Hatena::ブログ(Diary)

(株)東京資源 http://www.tokyo-resource.co.jp

2018-08-11 8月11日 相場情報

お客様各位

【8月11日:今朝の状況】

為替(ドル/円):1ドル=110円83銭【06:50現在】

※N.Y.ダウ:25313(-196)

※N.Y.金:1219.00(-0.90)

※N.Y.原油:67.63(+0.82)

※LME銅($/t) 現物

午前:6120.0(-127.0)

午後:6162.5

※NYC銅(¢/lb)7月:273.25(-2.30)

※LМE銅相場状況

トルコ通過リラの急落を巡る懸念からドル指数が1年1カ月振りの高値に上昇したことを背景に売られた。

※本日時点予想計算値:

ロンドン午前:720円、ロンドン午後:730円、N.Y.:710円

【8月10日:昨日の状況】

日本国内銅建値:720円(8月8日-10円)

上海先物取引所 : 8月49620(+20)

《米中貿易戦争が米国内銅スクラップ価格に与える影響についての考察・下》

※現在、米国のバーチクリフ(二号銅)は、膨大な量が中国に輸出されています。

※今後、これが、他国に向かうか(a)、第三国経由で中国に向かうか(b)、ということになります。

※例えば

中国到着:5400$/mtの二号銅が、8/23から輸入税金(25%)のせいで6750$/mtになるとしたら、中国国内で、二号銅を、米国から買う人は一人もいなくなります。

※考えてみて下さい。日本国内で600円/kgの込銅が、750円/kgになるのと同じ訳で、ピカ線より高い二号銅買うはずがない。

※そこで今回のテーマ。

今後、米国国内の銅スクラップ価格は(1)下がるでしょうか?(2)変わらないでしょうか?

(1)下がるという考察

(a)(b)どちらの方法であってもコストアップは必至で、米国内の銅スクラップは、コストアップ分、価格が下がる。

(2)変わらないという考察

アメリカの二号銅は、既に、東南アジア南米、特にアフリカなど、人件費の安い国で熔解され再生インゴット(二次合金)として中国に輸入されています。

米国中国のdirectルートが閉ざされても、迂回ルートが確立されていて、米国内の銅スクラップ価格には殆ど影響ない。

※トドのつまり:分からないということでした。

(おわり)

【社会科学部学士

https://3w.huanqiu.com/a/9e21f9/7FcUb3GpRZK?agt=20&from=singlemessage&isapp

★お知らせ 来週1週間、相場情報お休みします。

※雑線(湘南ヤード持込:【8月10日現在】

【1】 雑線エフケーブル:210-215円

【2】 雑線・一般:170-180円

【3】 雑線B :60-100円

【4】 家電線 :付き物を取り売買可

【注意1:参考価格。理論値につき確認後の契約条件】

【注意2:歩留まりの呼称については、中国側の歩留まりを採用。】

【注意3:大口=約10トン単位の価格を基準としています。】

【注意4:コンテナ単位の場合、買手の有無に因り大幅に価格が変わる為、別途ご相談下さい。】

以上

2018-08-10 8月10日 相場情報

お客様各位

【8月10日:今朝の状況】

為替(ドル/円):1ドル=111円10銭【06:50現在】

※N.Y.ダウ:25509(-74)

※N.Y.金:1219.90(-1.10)

※N.Y.原油:66.81(-0.13)

※LME銅($/t) 現物

午前:6247.0(+134.0)

午後:6205.0

※NYC銅(¢/lb)7月:275.55(+1.50)

※LМE銅相場状況

夏季休暇で市場参加者が少なく相場が変動し易い中、中国筋の仕掛けと見られるアルミ急騰を手掛かりに急伸する場面があったが、その後はドル高が嫌気され上げ幅を縮

小した。

※本日時点予想計算値:

ロンドン午前:740円、ロンドン午後:740円、N.Y.:720円

【8月9日:昨日の状況】

日本国内銅建値:720円(8月8日-10円)

上海先物取引所 : 8月49600(+160)

《米中貿易戦争が米国内銅スクラップ価格に与える影響についての考察・上》

※「清単来了!中方対美国160億美元輸貨商品加征25%関税」、中国語表記で8月8日に発表された記事を書いてみました。

なんのことか?

※8月8日に中国米国に対して報復関税を発表しました。

直訳すると『リスト出ました! 対米国160億ドル(日本円換算:1兆7千億円以上)、米国からの輸入貨物に対して25%関税をかけると発表』となります。

2018年8月23日12時01分より実施、添付しているリストの品目に関して25%税金を加算するということ。

※これ、実は大問題です。

※物凄い量のリストをチェックすると、米国からの金属スクラップとして、銅・ニッケル・アルミ・亜鉛、錫、タンタルマグネシウムが、ぜ〜〜〜〜んぶ含まれています。

中国側にしてみると、輸入される荷物全部に課税され、価格が25%上がることになります。

※先般、米国ミックスメタルアメリカに入らなくなり大暴落だと書きました。

※これがほかの非鉄スクラップにも波及することになります。(つづく)

【社会科学部学士

https://3w.huanqiu.com/a/9e21f9/7FcUb3GpRZK?agt=20&from=singlemessage&isapp

※雑線(湘南ヤード持込:【8月9日現在】

【1】 雑線エフケーブル:210-215円

【2】 雑線・一般:170-180円

【3】 雑線B :60-100円

【4】 家電線 :付き物を取り売買可

【注意1:参考価格。理論値につき確認後の契約条件】

【注意2:歩留まりの呼称については、中国側の歩留まりを採用。】

【注意3:大口=約10トン単位の価格を基準としています。】

【注意4:コンテナ単位の場合、買手の有無に因り大幅に価格が変わる為、別途ご相談下さい。】

以上

2018-08-09 8月9日 相場情報

お客様各位

【8月9日:今朝の状況】

為替(ドル/円):1ドル=111円00銭【06:50現在】

※N.Y.ダウ:25583(-45)

※N.Y.金:1221.00(+2.70)

※N.Y.原油:66.94(-2.23)

※LME銅($/t) 現物

午前:6113.0(-19.0)

午後:6141.0

※NYC銅(¢/lb)7月:274.05(-0.05)

※LМE銅相場状況

夏休みで欧米の市場参加者が少なく、動意薄のなか、為替の動きに連れてレンジ内の小動きとなった。

※本日時点予想計算値:

ロンドン午前:720円、ロンドン午後:730円、N.Y.:720円

【8月8日:昨日の状況】

日本国内銅建値:720円(8月8日-10円)

上海先物取引所 : 8月49440(+150)

《プラスチックリサイクル

※昨日、朝7時のNHK ニュース「おはよう日本」で、お客様が紹介されました。

ペットボトルなどプラスチック・リサイクルの現状について、

見逃された方もいると思うので、内容を掻い摘んでお伝えします。

※同社毎月約200トンの廃プラスチックを中国に輸出して来たが、昨年末、中国の廃プラ

輸入禁止措置を受け、方向変換を迫られた。

※自社選別後、全体の5%は燃料としてリサイクル、95%は止むを得ず焼却処分場へ行くも、その処分場に同業者から依頼が殺到しパンク状態。

※後は、環境汚染の心配される埋め立て処分しかない。(中国に行けばリサイクル出来ていた廃プラが)

※今後、国(環境省)に因る、抜本的な解決がなされないと、廃プラスチックの受け入れ自体を制限せざるを得ない。というお話でした。

※(おまけ)

見逃した前日のニュースを見る為に、「NHKオンデマンド」に登録、月額972円の見放題パックを買うはめになりました。せっかく金を支払ったので、コピーを作成、海賊版を転送しまくろうかなあ、いや止めておこう。

※雑線(湘南ヤード持込:【8月8日現在】

【1】 雑線エフケーブル:210-215円

【2】 雑線・一般:170-180円

【3】 雑線B :60-100円

【4】 家電線 :付き物を取り売買可

【注意1:参考価格。理論値につき確認後の契約条件】

【注意2:歩留まりの呼称については、中国側の歩留まりを採用。】

【注意3:大口=約10トン単位の価格を基準としています。】

【注意4:コンテナ単位の場合、買手の有無に因り大幅に価格が変わる為、別途ご相談下さい。】

以上

2018-08-08 8月8日 相場情報

お客様各位

【8月8日:今朝の状況】

為替(ドル/円):1ドル=111円42銭【06:50現在】

※N.Y.ダウ:25628(+126)

※N.Y.金:1218.30(+0.60)

※N.Y.原油:69.17(+0.16)

※LME銅($/t) 現物

午前:6132.0(+92.0)

午後:6148.5

※NYC銅(¢/lb)7月:274.10(+2)

※LМE銅相場状況

ドル安や中国への楽観から買い戻しが優勢となった。

※本日時点予想計算値:

ロンドン午前:730円、ロンドン午後:730円、N.Y.:720円

【8月7日:昨日の状況】

日本国内銅建値:730円(8月3日-20円)

上海先物取引所 : 8月49290(+70)

《ボクシング協会?》

※先日、訪問した中国銅メーカーとの宴席、同社社長と重役以外に、同販売会社がある上海市〇〇区の地元関係者が色々来ていて大勢での円卓となりました。

※その場には、やはり地元の有力者(←山根会長くりそつ)が居て、周りの取り巻き的な人は、宴会中、気を使いまくりでした。

※しかしながら山根会長、もとい、地元の有力者である彼に気を使わないと、もろもろの仕事が上手く行かないようで、止むを得ないとのこと。

※例えば、税金。どのように申告すべきか?どこまで課税されるか?など、担当する人により大分異なるそうです。(日本も同じか?)

※その場合、地元の有力者が一言助言することで、黒いものも白くなるそうで、「上海なのに奈良判定」なのであります。

※不思議なのは、こうした有力者の方、必然的に威圧感のある風貌・言動になることです。

万国共通です。

※雑線(湘南ヤード持込:【8月7日現在】

【1】 雑線エフケーブル:210-215円

【2】 雑線・一般:170-180円

【3】 雑線B :60-100円

【4】 家電線 :付き物を取り売買可

【注意1:参考価格。理論値につき確認後の契約条件】

【注意2:歩留まりの呼称については、中国側の歩留まりを採用。】

【注意3:大口=約10トン単位の価格を基準としています。】

【注意4:コンテナ単位の場合、買手の有無に因り大幅に価格が変わる為、別途ご相談下さい。】

以上

2018-08-07 8月7日 相場情報

お客様各位

【8月7日:今朝の状況】

為替(ドル/円):1ドル=111円42銭【06:50現在】

※N.Y.ダウ:25502(+39)

※N.Y.金:1217.70(-5.50)

※N.Y.原油:69.01(+0.52)

※LME銅($/t) 現物

午前:6040.0(+104.0)

午後:6100.5

※NYC銅(¢/lb)7月:272.10(-3.25)

※LМE銅相場状況

ドル高や米中貿易摩擦世界経済の成長に及ぼす打撃が懸念され、売り優勢となった。

※本日時点予想計算値:

ロンドン午前:720円、ロンドン午後:730円、N.Y.:710円

8月6日:昨日の状況】

日本国内銅建値:730円(8月3日-20円)

上海先物取引所 : 8月49220(+80)

win-winの関係》

※先週末書きましたが、今後、中国向けに輸出されていた雑線クズは、日本か東南アジアかで、加工されることになります。

中国に、そのまま入らないのだから仕方なく、必ず何処かで加工される。

※加工された後、製品としての銅(ナゲット)は、何処に行くかと言えば、結局、中国です。

仮に日本国内ナゲット加工が行われても、製品である銅(ナゲット)の、一部は中国に輸出されると思います。

※さて、一方で中国国内の銅需要家(銅クズを原料とする製錬・伸銅電線・銅箔の工場)は、どうでしょう?

中国国内の銅需要家は、今後、スクラップ6類の輸入完全禁止を受け、その後の銅原料調達に不安を感じてます。

※今までは台州・寧波:雑品由来の銅、天津:雑線由来の銅を買っていたのが、なくなってしまうのだから当然不安。

※今般、弊社は中国の銅需要家から、原料供給の依頼を受け、その打合せの為、急遽、上海に来ました。

※供給希望の中国サプライヤー、需要希望の中国内工場を繋ぐ仕事、両者はwin-winの関係です。

おまけ;打合せ→食事→宴会→白酒→寝坊→配信遅れ、です。ご了承を。

※雑線(湘南ヤード持込:【8月6日現在】

【1】 雑線エフケーブル:210-215円

【2】 雑線・一般:170-180円

【3】 雑線B :60-100円

【4】 家電線 :付き物を取り売買可

【注意1:参考価格。理論値につき確認後の契約条件】

【注意2:歩留まりの呼称については、中国側の歩留まりを採用。】

【注意3:大口=約10トン単位の価格を基準としています。】

【注意4:コンテナ単位の場合、買手の有無に因り大幅に価格が変わる為、別途ご相談下さい。】

以上