Hatena::ブログ(Diary)

とくじろうのヘタレ釣り日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-06-25

毛鉤研究会6月

今月も毛鉤研究会に参戦。
f:id:toku-jiro:20170625194518j:image

毛鉤会の皆さんも今期絶好調のようです。
f:id:toku-jiro:20170625194508j:image

吉田毛鉤の吉田代表と生徒の方々。最近は女性の方や若い方が多くてびっくりします。
f:id:toku-jiro:20170625194512j:image

魚も比較的釣りやすい状態ではないかと。
f:id:toku-jiro:20170625194500j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/toku-jiro/20170625

2017-06-24

TOKYOトラウトカントリー〜川苔山〜本仁田山〜平石山 周回コースリベンジ

TOKYOトラウトカントリーを出て、百尋の滝、川苔山、コブタカ山、本仁田山、平石山を経て、TOKYOトラウトカントリーへと降りてくる周回コースにトライ。

コース(緑線のうち、本仁田山とTOKYOトラウトカントリー(大沢)の間は適当に線引きました)。
f:id:toku-jiro:20170625190756j:image

TOKYOトラウトカントリーに駐車(1000円/日)させてもらって朝8時半過ぎに出発。日原川に沿って15分ほど舗装道を歩きます。
f:id:toku-jiro:20170625191025j:image

川乗橋バス停前。臨時バスが停車中。凄い人の山…
f:id:toku-jiro:20170625191020j:image

今日は登山者多いみたいですね。
f:id:toku-jiro:20170625191016j:image

昨日は雨だったんでしょうか。若干ぬかるみ気味。
f:id:toku-jiro:20170625191010j:image

百尋の滝を超えたところ。この辺り非常に危ないので注意していきます。
f:id:toku-jiro:20170625191355j:image

分岐にきました。今日は右側のほうに進んでみます。
f:id:toku-jiro:20170625191351j:image

尾根筋の道で気持ちがいいです。
f:id:toku-jiro:20170625191346j:image

足毛岩の肩。大ダワ方面は途中崩落していて行けないようです。
f:id:toku-jiro:20170625191342j:image

ここからがきつかった。ずっと急登…
f:id:toku-jiro:20170625191338j:image

川苔山頂上見えた!
f:id:toku-jiro:20170625191803j:image

疲れた〜
12時過ぎてしまいました。朝寝坊で出発が遅すぎたな…
それにしても頂上100人はいたんではなかろか。
f:id:toku-jiro:20170625191751j:image

カップラーメンと味噌汁を食した後出発。
f:id:toku-jiro:20170625191744j:image

鋸尾根を大ダワに向かって降りていきます。
f:id:toku-jiro:20170625191738j:image

雰囲気いい道だなと思っていたら…
f:id:toku-jiro:20170625191733j:image

甘かった…
コブタカ山との間の岩場を1回大ダワまで降りないといけない。鋸尾根の名はダテでなく、かなりの筋肉疲労…
f:id:toku-jiro:20170625192048j:image

結局川苔山から大ダワまで1時間かかってしまった。逆コースはもっとしんどいと思う。
f:id:toku-jiro:20170625192041j:image

大ダワ。
f:id:toku-jiro:20170625192037j:image

大ダワからコブタカ山までは草が生い茂り、見通しがききづらい状態。笛吹きながら用心して登り返しました。
f:id:toku-jiro:20170625192033j:image

コブタカ山頂上。大ダワまでの下りで筋肉を疲労したので登り返しがキツイ。
f:id:toku-jiro:20170625192028j:image

時間がないので休憩もそこそこに本仁田山へ。
持参の水(1.5リッター)ここで尽きる。やばい。なんだか雲行きも怪しい。雨降りそうだな…
f:id:toku-jiro:20170625192406j:image

平石山へ下ります。正直道知ってないと恐くて降りられないと思う。ここの下りは道迷いしやすいので要十分注意。
f:id:toku-jiro:20170625192359j:image

妙指尾根との分岐を右に折れ、平石尾根を降る。
f:id:toku-jiro:20170625192354j:image

祠まで降りてきた。本仁田山頂上からここまで1時間。
f:id:toku-jiro:20170625192348j:image

鉄塔下。喉も乾ききったし、今日は相当へたばった〜
f:id:toku-jiro:20170625192344j:image

平石橋が見えてきました。
f:id:toku-jiro:20170625192731j:image

午後4時半過ぎにTOKYOトラウトカントリーに到着。今日は水足りな過ぎた。出発も遅すぎたし、次回の課題ですね。
f:id:toku-jiro:20170625192716j:image

08:35 TOKYOトラウトカントリー
08:55 川苔橋
09:23 竜王橋
09:29 細倉橋
10:20 百尋の滝(20分休憩)
11:09 分岐
11:31 足毛岩の肩
12:05 川苔山頂上(40分休憩)
13:05 舟井戸分岐
13:50 大ダワ
14:08 コブタカ山頂上(5分休憩)
14:34 本仁田山頂上(5分休憩)
14:40 モノレール軌道
15:02 平石山頂上
15:06 平石尾根、妙指尾根分岐
15:31 祠(5分休憩)
15:56 鉄塔(5分休憩)
16:35 平石橋
16:37 TOKYOトラウトカントリー

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/toku-jiro/20170624

2017-06-17

休息

本日はTOKYOトラウトカントリーを出発して、平石山〜本仁田山〜川苔山〜百尋の滝〜TOKYOトラウトカントリーの周回コースにトライしてみます。

TOKYOトラウトカントリーからみた平石橋。メイフライで宮崎先生と談笑してたら8時半になってしまいました。
f:id:toku-jiro:20170625183604j:image

駐車券は運転席辺りの見えるところに置いておいてくださいとのこと。1000円/日。
f:id:toku-jiro:20170625183601j:image

出発。前回は分岐のところを13号鉄塔のほうへ曲がりましたが、今回は12号鉄塔のほうへ進むことにします。
f:id:toku-jiro:20170625183557j:image

つづら折りをひたすら登ると…
f:id:toku-jiro:20170625183552j:image

鉄塔のある尾根に到着。こちらのほうが道がわかりやすい。面白くはないですが。
f:id:toku-jiro:20170625183547j:image

今日もわかりにくいところの落ち葉を整理しながらゆっくり進みました。
f:id:toku-jiro:20170625184011j:image

目印のピンクテープもずいぶん増えた気がします。
他の登山者との無言の繋がりが妙に嬉しかったりします。
f:id:toku-jiro:20170625184005j:image

道中2回人に遭遇。お互いに「こんなコースで人に逢うなんて」と挨拶しました。
f:id:toku-jiro:20170625184000j:image

急登が続いた後…
f:id:toku-jiro:20170625183955j:image

平石山到着。落ち葉整理しながらとはいえ3時間近くかかるのはさすがに異常過ぎたかも。
とここで会社から電話かかってくる。
f:id:toku-jiro:20170625184241j:image

12時には本仁田山に到着しないと周回しきれない。仕方ないので電話で話をしながら先を進みます。
f:id:toku-jiro:20170625184231j:image

モノレール軌道前まできたところで電波途切れる。ここから上は電波がない模様。20m程戻って再び会社と交信開始。
f:id:toku-jiro:20170625184227j:image

電話の繋がるところで待機して欲しいということで、休憩。
こんなとこで!
不測の事態に備え「熊にガジられたのは電話のせい…」とメモだけ記して待機。
f:id:toku-jiro:20170625184223j:image

チョコクッキーに続いてアルファ米で昼食済ませる。会社からは「さらに待機して欲しい」とのこと。
こんなとこで!
このままでは降りれるかどうかも怪しいので、電波の残る範囲で山を下る。モノレール軌道〜平石山の間は電波が入りました。
f:id:toku-jiro:20170625184219j:image

デュアルsimでのソフトバンク系とdocomo系の電波状態。docomo系のほうが若干電波きてるのかな。場所によるのかも。
f:id:toku-jiro:20170625184555j:image

待機で暇だったので、この前降り間違えたところを掃除しました。
本仁田山から平石山を通過し、平石山頂上付近の丘を大沢方面へ2分程進むと「用地境界目標」があります。大沢方面へ下るにはこれを見つけたら右に曲がること(わかりにくいので落葉と枯枝を少しばかり整理)。
f:id:toku-jiro:20170625184550j:image

右に曲がるとピンクテープが見えるはず。
f:id:toku-jiro:20170625184545j:image

ピンクテープの間を尾根づたいに降って行けば、後は問題なし。
ただ、ここから降り始めると電波が来なくなります。
f:id:toku-jiro:20170625184541j:image

会社から連絡を受け、拘束をとかれたので山を下る。周回散策は中止。
f:id:toku-jiro:20170625184535j:image

鉄塔まできたら平石橋に至る標識があるので、それに従って左折。後は道づたいで降れるはず。
f:id:toku-jiro:20170625184805j:image

いやはや、なんとも疲れ果てた〜
休息になってねーし…
f:id:toku-jiro:20170625184801j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/toku-jiro/20170617

2017-06-04

川苔山

TOKYOトラウトカントリーに車を停めて(1000円/日)川苔山まで登ってみます。

大沢(TOKYOトラウトカントリー)〜川乗橋〜百尋の滝〜川苔山
f:id:toku-jiro:20170625175746j:image

TOKYOトラウトカントリー
f:id:toku-jiro:20170625175615j:image

細倉橋までは林道歩きです。ちょっとだれる。
f:id:toku-jiro:20170625175607j:image

f:id:toku-jiro:20170625175600j:image
f:id:toku-jiro:20170625175553j:image
f:id:toku-jiro:20170625175548j:image
f:id:toku-jiro:20170625175543j:image
f:id:toku-jiro:20170625180554j:image
f:id:toku-jiro:20170625180549j:image

百尋の滝手前くらいから油断できなくなります。
滑落事故多数。上から人が降ってこないかちと心配。
f:id:toku-jiro:20170625180539j:image
f:id:toku-jiro:20170625180530j:image

百尋の滝。
f:id:toku-jiro:20170625181246j:image

百尋の滝の上もさらに油断できなくなります。
f:id:toku-jiro:20170625181539j:image

落ちたら大変だな…
f:id:toku-jiro:20170625181534j:image

f:id:toku-jiro:20170625181528j:image

デッドゾーン通過。
f:id:toku-jiro:20170625181522j:image

左へ進みましたが、右経由でも行ける模様。
f:id:toku-jiro:20170625181514j:image

長い上り坂。なかなかしんどいです。
f:id:toku-jiro:20170625181742j:image

頂上手前まできました。
f:id:toku-jiro:20170625181737j:image

午前11時、頂上到達!
f:id:toku-jiro:20170625181730j:image

f:id:toku-jiro:20170625181724j:image

いい眺めやね。
f:id:toku-jiro:20170625181716j:image

そんな休日、日曜日。
気分爽快リフレッシュな川乗谷散策でございました。
f:id:toku-jiro:20170625181826j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/toku-jiro/20170604

2017-05-28

毛鉤研究会5月

最近は毛鉤研究会に参加される方も多く、私もそのみなぎるパワーに圧倒されつつあります。
f:id:toku-jiro:20170528190100j:image

今日も釣りや沢の話などとても面白かったです。
f:id:toku-jiro:20170528190059j:image

このヒレの鮮やかさに感化され、本格的にヤマメを狙ってみることにしましたが…
f:id:toku-jiro:20170528192516j:image

残念な結果。

ヤマメは見えてるんだけどなぁ…
受付で売ってる毛鉤買ってみようかなぁ…
f:id:toku-jiro:20170528192903j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/toku-jiro/20170528

2017-05-20

みんなの木工房DIY好き。

みんなの木工房DIY好き。」でDIY向けの設計ソフトの講習があると耳にしたので参戦。
f:id:toku-jiro:20170520172745j:image

世田谷駅前の交差点。道路広くなりましたね。近くにあった釣具屋さん「anglo」は移転したそうです。
f:id:toku-jiro:20170520172740j:image

ここは木材加工のレンタル工房もあるんですよ(要講習)。お世話になっています。
f:id:toku-jiro:20170520172746j:image

caDIY3D+」の講習。通常のcadソフトよりDIYに特化、平易にしてる感じ。version2のほうは木取図を出力してくれるのでこれは大変助かる。ソフトについてるクイックスタートチュートリアル1時間程練習するだけで本棚程度の設計図、平面図、木取図を作れます。
安いしひいき目なしにオススメ。
f:id:toku-jiro:20170520172744j:image

講習の後は、以前から気になっていたナイフの本を見せて頂きました。
f:id:toku-jiro:20170520172741j:image

これこれ。
f:id:toku-jiro:20170520172742j:image

かっこいいんだよなー。
f:id:toku-jiro:20170520172743j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/toku-jiro/20170520

2017-05-05

平石山への道

バリエーションルートながら、TOKYOトラウトカントリーから本仁田山へ抜ける登山道があると耳にしたので登ってみることに。

奥多摩駅発東日原行バスの「大沢」バス停徒歩0分、平石橋を渡り右へ。
橋の下がTOKYOトラウトカントリー
f:id:toku-jiro:20170507192944j:image

消防栓の所を左上方へ。
しばらく進んで分岐をまた左折。平石尾根を目指します。
f:id:toku-jiro:20170507192945j:image

落石防止柵の上に出てつづら折りを登る。鉄塔分岐は13号のほうを進むとしばらく先にトロッコ用のトンネルの跡。
f:id:toku-jiro:20170507192946j:image

トンネルの跡。薄気味悪いので入らず右側を巻いてトンネルの上へ。尾根に出ます。
f:id:toku-jiro:20170507192947j:image

尾根の上を。ゴツゴツ道。
f:id:toku-jiro:20170507192948j:image

北側は切れ落ちてます。沢は見えず。
f:id:toku-jiro:20170507192949j:image

13号鉄塔下に出ました。
f:id:toku-jiro:20170507192950j:image

朝、下から見えてたこれ。
f:id:toku-jiro:20170507192951j:image

日原集落も遥か下方…
f:id:toku-jiro:20170507192952j:image

奥多摩駅方面。展望良し。
f:id:toku-jiro:20170507194504j:image

この辺りは熊が出るので、登山中ずっと笛吹きっぱなしです。
f:id:toku-jiro:20170507193604j:image

降りるときに道に迷わぬよう、ややこしい所は落ち葉を整理して道を作り、また目印を残しながらゆっくり進みました。尾根が開けて広くなっている所が一番危ない。
f:id:toku-jiro:20170507193605j:image

登ってきた平石尾根の背後にそびえるのは六ツ石山。平石尾根を大沢へ降るときの重要な目印となるはず。
f:id:toku-jiro:20170507193606j:image

途中にあった祠。
f:id:toku-jiro:20170507193607j:image

この辺りから平石山までが急登。踏み跡もあったりなかったり。
f:id:toku-jiro:20170507193608j:image

風が吹き抜けて実に心地よい。桜が舞い散っていました。
f:id:toku-jiro:20170507193609j:image

はて。平石山ってもう越えたのかな?
よくわからぬまま登っていくと…
f:id:toku-jiro:20170507193610j:image

あった! 10時50分、平石山登頂。しかしなんだか拍子抜け。
f:id:toku-jiro:20170507193611j:image

さらに先を30分ほど進んでいくと木材運搬用モノレール線。乗り越えると…
標識前に出る。ゴール近し。
f:id:toku-jiro:20170507193612j:image

11時30分、本仁田山頂上到達。
f:id:toku-jiro:20170507193613j:image

空気淀んでよく見えないですけど。
f:id:toku-jiro:20170507195103j:image

お昼は178kcal!
f:id:toku-jiro:20170507195102j:image

12時。今日は夜出勤なのであまりゆっくりできない。降り始めます。
f:id:toku-jiro:20170507195101j:image

石山を12時30分に通過。
さらに15分ほど山を下ったところで、午前中なかった異常な急勾配の連続。ざわざわ。異変に気づく。
(赤テープは何個かあるのだけど。道間違えてしまった?)
尾根の前方に高くそびえてるはずの六ツ石山が見えない。ドキリとして右側に目をやると、そこにないはずの隣尾根と、さっき見た桜の木。それに尾根先に六ツ石山らしき山の姿が!
もしかして… これは隣尾根!?
f:id:toku-jiro:20170507195056j:image

GPS上は間違ってないのに…
とよく見ると地図アプリフリーズしていました Orz
携帯を再起動しながらしばらく登り返して現在位置を再確認。妙指尾根に迷いこんでる模様。
f:id:toku-jiro:20170507195055j:image

妙指尾根の下方は地雷源の巣窟にしか思えないので、迷わず登り返します。登山届にないところで滑ったら永遠に見つからないだろうし。
うん。迷った時は必ず登り返しましょう。
f:id:toku-jiro:20170507195054j:image

分岐地点らしき広場まで20分登り返す。だいぶへたばった。
それにしても…
ネットで事前に調べた時にも大沢を目指して降ったはずが安寺沢のほうに滑るようにして降った方がいて、ここは十分注意していたのに。
よく見ると五メートルくらいの間に赤テープが2本並んでいて、左側のが妙指尾根、右側のが平石尾根に到達する目印らしい。
f:id:toku-jiro:20170507195052j:image

再び勾配を降っていきます。
f:id:toku-jiro:20170507195049j:image

前方に桜と六ツ石山確認。
f:id:toku-jiro:20170507195046j:image

仏様のように思えます。ホント助かりました。ありがとう。
f:id:toku-jiro:20170507195044j:image

無事、13号鉄塔
f:id:toku-jiro:20170507200559j:image

ここまで来れば、ほぼ大丈夫。
f:id:toku-jiro:20170507195426j:image

鉄塔の下をまっすぐ平石尾根に沿って降ると大きな岩が2つ並んだ所に出ます。そこから左側下方を覗くとトロッコトンネルの入口が見えるので適当に降りて入口目指して左側へ行きます。
ここから先は決して尾根をまっすぐ降っては行けない。
f:id:toku-jiro:20170507195425j:image

下から見るとわかりますが、完全に切れ落ちてるから。
f:id:toku-jiro:20170507195422j:image

無事TOKYOトラウトカントリーまでたどり着きました(駐車場1000円/日)。
お疲れさまでした。
f:id:toku-jiro:20170507195419j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/toku-jiro/20170505