あの頃の僕らは胸を痛めてブギーポップなんて読んでた

暫定公開中。

2013-05-10

ラノベ大好き男に「どの本が好き?」と訊ねられたとき、女はどう答えたらいいの? 00:24 ラノベ大好き男に「どの本が好き?」と訊ねられたとき、女はどう答えたらいいの? を含むブックマーク

.

あ、まず前提として、

貴女がラノベ好き男を夢中にさせることが、

はたして貴女を幸福にするかどうか、それはまた別問題だけれど。

とはいえ、ラノベ大好き男たちは玉石混交ながら、

IT系の超かしこい男なども多く、

したがって、釣り師たる女たちにとっては、

なかなかあなどれない釣り場です。


では、ラノベ大好き男に「どの本が好き?」と訊ねられたとき、

貴女は、どう答えれば理想的でしょう?

まず最初に、その男が電撃文庫のようなメジャーレーベル

あとは同人誌、そして(生主になるほどではないけれど)ニコニコ動画が大好きな、

そんなタイプの場合は、

貴女はかれの目を見て、微笑みとともに質問など無視して、こう言いましょう、

「わたしが、一緒にコミケに行ってあげる♪」

これこそまさに必殺の答えです。

そこでラノベ大好き男が、えへへ、とやにさがったならば、

貴女は、ひそかに「忙しい人のための紅魔郷」あたりを

チェックしておきましょう。これで成功まちがいなしです。

しかし、ここでは、もう少しハイブロウな(?)いわゆるラノベ好きの男の

落とし方をお伝えしましょう。

この場合、貴女は、こう答えましょう、

「わたしは、桜庭一樹が好き。

GOSICK -ゴシック-」は全部持ってるの、「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」は最高だし、直木賞受賞作の「私の男」、大好き♪」

もしも貴女がそう答えたならば、

その瞬間、ラノベ大好き男の目はきらりと輝き、

かれの貴女への恋心は、

20%増量になるでしょう。

GOSICK―ゴシック (富士見ミステリー文庫)

GOSICK―ゴシック (富士見ミステリー文庫)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (富士見ミステリー文庫)

私の男

私の男

なぜって、桜庭一樹は、

ちょっぴりお洒落なサブカル文壇で、

編集者から高い評価を受け、

売上は(GOSICK以外)微妙ながらも、そこがまた

ちょっぴり純文学的なふんいきをかもしだしていて。

しかも桜庭一樹が一般文学で書いている本は、

エンターテイメントのスタンダードを

質高くふるまっていて、なおかつ、

ラノベテイストを売りこんだ功績もあって。

従って桜庭一樹こそは、

本来なんの接点もないまったく縁もゆかりもない別々の世界に生きている、

本仮屋ユイカ似の文学活字少女と、玉もあれば石も混じっている、そんなラノベ大好き男たちが、

この世界で唯一(いいえ、同じ系列の有川浩冲方丁と並んで唯三)遭遇しうる場所です。



では、参考までに、危険な回答を挙げておきましょう。

ラノベ大好き男に「どこの作家が好き?」と訊ねられたとき、

貴女がこう答えたとしましょう、

西尾維新が好き♪ 毎週、連載中だった頃は駅でめだかボックス立ち読みしてたの。」

その瞬間、ラノベ大好き男の貴女への恋心は消えます、

なるほど西尾維新は、人気のラノベ作家、

話の構成は平凡ながら、ま、無難にまとめてあるものの、

しかし、「一週間で三百五十枚書いた」とかなんとか無意味な自慢を吹聴し、

ラノベについての謬見を撒き散らした罪がありますから、ラノベ大好き男にとっては天敵なんです。

また、もしも貴女が「田中芳樹が大好き♪ あたしまだ銀英伝外伝の続編が出るって信じてるよ♪」

と答えたとしても、同様の効果をもたらすでしょう、

なぜって、田中芳樹は、1980年代にはベストセラー作家だったものの、

しかし1990年代そうそうから、いやはやなんともな遅筆作家に転落し、

いまや、あの分野では、コンスタントに作品を出し続けるラノベ作家の魅力に遥かに及びません。

銀河英雄伝説外伝5 黄金の翼 (創元SF文庫)

銀河英雄伝説外伝5 黄金の翼 (創元SF文庫)


またもしもたとえあなたがラノベ作家が大好きで、

「わたし、「RDG」 が好き、アニメも見てるけど、

最高に好きなのは小川一水♪ 「天冥の標」も、「コロロギ岳から木星トロヤへ」もすっごくおもしろいの。」

と、答えたとしたらどうでしょう?

なるほど、貴女の趣味は高く、

たしかに荻原規子は、 文章がchick であるのみならず、

展開も最高におもしろいんですけれど、

しかし、貴女の答えを聞いて、ラノベ大好き男はきっとおもうでしょう、

(なんだよ、お高くとまった女だな、SF者かよ)って。

天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)

天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)

コロロギ岳から木星トロヤへ (ハヤカワ文庫JA)

コロロギ岳から木星トロヤへ (ハヤカワ文庫JA)


貴女が、ラノベが大好きで、好きなの名を挙げるにしても、

たとえば、「ビブリア古書堂の事件手帖」ならば安心でしょう、

なぜならば、「ビブリア古書堂の事件手帖」は、ふつうのOLにもマニアにもともに愛されるめずらしいラノベで、

貴女がその名前を挙げても必ずしも、あなたがラノベおた宣言をしているとは受け取られないでしょう。


しかし、たとえば、ガガガ文庫が誇る残念系ラノベ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」にせよ、

ハルヒ亡き後のスニーカ文庫の稼ぎ頭「問題児たちが異世界から来るそうですよ? 」にせよ、

電撃文庫が送る鉄板ファンタジーラノベ「天鏡のアルデミラン ねじ巻き精霊戦記」にせよ、

古参レーベル富士見文庫が送るおっさんホイホイ冴えない彼女の育てかた」にせよ、

支倉凍砂が送る新感覚ファンタジー「マグダラで眠れ」にせよ、

そういうラノベの名前をいきなり挙げるのは、ちょっぴり微妙。

ましてや貴女が、「富士見ミステリー文庫が大好き♪ わたし、もうほとんど全巻、読んじゃった♪」

と答えたならば、どうでしょう?

これはかなり博打な答え方で、

なるほど、富士見ミステリー文庫は、潰れたラノベレーベルの中では超絶評価の高いレーベルゆえ、

あなたがそう答えた瞬間、ラノベ大好き男がいきなり超笑顔になって、

鼻の下がだら〜んと伸びちゃう可能性もあるにはありますが、

しかし、逆に、(なんだよ、この女、富士ミス信者かよ)とおもわれて、どん引きされる可能性もまた大です、

なぜって、必ずしもラノベ大好き男がラノベ大好き女を好きになるとは、限らないですから。

しかも、この答えには、もうひとつ問題があって、

男たちは、女を導き高みへ引き上げてあげることが大好きゆえ、

もしも貴女が、「富士見ミステリー文庫が大好き♪」なんて言ってしまうと、

そこにはもはや、男が貴女をラノベ教育する余地がまったく残されていません、

したがって貴女のその答えは、

ラノベ大好き男の貴女への夢を潰してしまうことに他なりません。


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫)

冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫)

マグダラで眠れ (電撃文庫)

マグダラで眠れ (電撃文庫)

ま、ざっとそんな感じです、貴女の目には男たちはバカでスケベで鈍感に見えるでしょうが、

しかし、ああ見せて、男は男で繊細で、傷つきやすく、女に夢を持っています、

貴女の答え方ひとつで、男の貴女への夢は大きくふくらみもすれば、

一瞬で、しぼんでしまいもするでしょう。



では、スキットを繰り返しましょう。

「わたしは、桜庭一樹が好き。

GOSICK -ゴシック-」は全部持ってるの、「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」は最高だし、

直木賞受賞作の「私の男」、大好き♪」

そして、その瞬間、ラノベ大好き男の目がらんらんと輝いたなら、

貴女はこう重ねましょう、

「それからね、いま、わたしが読んでみたい本は、

中村九郎の「ロクメンダイス、」素敵な本って噂を聞いたから。

あなたのお暇なときがあったら、わたしに「ロクメンダイス、」を貸して♪」

これでもう完璧です。

ロクメンダイス、 (富士見ミステリー文庫)

ロクメンダイス、 (富士見ミステリー文庫)

そうなったらこっちのもの、

デートの日には、コスプレをばっちり決めて、かわいい下着をつけて、

御坂美琴か、結城明日奈の着るような服を着てゆきましょう。

その日から、ラノベ大好き男は貴女の虜になるでしょう。

では、釣り師としての貴女の、愛の幸運と幸福をお祈りします!

とある科学の超電磁砲 御坂 美琴 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

とある科学の超電磁砲 御坂 美琴 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

ソードアート・オンライン アスナ -Aincrad- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)

ソードアート・オンライン アスナ -Aincrad- (1/8スケール PVC塗装済み完成品)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

元ネタ:

http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002457/dtlrvwlst/3464106/

http://anond.hatelabo.jp/20130509010206

改変した感想:この元ネタ書いた奴狂ってる

名無し名無し 2013/06/25 23:25 西尾とハルヒ好きな俺に喧嘩を売っているような文章だな……
というか西尾をラノベ作家に含めるんなら、米澤穂信の古典部シリーズも紹介してくれよと