東京永久観光 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-10-30

在りし日の書斎


f:id:tokyocat:20101217185710j:image


iPadやiPhoneがあまり欲しいと思わないのは、家にいて机に向かっている時間がかなり多くてネットはそれで十分間に合っているからだ、と気づく。おまえそれ以上、外に出てまでネットしてどうするんだという生活を送っている。

私は請け負いの個人事業者なのだが、ここ数年、仕事時間の6〜7割は家でのデスクワークだ。気は楽で体も楽だが、家だとオフィスとちがって、「いつでも仕事ができる」ようで「いつでも仕事していない」かんじになり、パソコンで仕事してたはずが、いつのまにかパソコンでネットしているかんじになる。

この机と椅子と一緒にいる時間はとても長いことになる。

そういえば机と椅子はけっこう吟味して選んだ。

机はコクヨのフレスコという製品だ。幅160×縦80のベージュ。http://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/fresco/ SD-FR188LP81P1MNN(スタンダード)

椅子は内田洋行のキャストチェアという製品。http://www.uchida.co.jp/osyohin/cast/index.html ヘッドレスト付スーパーバック

ショールームをあちこち回り、のちに、中古屋をあちこち回り、購入した。

椅子はアーロンチェアとかリープとか、国産もオカムラとかいろいろ見てきた。キャストは、たしかウェブ(エキサイトだったか)で製造者のインタビューを読んだのを覚えており、内田洋行のショールームの人も親切だったので、これにした。

どちらもちゃんと買うとけっこう高い。しかし、デスクワーク者にとって、そしてデスクネット者にとって、机と椅子で過ごす時間はおそろしく長いのだから、良い物を使うにかぎる。

けっきょく中古にして申し訳なし。ただ椅子のヘッドレストは直接買った。

コクヨの机も次は直接買おう! しかしいつだ? この机が私の体より先に壊れることはありえない気がする。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tokyocat/20101030/p1
リンク元