飛ばさせるにはどうしたら良いかってくらい私には分かりません(笑)

でも何年かすると違うアプローチの量子コンピュータが現れてこの日記を鼻で笑うかも知れません。

それはそれで夢があって良いんじゃないかと思います。

2014-07-30

久しぶりの日記 19:23

いつもの調子の日記だから見たくない方は回れ右推奨。

最近のネットの傾向として嫌韓がありますね。

個人的には単身赴任時代に在日韓国人(朝鮮人?)の友人も出来ましたし悪い感情はあまりありません。

どちらかと言えば嫌韓ネタをフィクション的に楽しんでるのが本音です。

さて、この関係で比較的有名なブログに「余命三年(以下略)」と言うのがあって、固くて長い文章が面白かったんですが最近ブログ主さんが亡くなってしまいました。

ブログは現在も継続されていて有志の方々が引き継がれたのですが、以前と比べて何やら胡散臭くなりました。

明らかに間違ってると思ったのが対談形式の最近のエントリにあった「日韓はいずれ国交断絶する。国交断絶すると戦時国際法適用されて在日韓国人の方々で通名を使ってるとゲリラ認定されて即刻処刑される」と言う噴飯ものの意見。

国交断絶の最大の状態は戦争(紛争)状態なんですが、それに次ぐのは「国家認定してない事」です。

日本で一番有名な国家認定してない国(国連加盟国)は北朝鮮ですね。

嫌韓の方々は通名を使ってる在日朝鮮人(北朝鮮籍)の方々がゲリラ認定されて即刻処刑された事例をご存知なんでしょうか。

私が知らないだけですか?(笑)

更に日本が国として認定しておらず国連加盟国でも無い国(地域?)に台湾があります。

ひょっとしたら台湾の方々が処刑されたんでしょうか?

ご存知の方も多いと思いますが極端に言うと現在の台湾政府は中国共産党に敗れた中華民国国民党亡命政権ですよね。

しかも未だに「中国大陸における正当な政権中国民国の国民党」と主張しているみたいです。「台湾(国)」なんて政権自体が望んでない。だから日本も国連台湾を国として認定しようがないってのが正しい理解の様です。

北朝鮮と違って台湾には気軽に旅行も出来るし民間交流も盛んですが台湾には日本の大使館はありませんし日本にも台湾大使館はありません。

似た組織が事務代行してるだけなんですよね。

調べてみると知らない事ばかりです。

ネットの情報はソースを見たり自分で調べたりして真偽を確認して下さいませ。

2014-06-08 4スタンス理論(スポーツ&ビリヤードネタ)

テレビで見たスポーツ理論の4スタンス理論に最近注目しています。

福岡では辻田プロがアマチュアのレッスンでも取り入れているそうです。

【4スタンス理論】naverまとめ

http://matome.naver.jp/odai/2138855649596158701

簡単に言うと重心位置は4つに分けられるって理論です。

人間は重心位置を上から「肩」、「胸」、「腰」、「膝」、「足」の5つから3つ選んで体のバランスを取っていると言う理論です。

Aタイプは、「胸」、「膝」、「足」

Bタイプは、「肩」、「腰」、「足」です。

胸は肘と同じ意味で、腰は手首と同じ意味だそうです。

さて、ビリヤードでは「肘(胸)」を動かさずに撞くって習いますよね。

実はこれはAタイプに対する教え方なんです。Bタイプは肘を意識して動かさずに撞くのは不可能なんです。重心を取る位置が違いますから。

なので、ビリヤード場で肘を落として撞く人に「あーこの人はビリヤードの基本が分かってないんだなぁ」と思うのは間違いなんです。だって動いちゃう体の動きが自然なんですから。

古くはスティーブ・ミゼラク。関西では蔵の前プロが典型的なBタイプのプロですね。

新しい所では川端プロもBタイプだと思います。

Aタイプが真似しても出来ない(やっちゃいけない)体の動きをしてます。

ちなみに野球ではAタイプの代表はイチロー、Bタイプの代表は松井秀樹です。

両方ともに超一流ですよね。タイプの違いに優劣は無いってのが4スタンス理論の良いところです。

実は私もBタイプです。

さて、ここから本題です。

Bタイプの方がどうやったら自然に固い球の入れを実現出来るか。

最近それをチャレンジしています。

「肩」、「腰」、「足」を軸に動きを組み立てる人々は肘を忘れて肩と手首(腰)に意識を持って球を撞くと「見掛け上、肘が動かずに球が撞ける」と思います。

最近チャレンジしている意識は、「左胸から肩にかけての体の部分をキュー(又は台)に近づけて手首を少し引き上げながら手球と的球を一直線に狙いながら、引き手は薬指から小指で引いて手首ごとキュー先を手球から厚みに向かって撞点を撞き抜く」イメージです。

言葉が長いので難しく感じるかも知れませんが「肘を重心にキューを振る」よりは余程簡単なイメージで撞けると思います。

上にアップした動画で、自分のタイプを見つけてみて下さい。

参考にすべきプレイヤーの選択肢が分かりやすくなるかも知れません。

未だに見分けのつかないプレイヤーにエフレンレイズとフランシスコブスタマンテが居ます。

私はBタイプだと思いたいいんですが、どうでしょうね(^^)

するめ男爵するめ男爵 2014/10/21 02:19 私はビリヤードではなくダーツをしていますが、プロの方に教えていただき、4スタンス理論を取り入れはじめました。そのお陰なのか、根気よく練習しているといつの間にかイップスが緩和されました。自分の身体の構造をしっかりと理解した上で投げているので、無理な身体の動かし方をすることがなくなったからだと思います。

2014-03-18

STAP細胞14:54

「世界的な大発見」から「世紀の捏造」へとマスコミ報道が大きく変わって「いったい何が起きてるのか」が分からなかったので調べてみました。

大まかな前提条件が分かってないといけないので、これまでの話の整理を少しだけ。

人間は爪を切っても新しく生えてきますよね。怪我してもそこそこ治ります。こうした人間の細胞再生機能を人工的に補完しようと言うのが「再生医療」と呼ばれるものです。

肝臓摘出しても新しい肝臓がすぐに手に入ったら命が助かる人が増えるって感じですね。

内臓移植は他人から提供されると人の免疫機能は異物とみなしますので移植内臓は壊されてしまいます。

壊さないように免疫機能を弱めると風邪を引きやすいです。もちろん他の病気にもなりやすい。

だから、自分の細胞培養して取り替えないといけなくなった内臓とかを作って移植すれば完璧やん。って昔の人は考えました。

ところが爪の細胞は爪にしかならない、筋肉の細胞は筋肉にしかならない。これを解決しないとうまくいかないって事です。

どんな体組織にも変わる細胞を「万能細胞」って言います。

一番有名な万能細胞は、受精卵ですね。最初は1個から分かれて人間ができちゃう。これぞ万能。

一番最初に人工的に作った万能細胞の名前がES細胞。材料は受精卵。しかも他人の。

確かに万能だけど、人間の治療には人間の(しかも他人の)受精卵を使わないといけない。これは何だか嫌。と考えられてました。

次に出てきたのがご存知iPS細胞。材料は人の皮膚。しかも自分のでオッケー。

倫理上の課題も少ないし、DNAも自分のだから完璧。って事で山中教授はノーベル賞に輝きました。

でも、4種類くらいの遺伝子組み込みが必要で生産性が低い(工業的に言うと歩留まりが悪い)って欠点がありました。

そして出てきたのが今話題のSTAP細胞

これ画期的。どこの細胞でも良いから弱い酸につけたら万能細胞になる。これまでの「外部刺激では細胞は万能細胞には絶対ならない」って常識が覆される画期的な発見。

やっぱり絶対って言っちゃ駄目なんだと世界が驚いた仰天の研究結果でした。

しかも方法が簡単そうなので、歩留まりも良さそう。超画期的。

最近分かってきたSTAP細胞の作り方(レシピ)

生後10日より若いマウスリンパ液を使用する。リンパ液に赤血球が混じったら失敗確実。

マウスが10日より年取ると失敗率が上がっちゃう。何度か細い管を通して物理刺激も加えて選別する。

細胞の80%くらいが死滅する程度の刺激継続。

詳細は↓

http://www.riken.jp/pr/topics/2014/20140305_1/

意外に簡単じゃないみたい。

そしてそして、上のレシピではSTAP細胞(タネ)を培養してSTAP幹細胞(使える素材)にしてみたら万能細胞じゃなくなっちゃったみたい。と言ってる様です。

これが「本当にSTAP細胞って存在するの?」と言われている理由です。

論文捏造とかコピペとかじゃなくて存在そのものが疑われていると言う事です。

私は素晴らしく夢のある研究なので、是非ともその存在を改めて示して欲しいと期待しています。

それと、マスコミは手のひら返し過ぎ。アホかと。頭悪いのかと。

まぁ、マスコミは頭悪くてろくに意味が分からなくて大騒ぎしたから恥ずかしくなって今更叩いているとしか見えないんですけどね。

2013-12-06

特定秘密保護法12:50

まずは法律の全文をお読み下さい。

特定秘密保護法案全文】東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/feature/himitsuhogo/zenbun.html

読んだ結果、「何でこれを野党マスコミが血相変えて反対するのか、理解できない」のが正直な感想です。

まず、「各省庁が勝手に特定秘密を指定できるから」と言ってますが、秘密の範囲は以下の様になっています。

一 防衛に関する事項

 イ 自衛隊の運用又はこれに関する見積り若しくは計画若しくは研究

 ロ 防衛に関し収集した電波情報、画像情報その他の重要な情報

 ハ ロに掲げる情報の収集整理又はその能力

 ニ 防衛力の整備に関する見積り若しくは計画又は研究

 ホ 武器、弾薬、航空機その他の防衛の用に供する物(船舶を含む。チ及びリにおいて同じ。)の種類又は数量

 ヘ 防衛の用に供する通信網の構成又は通信の方法

 ト 防衛の用に供する暗号

 チ 武器、弾薬、航空機その他の防衛の用に供する物又はこれらの物の研究開発段階のものの仕様、性能又は使用方法

 リ 武器、弾薬、航空機その他の防衛の用に供する物又はこれらの物の研究開発段階のものの製作、検査、修理又は試験の方法

 ヌ 防衛の用に供する施設の設計、性能又は内部の用途(ヘに掲げるものを除く。)

二 外交に関する事項

 イ 外国の政府又は国際機関との交渉又は協力の方針又は内容のうち、国民の生命及び身体の保護、領域の保全その他の安全保障に関する重要なもの

 ロ 安全保障のために我が国が実施する貨物の輸出若しくは輸入の禁止その他の措置又はその方針(第一号イ若しくはニ、第三号イ又は第四号イに掲げるものを除く。)

 ハ 安全保障に関し収集した条約その他の国際約束に基づき保護することが必要な情報その他の重要な情報(第一号ロ、第三号ロ又は第四号ロに掲げるものを除く。)

 ニ ハに掲げる情報の収集整理又はその能力

 ホ 外務省本省と在外公館との間の通信その他の外交の用に供する暗号

三 特定有害活動の防止に関する事項

 イ 特定有害活動による被害の発生若しくは拡大の防止(以下この号において「特定有害活動の防止」という。)のための措置又はこれに関する計画若しくは研究

 ロ 特定有害活動の防止に関し収集した外国の政府又は国際機関からの情報その他の重要な情報

 ハ ロに掲げる情報の収集整理又はその能力

 ニ 特定有害活動の防止の用に供する暗号

四 テロリズムの防止に関する事項

 イ テロリズムによる被害の発生若しくは拡大の防止(以下この号において「テロリズムの防止」という。)のための措置又はこれに関する計画若しくは研究

 ロ テロリズムの防止に関し収集した外国の政府又は国際機関からの情報その他の重要な情報

 ハ ロに掲げる情報の収集整理又はその能力

 ニ テロリズムの防止の用に供する暗号

防衛外交、特定有害活動、テロリズム。。。。当たり前の範囲だと思いますが、ぱっと見、問題なのは「特定有害活動」なんでしょうね。

でも条文にある特定有害活動ってのは、こうです。

【特定有害活動】

公になっていない情報のうちその漏えいが我が国の安全保障に支障を与えるおそれがあるものを取得するための活動、核兵器、軍用の化学製剤若しくは細菌製剤若しくはこれらの散布のための装置若しくはこれらを運搬することができるロケット若しくは無人航空機又はこれらの開発、製造、使用若しくは貯蔵のために用いられるおそれが特に大きいと認められる物を輸出し、又は輸入するための活動その他の活動であって、外国の利益を図る目的で行われ、かつ、我が国及び国民の安全を著しく害し、又は害するおそれのあるものをいう。

何がいかんのじゃ?

そして、もう1つは「適正評価」の項目。1の項目はテロとかの説明が長いから省略。

 一 特定有害活動及びテロリズムとの関係に関する事項(評価対象者の配偶者事実婚含む。)、父母、子及び兄弟姉妹並びにこれらの者以外の配偶者の父母及び子をいう。)及び家族を除く同居人の氏名、生年月日、国籍(過去に有していた国籍を含む。)及び住所を含む。)

 二 犯罪及び懲戒の経歴に関する事項

 三 情報の取扱いに係る非違の経歴に関する事項

 四 薬物の濫用及び影響に関する事項

 五 精神疾患に関する事項

 六 飲酒についての節度に関する事項

国籍条文が気に入らないらしい。調べるって言ってるだけで、どこの国は駄目とは言ってない。駄目だと言われそうな過去の国籍持った人が騒いでる?

完璧な法律って無いから運用をキチンと監視してれば有効な法律に思えるんですけどねぇ。