東京永久観光 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-07-08

相対性七夕

そういえば七夕だった。笹の葉は駅前で見かけたが、空を見上げることもなく。ところで、七夕は旧暦なら真夏に近いが新暦だから梅雨と重なるのだと、さるブログで気づかされた。

なお、ごぞんじのとおり旧暦は月の満ち欠けが基本だが、そうすると12カ月では365日にだいぶ足りないので、かつて日本にも閏月があった。ところがイスラム暦には閏月がないようだ。だから太陽暦とはズレまくる(どちらがズレているのかはさておくけれど)。ラマダンの時期も不定。それでも、アラブなどは年中同じ気候でどうせもともと四季がないのだからOK、との指摘もあった。

ロンドンの地下鉄テロ(?)と結びつけることもないが、なんというか、いろいろ感覚や価値観の重大なズレというのは予想を超えてあるのだと、改めて思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20050708