マシンがどんどん廻る廻る  このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-03-08 [ひとりごと]会社ハック このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

3ヶ月くらい前くらいか、「会社ハック」と称していかに会社をサボハックするかとうことをtwitterでぼそぼそと呟いていたら、数名になぜか好評だったので、この際解説つきでまとめてみることにした。


会社ハック:返事は「はい」と「ええ」と「なるほど」をランダムに織り交ぜると真面目に話を聞いてるようにみえる

これは昔雑誌編集をやってるときに身に着けたテクニック。

インタビューするとき、人の話を聞きながら次に聞くことを頭の中でまとめなきゃいけない。そーいうとこにこのハックは絶大な力を発揮するわけであります。

ポイントは「ええ」です。「ええ」なんて日常生活じゃ使わないでしょう皆さん。これでグッと社会人レベルアップ。

力をこめて「ええ」と言いましょう。



会社ハック:どんな場所においても背筋を伸ばして右手の甲に左手をあてて立っていると関係者に見える

ライブ会場とかでも、こう立っていると無闇に関係者と思われて話しかけれたりします。

さびしがりやの人にはぴったり。

それ以外に特にメリットはありません。



会社ハック:5分遅刻するなら、1時間遅刻せよ。そっちの方が私用で遅刻したっぽい雰囲気にしやすい。

会社ビギナーは、息を切らせながら「すいませーん遅れました〜」と会社に駆け込んでしまうわけですが。

会社ハッカーは違います。

「ちょっと遅れそうだな」と思ったらあえてコーヒーを飲んでゆっくり。

当然の顔をして会社に出社するわけです。

「あれ? 言ってなかったっけ?」くらいの勢いでサラリとした出社をしましょう。

誰も突っ込まなくなります。

それがあなたの社会人生活にとってプラスになるかマイナスになるかは、熟考しておきましょう。




会社ハック:会社でブログなどを書く際は outlook の新規メールに書く。仕事をしているように見える。

何気に一番ふぁぼったーで人気があったのがこのハックでした。

さすがにブラウザ開いて更新するのは人目がはばかれる、でも仕事やるきしないからブログでも書きたい、なんてアンニュイな時間を過ごしている人にはオススメのハックであります。

はてなとかだと、メールでポストできちゃったりするわけですが、それは敢えてしないのがこのハックの肝。

メールアドレスの欄は一切触らず、隙をみてアップするか、Gmailの下書きとかに保存するのが吉です。

これは、うっかり送っちゃいけない人に送信してしまうミスを防ぐと同時に、会社のメールサーバに不必要な情報を残さないためであります。

書くときはできるだけ真剣に、俯きがちで打ち込みことが肝要です。

あとoutlookフォントサイズとかを小さくして、何を書いてるのか分からなくするのもいいですね。


会社ハック:立って話しているときにチャックが開いているのに気付いてしまったときは、携帯に電話がかかってきたフリをし「もしもし?」と後ろを振り向いた隙に閉めろ

電話かかってきた(フリ)をしているときに「はい!?」と大げさに答えて体を無闇に上下するのがこのハックのポイントであります。

素早く右手を上下させて、その勢いで一気に締めましょう。

必要以上に戸惑っているとバレてしまい、会社ハッカーとしての地位がガタ落ちであります。




会社ハック:同じ会社の人かどうか微妙なときは、 10 度ほど頭を下げて「スー」と息を吐きながらすれ違う。「お疲れさまです」と言ってるように聞こえる

会社ハック:すれ違いざまに「です」だけ言っても「お疲れさまです」を言ってるように見える

このあたりは新社会人にはオススメです。

僕出向することが多かったんで、誰が関係者で誰が上司で誰が他人なのかすぐわかんなくなったんですよ。

そのときにこのハックをしってたらまじ便利! ちょう使える!

「スー」「です」とボソボソっと呟くととりあえず挨拶してるように見える。

ちなみに、これと似たようなことをしりあがり寿が20年くらい前の漫画で書いています。さすがです。



という感じで、ほかにも幾つかありましたが一旦こんな感じで。


こういうことをぼそぼそと呟いていると、

「何の仕事をしてるんですか?」

「会社ちゃんと通ってるんですか?」

「社会人とは思えない」

「バカじゃねーの」

「氏ね」

などいろいろ言われますが、

あくまでも僕が書いていることはフィクションであり、実在の人物や会社とは何ら関係ありません。

ご注意ください。