Hatena::ブログ(Diary)

(株)東京資源 http://www.tokyo-resource.co.jp

2017-09-22 9月22日 相場情報

【9月22日:今朝の状況】

為替(ドル/円):1ドル=112円47銭【06:20現在】

※N.Y.ダウ:22359(-53)

※N.Y.金:1294.80(-21.60)

※N.Y.原油:50.55(-0.14)

※LME銅($/t) 現物

午前:6407.5(-112.5)

午後:6435.0

※NYC銅(¢/lb)9月:291.40(-3.55)

※LME銅相場

前日のFOMC後のドル高を織り込む形で下落した。

※本日時点予想計算値:ロンドン午前:770円、ロンドン午後:770、N.Y.:770円

【9月21日:昨日の状況】

日本国内銅建値:770円(9月21日より+10円)

上海先物取引所 9月50240(-450)

※(1)先んずれば人を制す。 か? (2)急いては事を仕損じる。 か?

中国向けに雑線輸出が”完全に”止まった場合、その後、雑線の処理方法は大きく分けると、

A第三国へそのまま輸出される(輸出)

B日本国内で雑ナゲットを作る(国内処理)

しか、選択肢はありません。

※以前も触れましたが、近い将来A・Bどちらの世の中になるか?は、小生にも分かりません。 

※この国内処理=雑ナゲット(B)についてクローズアップします。

※雑ナゲット機械(=プラント)を

(1)急ぎ導入し、早めに雑線の処理方法を確立した方がいい。と言う方と

(2)中国向け輸出が止まってから導入した方がいい。と言う方と、 

周囲の方に聞いてると、考え方が真っ二つに分かれます。

※先に言ってしまうと、小生の意見は完全に(2)です。 

クイズダービーで言えば、巨泉:『大ラスで倍率ドン更に倍』、

→小生『(2)に全部!』です。

※解説:

※もし弊社が輸出(A)他社が国内処理(B)をしているとします。仕入先から雑線を買う際、弊社買値が200円で他社買値が180円でだとしたら、皆さんどちらに雑線を売るでしょうか?

※発生元が大手企業で価格よりも国内処理を優先せよ!というケースもありますが、大抵の場合、仕入先は高い売値(A)を望むはずです。

※仮に雑ナゲットプラントを慌てて導入した後(つまり(1)のケース)、もし中国or第三国向けに雑線輸出が継続された場合、日本国内の市場売買価格は200円になります。

※導入してしまったナゲットプラントを動かす為に、輸出より安いけど180円で売って下さいと言って、集荷が出来るでしょうか?(1)の方に問いたい。

※(2)ははらたいら、(1)は篠沢教授くらいでしょう。。。

★来週9/25〜9/30相場情報お休みします。

※雑線(湘南ヤード持込:【9月21日現在】

【1】 雑線エフケーブル:245-250円

【2】 雑線・一般:200-220円

【3】 雑線B  :100-150円

【4】 家電線 :価格付かず

【注意1:参考価格。理論値につき確認後の契約条件】

【注意2:歩留まりの呼称については、中国側の歩留まりを採用。】

【注意3:大口=約10トン単位の価格を基準としています。】

【注意4:コンテナ単位の場合、買手の有無に因り大幅に価格が変わる為、別途ご相談下さい。】

以上

2017-09-21 9月21日 相場情報

【9月21日:今朝の状況】

為替(ドル/円):1ドル=112円27銭【06:30現在】

※N.Y.ダウ:22412(+41)

※N.Y.金:1316.40(+5.80)

※N.Y.原油:50.41(+0.93)

※LME銅($/t) 現物

午前:6520.0(+28.0)

午後:6473.0

※NYC銅(¢/lb)9月:294.95(0)

※LME銅相場

この日の米FOMCの結果を受けてドル高が進んだが、LME銅はこれを織り込む前に時間切れとなった。

※本日時点予想計算値:ロンドン午前:780円、ロンドン午後:770、N.Y.:780円

【9月20日:昨日の状況】

日本国内銅建値:760円(9月14日より-10円)

上海先物取引所 9月50690(+20)

中国は10/1-10/8(国慶節中秋節)が大型連休、その後に共産党大会(5年に1回)が行われます。

※この節目が終わるまでは、全ての情勢が何も変わらないので、中国事情は置いておいて別の話。

※実は、ということもないのですが、鉄・非鉄業界、特にスクラップを扱う会社、ここ数カ月の業績は極めて好調な会社が多いです(多い筈です)。

※鉄が暴騰し、各非鉄金属ピークは越えたとは言え、やはり高かった(広義ではまだ高値水準)。

※当然、在庫の評価が上がり、売買も活発、利幅も取り易いことから、業績がいいのは当たり前。

※業界の社長方々。わざわざ自ら儲かっているとは言いませんが、聞いてみると満更でもない風。

※曰く『何年も損しているんだ今利益を出さなくてどうする!』と、確かにおっしゃる通り。 5年赤字で1年黒字、とか、10年赤字で1年黒字とか、言われる業界であります。業界外の方には、極めて分かりにくい仕事です。

★来週9/25〜9/30相場情報お休みします。

※雑線(湘南ヤード持込:【9月20日現在】

【1】 雑線エフケーブル:245-250円

【2】 雑線・一般:200-220円

【3】 雑線B  :100-150円

【4】 家電線 :価格付かず

【注意1:参考価格。理論値につき確認後の契約条件】

【注意2:歩留まりの呼称については、中国側の歩留まりを採用。】

【注意3:大口=約10トン単位の価格を基準としています。】

【注意4:コンテナ単位の場合、買手の有無に因り大幅に価格が変わる為、別途ご相談下さい。】

以上

2017-09-20 9月20日 相場情報

【9月20日:今朝の状況】

為替(ドル/円):1ドル=111円54銭【06:20現在】

※N.Y.ダウ:22370(+39)

※N.Y.金:1310.60(-0.20)

※N.Y.原油:49.48(-0.43)

※LME銅($/t) 現物

午前:6492.0(+5.0)

午後:6475.5

※NYC銅(¢/lb)9月:294.95(+0.05)

※LME銅相場

19日から2日間開かれている米連邦準備制度理事会(FRB)の市場公開委員会(FOMC)結果発表を前に終日模様眺め横ばいとなった。

※本日時点予想計算値:ロンドン午前:770円、ロンドン午後:770、N.Y.:770円

【9月19日:昨日の状況】

日本国内銅建値:760円(9月14日より-10円)

上海先物取引所 9月50670(+300)

※先日、第三国向け被覆線スクラプ輸出ルートを構築するのは難しいと書きました。

※が、実は、かなりの確率で第三国には輸出されると思っています。特に東南アジア向け。

※日本からの距離(=運賃)は中国より若干遠くなりますが、人件費に関しては高騰し続ける

中国よりむしろ安いです(a)。

※また反日感情も低く(中国比:主観)(b)、カントリーリスクに関してはこれも中国と同じようなもの(c)。

※強いてマイナス要素を挙げるなら、マーケットが小さいことくらい。ですが、これも加工後の

金属原料が最終的に大マーケットである中国に行けばいいので、さして問題はありません。

※仮に中国大陸以外でビジネスを構築してみても、結局「ルート構築の為に、東南アジア現地中華系

の方々の助け」を借りております。

※大きな大きな意味で、中国帝国の片隅で仕事をしようとしている感じがします。

※雑線(湘南ヤード持込:【9月19日現在】

【1】 雑線エフケーブル:245-250円

【2】 雑線・一般:200-220円

【3】 雑線B  :100-150円

【4】 家電線 :価格付かず

【注意1:参考価格。理論値につき確認後の契約条件】

【注意2:歩留まりの呼称については、中国側の歩留まりを採用。】

【注意3:大口=約10トン単位の価格を基準としています。】

【注意4:コンテナ単位の場合、買手の有無に因り大幅に価格が変わる為、別途ご相談下さい。】

以上

2017-09-19 9月19日 相場情報

【9月19日:今朝の状況】

為替(ドル/円):1ドル=111円55銭【06:20現在】

※N.Y.ダウ:22331(+63)

※N.Y.金:1310.80(-14.40)

※N.Y.原油:49.91(+0.02)

※LME銅($/t) 現物

午前:6487.0(+38.0)

午後:6461.5

※NYC銅(¢/lb)9月:294.90(+2.10)

※LME銅相場

週明けで手掛かり材料に乏しい中、ドルの値動きに連れて小高く推移した。

※本日時点予想計算値:ロンドン午前:770円、ロンドン午後:770、N.Y.:770円

9月18日:昨日の状況】

日本国内銅建値:760円(9月14日より-10円)

上海先物取引所 9月50370(+40)

※日本の被覆線スクラップは今まで、そののまま加工されず、中国に輸出されていましたた。

中国向けが止まるとなると、「どこかで加工し」「どこかの精錬所に買ってもらう」しか方法はありません。

※具体的に言いますと、

Before 日本→(加工せずに輸出)→(中国で加工)→中国の精錬所 

After  日本→(日本or第三国で加工)→各国の精錬所

となります。

※現在、日本国内の精錬所(=山)が銅系スクラップの購入を控えているのはご存知の通り。

炉修が主な理由となっています(炉修だけが原因でないやも・・・これは別の議論)。

※ですが、聞くと銅精錬所が銅スクラップの購入を控えているのは、アメリカヨーロッパ

同様で世界的な話だそうです。

※前述の通り、日本だけでなく、アメリカヨーロッパで発生する被覆線スクラップ、日本同様に

「どこかで加工し」「どこかの精錬所に買ってもらう」しかありません。

中国の被覆線スクラップ輸入禁止措置は、世界的な精錬所の荷余りに、影響していると思われる。

という話でした。

※雑線(湘南ヤード持込:【9月18日現在】

【1】 雑線エフケーブル:245-250円

【2】 雑線・一般:200-220円

【3】 雑線B  :100-150円

【4】 家電線 :価格付かず

【注意1:参考価格。理論値につき確認後の契約条件】

【注意2:歩留まりの呼称については、中国側の歩留まりを採用。】

【注意3:大口=約10トン単位の価格を基準としています。】

【注意4:コンテナ単位の場合、買手の有無に因り大幅に価格が変わる為、別途ご相談下さい。】

以上

2017-09-16 9月16日 相場情報

【9月16日:今朝の状況】

為替(ドル/円):1ドル=110円85銭【05:50現在】

※N.Y.ダウ:22268(+64)

※N.Y.金:1325.20(-4.10)

※N.Y.原油:49.89(0)

※LME銅($/t) 現物

午前:6457.0(+38.5)

午後:6432.5

※NYC銅(¢/lb)9月:292.80(-0.85)

※LME銅相場目立った手掛かり材料が無いなか、週末の手仕舞い売りが優勢となった。

※本日時点予想計算値:ロンドン午前:760円、ロンドン午後:760、N.Y.:760円

【9月15日:昨日の状況】

日本国内銅建値:760円(9月14日より-10円)

上海先物取引所 9月50220(-200)

中国向け被覆線スクラップがスムーズにいかなくなって以降、当然、他の国に輸出する方法を探っております。

中国代替先として可能性のある東南アジア諸国は、金属だけの輸出入は可能でも、金属+絶縁体である被覆線の、輸入自体を原則禁止している国が多いです。

※では全く不可能か?というと、ライセンス次第では出来るとか、軍のライセンスがあれば出来るとか、極端な話、「うちの会社だけ出来る」と意味不明な点が多い。

※実は20年くらい前の中国と似ていて、しっかりとした法整備が出来ていない。日本のような先進国とはそもそも異なる訳です。

※法整備がいい加減だと都合よく貿易が出来ることにもなりますが、逆にルールが急遽ひっくり返されることにもなります。

※例えば。 雑線40Fコンテナ1本(約500万日本円)をフィリピンに輸出し通関が上手く行ったとします。2回目に同じように輸出したら、フィリピン政府が難癖を付けて、通関出来なかったり、税金を課したり、場合に因っては全て没収されるということになりかねない。

※最低でも現地業者の協力が必要ですし、国や税関への働きかけや根回しが必要になってきます。

※おいそれと、中国以外に出せばいいとはいかない訳です。

※雑線(湘南ヤード持込:【9月15日現在】

【1】 雑線エフケーブル:245-250円

【2】 雑線・一般:200-220円

【3】 雑線B  :100-150円

【4】 家電線 :価格付かず

【注意1:参考価格。理論値につき確認後の契約条件】

【注意2:歩留まりの呼称については、中国側の歩留まりを採用。】

【注意3:大口=約10トン単位の価格を基準としています。】

【注意4:コンテナ単位の場合、買手の有無に因り大幅に価格が変わる為、別途ご相談下さい。】

以上