あの頃の僕らは胸を痛めてブギーポップなんて読んでた

暫定公開中。

2008-06-10 小学館だけではなかった

小学館だけではなかった 小学館だけではなかったを含むブックマーク

例の小学館の話なんですけどね。

最初はいたく作者側に同情したんですが、よく考えたら作者側の一方的な言い分しかないなー、なんて思いなおしてました。

でも、下記の記事見て考えが変わりました。

http://d.hatena.ne.jp/m_tamasaka/20080610/1213079977

雷句誠の今日このごろ。:(株)小学館を提訴。

(1)本来、漫画家と、編集者(出版社)は、対等の付き合い、フィフティーフィフティーの関係でした。全没(始めから全てやり直し)が出たら、編集さんは深夜でも自宅のFAXで直しのネームを受け取り、すぐにチェックをし、原稿に取りかかれるようにする。そして直しを出すにしても、その先に漫画が面白くなるような展開を話し合う、漫画家を納得させて、漫画家も面白くするために努力する。もちろんお互いを仕事相手としても見ています。


ここを読んで妙な引っかかりを感じました。そのときには何が引っかかったのかわからなかったのですが、後に奇Ring・エッセンスさんの「とりあえずプレゼン用」というエントリを見て違和感の正体に気付きました。私は「対等」という言葉に引っかかっていたのです

(中略)

奇Ring・エッセンスさんのエントリは、マンガ家と編集者の信頼関係を、「良い編集者モデル」「悪い編集者モデル」という2枚の絵で表現しています。この絵の矢印を逆転させてみましょう。「良いマンガ家モデル」というものを考えた場合、編集者の信頼は作家がおもしろくて売れる作品を作り、かつ締め切りを守ることによって生まれます。しかしそのようなことはめったに起こりません。どうしても「悪いマンガ家モデル」、つまり締め切りを破ったり(これが一番多い)、売れなさそうなものを描いてきたり、言うことを聞かなかったりといった方に寄りがちになります。



だいたいマンガ家が期日までに売れる作品を上げてくれるなら、編集者は必要ないのです。元をただせば、締め切りを守れなかったり、放っておくと売れなさそうなものばかり描いたりするマンガ家が多かったから、彼らを監督するために派遣される人々が生まれ、それがそのうちに「マンガ編集者」という名前で定着したのではないでしょうか。

絶句した。

 

えーとね。

雷句先生の陳述書にはこうあるわけですよ。


http://88552772.at.webry.info/200806/article_2.html

1)「あまりにも編集者、出版社と言う物が漫画家を馬鹿にし始めた。」

つまり、雷句先生いう「対等」って端的に言うなら

「編集者は漫画家を馬鹿にするな!」

ってことですよ。

もっと言うなら

だいたいマンガ家が期日までに売れる作品を上げてくれるなら、編集者は必要ないのです。元をただせば、締め切りを守れなかったり、放っておくと売れなさそうなものばかり描いたりするマンガ家が多かったから

ってみたいに

職責を放棄した挙句、漫画家を馬鹿にするのもいい加減にしろ!!

って怒っているわけですよ。

雷句先生がずばり書いているじゃないですか。

もう、これ以上漫画家は編集者に馬鹿にされてはいけない。まともに仕事相手としてみなければいけない。

  漫画雑誌では当たり前だが、漫画家がいなければ造れない雑誌である。普段漫画家を見下して馬鹿にしている編集者も、絵は描けなくても漫画原作者として一人立ちし、漫画雑誌を支えろ!と言われたら、誰一人として漫画原作者になる人はいないだろう。大ヒットを飛ばせれる自信はないだろう。それだけ漫画というものは難しいものと編集者はわかっているはずなのだ。それなのに何故、ここまで仕事相手としての対応をしないのか?

今、小学館の漫画編集者で、担当している漫画の資料(写真や文献)を自らの足を使って集め、漫画家に協力している編集者はどれだけいるだろう?寝ないで自分の担当する漫画のアイデアを考える編集者はどれくらいいるだろう?

  最初の担当の畭俊之氏は、一番働き、アイデアも出したが、担当期間の中盤からは、自らネタを出す事はしていない。あくまで自分の出すネタ、アイデアの選別と、それに関するアドバイスのみ。写真などの作画資料も村上正直氏が本当に担当が変わる最後に、本を1冊探してくれたのみ。引き延ばしを命じられた高島雅氏も「ネタは晩酌しながら出してる。」である。

  しかし、これでも上記の編集者は「働いている方」だと小学館内部の方に聞いた。畭俊之氏は言う

 「漫画編集なんて楽だよ、漫画なんて漫画家に描かせればいんだから。」

まあ、だから結論から言うと、雷句先生の言っていることは漫画業界ではごく普通のことってことですよね。これだけ編集者に批判の目が向けられているときに、自らの職業を編集だと名乗っているブログ

「対等」という言葉に引っかかっている

なんて広言できちゃうわけですから。

 

 

 

世の中にはいろんな業界があり、立場があります。

いつも相手と対等の立場であるとは限らないし、実際はどうあれ、交渉相手を対等と思ってないこともあるでしょう。

しかし、内心でどう思っていても、本人の目の前で「俺はお前を対等だとは思ってない」という気持ちを行動で表したりすることはまれですし、ましてやブログで全世界に向けて「俺は仕事相手を対等とみなしていない」と発信する業界はそうそうありません。

だから、「編集者は漫画家を対等にみていない。馬鹿にしてもよい」というのは、小学館だけのことではなく、漫画業界の一種の『常識』であり、隠すべきことでも恥ずべきことでもなんでもないということではないでしょうか。

 

 

……って書きましたけど、編集者にもいろいろいるので、こんな人ばかりではないと思います。カウンターとして『私は編集さんにこんなによくしてもらった!』っていう記事がウェブに満ち溢れればいいな、と思っています。

 

 

 

この記事書いてたら鼻血でちゃったよ。どんだけ興奮してんだ。

m_tamasakam_tamasaka 2008/06/10 22:24 私が書いたエントリのタイトルは「マンガ家はなぜ“出版社”と対等になれないのか」です。“編集者”ではありません。出版社はそのシステムからして作家を対等とは見ていないのではないかという話であって、編集者が作家とどう付き合うかは別問題です。誤解を招く書き方をしたようで申し訳ありません。

tokoroten999tokoroten999 2008/06/10 22:48 コメントどうもです。
エントリでも書きましたが、おそらく『対等』の意味を取り違えているのでは、少なくとも雷句先生のいう『対等』とは違う意味なのではないかと思います。雷句先生の言う『対等』とは「待遇や発言力を同等にしろ」と言っているわけではなく、「まともに仕事相手として扱え!」ということです。その意味では別に編集者も出版社も変わらないかと思います。「出版社はそのシステムからして作家を対等とは見ていない」という場合の対等は発言力とか影響力のことであって、今回の雷句先生が言っている『対等』とは違うのではないでしょうか。
売れる漫画を描けるとか締め切りを守るという漫画家の質と、「対等=まともに仕事相手として扱う」というのは全くの別問題ですし。(雷句先生は売れる漫画を描いてますし、締め切りも守っていたと思いますが、対等に扱われていない(本人談ですが)わけですから)

tokoroten999tokoroten999 2008/06/10 23:28 追記です。
もし「出版社はそのシステムからして作家を対等とは見ていない」の「対等」は、「雷句先生のいう『対等』」であり、「出版社はそのシステムからして作家を対等とは見ていない=出版社はそのシステムからして作家をまともに仕事相手として扱っていない、漫画家にガンをつけたり死ねだのウジ虫だのは日常的に言うものだよ、そういうものなのだよ」という主張であれば、上のコメントは私の誤読ですので撤回します。申し訳ありません。

もんちゃんもんちゃん 2008/06/10 23:50 ”出版社”という言葉がほとんどなく、”編集”という言葉をこれだけ多用して、そういう言い訳はおかしいのではないでしょうか。

tamasakaファンtamasakaファン 2008/06/11 10:06 はじめまして、気になったのでコメントさせてもらいます。前提が食い違ってますね。
tamasakaさんの職場においては上記のケースが存在し、対等なんてのは締め切り守ってから言えよ(例なわけですよ。こちらのHPの方の脳内ではそんな漫画家はいないんですね。漫画家は頑張ってるのに編集は文句言うなって事ですよね?漫画描いただけで本屋に並ぶとでも思ってるんですか。tamasakaさんの言う事が本当だとしてそこでは編集が頑張ってるわけですよ。対等にはなれませんよね?約束や期日を守れない仕事相手と。まともな会社ならほとんど路頭に迷うんじゃないですか。過去多くのそういった仕事相手を見ての意見に素人が物言いをつけるとか、どういった根拠がお有りで。

こちらの上記コメントでのtamasakaさんの「どう付き合うか」が対等に位置する意味でそういった事に対してtamasakaさんは一切語っていない。システムとして難しい状態を指しているのに何に突っ込んでるんですかここは。雷句先生の件を受けてこれこれこのような事もあるって言ってるだけですよtakamasaさんのHPは。システムのここそこに問題があるのかもって言ってるんですよ。原因はこういった所にあるのではって感じで。雷句先生個人に宛てて言っているのでは有りませんよ。

3回は文章を読み返して相手の文意を読み取れるようになりましょうね。

追記です。締め切りを了解していて破るようなやつはウジ虫以下です。あなたの所ではまともな扱いを受けますか?まあ漫画家の世界なんてかけらも知らないので、的外れかも知れませんけど。

漫画家が悪い編集が悪いでは一歩も進まないので、tamasakaさんのように問題点を指摘し改善策を模索してくれる記事があふれればいいな、と思っています。

通りすがり通りすがり 2008/06/11 11:32 ↑本人乙。
本人じゃなかったとしても、同人ゴロどときにファンって(笑

大体おまえも漫画について何も知らねーくせに語ってんじゃねーか。業種によって、締め切りの扱いは違うんだよ。守るにこしたことはないけどな。無根拠で物言いつけてんのはおまえの方。

あと、tamasakaの記事はどう見ても問題点の指摘ではなく、「漫画家ごときが」としか読めねーよバーカ。理解力なくてごめんねー。

怒りのハフハフ怒りのハフハフ 2008/06/11 17:18 さんざん漫画家や出版社とトラブル起こしてる編集者に擁護されても、サンデー編集部も迷惑がるだけだと思いますけどね。>tamasakaさん
ここぞとばかりに売名に走ったんでしょうけど、自分の底の浅さを晒しただけ。残念でしたね。

UTUT 2008/06/11 21:23 上記のブログから感じる何とも言えない傲慢な気持ち悪さを
きちんと叩き斬って下さったtokoroten999さんに感謝致します。

もんちゃんもんちゃん 2008/06/12 05:30 理屈という意味では後付けでいくらでも覆せます。
しかし、大事な事は文章が与える印象ではないでしょうか。
悪印象を与える文章を書いてしまった時点でクリエイターとしては失格としか思えません。

彼が今後、印象の問題をいくら理屈で切り返しても、解決にならないと思います。

wagumawaguma 2008/06/12 15:22 >締め切りを了解していて破るようなやつはウジ虫以下です。
海藍ウジ虫以下確定。海藍ウジ虫以下確定。ワーイワーイ。

nanasinanasi 2008/06/13 03:49 色々考えるところがあったのでコメントします。

編集者←→漫画家

という対立軸に加え、

出版社←→漫画家
出版社←→編集者

という三者間対立を考えると、

出版社←→漫画家

は雇用被雇用者の関係で問題ないはずです。
出版社は漫画家に、その生み出す作品に対する価値を認め、出版社の利益となる作品を生み出させ、
一方漫画家はその認められた価値に対し、期待にこたえる作品を作り結果を出すわけですから。

出版社→漫画家

これも雇用被雇用の関係です。

では残る

出版社←編集者
漫画家←→編集者

の関係はどうなるか。

あくまで理想を言えば、上の関係においては編集者=漫画家であり、下の関係では編集者=出版社であるべきではないかと愚考します。
即ち、漫画家に対してはより良いもの、面白いものを作れるよう互いに切磋琢磨し、
他方出版社に対しては漫画家の立場を守り、且つ編集者自身の信念において作品を出版させる。
(勿論作品がつまらなくなったらその責は編集者と漫画家が共に負い、且つ面白いのに売れなければ出版社と編集者が共に責を負うべきですが…)
こういう立場に立つ編集者がライクさんの言われる「対等な立場の編集者」であり、そういう環境においてなら出版社も「対等」なのではないでしょうか。

対するtamasakaさんの言わんとする『対等』は、この対立軸の中で編集者を抜き去ったモデルでの『対等』、すなわち、
雇用被雇用の面のみを見た上での『対等』の概念でしょう。
その場合『対等』足りえないのは、一方のみが(現時点では)力のない個人であるという点から明らかです。

念のため申し付けておきますが、出版社が作家(漫画家に限らず)を「対等」な仕事相手と見ていないと、個人的には思います。
(まあどことは言いませんが、作家に対し出版を確約しながら何年も放置している会社もありますし)
そしてそこを「対等」な関係に持ち込むのが編集者の本来持つべき仕事の一つであると考えています。

長々と綴った所為で本来の論点とずれているでしょうが、要は「編集者も出版社も、そして漫画家も自分の仕事しようよ」ということです。
そして「それまでに受けたリスクに見合った褒章や罰が各自あるべき」です。理想論ですが。
(更に念のため付け加えると、「雷句さんの陳述書が真だ」という条件付の上で、名前の上がった編集者は仕事をしていないと思います)

馬井介馬井介 2014/07/17 02:53 漫画編集は完全に漫画家を馬鹿にしています。
外ズラと腹が真逆な連中。
自分の価値観で面白くない奴は「氏ね!」と思っている事は、間違いない。