東京永久観光 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-02-28

「これが、戦争なんだね」 …違うよ!


三崎亜記『となり町戦争』(小説すばる新人賞) ASIN:4087747409

書き出しで作風や展開の読めなさにわくわくし、途中でもカフカの『城』かボルヘスかとまで思わせた。しかし結局は完全な期待はずれ。

戦争を知らない生ぬるさは、この程度の生ぬるさではないということだ。

我々はたしかに身近な戦争を知らない。でも、遠くから伝わってくる戦争をただ眺める気分なら嫌というほど知っている。その気分だって、それなりにもっとこう「目茶苦茶な中途半端さ」でなければ回収できない。このような平板な自問自答や叙情的な結末に行き着いてもらっても困る。現代の生ぬるい戦争に対しても生ぬるい恋愛に対しても、失礼ではないかな。人物やストーリーの変転ぶりに意外性がないとか、そういう問題ではない。

「となり町戦争は起こらなかった」とかなんとかの感想が書けるかと思いきや、となり町戦争は、実に陳腐に起こり、実に陳腐に終った。がっくり。

それにしても驚愕の帯! → 五木寛之「卓抜な批評性か、無意識の天才か。いずれにせよ桁はずれの白昼夢だ」。…もう十分なので、他のお二方(井上ひさし、高橋源一郎)のは略。

jumpyjumpy 2005/03/13 17:32 近所に駄菓子を買いに行ったら店のおじいちゃんが整備隊長として*はやぶさ*にのって蜂の巣攻撃にあった話をしてくれました*そのおじいちゃんが生きて帰ってこれたのでこのおいしい駄菓子が食べられたと思って熱くなりました*人は格言*人が人を支配してこれに害を及ぼすようになった*という帰納を何回繰り返したらよいのでしょう*焼き肉蒲焼さん10円*

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050228