無駄話 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2013-02-24

「聲の形」と作者の大今良時先生について語ろうか

f:id:toldo13:20130224115446j:image

読み切り「聲の形」

※ある程度読まれた方を対象としています。まだ読んでない人は今すぐ読んできた方がいいですよ〜。

2013年2月20日、週刊少年マガジンにおいて衝撃的な読み切り作品が掲載されました。タイトルは「聲の形」。この作品に対しては、各所でかなり話題にされていたこともあり、内容の多くを説明することは割愛したいと思います。とりあえず、一番いい文章を書いていたサイトさんを読むことをオススメします。→http://yamakamu.com/archives/3702516.html

とにかく全てが刺激的。障害とイジメを組み合わせた上で描き、子供の、いや大人たちを含めた残酷さも見せつけた上で、キャラたちの気持ちが描かれています。とても感心?したのは、登場人物の気持ちが聾唖者たるヒロインではなく、健常者たる男の子側からしか描かれていなかったこと。ヒロインは手話と表情で気持ちを描き、大多数たる読者(=健常者)は、確実に物語の中に入り込めたこと。決して障害者側が辛いという気持ちを描く作品ではなかったこと。このあたりが読み切りとして、読者へ訴えかけるものとして上手くできていたように思います。少し補足するのであれば、障害を持つ方々にとっても自身の体験を思い起こさせるものであり、客観的なものとして作品を読まれたのではないかと思います。



・・・長々と書いてしまいましたが、つまりは“とんでもない作品”だということ。



正直に言います。この作品の良さを自分の文章で伝えきる自信がありません。そして、それでも皆さんに読んでほしい。もっと言えば・・・週マガを今回だけでも買ってもらって何度も読んでもらいたい。そういう意味では上述したサイトさんは本当に心を掴まされます。読むかどうか迷っている方で、このブログを見られている方は(http://yamakamu.com/archives/3702516.html)をちょっと見てくることをオススメします。

さて、この作品を描かれたのは大今良時先生という23歳の方です。19歳の時点でこの作品を作り、別マガで名作「マルドゥック・スクランブル」の作画を担当されています。はっきり言って、マルドゥックは超名作です。原作も当然ですが、若くしてこの作品を描ききった大今先生は天才じゃなかろうかと思うわけで・・・。初の連載でマルドゥックをやりきったことすら偉業なのに、手持ち作品が聲の形ときたもんだ。すごいの一言です。



というわけで、大今先生発掘に関して少し紹介したいと思います。発言元は元週マガであった現ライバル編集部のムラさん驚き、衝撃、そして開花させるまでが見て取れます。

f:id:toldo13:20130224220733j:image

f:id:toldo13:20130224220732j:image

f:id:toldo13:20130224220731j:image

f:id:toldo13:20130224220729j:image

f:id:toldo13:20130224220728j:image

少年ライバルツイッターアカウント→@shonen_rival

※フォローしてみると良いかも??

当時の編集部が、大今先生という才能と、聲の形という衝撃を見つけた時の驚きが見て取れます。また、大今先生を大切に育てようというのを感じます。ちょっと残念なのは、デビューが大今先生オリジナルじゃないということでしょうかね〜。

あと、ムラさんの発言にもある“プレゼン用のショート漫画”がこちら。

f:id:toldo13:20130224130215j:image

マルドゥックのプレゼン漫画

6ページほどあります。大今先生が気になった方は是非「マルドゥック・スクランブル」を購入されることをオススメします。なお、プレゼン漫画は1巻に収録されています。






ところで、完全新作として週マガでの読み切りが描かれたように思われているんですけど、実際には新人賞入選時のネームを再度描き下ろした状態のものを週マガに載せています。言い換えれば、昔バージョンがあるということ。そして、それが2011年の別マガ2月号で読み切りとして乗っていたということ・・・。

f:id:toldo13:20130224122654j:image

最初の「聲の形」

自分で言うのもなんですけど、取っといて良かったです。あはははは。改めて読み返してみると、本筋は同じですが色々と異なるところもたくさんありました。冒頭、「西宮硝子、俺は彼女が嫌いだった」から始まるのは同じ、エンドも同じ、展開も同じ。あとは・・・。例えば、絵柄が変わっているのはお約束ですね。

f:id:toldo13:20130224123010j:image

新人賞時の聲の形



↓↓↓

マルドゥック・スクランブルのプレゼン

↓↓↓



f:id:toldo13:20130224130244j:image

カジノ編マルドゥック((カジノ編は神がかって面白い。))



↓↓↓



f:id:toldo13:20130224195615j:image

週マガ版での聲の形

新人賞受賞が19歳。今回で23歳。長いようで短いようで。かなりの進化が見て取れます。もちろん初期時のどこか素朴な雰囲気もいいなぁと思いますけどね。新旧の聲の形を見ると、描き込み量も全然違います。昔は白背景が多い印象です。

f:id:toldo13:20130224124929j:image

将也のその後

(狙いもあってか)週マガ版では割とあっさりだったんですけど、硝子がいなくなってからの将也については少し別マガ版の方が多めの印象です。自分たちの前から硝子が去ってしまった後、手話を将也は覚えようとします。子供時代に伝えられなかったこと、伝える方法がないと思ってたこと、大きくなってから語り合う方法を手に入れたこと。このあたりは正直、涙涙な部分です。将也が手話を覚える度に、硝子が場面場面で言いたかったことを理解している過程が読み取れます。

この作品のテーマでもある耳が聞こえないという部分。言葉って実は本当に重要で、手話という方法が硝子と手をとる方法であったということは大きなことなんですけどね。手話を知らなかったというのは言い訳にしていいとも思いませんが、これも今の現実にあるものですからね。これが一つの道標。正解だとも言えませんし、将也が手話を覚えたことで必ずしも硝子と手を取り合えたとも言い切れません。答えはそれぞれ見つけるものですから。

f:id:toldo13:20130224195619j:image

最後の1コマ

このコマが週マガ版と違うのはよく分かります。言葉は・・・言わずもがなってところでしょうか。

週マガ版でも強く描かれていますが、手を合わせるのは手話で“友達”を現します。この友達という手話の魅せ方が新旧で異なっていて、俺としては非常に印象的。別マガ版は友達の大コマを最後の最後にこれを持ってきていますが、週マガ版では途中で挟まれてますね。どちらかと言えば、週マガ版の方が終わった後の甘酸っぱさが強調されているでしょうか。あぁ・・・できれば両方読んでもらいたいなぁ。

なお、教師がクソなのはどちらも同じ模様。あと、別マガ版は女性がキレイに描かれていて、週マガ版は可愛いなぁという印象。可愛い分・・・よりエグいですけども。




さて、現在“連載を検討中”とのことです。新人賞の時から連載を目的として描いていたそうです。もちろん週マガとして今回の読み切りを載せるのに四苦八苦したそうなので、連載ができるかどうかは実質的に不明とのこと。まぁ、聲の形であってもなくても、個人的には原作のない大今良時という作品を読みたいなと思っています。さすがに聲の形という作品は、週マガという媒体でやるには刺激的だとは思いますけどね・・・。

f:id:toldo13:20130224123639j:image

あなた達はどうなる?

この作品を読んでどう感じましたか?もしかして同じような場面に出くわしませんでしたか?何かしてあげられましたか?この作品は障害という問題も、そのイジメという問題も抱えた作品です。ただ、子供たちはとても残酷です。この作品に出できた子供たちを俺は否定出来ません。俺は先生も否定しきれません。ダメだって分かってます。でも、否定しきれないんです。もしかしたら自分もやるかもしれない。・・・やっていたのかもしれない。

それでも、それでも・・・これがおかしいことだって今は言えます。きっと読んだ方もこの作品で起きた出来事をおかしいことだと認識できるはずです。こういった作品を一過性のものとしないためにも、どこか心に残しておきたいものです。連載化がとても望ましいですが、どうにかこうにかずっと繋げられたらいいな・・・って思います。そういう意味でも手元に残しておいてもらいたい作品です。せっかくなので立ち読みなんて勿体無いことをせず、手にとって、家に持って帰って何度でも読んでもらいたいな・・・って。それが今の自分たちにできることかなと思います。

hardofhearinghardofhearing 2013/04/25 07:14 連載は嫌ですね。

私自身聴覚障害がありますが、あんな綺麗事で締めくくるようなことは有り得ない。

かつてイジメた奴らは私を見てもニヤニヤ笑うか無視するだけ。
謝罪するような人なら、最初からイジメをしません。

また、聾者は日本語の文法が出来ないのでノートテイクは無理です。
聾者は手話がコミュニケーション手段なのだから転校先はよほど交通の便が悪くない限りは必然的に聾学校になりますよ。実際、私の旧知は電車を2時間乗り継いで聾学校に通っていたから。有り得ない。

有り得なさすぎ。

イジメはダメだよ的な内容で、たまたまネタにしやすかっただけにすぎない。
実際、障害者へのイジメなんてよくある。

私は健常者からのレイプなんて当たり前でしたよ。

作者は「聴覚障害児はいい子、健常者は悪い子にして健常者はなんだかんだでいい人なんだ、聴覚障害児はいろいろ大変だけど健常者も大変なんだYO!」と言いたいんだと思いましたね。
私をレイプしようとした健常者が謝っても許してやれと言いたいんですよね。
前に放送されていた「地球へ…」というアニメで健常者代表のキース・アニアンが綺麗事ほざいて自分はちゃっかりと有終の美を飾ってましたが、あれと一緒ですね。

連載をしたがっているようですが、結局は自分の金儲けでしょう。
鋼の錬金術師のように家や車でも欲しいの?と思いました。

鋼の錬金術師みたくなんちゃって聴覚障害児を出せば貴方みたいな感動オタクにはウケるから、連載して金儲けしたいんですよ。

実話を描いたどんぐりの家の方がなんぼかマシ。

私はレイプまでやらかす健常者を赦す気にはなれない。

綺麗事でまとめて結局は健常者はイイ人なんだYO!と言いたいだけであって問題提起にも解決にもなってない。

まあ、「漫画なんだからイイじゃん♪ごちゃごちゃウルセ!」と言われそうだけど、そういう言葉をはく時点で聴覚障害を全く理解してないし理解する気もないということね。

hardofhearinghardofhearing 2013/04/25 07:22 書き忘れてたけど私は難聴で、主人公みたく普通学校、しかし、難 聴 学 級 にいました。普通学級には行きませんでしたよ。
一緒にいた聴覚障害児で聾の人は居なかったです。

ただ、普通学校難聴学級に行っててもコミュニケーションが難しいので日本語が習得出来ない聴覚障害児はいました。
筆記なんてダメダメでした。

まあ、感動が好きな人にとってはこんな知識はゴミにしか見えないでしょうし、漫画のネタゲトくらいにしか思えないでしょうが。

アホらし。

hakuraku02hakuraku02 2013/05/19 11:13 ファンタジーにこれ程食って掛かれるっていうのは
想像出来ないほどの事をされたのでしょうが、少しでも
障害者に対して興味を持つ切っ掛けに成るのでは無いでしょうか?
健常者の綺麗事ですがどうぞお許しを。

sakurakosakurako 2013/05/26 01:17 hardofhearingさんの文章は読みやすいです。後天的に無くされた方なら筆記も普通に出来るんでしょうか。何故かハガレンの作者さんに嫉妬をしているように取れます。私も上の方と同じく、少しでも本当の優しさを強さを知るきっかけになればと思います。

au200xau200x 2013/06/09 18:20 普通にこの作品には感動しましたけど、
hardofhearingさんみたいに思っている人もいるのですね・・・。

でも作者さんに対して、何をして欲しいのでしょうか。
どのように描けば満足だったのでしょう。
「何もしない」という選択肢以外で。

hardofhearinghardofhearing 2013/07/25 16:37 ハガレンの作者については字幕を要請したにも関わらず無視されまくってます。
まあ、今は見ることもないのでどうでもいいけど、この聲の形もどうせアニメ化ドラマ化されてもハガレン作者みたく無視なんでしょう。
地球へ…がDVDになるときはアニメ制作サイドはそのつもりはなかったのに竹宮先生が強く希望してくれたから付けられたと聞きました。

ハガレンの作者は「障害者の生き様に感動したから」で何で漫画なのかなと。
障害者を取り巻く環境は漫画で障害者ネタを連発されてもまったく変わりません。

こういう作品に異常なほどフィーバーしちゃう人たちは馬鹿でしょうね。
作品の中に興奮して現実に起きている障害者虐待とかは完全スルーでしょ。

聴覚障害を持つ女と健常男のカップリングは見飽きましたね。
ここで褒め褒めコメントしてる人で「我が指のオーケストラ」とか「どんぐりの家」とかはイラストがバタ臭くて読んでないでしょう。個人的には事実をありのままという感じで分かりやすかったです。

聾唖なのに何故か普通学校に入ってる人、いるんですか?

聾唖なのに、学習はどうやるんですか?
無理矢理普通学校の普通学級に関わらせなくても私のように難聴学級にいても作品中のイジメはありますよ。

私としては作者の脳内で作られたなんちゃって障害者ではなく作る前に実際に見るべきだと言いたいですね。

こんな意見、感動ダイスキーな健常者は完全スルーですが。

障害者を理解するきっかけが実際に見る障害者ではなく、イケメン美女が出てくる美しく描かれた内容の浅い漫画だなんて、それだけ日本が障害者を見かける事がない世界だからですね。

もうすぐ連載されるけど、聾唖児が何故聾学校ではなく普通学校の普通学級にいるのか、その疑問を持つ人は居ないですね。

で、また何年かして誰かが聾唖女と健常男の、普通学校内のラブロマンスもどきのネタをパクって金儲け…………。

で、そういう人は「障害者の生き様に感動したから」とインタビューに答えるんですね。

aa 2013/08/03 03:20 えらい噛み付いてんのね。
そんなに嫌いなら無視しときゃいいのに。w

こんだけウダウダ長文書いてるってことは、良くも悪くも貴方の
心を動かしたってことなんじゃないんですか?好きの反対は無関心、なワケだしね。

あと、この漫画は 聴覚障害者の女の子をいじめた健常者の男の子 を描いた話であって、聴覚障害の女の子を描いた話“じゃない”んですよ。だから、女の子の心理や背景がちゃんと分からない、伝わってこない、ってのはある程度は仕方ないと思うんです。物語の主軸じゃないから。

ラストが奇麗事、ご都合主義的、ってのは分からなくもないけど、少年誌であることを考えたらこれもある程度は仕方ないのでは?アフタヌーンあたりに載ってたらまた違ったかもしれませんけどね。
キャラの造形に関しても同様で、少年誌の定石や文法ってのはどうしてもありますよ。商業誌なワケですし、世の中は貴方のような障碍者を中心に動いてなどいない。世の中はあくまで健常者を中心に回ってる。そんなものですよ。

あと、貴方はレイプやハガレン云々などこの作品とは何の関係もないことをアレコレ書いていますが、もう少し落ち着いた方がいいと思いますよ?

ちなみに自分はこの漫画に関しては 挑戦的でよくまとまった面白い漫画 だと読んだ時に思いましたね。やっぱりこれを週間少年誌に載せたのは色んな意味で新しかったと思います。
いじめや障碍者をテーマにした読みきりなどは週間少年誌には時折載るものですが、(完全な主軸では無いけど)いじめと障碍者 を“いっぺんに”テーマした青春モノ。ってのは今までの週間少年誌では無かったんじゃないかと思います。
来週号からの連載も素直に楽しみですよ。

貴方から見たら私は人でなしみたいに見えるかもしれないし、そう見て下さっても構いませんよ。
でも、私は面白い、新しい漫画を読みたい。貴方に何と思われようとね。
誰だって自分のために漫画を読んでるんですよ。もちろん貴方もね。

長文失礼致しました。

hardofhearinghardofhearing 2013/08/07 08:19 >ラストが奇麗事、ご都合主義的、ってのは分からなくもないけど、少年誌であることを考えたらこれもある程度は仕方ないのでは?

あーそうですね。

障害者をネタにした作品なんて所詮そんなものだし、結局は健常者は漫画家になる手っ取り早い手段として障害者をネタにしてカネと名誉をゲットなんですね。

カネと名誉ゲットおめでとーパチパチパチ。

あと、私はこの作品は読みませんし読んでないです。
毎年毎年聴覚障害者女と健常者男のネタがありすぎてうんざりしてるんで。

一昨年も去年もドラマであったし、今年は漫画。

来年はどんな話かな〜?

またまたラブロマンス?
またまたこのネタのパクり?

今年はマガジンがいつもよりも6万売れたらしいが、来年は何人が「聴覚障害女×健常男」に過剰反応して釣られるかな?
12万?
60万?

そんな綺麗事でまとめられた作品に釣られる貴方も所詮その程度ですね。

hardofhearinghardofhearing 2013/08/07 08:54 >商業誌なワケですし、世の中は貴方のような障碍者を中心に動いてなどいない。世の中はあくまで健常者を中心に回ってる。そんなものですよ。

障害者の気持ちを汲み取る意思は最初からないってことを自分で認めてますね。
障害者をネタにした作品を読んでいるくせに。

>もう少し落ち着いた方がいいと思いますよ?

貴方こそ落ち着いて下さい。

>貴方から見たら私は人でなしみたいに見えるかもしれないし、そう見て下さっても構いませんよ。

いいえ。
貴方は人で無しではありません。
馬鹿です。

>でも、私は面白い、新しい漫画を読みたい。貴方に何と思われようとね。
誰だって自分のために漫画を読んでるんですよ。もちろん貴方もね。

私は別に貴方がどんな作品を読もうが気にしませんよ。
貴方に指図される謂れはないし、私も貴方に指図する気はありません。

いつも思いますが、毎年出てくる聴覚障害女と健常男のネタにワーっと食いつく人たちは日常生活では差別し放題なんですね。

それほど日常生活で見る聴覚障害者が嫌いなんですね。

hardofhearinghardofhearing 2013/08/07 09:01 疑問なんですが、こういった聴覚障害女と健常男の作品を好む人って福祉分野にはいないような気がします。

漫画オタクというか漫画が好きな人に異常に好かれる傾向がありますね。

福祉の職員と会いますが、韓流とかワンピースとかばっかりで、障害者をネタにした作品を好む人はいません。

福祉に関わるからといっても障害者をネタにした作品を好むわけでなし、むしろ自分を持ってる人が多い感じですね。

だいすき!では安西さんがハッピーエンドで終わって良かったですが。

hardofhearinghardofhearing 2013/08/07 12:17 漫画オタクや漫画好きな人にとって障害者をネタにした作品なんて停滞した漫画界にカツを入れる良作であって内容が似たようなものだろうがどうでもイイだろうけどね。

聴覚障害女と健常男のネタは今や障害者作品ではなく一つのジャンルを築きつつありますねぇ。

あと、個人的にこの作者が知り合いだった場合、弁護士に相談するつもりでいるけど、ここの人たちは「ウッセ!余計なことすんな!!!楽しみを奪うんじゃねぇ!!!!!!」とデモを起こすんだね。

この作品、私の過去と照らせば照らすほど内容が似てるし、暴行事件が起きた年と発表した年も近いし、虐めた人と絵柄が似てるし、作者があの人本人かあの人の仲間か親族か分かれば即座にマガジンにこのネタを使わないよう訴えるつもりだけど、ここの感動大好きな自己陶酔人間はブーイングをしてくるのが見え透いてる。

「胸モミモミされてワギナにペニスを何本も入れられて漫画にされたくらいで文句言うなアアァッ!!!!障害者をマ ジ メに考えてる作者に失礼だ!!!!!!!!」とかね。

個人的には一生恨んでるけどね。
漫画化して、しかも「商業誌なワケですし、世の中は貴方のような障碍者を中心に動いてなどいない。世の中はあくまで健常者を中心に回ってる。そんなものですよ。」てな感じで決め付けるんだね。

きっとここの人たちはこう言うんですけど。
「ワギナにペニスを入れられても頑張って!赤ちゃん中絶しても頑張って!!ウルルンッ!なんてカンドーッ!!ショーガイシャはガンバルのぉおぉぉおッ!!!!!」

Kim ShirlyKim Shirly 2013/08/07 13:46 08/07 12:17に投稿したヤツ。hardofhearingさんを騙るのはやめなさい。
ブログ主におかれましては、このコメントを削除のうえ投稿者をアクセス禁止にされることを推奨します。

Kim ShirlyKim Shirly 2013/08/07 15:21 hardofhearingさん

はじめまして。まず述べておきますが、長文です。最後までおつきあいいただければ幸いです。

>聾者は日本語の文法が出来ないのでノートテイクは無理です
>聾者は手話がコミュニケーション手段なのだから転校先はよほど交通の便が悪くない限りは必然的に聾学校

当方もご多分に漏れず健常者であり、男性であり、この読切マンガを読んで好ましい印象を抱いた者です。
しかし上記のあなたのご指摘が事実ならば、物語の根幹に関わる不備であり、こうしたテーマの作品を描くにあたって決定的に取材が不足していたことになります。

ところが、この作品の執筆・掲載には「全日本ろうあ連盟」という団体が監修者として名を連ねています(誌面にもトップで団体名がクレジットされています)。一方で作者・編集部サイドとしても制作過程において相当気を遣った旨、過剰なまでに誌面やネットを介して発言されています(こちらは「宣伝」という穿った見方も可能ですが)。
あなたからすると「常識」に類するような事柄を、なぜこの作品の制作陣、中でも作品テーマの「当事者」たる人々はそのままスルーしたのでしょうか?

当方は一介のマンガ読みにすぎません。上の疑問についての答えは、ただの一般人としてあれこれ推測する程度が関の山です。
ただ、制作側の意思決定プロセスに関与できない「一般人としての当事者」たるあなたの下記のような↓いらだちは十分想像できるできるつもりです。

>私はこの作品は読みませんし読んでないです。
毎年毎年聴覚障害者女と健常者男のネタがありすぎてうんざりしてるんで。
一昨年も去年もドラマであったし、今年は漫画

当方も粗製濫造されている「障害者女と健常者男の純愛」ドラマや映画の類いはほとんど観ていません。特に日本のそれは、コマーシャリズムとエセ社会啓蒙の気色悪い結合体にしかみえないことがほとんどだからです。
そして「マイノリティとマジョリティの恋愛」を扱う創作物(とりわけ大衆向け娯楽作品)において、マイノリティ側の役割を押し付けられるのは女性の方と相場が決まっています。ここには女性蔑視の意識も大きく絡んでいるのですが、ここではこれ以上述べません。

後出しで言うのもなんですが、当方は在日コリアン3世です。たまにドラマや映画やマンガに登場する在日の扱われ方もひどい偏見に満ちたものが多く、成功作と呼べるものはほとんどありません。
その一方で、あなた方聴覚障害者というマイノリティから見れば、当方もマジョリティ側に立つ男にすぎないのでしょう。自分たちが日々味あわされている差別と苦悩を健常者好みに漂白され、パッケージ化されたコンテンツ商品を「消費」して楽しんでいるばかりか、あなたの過去の経験からすればセカンドレイプに手を染めているも同然の輩なのかもしれません。

ですが、あなたの一連のコメントを読んだ上であえて言わせていただくなら、やはりあなたご自身が批評的な目で実際お読みになる方がよいかと。ちょうど今日から書店に並んでいる「週刊少年マガジン」が連載版『聲の形』の第1回を掲載しています。「週読み」がご面倒なら、しばらく待てば単行本化もされるでしょう。
さらに、別作品の作者さんに要請行動をかけるほどのバイタリティをお持ちなら、本作の作者さんや「マガジン」編集部以前に、まず監修者たる全日本ろうあ連盟の担当者に、直接お問い合わせになってみてはと存じます。なぜ初歩的な「ミス」を見逃してそのまま作品を描かせたのか?、と。 

>健常者は漫画家になる手っ取り早い手段として障害者をネタにしてカネと名誉をゲットなんですね(略)おめでとーパチパチパチ

こういう荒んだコメントを不特定個人のブログに書き込むようでは、荒らしや粘着扱いされかねません。これではあなたの真に訴えたいことが健常者の心に届かないばかりか、あなた自身の内面世界がいずれ虚無と不毛に支配されてしまいます。
大きなお世話と言われればそれまでですが、そのようになることだけはなんとか避けていただきたい――それだけです。

hardofhearinghardofhearing 2013/08/08 07:23 Kim Shirlyさん

08/07 12:17の投稿は私自身ですし、実話です。
この作品そのものが私の過去と似ているのです。

この大今良時という作者は知りませんが、絵柄はあの人と似てるし、聴覚障害者の女の格好があの時の私そのもの。
名前に至っては私の個人情報を捩った感じになってます。


ろうあ連盟については対応はあまりアテにしてません。
私は難聴ですが、ろう者ともお付き合いすることもありますが、ろう者は健常者とはまた異なる思考を持っています。

いくらマガジンが過剰なまでに気を使おうが、ろうあ連盟に話を持って行った時点で終わったと思ってます。

ろうあ連盟は「気を使ってくれてる」くらいにしか思ってないのです。
(ろう者は難聴以上に視覚でしか物が見られないから。
詳しくは木村晴美氏の著作でもどうぞって奨めても漫画でしか聴覚障害者を判断できない人には読めないよね。
イラストがあったほうが分かりやすい?
文字だけじゃ分からない??
「ダーリンは外国人」でいい年した日本人が漫画を読むことにびっくりした外国人の話があったけど、確かに色んな意味で漫画ばっかりですね)

>商業誌なワケですし、世の中は貴方のような障碍者を中心に動いてなどいない。世の中はあくまで健常者を中心に回ってる。そんなものですよ。

このコメントにあったとおりマガジンが売り上げを伸ばすためにやってるとは思ってないんです。

まあ、所詮金儲けだし、マイノリティマジョリティネタでいつもより6万刷できるなら有り難いし、この作者があの人やレイプ仲間の友達や親族だったとしても、現実に聴覚障害者をレイプしまくっても、トリコの作者みたく児童買春をやらかしてもアニメ化したようにこのまま連載しつづけるんだろうし。

そういや飯島愛だったかな?

女子高生コンクリート詰め殺人事件で自分の恋人が女子高生をレイプしている横で女子高生の額にマジックで「肉」を書いたタレントさんがいたね。

この事件の内情を知った時は吐き気がしました。
よくもまあ平気でタレントできるなあ。

ここの人たちは万が一この作者が私を性的虐待や暴行をしていた仲間だって分かっても、リンゼイ・アン・ホーカー事件の市橋容疑者のファンを語る市橋ガールみたいにキャアキャア言うんでしょうけど。
↑いち日本人としてイギリスの人に申し訳ないですね。

アニメ化でもされたら林原めぐみあたりは「私硝子やりたい!!!」とかぬかすんだろうね。
声が売り物の声優がしゃべれない聾唖者を演じるって???
どうせ設定をいじってしゃべれるようにするつもりだけどな。

この作者の正体が判明したらまさしくセカンドレイプですね。

それでもここの人たちは「なんて素晴らしいの!!!!実際にレイプした経験を漫画にするなんて!!!!!私もこの人を狙い撃ちにしてレイプする!!!!!!!!」とか絶賛するんですよね。

Kim ShirlyKim Shirly 2013/08/08 19:31 hardofhearingさん

お返事ありがとうございます。

しかし、当方は一読して、非常に落胆を禁じ得ません。
『聲の形』にまつわる作品批評を超えて、ほとんど名誉毀損に近い個人攻撃で埋め尽くされているから(ブログ主様へ:08/07 12:17の投稿についての当方の発言をお詫びいたします)。
もはや「議論」の体をなす状況とは到底言いがたいですね。残念です。

作者の大今良時氏に対して、「敵意」に近い感情を抱いてらっしゃるようですが、大今氏のプロフィールについて検索してみたことはありますか? もし無いようでしたら、一度検索をお勧めします。あなたの発言内容に合致する人物かどうか、ある程度はっきりするでしょう。

>ろうあ連盟は「気を使ってくれてる」くらいにしか思ってないのです

それはあなたの「実体験に基づく推測」なのか、「ろうあ者なら誰でも知っている常識(?)」なのか、どちらでしょうね。門外漢として連盟のウェブサイトをのぞいてみた限りでは、たいへん誠実にろうあ者の権利向上に向き合っているとの印象を受けたのですが。

>アニメ化でもされたら林原めぐみあたりは「私硝子やりたい!!!」とかぬかすんだろう

林原氏がなぜここで急に引き合いに出されるのか、意味が分かりません。しかも「アニメ化」というあなたの妄想に引っ張り出される形で。

>詳しくは木村晴美氏の著作でもどうぞって奨めても漫画でしか聴覚障害者を判断できない人には読めないよね

あなたは『聲の形』に集まる健常者の注目の結果、ろう者への理解がより深まるかもしれない可能性を自ら投げ捨てています。マンガを読んだ後、知識こそ不足気味ながらもろう者という存在に興味を抱いた読者が、将来木村晴美氏と仕事をともにするという想像をめぐらせてみたことはありませんか?(木村氏についてはざっくり調べてみました。「障害者はかわいそうでしおらしい人」という固定観念を抱いた人は、直接会えば思わずうろたえるタイプの人であるようですね)
マンガを読んで「何かを得た」と思った人は、放っておいても自分なりの問題意識を抱いてやがて活字の世界にも飛び込むようになります。あなたは自分の障害と経験をタテに、「人間の可能性」について非常に限定したがっています。厳しい(あるいは無知な)言葉かもしれませんが、よくない傾向です。

指摘したいことはおおむね以上です。が…。
前回の当方のコメントで最後に書いた部分を、もう一度読み返していただきたいと思います。上に書いたようなことより、もっと気になるのはあなたの内面についてです。繰り返しになりますが、虚無感に心を食い尽くされることにだけはなりませんように。以上です。
(もうこちらにコメントは書き込みません。よってお返事も不要です)

アオパンダアオパンダ 2013/08/09 07:36 初めまして 
僕は補聴器をつけている聴覚障害者です。 
2〜3か月前にふと「耳が聞こえない人が主人公の漫画って(君の手僕の指・君の手がさややいてる)以外にないかな?」と調べた所このサイトにたどり着き「聾の形」の漫画について知りました。

昨日マガジンを買って連載一回目を読み「続きを読みたい」と感じました。
ネット上で色々と複雑な意見が飛び交っていますが…この漫画で「聴覚障害者」についてイメージしてくれる人が増えてくれるのなら連載が続いて欲しいです。
そして「聾の形」について知るきっかけを与えてくれたページと書いてくださったKim Shirlyさんに改めてお礼を申し上げます。

ありがとうございます

長々と長文失礼しました。

hardofhearinghardofhearing 2013/08/13 06:55 作者のプロフィールなら調べましたが、結局分かりませんでした。

個人攻撃だと捉えられようが、事実としか思えない内容がちらほらです。
マガジンに連絡を取るべきか悩んでいるところです。

綺麗事書いてるけど、そもそも漫画もドラマも聴覚障害者への理解以前に毎年毎年連発していれば金儲けとしか思えないし、私自身毎回漫画やドラマのヒロインと同じ行動を取ることを強要されましたからね。

ろうあ連盟についても内情を知らない健常者にこれ以上説明しても仕方ない。

我が指のオーケストラみたいに埋もれた偉人を再発掘してくれるならまだしも、聴覚障害女と健常男と手話をネタにしたお馴染みのパターン、美しい物語、それにカンドーしたカンドーしたという健常者たち。

聴覚障害を持つ女性が町を歩いてナニカが起きても、ここの漫画オタクさんや漫画好きさんは助けないんですよね。
大阪の海水浴場で警官が少女を強姦しても見て見ぬフリをしていた客たちみたく、聴覚障害女の悲鳴を聞いても知らん顔で「聲の形、良かったわアアアアアッアアアアアアアアアッ」と大声を張り上げて悲鳴を聞かなかったふりをするのが見え見え。
海水浴場で起こったことと同じ、ショッピングセンターの野菜売り場とかで輪姦があっても…………だね。
「アァ…美しい!!ネタにして!!!!輪姦されても立派に立ち直る上に父親の分からない子供を育てる聴覚障害女と、何だかんだ言って支えるソルジャーブルー並の美形の健常男のラブストーリー!!!!!しゅばらしい!!!!!」
とか言うんだろうね。

聴覚障害女と健常男のネタに毎年毎年ミーハーしてる漫画好きや漫画オタクと話をしても仕方ないし、理解どころかこの作者が私の知るあの人かその親族だったりしても女子高生コンクリート詰め殺人事件の飯島愛のファンみたくミーハーするのが見え見えだわ。

読めば読むほど似てる内容、作者はウィキペディアで見たが個人的なプロフィールがぼかされてる状態……………。
プロフィールを晒してまずいことでもあるの???
漫画オタクさん、漫画好きさん、理由が分かるなら教えて。

我が指のオーケストラの作者に叱られるならともかく、何もしないくせに口ばかりは偉そうな健常者には言われたくないね。

hardofhearinghardofhearing 2013/08/13 07:10 聴覚障害を理解する可能性云々を語るなら、聴覚障害女と健常男のワンパターン化された内容ではなくどんぐりの家みたく色んな聴覚障害者を描いて欲しいけど、今の漫画家にそんな技量は無理ですね。

この作者が私の知るあの人だったら下司。
親族か仲間だったら柳美里みたく漫画家の名誉が欲しかっただけ。

本当に好きなら好きなテーマで勝負するよね。

聾唖か難聴の漫画家がいるなら実体験を描いてほしい。
私自身何度か出版社に持ち込んだけど断られ、挙げ句に書き直せと言われましたがね。
ちょうど春先の聲の形の掲載が決まる直前だった。
内容も似ていたし、パクりだって思われたんだろうね。
だから緊急にリメイク掲載させたんだね。

私自身そんな作品が08年にあったなんて知らなかったよ。
あの人は私がマガジンなんて読まないって知ってるし。ジャンプのワンピースとか良く読んでたけどね。
イジメにあっていたのは06〜07年のことだし。

ネタがなければ聴覚障害者をイジメて作品を作れってか。

ふざけないで頂きたいね。

hardofhearinghardofhearing 2013/08/14 06:28 同じネタでも

健常者が描けば絶賛され、

聴覚障害者が描けば敬遠。

この時点ですでに差別だわ。

作者が健常者だと障害者をネタにしただけで過剰反応しまくる健常者。

作者が聴覚障害者だと事実を描いてもブーイングをかます健常者。

いくら綺麗事を並べようが漫画オタクや漫画好きな健常者にとって所詮他人事だし、障害者なんてファンタジー世界のエルフや魔法と同じレベルなんだよ。

「いでよ!バハムート!!」

みたいな感じで

「いでよ!ショーガイシャ!!」

あるいは

「月に代わってお仕置きよ!」

みたいな感じで

「ありきたりな漫画に代わってショーガイシャ漫画よ!」

ここの人たちは知ってて見て見ぬフリしてるが、イジメをネタにした漫画って、同じ講談社でライフという漫画でとっくに出てるんだけど。

この作品はライフに聴覚障害者をオプションにつけて、さらに女、相手役はライフみたいな権力者の娘じゃなくて聴覚障害者漫画にお決まりのパターンとしてフツーの家庭に育つ健常者男。

次回作品はワンピースのパクりで聴覚障害者海賊物語?
名探偵コナンのパクりで聴覚障害者探偵ラブストーリー?(小説では心霊探偵八雲で主人公男に聴覚障害者の異母妹がいるけど)
ワンピースのネタをパクってキクキクの実を使うとか?
コナンのパクりは聞こえないけど聞こえる名探偵とか?
どっちも主人公は男だけど聴覚障害女はワンピースのアルビダやハンコックやエースの母親、コナンの蘭やシェリーやベルモットみたいな立場を演じるんですね。

そして健常者読者は過剰反応して絶賛、健常者編集は過剰反応して漫画大賞とかをプレゼントするんですね。

聴覚障害者が漫画にしたらブーイングなのにね〜……。

贈った人はこの作者があの人だって判明しても児童買春をやらかしてもアニメ化したトリコの作者みたく黙認するんですよね。

酒井法子はクスリに手を出して介護の勉強をするとかほざいてのうのうと芸能界に返り咲いたけど、シンガポールのイベントには行けなかった。
クスリに厳しいシンガポールの応対は当たり前だし、犯罪者でも平気で何でも出来ると思っている日本人がおかしいんだよ。

障害者を勝手に悪意を持ってモデルにして訴えられた石に泳ぐ魚について調べてるけど、あの人かあの人の親族や仲間かどうか判明しない限り訴えるのは難しいらしいね。

林原めぐみのプロフィールを見たけど私と接点がありそうな仕事してるし、アニメ化されて林原めぐみが担当でもしようものなら、作者があの人だと判明した時は林原めぐみに会った時に「貴女が演じた聴覚障害女は私なんです。あの作者、私に性的虐待もしてネタにしたんですよね」と言って浮かれた顔を引き攣らせてやりたい。

hardofhearinghardofhearing 2013/08/14 06:46 次回作品は「デフピース」

来年春に掲載予定。

なんと!
聾唖のデフィが海賊皇帝になるためにデフミやデフロとゴーイングデフリー号に乗って世界を巡る!!

………みたいな広告が躍るんだろうな。

レインツリーの国あたりがアニメ化かドラマ化されそうだな〜。

聴覚障害者ネタ作品だけで現代日本史の年表作れそう。

easy of hearingeasy of hearing 2013/08/16 05:48 hardofhearingのしつこさ(笑)
要するにレイプされた糞人生だから怒りをぶつける対象を探してんのね
そんでここに被害妄想して書き込みまくって憂さ晴らしって訳か

まず漫画や創作関連で奇麗事なんて当たり前だろ
hardofhearingの人生を漫画にしたって誰も面白いとは思わない訳で
バットストーリーでバットエンドな物語なんて誰も喜ばないのよ分かる?

次に障害者を漫画にしても其処まで面白く無いけど売れるのよ
俺は作者の絵が好きだから見たけど連載するほどじゃないとは思うわ
けど人間て知識欲求が有るから、普段関わらない障害者に興味を惹かれるんだろ

あと金儲けで当たり前、もし作者が障害者のことを伝えたいなんて思ってたら
知名度の有る雑誌に載せようと思うのは当たり前、何故マガジンなのかは知らんが
ネット、コミケ、街中で適当にばらまいても効率が悪いからな
漫画で伝えるのもガキが読むから教育的な意味合いだろう

それに自分の面倒も見ないとなのに無料でやるかっての
ボランティアじゃねーんだぞお前らでやれよ、となるわ(笑)

こんなとこだけど、あと突っ込むとすれば
hardofhearingの書き込みは長過ぎ、暇なのは解るから要約しろ
自身の怒りも簡潔に書けないとか障害以前の問題

まぁ精神的に病んでるのは伝わるけどねー
診断するなら肉体&精神的なダメージによる統合失調症ってとこ?

それとファンタジー世界のエルフは表現しようと思ってたけど
すでに書かれてたな、まさにその通りだと思うよ
エルフは+的な印象で差別されるけど障害者は−だもんな

てことで健常者は障害者を理解することなんて無いのよ、健常が普通だと思ってるし
実際に経験してみないと理解なんて出来ないということを
hardofhearingは理解するべき、というかそれ位わからんかな

障害者を理解出来ない健常者を根も葉もない悪口で批判するってことは
障害者の自分が健常者を理解出来ないってことなのに
普通、逆も然りと考えるだろ、まぁ統合だから仕方無いか

このままだと何時まで経っても進歩ないし、怒ってるのが楽しいなら(どうでも)いいけど
ここのコメント欄で書き込んでても誰も見ないしねー、無駄で虚しい
まだしつこく来て俺のコメントから学んでくれりゃいいんだけど
その時は文章は簡潔に書いてくれやhardofhearing、俺もまた書き込むかもだし

hardofhearinghardofhearing 2013/08/23 05:51 定食屋のメニュー

ラブロマンス定食
内容…聴覚障害女+健常者男+手話

各風味もあります。
オレンジ風味
愛と純風味
花嫁の父風味

来年に向けて新風味考案中!!

ここの皆さんが好きな偽善番組の24時間テレビがありますね。
寄附とかされて気分いいでしょうが、あれって大半が芸能人のギャラに消えてるんだよね。
福祉に使われている気配はないし。

私自身24時間テレビの裏方にいたことあったけど、チャリティとは遠い内容だったなあ。
皆で馬鹿騒ぎしてた。

健常者はいいことをしたって優越感に浸っていたけど、ジュース代とかに消えてたなあ、アレ。

真実を知らせないのは罪だけど、健常者はそういうナアナアが好きなんだよね。

個人的にはアンドリュー氏とかヘザー氏とかの軌跡を知りたいし、高橋潔氏みたいに誰かに描いてもらいたいけど。

あ、ごっめん。

ここの偽善健常者さんには分からないんだよね。

掲示板で「漫画しか知らない人が漫画を描いているという漫画家が多い」ってあったけど、その通りなんだよね。

漫画オンリーじゃあ、上記の聴覚障害者のことなんて調べるなんて出来ないし、そういうオミソないんだね。

あれ英語だし、英語を勉強してとか誰かに翻訳してもらってとかそういう行動力なんていまどきの漫画家さんにないんだよね。

ごっめんね。
ホント、ごめん。

行動力がないから暇つぶしに聴覚障害女と健常者男のラブロマンスもどきしか描けないし、才能がないから聴覚障害者を、しかも女性を輪姦してネタをゲットするくらいしか出来ないんだわ。

いまどきの漫画家はその程度のレベルなんだよね。
だから聾唖なのに何故か聾学校じゃなくて普通学校に行ったり、聾唖なのに何故か話せたりするんだわ。

統合失調症についても誤解をしたり顔で説明してるし、実際の患者さんに失礼だよ。

まあ、そういう知識自慢大好きな健常者がいるから障害者が迷惑するんだよね。


あー誰かアンドリュー氏の軌跡を描いてくれないかな〜?
アンドリュー氏のは日本人がまとめたから描けると思うけど無理だよね〜。

ま、いまどきの漫画家には無理だけど。

hardofhearinghardofhearing 2013/08/23 06:04 統合失調症については語る気はないし、したり顔で説明する健常者を見てるとつくづく差別ってあるんだなあ。

統合失調症のコミックエッセイを見たけど、したり顔で説明してる健常者ってこういうコミックエッセイは読まないんだよねえ。

ラブロマンスもどきはしっかり読むのにこういうためになる本は読まない。


だから差別は広がるんだよねえ。


こんな健常者と統合失調症について語る気はないし、語りたいとは思わないよ。


身近に統合失調症じゃないが精神的な病気の人いるけど、対処を職員さんから直接伺うだけ。
時には本人に聞いたりするし。

私自身の経験からラブロマンスもどきの漫画なんてアテにならないからね。

生の声を聞く方が早いし。

行動力はないくせにラブロマンス漫画だけの知識で偉そうに語る健常者ほど差別に満ちた健常者はいないね。

アンドリュー氏のことは漫画だと高橋潔氏みたいな感じかどうか見てみたかったなあ。

hardofhearinghardofhearing 2013/08/23 06:15 粘着だとか言うけど、それだけ健常者による聴覚障害女と健常者男のラブロマンスの連発は現代日本史が作れるくらいしつこいし、そっちは問題じゃないんだね。

来年は何が出るんだろ??

ファイナルファンタジーみたく原点に戻ってピュアなラブロマンス???

楽しみだわ。

リアルで私にちょっかい出してくる健常者も楽しみにしてるみたいだし。
時々刺し殺したいって思う。

hardofhearinghardofhearing 2013/08/23 06:28 聴覚障害女が健常者男を刺し殺しても、ここの偽善健常者はこういうんだろうね。

「なんて悲しい事件なの?健常者男は悲しいから聴覚障害女にちょっかいを出したからであって快楽とか愉悦とかじゃないのよ………。レイプ?違うわ。悲しいからやっただけで犯罪じゃないわ。ええ、悪いのはマタを開こうともしない聴覚障害女よ………被害者は健常男だわ………ペニスを入れたかっただけなのよ………………」

なんだかんだ言って聴覚障害者を悪者にしたいんだよね。

聴覚障害女と健常者男のラブロマンスネタ以外にないのかって思うね。

我が指のオーケストラは聾学校に通った難聴の知り合いも絶賛してて全巻持ってるって言ってたね。
私も当時の日本をリアルで体験出来て今本を探してるけど、中古でも見つからないから送料負担で注文するか検討してるところ。

まあ、ここの偽善健常者にはラブロマンスがお似合いだね。
我が指のオーケストラみたいな健常者の差別をリアルに描いた作品なんて見たくない代物だし。


「おまちど!ラブロマンス定食オレンジ風味です!」

hardofhearinghardofhearing 2013/08/23 06:42 >我が指のオーケストラは聾学校に通った難聴の知り合いも絶賛してて全巻持ってるって言ってたね。

このあたりラブロマンス大好き健常者がしたり顔で「えー難聴なのにhardofhearing自身のコメントで言っていた普通学校の難聴学級じゃないのか〜おっかしーの」とか粗探しして突っ込んできそうだけど、難聴者でも 時 と 場 合 によっては聾学校に行く人もいます。

ここの偽善健常者ってラブロマンスもどき漫画で固定された情報を異常に好む傾向が強いね。

聾教育の脱構築を見たけど、なるほどねって思う。
健常者サイドからの聾唖者への意識をえがいた内容があって聾唖者の世界にいる健常者がどう思うか理解できたわ。

あ、スマソ。

聾教育の脱構築なんて、漫画でもなければイラストがない本なんてここの偽善健常者たちには理解出来ないんだよね。
早く漫画になると良いね。

hardofhearinghardofhearing 2013/08/23 06:56 この作品のエンディング、いじめっ子といじめられっ子が結婚する話になるのかね〜…。

最終回のキャッチフレーズは

いじめや無理解を越えた聴覚障害女と健常男がゴールイン!
感動のフィナーレ!!

て感じか?

そうなったら、ここの偽善健常者がアンケートで二人の子供の話を見たいと書くんだろうね。
で、君の手がささやいてるみたく聲の形2が連載されて、子供が遺伝でもないのに 突 然 聞こえなくなったり。

最終回がそうなったらここの偽善健常者はウマとシカにしか見えないわ。

最終回が仲良くケコ〜ンではなく違う方向に向かうことを強く祈りたいね。

hardofhearinghardofhearing 2013/08/23 07:22 我が指のオーケストラを読めば読むほど、他の作品がいかに健常者サイドから描いたなどと綺麗事で作られてるか分かる。

障害者を理解するチャンスを金儲けに悪用することは恥ずかしくないんだね。
入賞したいからオーソドックスなラブロマンスに障害をプラスして目立とうとするんだ。

ハガレンの作者も障害者施設の警備員の仕事をしていた時にデビュー作品のネタを探してたというし、今後は障害をネタにした応募作品が増えるな、これは。

聾とか難聴の漫画家さんはいないのね。

秋田書店のブラックさを見た限り、聾か難聴の漫画家さんがいても障害を理由にいじめられてるんだね。

健常者漫画家は情報提供するなり助けないんだね。

むしろ漫画のネタにするんだね。

あっ、も し か し て………。

来年はバグマンのパクり漫画が連載されるの?

聴覚障害をもつ女性漫画家が難題に立ち向かう!とか?
恋人は健常者のエリート声優とか??

わあ。

バグマンの聴覚障害女バージョンが始まるの???

おめでとう!

UltimaUltima 2013/09/12 01:25 残念なコメント欄になってますね。

hardofhearingがまだ見ているかわかりませんが、
作者さんは顔出しもされてますよ。確認してください。
http://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-1727378/
これだけはっきり写っているなら、あなたの知人かどうか
わかりますよね。事実がどうであれ、あなたの疑念が
すっきりすれば良いのですが。

障害者が住みやすい世界にならんことを。

ひろひろ 2013/09/14 00:38 いい作品で続きが気になります。

ひじきひじき 2013/10/14 13:56 >>hardofhearing
お前の発言を読んだが、気持ちはわかる。
実際障害者から見れば、健常者が書いた障害者の話なんてそんなもんだろう。
変な話、実際に障害者が描けば問題ないのかもな。
おぞましいものになるかもしれんが、そっちのが関心はあるわ。
俺は健常者だけど、お前が健常者に対して指摘してることも納得出来た。
ただ、お前はひとくくりにしすぎだよ。
健常者の中にだって、他の自己愛に根ざした健常者に嫌悪するときある。
手っ取り早く言うと、例えば、ニュースとかでたまにある
深い穴にハマったり、高い木の上から降りられない野良猫が
救助される話を見て、テレビの前で良い話だ〜って泣いて感動しながら
普段は日々保健所で殺されてる野良猫には一切知らん顔してるおめでたい人間とか、
ムカつくよ。
そんときだけ、自分さえ、気持ちよければいい。
世の中にはそういう健常者は沢山いる。
テレビや雑誌で可哀想な子を見て、その環境や境遇に泣いて同情して。
でも自分がなにか変わるわけでも無く、また好き放題わがままに生きてる、みたいな。
特にネットなんてそういう奴らの巣窟だからね。

しかしだ、個人攻撃は酷いわ、口も悪いわでお前の文章を読む限り、
難聴だろうが障害者だろうが、そりゃお前みたいな人格の人間なら
障害者、健常者関係無い。誰も助けるわけねーわ、と言いたくなるぞ。
が、それもレイプされただイジメを受けただ、その壮絶な人生のせいで
人格がひん曲がってしまったと解釈すれば、まあ同情は出来るけども。
それでも、希望もって生きろよ。
世の中捨てたもんじゃ無いはずだから、どっかには良い奴いるから。
お前のことを守ってくれたり、支えてくれる健常者、ちゃんといるから。
健常者は健常者は、と噛み付くのやめな。
男=レイプ魔とか思ってないよなー?
お前は優しく抱かれたことないのか?好きな人できたことないのか?
いじめられても、失恋しても、諦めるな。例えレイプされてもだ。
壮絶な人生を送ろうが、前に進まなきゃならんのは健常者も同じ。
塞ぎこんでちゃどんどんひん曲がるだけだぞ。

思い起こせば、俺は中学生の頃
いじめられてた人間を男女関係無く割って入って、助けてた。
、、それも結局は、助けたりしてる自分に酔っていただけなのかな。
とりあえず、俺は少しでもお前の身になって理解する努力はするよ。
俺が間違っていれば、俺の頬をひっぱたけばいい。
俺もお前が間違ってたらお前の頬をひっぱたく。

しゃしゃ 2014/01/30 01:31 記念カキコ

名無し名無し 2014/02/24 15:13 >>hardofhearing
例えあなたの書いたコメントが実話にしろ、作者を貶めるための創作にしろ、人として間違ってることをする人間に健常者も障碍者もない。レイプやいじめなんかは人の尊厳を踏みにじる最たるものでしょ。知的障碍者が健常者をレイプする話も某掲示板には吐いて捨てるほどある。だけど健常者にしろ、障碍者にしろ、そういう尊厳を踏みにじるような罪の十字架は一生背負い続けてほしい。

あなたが受けた痛みで健常者を憎む気持ちもわかる。わかるけれど、そんな人間ばかりが健常者ではないことをあなたも知っているはずでしょう?

この漫画に関して言えば、石田は十字架を背負ってる。例え西宮がそれを赦したとしても背負い続けていくと思うし、そうあって欲しい。

俺は健常者、障碍者にかかわらず、人の内面を見て判断したいと思ってる。西宮みたいな人間性を持った人なら、健常者だろうと障碍者だろうと、男だろうと女だろうと間違いなく好きになると思います。あなたの心に余裕がないのも、傷つけられ過ぎてささくれ立ってしまってるのも理解します。その努力もします。ただ、その精神状態には健常者も障碍者もなく、誰もがなり得るものなんですよ。

いつかあなたの心にも、健常者や障碍者関係なく他人を愛せる余裕が生まれることを祈って眠りにつくことにします。

loklok 2014/02/25 13:46 Kim ShirlyとUltimaのレスポンスは、傍目から見て真っ当だと思いますし、感情を抑制してると思いますが、ひじき氏の気持ち悪い言い草と突如始まる自己語り、また最後の名無し氏の健常者然とした語り方というか説教の仕方には、なにか腑に落ちないものがあります。
これは、次元の違う場所で暮らしている者たちの間の、断層をまざまざと表しているようにすら思えます。

私は部外者ですので、ひとつだけ思ったことを。
障害者、健常者に関わらず、誰でも苦労はするし狂気に陥ることもある、それはごもっとも。
ただし、それが人生のいつの時期に、どのような状況で訪れた不幸であるのか。それによってその傷の重みは、全く異なるものになると思います。

たとえば私の身近な場所には、幼少期に虐待を受けたもの、親に捨てられたもの、ゆえに学校でいじめられるもの、あるいはその逆に、他人に暴力を振るわずにはいられない人々などがいます。
彼らは人生に対する準備も行えていない無防備な状態の時に、その世界に対する決定的な損失を与えられ、そしてそれゆえに、一生かかっても完全には回復不能の傷を負います。
これは、たしかに不幸と一言でくくってしまえるものですが、しかし、訪れる時期や状況が、健常人(このコメ欄での言い方に則ります)とは大きく異なることがあるのです。

たとえばひじき氏は

>お前は優しく抱かれたことないのか?好きな人できたことないのか?
いじめられても、失恋しても、諦めるな。例えレイプされてもだ。

と言いますが、これは残酷な言葉たと私は思います。レイプのダメージについては私は男なので何とも言えませんが、少なくとも思春期以前に性的虐待を受けた人については、決して、全的な欠損を抱えたことのない方にはわからないような精神状態に陥ることは確かなことです。

ぶっちゃけて言うと、欠損を抱えてしまった人間も、みな善人になろうと努力はしてますよ。
それでも、ほとんどの人間が、お説教するのですよ。
「みんな苦労してるんだから」というふうに。
それは私の近辺で報告されることとも、このコメ欄とも全く変わりませんね。
そして理解は常に、健常者側の視点にたって行われなければならない。

聴覚障害の方の苦しみはわからないのですが、私見ではhardofhearing氏の苦しみは、そのような自己と外部環境の関係によってもたらされるものであるように思えます。
自我の記憶の問題と、社会環境の問題が複雑に絡み合ってますね。そしてそのような人間に対して「みんな苦労してるんだから」「だから人間として、もう少しまともになりなさい」といったような言い方は、私のいる場所ではタブーになってます。
それは基本的に、相手を拒絶する言葉だからです。

そして最後に付け加えますと、このような全的欠損を負った人々は、通常よりかなり高い確率で自殺したり犯罪を犯したりします。
これは自己責任論の話ではなく、社会構造や、社会構造に起因する対人認識の問題なのです。

たとえば、聴覚障害の場合でも、社会人になった場合の収入が健常者と同じというわけにはいかないでしょう。人生における条件が平等ではなく、不平等を享受しなければならない環境で生きていかなければならない。それでも健常者は、平等だから頑張れという。

そういう連鎖があまりにも長い期間続くので、みな、まともな精神状態ではいられなくなるのです。
だから名無し氏のいう「他人を愛せる余裕」というものが、社会構造的に生まれにくくなっているのです。まずはそこを抑えることが健常者側の最低限の努力ではないかと。私も健常者側の人間ですが。

ということで、かなりむかしの記事ですが、印象的なコメ欄だったのでついつい駄文を挟んでしまいました。
一介の児童養護施設職員の、見ているものとしてお受けとりください。

名無し名無し 2014/03/20 03:20 個人的に物語は決して現実に即してなくていいと思います。
何かを伝えるために誇張されたりぼかされたり、登場人物の容姿すら手段として使用されるものだと思います。
ただ、一読者としてこの作品が少年誌に掲載されることで若い人達が読みこういった問題に対して何らかの思いを抱くはずです。
それは決してネガティブな思いではない気がします。
実際に聴覚障害をお持ちの方がこの作品を読んでよい感情を抱かないのは想像出来ることですしそれを表明するのは個人の自由です。
ただ作者側はそういった反応も考慮しつつ少年誌という媒体で発表される作品としてある程度わかりやすい構図にしたのではないでしょうか。

奈々氏奈々氏 2014/04/13 21:58 hardofhearingの書き込み読むとよく分かるけど
何ちゃってレベルの障碍者のかまってちゃんスキルは異常だね
(w

匿名です。すみません匿名です。すみません 2014/04/19 21:43 hardofhearing氏の物言いはキツイけど、ビックリしたけど
興味深く読ませてもらったよ。ありがとう。
自分は健常者で、血縁に障害者が居る立場。
だからなんだというわけではないのだが、なんというか、
こんな意見をヤツから聞いた事はないよ。うん。
いまさら「聲の形」を読了してここにたどり着いた。
それだけなんだ。読んでくれた人、ごめん。大した意見も無しで。

難聴者A難聴者A 2014/05/08 23:11 何かやたら、殺伐としてますね。

難聴者で、ろう学校に通ってました。

わたしはこれに出会ってよかったと思います。
悪い部分も良い部分も含めて。

わたしがあったろう者は懸命に言葉を紡いで、伝えようとしてました。
あーあーとか、カタコトだったり、言葉や文章になってなく、わたしは聞き取れなくて、手話もわからなくて・・・筆記で会話してました。少しだけ、手話も覚えて、なんとか、名前と好き嫌い、とかで会話してました。あと、ジェスチャーとかも有効ww

まぁ、何がいいたいというと、こういう人もいるし、こんな感じ方をする人もいるんだから、自分たちがどうするべきかっていうのを考えるきっかけになればいいと思います。

sisi 2014/05/15 02:11 hardofhearingについて。
この人物はyahoo知恵袋のtursam2010と同一人物であり、過去の質問ではこんなことを言っています。
『小学時代、見知らぬ男にレイプされかけた。』
『子供の時に身内の男から肉体関係を強要されていた。』
『顔を殴られ、片目の視力が著しく低下した。』
『小学時代、同級生によるリンチで同じ障害児の同級生が脳外科に送られていた。』
『アニメ漫画系の店へ出向いた先で強姦未遂にあった。』
『ガン検診に行った際に聴覚障害があることを話したところ、医師の態度が変わり検査も雑になり、しまいにはあり得ない診断結果を伝えられた。』etc...

これら全てが事実であるならば、壮絶な人生を送ってきたのだなと同情します。
hardofhearingが聴覚障害者であるというのはおそらく事実でしょう。健常者に対する異常なまでの憎しみも自身への健常者からの仕打ちによるものだと思います。

が、しかし…はっきり言ってこの人物が言う事にはどうも嘘くさいものが多い。
本人の思い込み、被害妄想によるところが大半を占めているように思えます。
ここへの書き込みでも、最初は平静を装った言葉遣いなのに後になるにつれてどんどん荒々しく、誹謗中傷を含む文章になっています。hardofhearingの主張を汲み取って公平な書き込みをしてくれている人の質問にも真面目に答えようとせず、偏見に満ちた持論を一方的に展開し続ける…。稚拙さが際立ちます。

私はhardofhearingに対して不信感を持っています。
yahoo知恵袋のtursam2010というアカウントの質問や回答を色々見てみることをお勧めします。

漫画家漫画家 2014/07/04 13:17 >hardofhearingさん

俺は漫画家です。
聴覚障害を持つ自分の描いた真実の漫画が出版社に否定され、健常者の漫画家が描いた偽善的な漫画が商業的にヒットし、健常者の読者達が涙を流して感動している。
それが許せないんですね。
是非自分の漫画をウェブ上で公開してください。少なくとも俺は読みたい。
絵が流行と違うとか、話の運びが不自然で読みにくいとか、そういう点で批判されるかもしれませんが、あなたにこれだけ叫びたいことがある原稿なら伝わる人には必ず伝わります。
ネットのない時代はそういう作品は誰にも読まれず消えていきました。今は違うのです。
批判されたらその分だけ次はもっと巧みに描けるようになります。それを繰り返すしかないのです。

ちょーちょー 2014/07/22 03:17 hardofhearingさんの意見は感情がこもりすぎてて趣旨が分からないよ。
もうちょっと頭のいい文章で書きなおしたら、暇な人は見てくれるんじゃない?
暑く語られても過去に何があっても、こっちにはちっとも関係ないんだよ、自分が可哀想だと思うならネットに頼ってないで他に努力することがあるんじゃないの?

は 2014/08/14 14:33 hardofhearingのコメントを見る限り、聴覚障害者って性格歪んでるんだなと思ったよ
結局は障害を盾にして汚い言葉で健常者を罵りたいだけのかまってちゃんだな
お前を傷つけてきた奴らと同レベルじゃないの?

メアメア 2014/09/14 21:05 皆さん、初めまして。
あらかじめ言っておきますが、私も聴覚障害者です。嘘ではありません。
よろしくお願いします。

ここまでの、皆さんの話は読ませていただいたのですが、hardofhearingさんの意見も、他の方の意見も一理あると思います。
私からも意見と説明を言わせてください。

私が聴覚障害を持ったのは2歳からなので後天性なのですが、学級に関してはどちらともいえないと思います。
自分から進んで聾学校に通う人もいますし、親によって行く人も行かせてくれない人もいますし、逆に聾学校に行くのを拒む人もいます。
当時の私は負けず嫌いでしたので、普通学級を選んでいきました。聾学校と普通学校を行き来していましたが……。
聴覚障害者として、同時に健常者としての視点に立ってみれば、実際は聴覚障害者も視覚障害者も精神障害者も健常者も考えることは大体同じだと思っています。
ただ違うのは、健常者とは違って私たち障害者は得られる情報が少ない故に、どうしても学習や行動が遅れてしまいます点です。そこは確かに否めません。
だからこそ、人と違うことを避け、いじめなどが発生してしまうこともあります。
実際、私も『聲の形』の中のいじめにも遭いましたし、もっと酷い内容のいじめを受けたこともあります。それらが積み重なって健常者への不信感も生まれてしまうことだってあります。
でも、それって健常者の間でも同じことが言えますよね。

私は難聴でしたが、作中の硝子さんと同じく、普通学級にいました。
ただ私の場合は難聴とはいえ、半分聞こえて半分聞こえない(分かりにくい例えですみません)状態なので、手話でなくても多少は聞き取ることができます。そのこともあって、私は辛うじて授業についていけました。でも、それが逆に「気味悪い」と言われましたし、「死ね」とはっきり言われもしました。補聴器も何度か壊されてます。暴力も脅しも受けました。
中には「やり返せ」なんていう人もいます。やり返すのもいいのですが、それではいじめ側と同じ人間に成り下がってしまうことはわかっていたので、全ては無理だけど何か一つでも二つでも「これは絶対負けない」っていうものを作ることに必死でした。

手話ができれば、健常者の方も聴覚障害者の方と話すことができます。
ですが、世の中はそんなに甘くはないです。手話を知らない人は依然として多いですし、かと言って筆談では話すよりも時間もかかってしまうので面倒くさがる方も多いです。そんな世界だからこそ、障害者は健常者以上に頑張らなければいけないのです。健常者も見下したり避けたりしないで、自分から理解していって欲しいなと思います。

ただ一つだけ、ハッキリ言えることがあります。
『聲の形』は確かに新しく、健常者だけでなく聴覚障害者の私が見ても素晴らしい作品です。
「我が指のオーケストラ」や「ふるさと」「光とともに」などのような作品とは違い、あえて『いじめ側の立場』から描くことで、当人の感情をうまく表現していると思います。実際にいじめたことはないとしても、健常者も感情移入しやすいので、障害のあるないにかかわらず自分の心を見つめなおす機会だと私は考えます。

両者の間を行き来する私にとって、『聲の形』は万人に読んでもらいたい作品の一つですね。例え「読んで感動したから」と言って、他人事だと思わず、身近にある出来事だと感じてほしいというのが私の本音です。
この作品がハッピーエンドなのは、そういう負の世界から報われた瞬間を描くことで障害者にも健常者にも「夢」を送ろうとしているからではないでしょうか。私にはそう感じます。


以上、駄文で尚且つ長文になってしまいましたが、そういう気持ちを共有できたらいいなと思って書きました。
気を悪くされたらすみません。

P.S
手話ができれば、内緒話も堂々と目の前で言えちゃいますよw

八雲八雲 2014/12/29 07:25 ハッピーエンドねえ
ハッピーエンドなのはいいにしても、そこに行くまでにあんな茶番じゃダメさ
連載版は失敗作だった
とくに石田と西宮の間に恋愛要素を入れたあたりが完全に失敗

ここで危惧されてた以上の駄作になりましたね

いち健常者いち健常者 2015/01/28 02:34 これだけ皆内面さらけ出して聴覚障害者、ひいては障害者について考えや想いを正直にぶつけあってる。

この漫画が世に出ていなければこんな討論も起きなかったんじゃないのかな?

私は障害者、健常者の立場での色々な考えを知る事ができて良かったですがね。

名無し名無し 2015/10/12 02:52 ここのコメント続きすぎだろ
あと hardofhearing、自己満足のなんちゃって難聴やめようぜ
お前さんの文には穴が空きすぎだ、もう一度ちゃんと読み直して、推敲して、もっと他者の意見を取り入れた上で妄想の産物を垂れ流せばいいんじゃねぇの?
そして他の人が言ってる通り、個人に攻撃しすぎ。他人の話されちゃせわんないぜ?
「自称」難聴系悲劇のヒロインに合わせてアスペかよwそれとも文章にも「難聴」なのかな?
あと八雲さん
お前何様?

通りすがり通りすがり 2015/11/10 18:57 折角のブログ主さんの記事が一部の害悪の連続投稿ど穢れてしまっている。
hard某がマジモンの障害者だったらキムチ悪いよ。
これから障害者の人達と接する時にhard某を思い出して気持ち悪い感覚で彼等とむきあってのしまいそう。
この責任は全てhard某にある事を断言しておくぞ。

NSNS 2016/10/09 21:43 綺麗ごとじゃあだめなのかな…。貴方達には理解できないなんて言って拒絶しないでくれよ、頼むよ。理解したいんだよ…。今更こんなこと書いても遅いんだろうけど……。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/toldo13/20130224/p1