あの頃の僕らは胸を痛めてブギーポップなんて読んでた

暫定公開中。

2013-05-12

SF者に勧められても読まなくていいSF10選 22:55 SF者に勧められても読まなくていいSF10選を含むブックマーク

何番煎じだよって感じですよね。わかります。(だから関連リンクも貼りません)。

しかも似たようなテーマで他の人書いてますし。

でも折角途中まで考えたので投げやりにうpします。

アンドロイドは電気羊の夢を見るかフィリップ・K・ディック

日本のSFがここまでつまらなくなったのはフィリップ・K・ディックを持ち上げるような連中のせいだと言ってた人が昔いました。半分だけ同感です。半分しか同感しないのは、そういう人たちはディックを持ち上げること以上に有害なことをたくさんしてるからです。

フィリップKディック読むくらいなら攻殻機動隊笑い男編みてりゃいんじゃないですかね。似たようなテーマですし。


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 13 [DVD]

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 13 [DVD]

 

 

星を継ぐものジェイムズ・P・ホーガン

星を継ぐもの (創元SF文庫)

星を継ぐもの (創元SF文庫)


むかし、推理小説を絶対に読まないという友人がいました。

曰く「殺人事件の犯人なんか想像してもつまらない。SF読むほうがいいよ。宇宙や人類の謎を解き明かすなんてワクワクするだろ?」って言われて渡されたのがこの本でした。

SF者ってクソが多いなと改めて感じた出来事でした。

それはともかく、セカイや人類の謎とかならエヴァハルヒ見てりゃいいんじゃないですかね。

涼宮ハルヒの憂鬱 「涼宮ハルヒ」シリーズ (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの憂鬱 「涼宮ハルヒ」シリーズ (角川スニーカー文庫)

 

 

ニューロマンサーウィリアム・ギブスン

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

読みにくいです。以上。

というか、わけがわかりません。

こういうのを「黒丸文学」とか言って崇めていた人たちがいたんだから困ったものです。

どうもSF者は「最初期のSFファンは米兵が読み捨てたペーパーバックを読んでいた」という伝統を悪い意味で引き継いでいて、読みにくいものを苦労して読むのが尊いと感じているきらいがあります。

話の筋の面白さから言えばモナリザオーバードライブ(ラストはかなりアレですが……)、完成度から言ったらバーチャル・ライトの方がいいです。

それよりも(前項と被りますが)攻殻機動隊でも読んでたほうがいいですけどね。

モナリザ・オーヴァドライヴ (ハヤカワ文庫SF)

モナリザ・オーヴァドライヴ (ハヤカワ文庫SF)

攻殻機動隊 (1)    KCデラックス

攻殻機動隊 (1) KCデラックス

 

 

夏への扉ロバート・A・ハインライン

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)

いやまあ面白いですけどそれはあの時代にこういう話を書いたっていう加点部分が多いからであって、今読むとかなりつらいです。

しかしそれは夏への扉だけに限ったことではなくて、基本的に古典はつまらないんです。研究者とかSF論を一説ぶちたいなら原典にあたるという意味で古典を読む必要がありますが、普通の人は読む必要なんてありません。現代のエンタメのほうが当然ながら古典より洗練されていて同時代の我々用に最適化されています。

かわいい女の子や小動物が出てくる時間跳躍モノなら時をかける少女まどか☆マギカでいいんじゃないでしょうか。

時をかける少女 通常版 [DVD]

時をかける少女 通常版 [DVD]

 

 

●虎よ虎よ/アルフレッド・ベスター

虎よ、虎よ! (ハヤカワ文庫 SF ヘ 1-2)

虎よ、虎よ! (ハヤカワ文庫 SF ヘ 1-2)

虎よ虎よと言えばこれ。

f:id:tokoroten999:20130512221618j:image

はがないでもよくやってます。

f:id:tokoroten999:20130512222425j:image

僕は友達が少ない (MF文庫J)

僕は友達が少ない (MF文庫J)

 

 

 

たったひとつの冴えたやりかた/J・ティプトリー・ジュニア

自分の半径3メートルだけの経験だけで言うと、この本を薦めてくるSF者は例外なくウザいです。

というか、「とにかく泣ける、泣かないと人間じゃない」とかエヴァの最終回の企画段階のタイトルがこれだからなんなんだよ知らねーよ(半ギレ)

ただ、同じ作者のJティプトリージュニアの作品でもこれじゃなくて、「接続された女」を勧めて来た女の子は可愛かったです。

似たような感動したければ海底鬼岩城のバギーくんでも見て泣きゃいいんじゃないでしょうか。

映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城 [DVD]

映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城 [DVD]

 

 

敵は海賊海賊版神林長平

敵は海賊・海賊版―DEHUMANIZE (ハヤカワ文庫JA)

敵は海賊・海賊版―DEHUMANIZE (ハヤカワ文庫JA)

桜庭一樹が昔、神林長平の新作の推薦文に「女子高生のころ、お守りがわりに神林長平作品をいつもかばんの中に入れていた」と書いていて、SF者SFに対する心情をうまくいいあらわしてるなーと思った記憶があります。

全く関係ありませんが、Amazonの関連商品出てきたこれが気になります。

 

 

●エンダーのゲーム/ オースン・スコット・カード

ガールフレンド」に小説に全く興味のない女子高生がエンダーのゲーム読んでハマるというシーンがありましたが、その漫画に出てくる他のどんな女の子よりも妄想がすぎると思いました。

ガールフレンド 1 (ヤングジャンプコミックス)

ガールフレンド 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

AKIRA大友克洋

AKIRA(1) (KCデラックス ヤングマガジン)

AKIRA(1) (KCデラックス ヤングマガジン)

「金田ー!」と「『さん』を付けろよデコ助野郎!!」の元ネタだってことだけ知ってりゃいいと思います。

 

 

涼宮ハルヒの憂鬱谷川流

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

9本目まではあっさりきまったが(ry

ハルヒって青春の喪失感とSF悪魔合体させた傑作だったんですけど、世間で当時求められてたのは個性的でかわいい女の子に囲まれてすごす学園生活で、次巻からあっさり作品テーマを捨ててその方向に舵を切った作者と編集はすごいなーと当時思いました。

でも事あるごとに「オタクは楽園を描いた作品しか愛さない」しか言ってなかった更科修一郎東浩紀以上にダメでした。

そしてSF者涼宮ハルヒの消失褒めてるの見てさらにダメだと思いました。

涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)

オチは特にありません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tokoroten999/20130512/1368366951