清水エスパルスが大好きかもしれない@はてなダイアリー


       サッカー用語辞典   Last Update 2010.04.09

気になったサッカー用語を随時追加していく予定です。内容は正しくないことも書いてあるかもしれません。
よろしければ掲示板の方にここが違っていると指摘していただける と助かります。
[ 規約] [ ルール] [ 戦略] [ 戦術] [ 技術] [ 心身] [ ポジション] [ 施設用具] [ 育成トレーニング]
[ 組織団体] [ 制度] [ 大会] [ チーム] [ エスパルス] [ 俗語] [ 雑学]
[索引] [あ行] [か行] [さ行] [た行] [な行] [は行] [ま行] [や行] [ら行] [わ行] [A-Z] [1-0]
注)プレーに関する競技規則を「ルール」、その他の競技規則や各種規約を「規約」としています。

2004-08-23(Monday) は行ふ

[][]ファーポスト

ボールから見て遠い方のゴールポストのこと。

[][]フィールド

日本サッカー協会競技規則での定義

 タッチラインゴールラインで囲まれたプレーエリアのこと。

Jリーグ試合実施要項での定義

 ピッチとその周辺部分(陸上競技場場合トラック部分も含む)。

 尚、日本サッカー協会の競技規則ではJリーグ試合実施要項で定義されたフィールドに該当する

 用語は見当たらない。

[]フェイント

ドリブル時に相手をかわすテクニックの1つ。

体重移動でかわすフェイント、ボールを使用してかわすフェイントなどがあり、

相手の判断を一瞬混乱させてから突破していくテクニックである。

[]フォアチェック

ディフェンスの方式の1つ。

ボールに対し前線から積極的にプレスをかけ、相手のスペースを無くし、相手エリア

ボールカットする。

[]フォーメーション

DFMFFWの基本配置。

GK側からそれぞれの人数を指して4-4-2、3-5-2などのフォーメーションがある。

一概にどちらのシステムが良いとは言えず、選手の質と相手との兼ね合いで決まるケースが多い。

監督の好みで決まるという噂もあるが意外と当たっているかもしれない。

4バックのSBは守備の時はCB、攻撃の時はウィングのスキルを要求され非常に高い能力を要求される

ので、能力の高いSBがいるかどうかが4バックが採用できるか否かの判断にもなる。

[]フリーランニング

ボールホルダー以外の選手パスを受けるための位置変更、マークを振り切る、味方の為にあえて

相手ディフェンスのマークを引き付けてスペースを空けるなどの目的で行うランニング動作のこと。

オフボールの状態で必要な戦術の1つである。

[]プリンスリーグ

全国9地域高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会の出場権を争う大会

主催地域サッカー協会

出場チーム:

 詳細は各地域サッカー協会ホームページ参照

高円宮杯出場枠:20チーム(2009年

 各地域毎の出場枠は以下の条件により振り分けられる。

  (1)9地域より各1チーム(計9チーム)

  (2)前回大会ベスト8の所属地域より各1チーム(計8チーム)

  (3)過去3大会の成績を地域別にポイント化し、大会実施委員会にて審議・決定した成績上位

    3地域2005年関東東海九州)より各1チーム(計3チーム)

 ちなみに、2005年東海枠は条件(1)より1枠、条件(2)より1枠(ジュビロユースが2004年大会

 準優勝)、条件(3)より1枠で合計3枠が割り当てられた。

[]プリンスリーグ東海JFAプリンスリーグU-18東海

東海4県(静岡愛知岐阜三重)で高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会

出場権を争う大会

主催東海サッカー協会

出場チーム:

 1部:10チーム、2部:8チーム(2010年

 詳細は大会事務局又は静岡県サッカー協会ホームページを参照

高円宮杯出場枠:1部上位4チーム(2010年

高円宮杯出場権獲得チーム:

 2004年 出場枠3:ジュビロユース、エスパルスユース、藤枝東

      注)首位のジュビロユースが日本クラブユース選手権でも出場権を獲得したため4位の

        グランパスユースが繰り上げ出場となった

 2005年 出場枠3:静岡学園グランパスユース、浜名

 2006年 出場枠2:静岡学園グランパスユース

 2007年 出場枠2:ジュビロユース、グランパスユース

      注)首位のジュビロユースが日本クラブユース選手権でも出場権を獲得したため3位の

        静岡学園が繰り上げ出場となった

 2008年 出場枠3:グランパスユース、ジュビロユース、静岡学園

 2009年 出場枠3:ジュビロユース、静岡学園藤枝明誠

 2009年 出場枠3:ジュビロユース、静岡学園藤枝明誠

 2010年 出場枠4:(未定)

備考:

 2006年大会から2部制に移行。移行初年度は1部6チーム、2部8チームで実施し、その後適宜見直し

 が行われて現在に至る。

 2011年大会は1部8チーム(2回戦制リーグ戦)、2部8チーム(2回戦制リーグ戦)で実施予定。

  2010年大会から2011年大会へのチームの入れ替えは以下の通り。

   1部:1位〜3位→全国リーグ昇格、4位〜9位→1部残留、10位→2部降格

   2部:1位〜2位→1部昇格、3位〜5位→2部残留、6位〜8位→各県リーグ降格

   各県リーグ:1位計4チーム→2部昇格

 2011年から全国リーグが開幕予定。

[]プルアウェー

オフ・ザ・ボールの動きの1つでDFボールホルダーと別のオフェンスをマークしている時、

DFボールホルダーに視線を向けた瞬間、DFの死角に回り込みマークを外すオフェンス

動きのことである。

[][]プロ契約制度

登録区分はプロアマチュアがある。(2006/12/25改訂)

プロは統一契約選手とその他の2種類に分類される。

統一契約選手プロA、プロB、プロC選手契約締結選手の3種類に分類される。

その他は統一契約以外の契約を締結した外国籍選手プロA選手の人数制限25人に含まれる)と法人

と雇用契約のみを締結した選手社員選手、人数制限なし)の2種類に分類される。

Jリーグ規約ではJ1クラブプロA契約選手を15名以上、J2クラブは5名以上保有することが義務付け

られている(Jリーグ規約19条)。

備考:

 2006年からプロ契約制度の対象がJ1、J2、JFL所属選手からJFAに登録する全ての選手が対象に

 なり、これに伴い地域リーグや都道府県リーグに所属するプロ契約選手も制度に組み込まれた。

 AFCチャンピオンズリーグに出場するクラブは、当該年度(2月1月)に限り、プロA契約選手

 25名枠が27名枠となる。

[][]プロ選手

プロ契約制度の選手登録区分「アマチュア以外」の選手プロ選手と呼んでいたが、2006年

規約改訂で登録区分の「アマチュア以外」が「プロ」に変更された。(2006/12/25改訂)