tokyokidの書評・論評・日記

【書評と論評】これまで約2年間にわたって「書評」だけを取り上げてきた。これからは従来のスタイルによる書評に加えて、新たに「論評」も随時織り込んでいきたい。具体的には過去になんらかのメディアに掲載された記事を書評の間にはさんで、当ブログに掲載していく。もちろん掲載元の同意は得てある。これからは誰の人生に於てでも思い当たることがあるであろう森羅万象についての、Tokyokid の書評(本)や論評(記事)を発信していくつもりだ。 (080808)

2018-09-21 日記180921・JSKS

tokyokid2018-09-21

日記180921・JSKS

 私がまだ現役の頃、勤務先の都合で英国駐在していたことがあった。1977年頃のことだが、次のような出来事があった。

 ロンドンヒースロー空港でのこと。場内のターミナルビルはいくつかあって、私たちは乗換えのためにほかのターミナルビルに移動しなければならなかった。時間がほとんどない。当時この空港では、こうした場合、場内を巡回する無料の巡回バスを利用することに決まっていて、たとえ目の前にタクシーがいても、場内の移動のために使うことは禁止されていた。

 私はそれを知っていたので、巡回バスを待つしかないとあきらめていた。でもバスが来るのが遅ければ次の便に間に合わなくなるかも知れない。その時同行していた勤務先の本社の社長が目の前に止ったタクシーが乗客を降ろしたのを見て駆け寄り、私に目の前に見える目的のほかのターミナルビルに行くように頼め、というのだ。私が一瞬躊躇している間に、社長はふところから 10ポンド札を運転手に与えて「JSKSだ、さあ早く乗れ」と宣うのである。その頃の 10ポンドはそれなりの価値があったと思う。私たちは付近に警官がいないか気にしながらともかく乗り込んだ。次の便に間に合ったことは申すまでもない。

 あとで社長に「JSKSって何ですか」と訊いたら「地獄の沙汰も金次第だよ」と宣うた。私は遅まきながら社会人としての勉強をし直したのであった。□

(写真はネットから借用。これらは現在のヒーフロー空港で、ン十年前とは違う、ロンドンタクシーは当時の型)

f:id:tokyokid:20180921210149j:image:w360

f:id:tokyokid:20180921210146j:image:w360

f:id:tokyokid:20180921210144j:image:w360

花びし愛花びし愛 2018/09/22 09:47 tokyokidさま
故事ことわざ辞典にもある「地獄の沙汰も金次第」
私が父から聞いたこの事の由来。
あるところの山寺に麓で多くの使用人を使う長者さまが亡くなられ、その葬式をお願いしますと依頼がきたので、和尚が葬儀の準備をしていると、和尚にその長者が地獄に落ちて行く光景が見えたので、すぐに「長者さんの全財産を村人に分けなさい。そうしないと長者さんの霊は、地獄界におちますよ」と知らせました。長者の遺族は地獄に落ちるのではたいへんだと、すぐにその財を村人たちにわけました。その結果によって、地獄行きの沙汰が変更になったというのが原話だというのです。
閻魔大王に、賄賂を送り情けをもらうのではなく、お金持ちに対して、「余りある財をすてて、世のため、人のために尽くし徳を積みなさい」ということで「金さえあれば何でもできるとおもったら、大間違いだ!」と。
故事ことわざ辞典とは違っていますが、この説明もありかなとおもいます。

tokyokidtokyokid 2018/09/22 21:18 花びし愛さま、面白いコメントを有難うございました。私も言葉の由来は知らなかったので新しい知識が一つ増えました。当の社長はとっくに亡くなりましたが、空港のタクシーに10ポンドは払っても世の為人の為に自分の金を投げ出したか否かは知りません。でも「袖すり合うもなんとやら・・・・・」まんざら知らない人でもないので、何とか極楽に行けたのだったらいいな、と思っております。

2018-09-11 日記180911・駿府の安田屋本店

tokyokid2018-09-11

日記180911・駿府安田屋本店

 日本のいいところは、まだ古き良き時代が残っていることだ。蕎麦国民食ともいうべき食べ物だ。嫌いな人はあまりいないだろう。でも作る方からいえば、蕎麦ほど店によって味の違うものもない。それは蕎麦そのものだけでなく、出汁、種物の場合は種の、果ては器に至るまで、その店の特徴がよく出るものだからだ。さらに言えば、店の飾り付けや雰囲気まで問題にされる。入口あたりに植物の鉢がごちゃごちゃ置いてあったり、店内に植木が持ち込まれていてそれに蜘蛛の巣が張っていたりする店は願い下げにしたい。

 徳川家康の晩年の本拠はずっと駿府であった。今の静岡市である。ここの駿府城は当時数ある名城のなかでもひときわ大きいいい城であったが、明治維新政府の手によって完膚無きまでに打ち壊された。維新政府にしてみれば、仇敵の牙城だから当り前といえば当り前なのだが、ここは徹底してこわされた。その堀のほとりに「安田屋本店」という蕎麦の名店がある。この店の来歴は古く、室町ごろから木綿を川に流して油分を流し去る晒屋を稼業としていたが、幕末ペリー来航の前年だかに蕎麦屋に転業したという老舗なのだ。

 ここでは二八蕎麦はもちろん、十割蕎麦も出す。 それがまたうまいのだ。うまい蕎麦屋がすべてそうであるように、この店の出汁は絶品だ。種物はもちろん、いまどきの店だからサラリーマンが集まる昼飯どきにはマグロのづけ丼と蕎麦のセットも出す。さすがマグロで有名な焼津近くの静岡市ならではのメニューである。いずれにしても蕎麦好きにはたまらない店なのだ。町の中の蕎麦店だから、価格は町の中のごく普通の値段である。観光地の値段だけ高く取る名物蕎麦屋とは訳が違う。

 と、ここまで書いて最近二度目の探検に出掛けた。こんどはメニューも落ち着いて読んだ。その結果、この店は蕎麦屋でありながら蕎麦そのものにはあまり力を入れておらず、近隣のサラリーマンのための昼食屋になっていることを発見した。たとえば蕎麦でいえば、かけはあるがもりはない。蕎麦だけのメニューが貧弱だ。その代わり飯物とセットのメニューはふんだんにある。つまりここは蕎麦屋というより昼食屋なのである。それでもここの蕎麦はうまい。だが板場蕎麦よりも昼食・定食のたぐいに力を入れているように見える。たしかにそれはそれでうまいしボリュームも満点だ。私が食べたのは蕎麦とまぐろヅケ丼のセットだったが、近くの焼津港のまぐろはたしかにうまかった。

 それを承知で出かける人のために以下を記しておく。 この店は JR静岡駅前からバスで三つ目、歩いてもせいぜい20分くらいしかかからない。機会があったらいちど立ち寄られることを是非お勧めしたい。□

(写真はネットから借用)

f:id:tokyokid:20180911204725j:image:w360

f:id:tokyokid:20180911204723j:image:w360

f:id:tokyokid:20180911204721j:image:w360

tokyokidtokyokid 2018/09/12 20:25 花びし愛さま、久々のコメントありがとうございました。まずはおめでとうございました。ご病気が治ったそうでよかったですね。健康はなによりのことです▼この間テレビで長野県戸隠のルポをやっておりました。いうまでもなく蕎麦の産地なのですが、蕎麦屋も何軒かあるそうです。山の中の長野県で食う蕎麦はつゆが醤油臭くて閉口ですが海が遠くて 魚や昆布が貴重品だった昔を引きずっているのでしょう。いわば、藪系の出汁なのでしょう。▼不思議なことに静岡で砂場という店を見かけません。でも戸隠にはたくさんあります。地元の人に言わせると系列があって其々味が違うそうです。他に無名の美味しい店もいくつかあるというので探検中です▼お話しの三大蕎麦は一通り試食しました。印象に残っているのは長野県上田市の駅からもさほど遠くない刀屋という妙な名前の蕎麦屋です。池波正太郎によるといかにも長野の蕎麦屋ということですが、ここは太打ちの黒い蕎麦を山盛りで出してきます。出汁は例の醤油味なのですが、これが不思議にここの蕎麦とよくあうのです。まだでしたら一度お試し下さい。それではまた花びし愛さまとの蕎麦談義を楽しみにしております。よろしく。

ふ 2018/09/18 08:12 Kid様、駿府の安田屋本店のお蕎麦屋さんのブログ拝見しました。何とまぁ 写真のお蕎麦の美味しそうな事!涎が出そうでした。お蕎麦は国民食、戦前は どの通りにも お蕎麦屋さん有りで 自転車で 気軽に 出前してくれました。私は お蕎麦のこと
余り 知らないので 検索、お蕎麦の奥行きの深さに びっくり、目からウロコの 例え
でした。 ロスより50マイル 離れている 当地では お蕎麦屋さんは 皆無、この頃になつてnoodle house なるもの 出現、サツポロ イチバン に毛が生えた様な シロモノ お蕎麦では ありません。日本の皆様が 羨ましいです。!いつの日か 安田屋さん
の 十割蕎麦 に 濃いめの つけ汁で イヤ という程 頂きたいですねー。
わたしは乾麺の 信州そばで 我慢しております。蛇足ながら アメリカの国民食は イチ にも 二にも ハンバーガー ダントツ ですね。いろいろと勉強になりました。
ありがとうございました。

tokyokidtokyokid 2018/09/18 20:38 ふ さま、コメントありがとうございました。異国の地では日本では当たり前の蕎麦にありつけず、お気のどくなことです。日本の蕎麦屋も最近は様変わりしました。昔の自転車で出前してくれた頃の蕎麦屋は今は住宅地に残るだけで人手不足から何処も出前をしなくなって半世紀がたちました。今市街地にある多くの蕎麦屋はサラリーマンの昼食客を当て込んで「蕎麦と定食の店」になりさがりました。現に老舗の安田屋がそうです。純粋な手打ちの蕎麦屋などと言うものは観光地でしか見られなくなりつつあります。もり、かけ、きつね、たぬき、鴨なん、カレー、天麩羅 等々、ほかに天丼や親子丼を出すにしても、従来型の蕎麦屋はだんだん市街地から姿を消しつつあります。悲しい現実なのです。

2018-09-01 日記180901犬の次は人間のいじめ

tokyokid2018-09-01

180901・犬の次は人間のいじめ

8月21日は、あの暑さで気がついたら期日を過ぎていた。已むなく夏休みをいただくことにして一回分抜かしました。申訳ありません。

で、こんな話を聞いた。ある老婦人が小さな愛犬を抱いてドッグランに行った。犬を遊ばせていると、いかにもそれらしい風体の若夫婦が三歳ほどの男の子を連れてやってきた。その三歳児は、老婦人の愛犬に近づくと矢庭に犬の胴を蹴り始めた。その間その子の両親は見ていてもなにも注意しない。老婦人はたまりかねて自分の犬を抱き上げてドックランを去った、というのだ。

 この話を聞いて、ある兄弟のことを思い出した。ここは男、女、男、男の四人兄弟で、長男と長女、次男と三男の年齢がそれぞれ比較的離れている。この兄弟の長女と次男はグルになって末弟の三男を理由もなくいじめる。子供のときからそうだった。三男は長男に助けを求め、結果としてこの兄弟は成人してからも長女と次男長男と三男のコンビが崩れず人生の終末期を迎える齢になっている。次男が三男をいじめだしたのは、次男保育園に入ってからのことだったらしい。そのころは戦後の食糧事情が極端に悪いころで、保育園でも家庭で弁当を用意してもたせるのが規則だった。次男は毎朝弁当を持って家を出るのだが、そのうちに保育園には行かないようになり、途中の寺や大きな邸の庭園などに入り込んで時間をつぶし、夕方になるとなにくわぬ顔で帰宅するようになった。いまでいう不登校である。そのころ次男は相手がちょっと手を動かすと自分の右手を反射的に挙げて顔をかばう姿勢をとるようになったのを長男は覚えていた。今にして思えば、この頃次男保育園でひどいいじめに会い、そのウップンを年端もいかぬ三男に向けて晴らしていたのではいかと、長男はこの話を聞いていまさらながらに気が付いたそうだ。あるいはそうだったかも知れない。

 冒頭のドッグランの話をしながら、その老婦人は「私の犬をいじめた三歳児は、きっと家庭で厳しい親のしつけにでもあって、体罰をふるわれる結果、自分よりも弱い私の犬を蹴ることでウサをはらしていたのではなかろうか」と言っておられた。おそらくその通りであろう。でなければ幼児が理由もなく自分より弱い犬を蹴っていじめることはしないだろう。だとすれば、この子は親を含めて人の愛情に接した経験がない、という不幸な環境に置かれていたのかも知れない。

 してみると、老婦人の愛犬をいじめた三歳児と、三男をいじめた四人兄弟の次男の行動パターンはみごとに一致する。この状況に気が付かなかったのは自分の責任だった、と長男は今でも自分を責めている。四人兄弟の誰にとってももうそれぞれの人生は終わってしまったのに等しい時点まで進んでしまったわけだが。□

(イラストは素材ダス、写真はネットから借用)

f:id:tokyokid:20180901214413j:image:w360

f:id:tokyokid:20180901214411j:image:w360

花びし愛花びし愛 2018/09/12 19:37 tokyokidさま
昨年6月以来のコメントです。
クモ膜下出血で倒れ手術、後遺症は少しの残りましたが、やっと復活!
今回は、大好物「蕎麦」子供の頃から蕎麦好きの母から、日本の三大蕎麦、
1・長野県の戸隠蕎麦、蕎麦はノリをかけず辛味大根でいただきます。
2・島根県のの出雲蕎麦、ここは珍しくつゆをかけていただきます。
3・岩手県のわんこ蕎麦
このなかで、信州蕎麦、戸隠蕎麦は、信州蕎麦の中に含まれるとおもっています。
木曽福島にある「くるま屋本店」そして名古屋松坂屋本店横にあった「やぶ」はよくつれていってもらいました。「やぶ」は平成17年閉店、その流れをくむ「やぶ」が名古屋市中区東桜に2010年開店。
蕎麦大好きの私としては、静岡にいかなくては!とおもっています。

2018-08-11 日記180811君は8月15日を覚えているか

tokyokid2018-08-11

日記180811・君は8月15日を覚えているか

 君は一九四五(昭和二十)年八月十五日の敗戦の日のことを覚えているか。その前後、戦中戦後の飢餓のことも覚えているか。

 我が家では、田舎に引越した祖父の家に疎開していたから、戦中はまだ食べものがあった。戦後東京の我が家に引き揚げてきてからの約十年がひどかった。文字通り食べるものがなかった。これは当時の日本国民であれば誰でもそうであった。一部の政治家官僚や軍人など特権階級の家族を除いて。そういう家でもこっそり隠れて食っていた。いわゆるヤミ物資である。

 戦中戦後の食糧難の時代には、飯が雑炊になり、米飯が麦飯になり、さらに米麦がなくなると小麦粉を食べ、それもなくなると芋や野菜だけの食事になり、それも手に入らなくなると自分で野草イナゴを取ってきて食った。戦後米軍から支給された雑穀は、いまで言う「ふすま」で小麦の皮、つまり家畜のエサだったものだ。それでも食うものがなかったわれわれ日本人は工夫してパンにしたり雑炊にしたりして食った。それで露命をつないだ。間違えてもらっては困ることは、主食だけがなかったのではない。味噌醤油のたぐいから出汁の材料に至るまでなんにもなかった。もちろん砂糖なんて貴重品中の貴重品であった。だからなんでも塩味しかつけられなかった。代用食といえば、順に言うとコメがなくなって大麦に変って麦だけの飯になり、次いで雑炊やすいとんは上の口、次はサツマイモジャガイモで、これは茹でたりふかしたりして塩をつけてそれだけで食った。もちろん副食物などはない。そのあとは野草イナゴになるわけだが、いまのような珍味の山菜料理や佃煮ではない。塩だけの主食なしの食べ物とも言えない食べ物だった。写真のような、上品な野菜を食っていたわけではない。このころ、戦中戦後を問わず、外泊しようと思えばどんな田舎でもコメ持参でなければどんな旅館でも食事を出してもらえなかった。覚えているよね。

 君は「手屏風」という言葉を覚えているか。農家の子は学校にまともな弁当を持っていけたがわれわれ都会からの疎開組はまともな弁当など持っていけなかった。それで周囲を憚って机の上の弁当箱のまわりを左手で囲って右手の箸でほかの子に見られないようにして弁当とも言えない弁当もどきを食っていたのである。戦後もかなりしばらく続いたと記憶している。戦後も五年以上経ってから町にはまず蕎麦屋が復活してきて弁当を持っていかなくてもよくなったことの嬉しさを覚えておられるかも知れない。我が家では昭和三十年を過ぎてからやっと人並みの食事を家でとれるようになった。それまでは写真のような代用食で、時には食べるものがないので水だけでガマンしながら辛うじて生きていたのである。つまり都会に住みながら水呑み百姓をやっていたわけだった。ひどい時代だったが、平成も終りに近づいたいまではこのことを僅かでも覚えているのは七十歳から上の人たちだけだろう。□

(写真はネットから借用)

f:id:tokyokid:20180811203941j:image:w360

f:id:tokyokid:20180811203938j:image:w360

f:id:tokyokid:20180811203935j:image:w360

f:id:tokyokid:20180811203932j:image:w360

夏丸夏丸 2018/08/14 13:58 昭和20年8月15日。その日であったかどう確信はありません。
なぜならまだ5歳でしたから。兄弟のうち私だけ父の田舎に預けられていたのです。妹たちはまだ幼く母の手を離れるわけにいきませんでしたが、祖母が私の面倒を見てくれました。疎開です。

夏のそれはそれは暑い日でした。庭先の細い電柱でアブラゼミが啼いていました。今も耳に残っています。
当時、何故か理由は分かりませんでしたが、大人達が奥の座敷に集まって山形のラジオに聞き耳を立てていました。思えばそれが終戦の玉音放送だったのでしょう。

庭先には墜落したB29の残骸から拾ってきた計器が埋めてありました。薄い鶯色した鈍い光を放つ計器の美しさにアメリカの工業力に子供心にも驚いたものです。
拾ってはきたものの、そんなもの持っていと憲兵に連れて行かれると脅かされて慌てて庭に埋めたのです。
その翌年4月、小学校一年生になりました。その5ヶ月後、父の転勤で札幌に移りました。お陰で東京での飢餓からは救われました。

tokyokidtokyokid 2018/08/14 21:28 夏丸さま、コメント有難うございます。いつも私の拙いブログを読んで下さって本当に感謝、感謝です。5歳といえば、もう物心がついていますから様々なことを覚えておいででしょう。お宅は父上様がご健在で、尚且つ戦後札幌に移られて食糧難と無縁であったことは本当にラッキーでした。私の家はむしろ戦中は食料は普段通りでしたが戦後の猛烈な食糧難に見舞われました。埼玉の奥に祖父と祖母が農家を買い取って畑をしていたので、そこのサツマイモで私の一家は露命を繋ぎました。昭和26年に私が高校生になるまで毎日食うや食わずの綱渡りでした。でも東京中みなそうでしたから気にはなりませんでした。当時食べた物のなかで今だに私の好きな物は蝗の佃煮だけであとは全部、麦飯から芋飯から雑炊からスイトン迄全部嫌いです。あの時一生分食べてしまったからでしょう。今は写真でご覧の通り見事な芋類や出汁の利いた雑炊やスイトン等が食べられますが、今でも私は食う気が起りません。明日でもう73年目の古い話、でも私どもにとっては忘れられない話にお付き合い下さいましてまことに有難うございました。今後とも宜しくお願い致します。

ふ 2018/08/16 07:14 昭和20年8月15日の敗戦の日、しっかりと 覚えておりますとも!戦中、戦後の事情を語るならば 枚挙に暇無しです。その当時 私は岩手県盛岡市岩手高女の2年生でした。前年 東京から父の郷里 岩手県に疎開したのでした。
食料の話からー。そうです、食べられそうな モノ はなんでも クチにしました。
蝗、田螺、蕗、蕨、ぜんまい、よもぎ なぞでした。野草を採ってきて 灰汁で抜き 食べられそうか どうか 試しました。今なら 薬膳と洒落て 言うかもしれません。お砂糖は 夢の又夢 甘味に飢えており 秋になると アケビの実には甘味があり啜ったのを覚えてします。一つの林檎、一つの卵も貴重品家族で分け合いました。
長いコードが付いた たった一つだけの 電灯の我が家、必然的に 夜は一ケ所に
集まらざるを得ず 乏しいお膳を囲んでも 家族の絆 連帯感が生まれました。
食料を調達する為、母の着物は食料となり箪笥は見事に空、長女のわたしは担ぎ屋
闇屋もやってのけました。兎に角何か食べなければ 明日が無い時代でした。
今日は8月15日 感慨にふけっております。私よりも もっと 御苦労された方々も
お出での筈、上を向いて歩こう 踏ん張って歩こう と思っております。

tokyokidtokyokid 2018/08/16 16:07 ふ さまコメントありがとうございました。これが昭和20年8月15日に生きていた人の記憶を代表するものです。戦後少なく見積もって5年間は全く食べるものがありませんでした。その話なら私でも3日3晩連続して語ることが出来ます。長くて辛い暗い日々でした。今こうして生きているのが奇跡だと思えるくらいです。コメント有難うございました。

2018-08-01 日記180801・東芝の次は三菱?

tokyokid2018-08-01

日記180801・東芝の次は三菱?

 21世紀は日本の世紀、と言ったのはどこの誰だったのか。この言葉とは裏腹に、1995年くらい以降の日本はバブルはじけて以来浮かぶ瀬もない。さすがのマスコミもいまでは「バブルはじけて何年」という言い方をしなくなった。世の景気は悪くなる。物価は上がる。少子高齢化は進む、若い人の働き口はない。八方ふさがりとはこのことだ。再来年には二回目の東京オリンピックが開催されるが、それまでに景気は上向きそうもない。であるとすれば四半世紀にわたる景気下降という未曽有の事態に日本は追い込まれることになる。

 企業業績も目をおおいたくなるほどだ。すでに日産自動車はフランスのルノーに売却された。シャープも台湾企業に売られた。製薬一位の武田製薬も、取締役陣は外人一色。日本ペイントはシンガポールの華僑に本丸を乗っ取られたとニュースになった。東芝はアメリカの原子炉メーカーを買収したのが大失敗で、現在懸命に資産の切り売りでなんとか乗り切ろうとしている。その結果家電名門の東芝ブランドを中国企業に売り渡す交渉のニュースが何度も流れている。もう売れてしまったのかも知れない。

 次に外国に身売りされる大企業はどこか。多分三菱自動車だろう。この会社に限らず、三菱グループ会社はこのところ不祥事続きである。トラックが走行中にタイヤが外れて母子を殺した事件、建造中の豪華客船で大火事を出して納期を守れず大損害を出した事件、自動車の生産ラインでデータの偽装が明るみにでてしまった事件。この事件がもとになって、とうとう三菱自動車は日産自動車の傘下に入ってしまった。ということは、三菱自動車もルノーの傘下に入ってしまったことに等しい。もともとルノーは日本の軽自動車の生産技術がノドから手が出るほど欲しかったのだから、これはなるべきしてなった路線ではなかったか。

 かくして三菱自動車は、東芝の後塵を拝することになって、日産つまりルノーに呑み込まれるのは目に見えている。経営者もいない、技術者もいない、なにより主義主張を明確にできる企業人がいない。日本企業の凋落というより没落を見る思いがする。戦後本田宗一郎、井深大、盛田昭夫、土光敏夫、稲盛和夫など、戦後日本の工業再興の担い手だった人々の後継者はもうでてこないのか。日本の工業界は、なんとかしてこの悪しき予想を裏切ってほしい。□

(写真はネットから借用)

f:id:tokyokid:20180801133529j:image:w360

f:id:tokyokid:20180801133526j:image:w360

f:id:tokyokid:20180801133523j:image:w360

f:id:tokyokid:20180801133520j:image:w360