Take it easy RSSフィード Twitter

2018-01-09

The Half-Spaces ハーフスペース 翻訳 後編

ハーフスペース後編になります。前編はこちら。

Switching positions, overloads and half-space features

The half-spaces have the benefits of being close to the other zones and offering more choices to the attacker; one can therefore combine with players from the wings and the middle.
While the same is true of the middle, it doesn’t offer the same synergy.
If the players all slide to the middle then it lacks the potential of shifting the ball over two zones to the flanks.
Meaning: if you have the ball then you usually can’t leave the wings empty, otherwise it will be too tight in the middle.
Usually both wingers are providing width and hugging the touchline, making them disappear as combination partners; this means (depending on the desired players on the wing) having two to four fewer combination options.
In the half-spaces this is different.

ポジションの交換、人数を掛ける、それに関わるハーフスペースの特徴。

ハーフスペースは他のゾーンと近く攻撃の選択肢を増やすという利点があります。ウイングゾーンとセンターゾーンの選手をつなぐことが出来ます。
センターゾーンでも同じことがいえますが、ハーフスペースのような相乗効果は生まれません。
選手たち全員がセンターゾーンに集まってしまうと、2つのゾーンをまたぐボールをだす可能性がなくなってしまいます。
もしボールを持っているならウイングゾーンを空にしてはいけません。そうしないと中央で渋滞を起こしてしまうという意味です。
両側のウイングゾーンの選手は通常はタッチラインに沿うようにして幅を取ります。連携をとる相手としては扱いません。
これは2〜4つの選択よりも少ない事を意味します。(ウイングゾーンの選手による)
ハーフスペースで選択肢に差があります。

The half-space is close to the wing.
The nearest wide player is thus quite playable and not too far away.
The players who are normally in the center and in the far half-space can also indent and operate closer to the half-space where the ball is without neglecting their zone.
The far wing player can also indent more towards the center and take up a position in the half-space; something Jürgen Klopp often does with his far full-back.
Now there is an interesting interaction between the time component and the opponents’ lack of space.

ハーフスペースはウイングゾーンと近いのです。
あまり遠くに離れていないためサイドに開いている選手と連携できます。
センターソーンと遠いハーフスペースにいる選手は、彼らがいるゾーンにボールがない時、ハーフスペースで近くに寄ることができます。
遠くのウイングゾーンの選手は中央に向けて絞り、ハーフスペースにポジションを取ることができます。
これはユルゲン・クロップは逆サイドのサイドバックによくやらせる動きです。
現在のサッカーでは、時間と相手が消すスペースの間に興味深い相互作用があります。

In the time component, it is the length of the shifted ball that supports the indenting; even if the winger indents more (and thus covers the far half-space player potentially indenting further), he is still playable on the wing.
Once the ball-carrier sends off a switched ball, he can already be in motion and run to the wing.
Once the long ball arrives, he is usually already close to the touchline.
For an indirect shift with short passes between several players this works easily.
As mentioned, if the ball is already lost, the indented wide player can indent further and immediately take up his proper position for ball-oriented shifting, thereby being less prone to counter attacks.
Bayern took advantage of this with their false full-backs this past season; they let the actual width givers indent more in the first third, in order to open these spaces and overload the half-spaces and were good at counter-attacking in the strategically important central areas while being less protected on the wings.

時間でいえば、 内側に入る動きをサポートするのはサイドを変えるボールの長さという事です。
ウイングゾーンの選手がより内側に入っても(潜在的にハーフスペースの選手をカバーすることになる)彼はまだウイングゾーンとしてプレーできます。
サイドを変えるボールを送ると、彼はすでに動いてウイングゾーンに向けて走り出している可能性があります。
長いパスが届く時には彼は既にタッチライン際にいます。
複数の選手の間でショートパスが行われると、間接的にサイドチェンジを変えるプレーを容易にします。
前述していますが、内側に入ったウイングゾーンの選手は、もしボールが失われたなら更に内側に絞り、ボールへと注意を向けるための準備をするポジションを取ることができます。
それによって反撃を受けにくくすることができます。
バイエルンは最近のシーズンで偽のサイドバックを使い利用してきました。自陣では元のポジションよりも更に内側に絞ります。
サイドのスペースを開けてハーフスペースに人数をかけます。ウイングゾーンの守備を失いますが、
代わりに戦略上で重要なセンターゾーンでのカウンターアタックに上手く対応できます。

The second interaction, with the opponent’s lack of space, is also easy to explain:
If the ball is in the middle, then the opposing team is relatively stable there and mostly occupies the middle and the half-spaces; the wingers in a 4-4-2, for example, usually hover near the wing spaces because the time factor also affects the supporting shift.
Until the ball comes to the side, that supposedly open side may be barred shut.
But if the ball is in the half-space or on the wing, the far player needs to indent really far or they’ll have trouble maintaining the horizontal compactness needed.
The wingers must also not stand very wide but next to the opponent’s formation in order to give width.
This will enable them to indent and cover; allowing them to quickly provide better local compactness in the half-spaces while in possession.

第2の相互作用は相手陣のスペースの欠如です。これは簡単に説明できます。
もしボールが中央エリアにあるときには相手チームは比較的安定した陣形をとり、センターゾーンとハーフスペースに人を配置します。
例えば4−4−2のワイドの選手はたいていは近くのウイングゾーンに移動します。サイドを変えるためには時間が必要です。
ボールがサイドに来るまでに空いていると思われるスペースが既に使えなくなっている可能性があります。

もしボールがハーフスペースかウイングゾーンにあると、守備側の遠くにいる選手は内側に絞る必要があります。そうしないと横方向のコンパクトさに問題が出てきます。
サイドの選手は幅をとるのでは無く陣形を整えるために味方の隣にポジションを取るべきです。
こうして内側に絞ればカバーできるでしょう。ボール保持の間にハーフスペースに居る事で局所的なコンパクトさを素早く作り出すことが可能になります。

Overloads of players from the strategically least important zone, the wings – especially in the protection of their own attacks – are thus possible; which brings us to the false full-backs of Bayern Munich again.
The half-spaces can be quickly overloaded by players indenting a few meters and players swapping positions is no problem due to the high number of players in the three zones (half-space, middle, half-space) and the short distances between them.
These position switches, the brief abandoning of the wing, and the general features of the half-space also provide other positive effects, which aren’t possible in the middle or on the wings.

戦略的に重要でないウイングゾーンから移動してハーフスペースに人数をかけることで、攻撃している時に守備に備える準備になります。
それを可能にするのがバイエルンの偽のサイドハックになります。
数メートル内側に入ることでハーフスペースに素早く人数をかけることができます。3つのゾーン(ハーフスペース、センターゾーン、ハーフスペース)のプレイヤー数が多く、それらの間の距離が短いためポジションチェンジに問題が起きません。
これらのポジションチェンジ、短時間のウイングゾーンの放棄、およびハーフスペースの一般的な特徴もまたポジティブな効果がであり
センターゾーンやウイングゾーンには無い効果です。

Thus, the half-spaces also have a very collective nature; the possibility of rapid and targeted diagonal combinations, the harmony and feedback effects of the fields of view, and the way many players can combine ensures variety and constructiveness in a team’s play.
This is interesting and important not only in the defensive and offensive game, but also in transition.

したがって、ハーフスペースは多数の性質をもっているのです。迅速に斜めの連携をもつ可能性、 視野の効果によるハーモニーとフィードバック
そして多くの選手がつながりを持つ方法として、チームプレーに多様性と構成性をもたらします。

守備や攻撃の局面だけでなく切り替えの局面でも、ハーフスペースは興味深く重要な場所となります。

The half-spaces in transition


Anyone who deals with the Spanish and South American football school will often come across the phrase that the defense and offense are not separate but “one”.
Therefore, the opportunities and benefits of half-spaces for the team in possession have been presented, but the importance of the half-space also applies to the defense.

トランジションにおけるハーフスペース

スペイン南米サッカースクールでは、攻撃と守備は別ではなく「一つ」の局面であるという言葉をよく見かけます。
ポゼッションをしているチームにとってハーフスペースに利点があることが提示されていますが、
逆に守備でもハーフスペースは重要になります。

Basically, the division of defense and attack is only helpful to directly consider the strategic aspects of certain situations and phases.
What is behind this unity of defense and offense, is the mixing of many aspects that directly affect the other phase of the game.
So a stable, intelligent, high-scale, and well-secured possession game supports the defense; a good press and counterpress also supports a decisive offense.
The half-spaces have a special character in this regard.

攻撃と守備を分割することは、基本的に特定の状況や局面を戦術的に検討する場合にのみ役に立ちます。
攻撃と守備と一体と考える背景には、ゲームの局面とは他の局面に影響を与える多くの特徴があるという事です。
だから安定した、賢く安全なポゼッションができると守備を助けます。
良いプレスとカウンタープレスは攻撃をもサポートしているという事です。

If one plays very half-space oriented in possession, moving frequently from half-space to half-space and holding on the ball a long time within them, they not only have some offensive advantages but allow for the integration of some interesting pressing options on turnovers.
For example, it’s possible that the far half-spaces are quickly filled and covered by the indenting of the far winger.
The player in the half-space can go aggressively into the middle, pressure the opponent there and win back the ball or guide him towards the wing. The opponent must then either play around the block or counter over the zone where the ball just was and a relatively compact shape now stands. Likewise, counterpressing traps are possible, which are generated from the previous occupation of the half-spaces, making it easy to block the middle.

ポゼッション時にハーフペースを強く意識してプレーすれば、ハーフスペースとハーフスペースの間をボールが行き来し長時間ボールを保持できます。
攻撃にいくつかの利点があるだけでなく、ボールが奪われた場合のプレッシングをかけるという選択肢を同時に持つことになる。
たとえば、遠くのウイングゾーンの選手が内側に絞ることで、遠くのハーフスペースはすぐに埋めてカバーすることが可能です。
ハーフスペースに居る選手は積極的に中央ゾーンに移動できます。そうして相手にプレッシャーをかけてボールを奪うか、またはウイングゾーンにボールを誘導させます。
相手は守備ブロックの周りでプレーするか、比較的コンパクトである守備陣形に侵入してカウンターを仕掛けなければいけません。
同様にカウンタープレスの罠に掛けることが可能です。ハーフスペースに事前に位置取りすることでセンターゾーンを簡単に塞ぐ事ができます。

When transitioning from defense to offense the process is similar.
A team that dominates the half-spaces in their defensive phase can either isolate the middle, where they will have a lot of access or guide the opponent to the wings.
Then it is possible to go beyond the half-spaces, partly to open space (for example, passing the enemy on the wings, opening its half-spaces and then counterattacking there) and then use the half-space to create options.
One can seek passes from the “heap”, i.e. the group around the ball and more easily and freely rotate to give a little bit more resistance to counterpressing.
From the half-spaces one can play to the wing, move the game into the middle, or switch the ball to the far half-space.

守備から攻撃へのきりかえにも同じことが言えます。
守備の局面でハーフスペースを支配したチームは、ボールに強く関われたり相手をウイングゾーンに誘導してセンターゾーンを孤立させることができる。
ハーフスペースを通り越す事は可能ですが、スペースを空けたり(たとえば、アウトサイドの相手にプレスすることで、相手のハーフスペースを開けて、カウンターアタックを仕掛けられる)
選択肢を増やせます。
”ヒープ”すなわちボール周辺のグループからパスコースを探すことができ、より簡単にボールを回しカウンタープレスに対抗しやすくなる。
ハーフスペースからウイングゾーンにボールを運ぶと、センターゾーンに戻したり遠くのハーフスペースへとサイドを変えられます。

f:id:tomex-beta:20171230232320g:image:w360
Pressingtrap on Chelsea from Atlético. After winning the ball they can counter quite nicely, no?

チェルシーアトレティコのプレスにかかった。ボールを奪い取ったあと素早いカウンターを仕掛けられますか?

In addition, most teams are fanned out wide when they are in possession:
The width-giving effect of the wing is no longer needed in a direct counterattack as the half-space can provide it.
The opponent has only a few players and more space to defend, so one can sufficiently pull the opposition apart across the half-spaces with less width in their attacking play; all without losing nearby passing options and Dynamik.
At the same time this effectively gives the opponent space out wide, therefore a very narrow counterattack, e.g. the teams of Roger Schmidt, are still promising.
Even for Schmidt, taking the center and the half-spaces plays a key role in understanding the threat of their counterattack.

大半のチームはポゼッション時には幅広くポジションを取ります。
ウイングゾーンで幅を取る効果はハーフスペースで代用できるので、カウンターアタックではもはや必要がありません。
攻撃側の選手は幅をとらずにハーフスペースを使うだけで相手は少ない人数で大きいスペースを守らねばならず、パスの選択肢を失わずダイナミックに相手を崩す事ができます。
同時に相手を守るゾーンを広げて、狭い範囲でのカウンターアタックを効果的にさせる。
例えばロジャーシュミットのチームは好例です。
シュミットにとっても、センターゾーンとハーフスペースを使うことはカウンターの威力を理解する上で重要な役割を果たします。

But even if it is not used vertically, the half-space has a positive effective on transitions.
Gladbach under Favre paired ball-oriented shifting with their tight, position-oriented coverage (both were at their peak in Favre’s second season) and always had a good occupation of the half-spaces and a collective narrowness in offensive transition.
They could then either move forward with rapid one-touch combinations, like Reus and his offensive partners, or move away from the opponents’ counterpressing by playing backwards and build play forward with a deep, stable possession; Neustadter, Dante, and ter Stegen were natural players for this system.
The halfspaces offer not only ideal connections to different horizontal, but vertical zones as well.

しかし、たとえ縦方向に使用されなくてもハーフスペースは攻守の切り替えに良い効果があります。
ファブエの指揮するボルシアMGでは、非常にタイトにボールに寄せることとポジショニングを重視することを一つにまとめ(どちらも2期目にピークに達した)、
さらにハーフスペースの使い方が上手く攻撃への切り替えで密集を作ることを常に実行していました。
そうしてレウスと味方とでワンタッチの素早い連携で前進したり、深さを利用して前後にボールを動かしカウンタープレスをかわす事ができます。
ポゼッションを安定させるために ノイシュテッターダンテ、テアシュテーゲンはこのシステムに必要な選手でした。
ハーフスペースは横方向だけでなく縦方向へもつながりを生みます。

In a way, the half-spaces are a “connection zone” under the umbrella of the other various zones.
One could see the middle as more of an “organization zone” while the wings are suited to breakthroughs.
In theory, a division of the different characteristics of the zones that takes into consideration certain play styles (ball circulation method of defense, etc) is an interesting article for the future . . .

But first … let’s look at the reason why, among other things, the half-spaces have these characteristics and special tactical significance.

ある意味ではハーフスペースは他のゾーンに対する「接続するゾーン」と言えます。
「組織するゾーン」の大半がセンターゾーンであるように見えますが、ウイングゾーンは突破口に適しています。
理論的には、特定のプレイスタイル(ボール循環の防衛方法など)を考慮した、ゾーンの特性を分類分けすることは将来的に興味深い事柄です・・

しかし最初に...ハーフスペースがこれらの特性と特殊な戦術的意義を持っている理由を見てみましょう。

The special characteristics of the half-spaces in tactics history

The half-spaces have a fundamental strategic nature, which is reflected in their different consequences, interactions, and properties.
However, the half-space derives its own character not just from these basic aspects but from tactical reasons.

戦術史におけるハーフスペースの特性

ハーフスペースは基本的な戦略的性質を有し、異なる結果、相互作用、および特性は反映されます。
しかし、ハーフスペースはこれらの基本的な側面だけではなく、戦術的な理由から独自の特性を引き出します。

One often has a small advantage in this zone against the most commonly used formations.
The frequency of certain formations – and hence the positive tactical effects of half-spaces – are historical.
Formations are ultimately, after all, only arrangements designed to meet a certain objective within a manager’s game philosophy.
From different cultures and traditions, similar processes and formations evolved that are often synonymous with a particular country or playing style.
Ultimately, formations are only heuristics, which intend to simplify a way of playing according to a specific philosophy handed down by the coach in training.

最も一般的に使用されているフォーメーションに対して、ハーフスペースは小さな利点が生じる事がよくあります。
歴史上でのフォーメーションの使用頻度ゆえにハーフスペースに良い戦術的効果が生まれる。
フォーメーションとは最終的にただ指導者のゲーム哲学により目的を満たすように設計された決まりです。
異なる文化や伝統から、似たようなプロセスを経てフォーメーションは進化しました。そしてその国やプレースタイルを表しています。
結局のところフォーメーションはヒューリスティックス(*1)でしかありません。
これは特定の哲学に従っ、トレーニングでコーチが伝えるプレーする方法を単純化することを意図しています。

*1 ヒューリスティック・・・人が意思決定をしたり判断を下すときに、厳密な論理で一歩一歩答えに迫るのではなく、直感で素早く解に到達する方法のことをいう。

Formations are also created on the drawing board as an attempt at arranging the players, giving them a linear character.
There are no circular formations or arbitrary distributions on the field, but clear structures in lines or at the most three triangles, which are mostly also organized in lines and merely used as a way to get things set up.

フォーメーションはプレーヤーに特性を与え配置するために描画ボード上に描かれます。
フィールドではフォーメーションが図として描かれる訳ではありませんが、線や線で構成された三角形など明確な構造が存在します。
ポジションを設定する手段として使用されます。

These two aspects – the nature of creating formations and the cultural characteristics in football – in combination with the previously mentioned way of categorizing the “middle” and “wings” ensures a very unique, specific character in the half-spaces.
In short: because players were/are never really planned to be in the half-spaces in the design of formations they can cause unpleasant effects in the shifting and combination options for the opponent; many teams move their central players a little towards the wing, others have turned to man-oriented play on the wings or – very often, especially in England – the wingers do not move towards the center of the field.

前述の「センターゾーン」と「ウイングゾーン」を分類する方法と、組み合わされた2つの性質(フットボールにおけるフォーメーションの性質と文化的特徴)によって、ハーフスペースの非常に特殊な特性を作り出します。
要するに、フォーメーションを設計する際にハーフスペースは実際には考慮されていないので、対戦相手のサイドを変える動きと豊富な連携により不利な影響を受ける可能性があります。
多くのチームが中央の選手をアウトサイドに少し動かしたり、他にはアウトサイドの選手を人指向としてプレーさせることで対応していました。
特に英国ではアウトサイドの選手がフィールドの中央に移動する事はありませんでした。

In all of these scenarios, the half-spaces are extremely effective and valuable.
Because the half-spaces have historically never really been considered (excluding managers like Ernst Happel), they are often particularly effective and fatally surprising to opponents.
So, for a long time, certain aspects of the usual, boring formations and standard movements have always been prone in the half-spaces.
The horizontally unkompakte and generally symmetrical 4-4-2 of the 90s and 2000s is a prime example, whether in the buildup (spaces next to the passive strikers) or in the offensive game (widened gaps in the half-spaces).
This was also due to the standard tactics like isolated wingers and their man-orienting.
With a better shape and positioning, these formation problems can be fixed, but the vulnerabilities often remain and certain formations just have special characteristics that can be taken advantage of in their classical interpretation.
The motto rings true: the ball runs faster.

これらのシナリオのすべてにおいて、ハーフスペースは非常に効果的で価値があります。
ハーフスペースは歴史的に本当に考慮されてこなかったので(エルンスト・ハッペルのような監督を除く)、しばしば対戦相手にとって特に効果的で、致命的で驚嘆させたのです。
だから代わり映えしない退屈なフォーメーションと標準的な動きはいつもハーフスペースの前にひれ伏していました。
ビルドアップFWの横にスペースがある)であろうと攻撃的なゲーム(ハーフスペースのギャップが広がっている)であろうと、90年代と2000年代の横方向に間延びして対称型の4-4-2がわかりやすい例です。
ウイングに1対1の勝負をさせたり人指向の守備が標準的だった戦術にとって4-4-2は適していました。
より良い形状とポジショニングであればこれらのフォーメーションの問題は修正できますが、弱点はしばしば残されており、
古典的な解釈に対して、有利を得られる特別な性質が存在しているのです。
真理に近い言葉があります。”ボールは人より速く動く”

Then there are the tactical and strategic aspects of the half-spaces and why they are effective against standard formations; the pass angles and gaps are generally easier to break with diagonal play and this effect is enhanced because of the wing and central orientation of opposing formations.

ハーフスペースの持つ戦術的、戦略的な側面が標準的なフォーメーションに対して効果的である理由として挙げられる事は、
パスの角度とギャップを利用して対角線の動きを使えば簡単に守備を破ることができることです。。
そして相手フォーメーションをアウトサイドや中央に向かせることによりこの効果はさらに強化される。

Imagine a team that is defending in a wide 4-4-2.
Because they are wide, the half-spaces are open (their central players are in the middle and their wingers are on the wings).
The attacking team moves two players into the half-space in a vertical line; one in the offensive half-space in midfield and the other into the attacking team’s own defensive half-space.
Neither the six or the striker of the defending team will be able to cope with covering these players or their shifting movements.
If the defending striker takes on his opponent he will concede space in midfield, harm the compactness of the formation and have problems establishing access.
If the opponent was on the wing, he could at least be guided away and isolated from his teammates and if he was central the striker could more easily establish access.
Furthermore, in the shift forward, the striker is usually at the same level and can’t protect the middle very well.
In today’s space-oriented football, these problems are rare but have been seen.
The English Premier League says hello.
All of these circumstances beg the question:

横に広がった4-4-2で守備を行うチームを想像しましょう。
彼らは幅が広いのでハーフスペースは開いています(中央プレイヤーはセンターゾーンにいて、ウイングはウイングゾーンにいます。)。
攻撃側のチームは2人をハーフスペースに移動させ縦に並べます。1人は中盤の攻撃的なハーフスペース、もう一人は守備的なハーフスペースに置きます。
守備側の6番やFWはこれらの選手やその動きに対応することができないでしょう。
もし守備側のFWが人につこうとすると中盤でスペースを空けてしまうでしょう。そしてフォーメーションのコンパクトさは失われ、ボールへの守備に問題を起こしてしまいます。
もし中央にいれば、守備側のFWはもっと簡単に寄せることができるのですが、
相手がアウトサイドに位置取りしたら、守備側のFWは持ち場を離れてしまい味方から孤立してしまうでしょう。
さらに前方へ動く事でFWと同じ高さに位置取りすると上手く守ることができなくなります。
現代のサッカーはスペースに注目しています。これらの問題は稀にではありますが見られます。
これらの状況のすべてを英国プレミアリーグに問いてみたいところです。

Conclusion: Is the half-space better than the middle?

Out of sheer enthusiasm, it may seem like the half-spaces are not the second-but the most important area from a strategic perspective.
Although the center has numerous benefits and is simply the closest zone to the goal, there are many similarities between the half-space and center in terms of advantages.
Furthermore, the half-spaces are complemented with more variability:
From the center you can play on two similar things, from the half-space two different zones, e.g. even the middle.
There is also the following effect; to play from the half-space into the middle is, due to the synergy effects (the shifting of the opponents and the momentary opening of spaces for direct passes into the forwards), more effective than playing from the middle into the half-space or trying to overload within the middle two zones.

結論:センターゾーンよりもハーフスペースの方が優れているのか?

心情的なものを取り除いて戦略的な視点から見るとハーフスペースは2番めではなく最も重要な領域であるように見えるかもしれません。
センターゾーンはゴールに最も近い場所ですが、ハーフスペースとセンターゾーンの利点には多くの類似点があります。
さらにハーフスペースには多様性が補完されています。
センターゾーンからは2つの同じハーフスペースへとプレーできます。ハーフスペースからは異なる2つの場所、センターゾーンとウイングゾーンに向かうことができます。
これは次のような効果をもたらします。ハーフスペースからセンターゾーンに動くと、相乗効果(相手を動かして瞬間的に前進するためのスペースを開けさせる)によりセンターゾーンからハーフスペースに移動したり、センターゾーンに人数を掛けるよりも効果的なプレーができる。

Then there is the natural diagonal character of the half-space.
Central fields of view are vertical and the combination play requires you to divert yourself somewhat from the goal.
In the half-space, the basic options and the eight directions of movement remain, but the field of view is directed towards goal.
Also the practical negotiating of two zones and the long-range shifted ball is more effective from the half-space than the wing.
In the middle there are two sides to which the ball can move two zones and in the half-space there is only one.
However, in the half-space there is the potential to shift the ball over three zones to the other half-space, which is probably the most optimal location to switch play – from wing to wing the ball must travel so fast that it becomes almost impossible to control.

そしてハーフスペースには自然とゴールへの向きが斜めである事が特徴になります。
センターゾーンでは視界は縦方向であり、連携プレーのためにはゴールから目線を離す必要があります。
ハーフスペースになると、基本的な8方向へボールを動かす選択を残したまま、視界をゴールに向けることができます。
また、2つのゾーンにまたがる長距離を移動するパスは、ウイングゾーンよりもハーフスペースの方がより効果的です。
センターゾーンでは2つのゾーンを移動する方向は2つありますが、ハーフスペースでは一つしかありません。
しかし、ハーフスペースでは、3つのゾーンを動かしたり、もう一方のハーフスペースに動かす可能性があります。そのためサイドを変えるプレーには最適な場所です。
ウイングゾーンからもう一方のウイングゾーンには非常に速くボールを渡さなければいけないので、パスをコントロールするのはおそらく不可能でしょう。

All in all, the discussion here is already too technical.
The fact is that the half-spaces are rarely mentioned in the public media, although they belong to the standard vocabulary of Jürgen Klopp in his game analysis and Josep Guardiola explicitly coaches them when training positional play and is strategically important.
This article aims to give a broad overview of the strategic aspects of the half-spaces even though we are just scratching the surface here; individual tactical aspects and dribbling options or even passing options (such as how the half-space affects the potential for through balls) as well as the tactical processes for the defending the half-space are all topics for a future article.

ここでの議論はすでに要するに技術的な話です。
ハーフスペースは主なメディアではほとんど語られていないという事実があります。けれども、ユルゲン・クロップの試合の分析では基本的な用語になり、
またグアルディオラは。ポジショナルプレーのトレーニングで戦略的に重要であると指導しています。
この記事では表層をただなぞるだけでなく、ハーフスペースの戦略的な利点を解説することを目指しました。
ハーフスペースが与える個々の戦術的な側面やドリブルの選択肢、あるいはパスの選択肢(スルーパスの可能性に与える影響など)、
同様にハーフスペースを防御するための戦術的なプロセスが、これから先のテーマになるでしょう

2018-01-05

The Half-Spaces ハーフスペース 翻訳 前編

◆始めに
今回のテーマはハーフスペース。
現代サッカー戦術で見逃すことが出来ないキーワードです。
ハーフスペースとは一体何なのか?どうしてハーフスペースをつかうと効果的なのか?
これらをロジカルに解説した内容となっております。
長文のため、前後編に分けています。


本文、画像は以下のサイトからの引用になります。
https://spielverlagerung.com/2014/09/16/the-half-spaces/


以下 本文になります。

The Half-Spaces


This article will delve into an oft-neglected area in tactics theory: the half-spaces.
In our analyses we have often made reference to them.
We are also frequently asked what the half-spaces are and what their purpose is and I want to devote myself to answering that question here.
First we should categorize the half-spaces and then briefly discuss their characteristics.

ハーフスペース
この記事では戦術の基礎としてしばしば見落とされがちであるハーフスペースについて掘り下げていきます。
私達の分析ではよく使われる用語です。
ハーフスペースとは何なのか。またその目的は何であるのかという事をよく尋ねられます。ここでその質問に答えることに注力したいと思います。
まず最初にハーフスペースの意味とその特性を簡単に説明します。

Dividing the field into zones

The playing field is typically divided into several parts.
There are many different approaches to this division.
One method is to divide the field into the predetermined lines of the formation.
There are usually either three or four horizontal lines or bands.
In a 4-4-2 there are three bands and in a 4-1-4-1 there are four.
Between the bands there is the “intermediate line space” or, the space between the lines.
The same process can be applied to the field vertically.

It’s also possible to make simple divisions of the field.
Most of these systems divide the width of the field into three parts; the two wings and the center.
Louis van Gaal differs by cutting the field into 18 rectangles, 6 vertical by 3 horizontal, in which players have certain tasks and responsibilities.

フィールドの区分け

フィールドはいくつかの部分に分けることができます。
この分け方にはたくさんのアプローチ方法があります。
1つの方法として、フォーメーションにそってフィールドを分割するやり方があります。
大抵は3つか4つに横方向に線を引きます。4−4−2では3本、4−1−4−1では4本という具合です。
引かれた線の間を”中間ラインスペース”もしくはライン間のスペースと呼びます。
同じ考え方で縦方向にも線を引くことができます。

このようにフィールドをシンプルに分割することが可能です。
これらの分割方法ではだいたいフィールドの幅を3つの部分にわけます。 両サイドと中央の部分になります。

ルイス・ファン・ハールは縦に6つ横に3つ、計18個の矩形でフィールを分割しました。
選手はそれぞれの場所で役割と責任を与えられます。(画像1)

画像1
f:id:tomex-beta:20171223150937p:image:w300
Division into 18 rectangles

18分割された矩形

The middle column here is a little wider and is still mainly divided into the middle and the wings.
Depending on which part of the field the players are in and which of the four phases of the game the team is in (in possession, out of possession, defensive/offensive transition), certain players will have different tasks based on the four reference points of Arrigo Sacchi.
Another alternative is to divide the field into pure geometric splits, e.g. 18 zones (3×6) of equal proportion to one another.

主に中央とサイドに別れるのですが中央の四角はすこし広めです。
選手がフィールドのどの場所にいるべきかは試合の4つの局面(攻撃、攻から守への切り替え 守備、守から攻への切り替え)で決まります。
そしてアリゴ・サッキの4つの焦点によって違った役割が与えられます。

もう一つのやり方として、フィールドを幾何学模様のように分割する方法があります。たとえば同じ形で18個(6×3)の領域にわけます。(画像2

画像2
f:id:tomex-beta:20171223151000p:image:w360
The “intermediate line space” of a team that sits deep will pop up in the ominous “Zone 14”, which is considered by many to be a crucial element of the game.

”ライン間のスペース”をみると、試合中の重要な場所であると考えられている”ゾーン14”を浮かび上がらせます。

Dividing the field horizontally

Personally, I am in favor of a division that is more focused on the tactical events, key strategic areas, and their respective game situations. Therefore I divide the field into three basic areas: the wings, half-spaces, and center.

横方向にフィールドを分割する

個人的には、戦術の要素、戦略のカギとなる領域、そして試合の状況にもっと注目して領域を分割することを推奨します。
私は基本になる領域としてフィールドを3つに分けます。ウイングゾーン、ハーフスペースそしてセンターゾーンです。

画像3
f:id:tomex-beta:20171223151021p:image:w360
Alternative scheming in the horizontal; “outside/wing” – “halfspace” – “middle/centre” – “halfspace” – “outside/wing”. For English readers it should also be important that obviously “halfspace” is not a good word, but it’s not an invention but the translation of the word “Halbraum” which is established in Germany already for years by it’s elite coaches and the German FA.

横方向に分割した領域を次のように呼びます。ウイングゾーン、ハーフスペース、センターゾーン、ハーフスペース、ウイングゾーン。(画像3)
英国人にとっては”ハーフスペース”が聞きなれない言葉であることは確かです。けれども新たに発明された言葉ではありません。
”ハーフスペース”とは、ドイツサッカー協会とその指導者たちの間で何年もまえから使われていた”Halbraum”という言葉を翻訳したものです。


Theoretically, you can make the wings (Außen) in the picture above even smaller, extend the half-spaces (Halbraum) and the middle (Zentrum), or divide the three zones differently by area; even a division into seven columns is possible.
But, the center of course always refers to the middle.
The center is – as in chess – usually seen as the main zone.
Whoever controls the center, controls the game.
One can easily explain why with a few examples.

The freedom of choice is greater in the middle of the field.
There is no boundary created by the touchline.
One has roughly eight basic directions from which the ball can be played (forward, backward, left, right, and four diagonal lines).
On the wing there are only five directions (forward, backwards, square to the left or right, and two diagonal lines).
This means that the space to work with is limited and the precision of vertical passes must be higher.

画像3のとおり、ふつうはウイングゾーンの領域は狭く取ります。そして残った場所を3つに分けてハーフスペースとセンターゾーンを作ります。7列に分割することもあります。
どんな分け方でも常に中央をセンターゾーンとします。
チェスでもそうですが、中央は重要な領域として扱われます。
中央をコントロールできれば試合をコントロールできます。
これはいくつかの理由を説明できます。

ピッチの中央ではプレー選択の自由度が増します。
タッチラインによって作られる境界線はありません。
おおまかに8つの方向(前、後、左、右、ななめ4方向)にボールを動かす事ができます。
ウイングゾーンでは5方向です。(前、後、左右のどちらか、ななめ2方向)
ウイングゾーンは使えるスペースが限られていて、縦パスに高い精度を求められることを意味しています。

This is not the case in the middle.
A team that bases their play around establishing a greater presence in the center will have many more choices and thus be more dynamic.
The opponent must also not only defend the two wings, but the middle and both wings, because from the center of the field either are directly playable.

On the other hand, the center is usually heavily occupied, so there is generally less time to make decisions.
In addition, more space must be surveyed (360°) by the passer.
Therefore, teammates and opponents can easily be overlooked.
The lack of time on the ball, coupled with the challenge of lacking space, does not generally occur on the wings, where the opponent’s shape is usually less compact than in the middle.
Furthermore, the winger need only survey 180° to see the whole field.
Also, turnovers in the wide zones are less problematic than in the center.
As was mentioned in the example of zone 14, the path from the center to the goal is the shortest.
Losing the ball on defense there causes an immediate threat to one’s own goal.

But why should there be an additional division of the wing-center-wing into the half-spaces?

これはセンターゾーンでは当てはまりません。
中央でプレーする事を基盤とできるチームはより大きな存在感を作り上げ、たくさんの選択肢を持ちダイナミックなプレーができます。
相手は2つのウイングゾーンだけでなく、センターゾーンとウイングゾーンの両方を守らなくてはなりません。フィールドの中央からは直接ゴールに迫れるからです。

一方で中央はたいてい密集が作られているのでプレーを決断するまでの時間には欠けています。
加えてパサーにとっては周辺360度をみる必要が出てきます。
そのため味方や相手を簡単に見逃してしまいます。
相手チームがコンパクトでない限りセンターゾーンでは時間がないしスペースもありません。ウイングゾーンではこのような事は起こりません。
さらにウイングゾーンの選手は180度の視界でフィールド全てを確認することができます。
また、ウイングゾーンでターンオーバーが起きてもセンターゾーンよりも問題にはなりません。
ゴールに近い中央の場所ゾーン14が良い例です。
この場所でボールを失うことは自陣のゴールに直接的な脅威となります。

ではなぜ、ウイングゾーンとセンターゾーンの間にハーフスペースを付け加えるのでしょう?

The goal-orientation of football

The answer is simply a logical association with the game of football.
Football is about scoring goals.
Whether you’re a romantic or pragmatist, fan or coach, tactician, strategist or slob: everyone ultimately wants the ball to go into the net.

The goal is located in the center of the field; both teams’ shapes change for the purpose of ball-oriented defending, reducing space, and zonal marking, depending on the position of the ball.
If the ball is on the wing, then both teams will look different than when the ball is in a central position.

ゴールに向かうために

サッカーというスポーツの目的はシンプルです。
サッカーは得点をとるスポーツです。
あなたがロマンチストか合理主義か、ファンか指導者か、戦術家か戦略家かすぼらな人か、どんな人物であっても、最後の目的はネットにボールを入れる事です。

ゴールはフィールドの中央にあります。スペースを狭め、ゾーンディフェンスを用い、ボールの位置にしたがって守備するためにどちらのチームも陣形を変化させます。
もしボールがウイングゾーンにあるなら、どちらのチームも中央にある時とは違った形を取っているように見えるでしょう。

The “half-space” exists in this sense for analysis.
Looking at the shifting movements of two teams, one not only notices the differences between the ball being on the wing or in the center, but also in a position in between the two; the half-space.

For the sake of explanation, imagine a team in a 4-4-2 is defending against a 2-5-3 team in their buildup phase.
The six of the offensive team drops slightly and faces up vertically and centrally between the central defenders.
The 4-4-2 team is in their “normal” positions.
They must not move and this is the basic shape of the offense and defense.
Both teams will now play towards a goal; that of the defending team.
One team on offense, one on defense.

ハーフスペースは分析のために存在する用語です。
2つのチームの動きを見ていると、ボールがウイングゾーンかセンターゾーンにある時の違いに気づくだけでなく、
2つのゾーンの間にハーフスペースがあることが分かります。

説明のために、2−5−3チームに対して4−4−2のチームが守備をしている場面を想像してみます。(画像4)
攻撃チームのDMは少し後ろに下がり、中央の守備選手の間でゴール方向を向いています。
4−4−2のチームは”普通の”ポジション取りをしています。
選手達は動いてはならず、攻撃守備ともに基本的な形です。
どちらのチームもゴールを意識してプレーしています。
一方は攻撃で、もう一方は守備です。

画像4
f:id:tomex-beta:20171223151045p:image:w360
442 vs 253



In the next scene, the ball has landed on the wing.
The defending 4-4-2 team shifts the near winger over to establish access and their shape changes.
The full-back moves up to cover and the two central defenders are deeper, similar to the crescent shape we see in the midfield.
The movement, the circumstances, and the strategic options are different.
Naturally, the team plays from here towards the goal, but the spaces are now much tighter and difficult to break down.

次の場面では、ボールはウイングゾーンにあります。(図5)
4−4−2の守備チームはアウトサイドの選手に近づき、全体の形を変えます。
サイドバックが守備のために前に進み、続いて2人のCBサイドバックよりも低い位置を取ります。中盤には三日月に似た形状がみられます。
動き方、状況、戦略といった考え方によって位置取りは変わってきます。
攻撃側はここからゴールに向かってプレーするのが自然です。けれどもスペースは埋められていて、突破するのは難しい状況です。

図5
f:id:tomex-beta:20171223151123p:image:w360
Ball on the wing



In the last scene, we’ll look at what happens when the ball is in the half-space.
For this purpose, the six (or a set disengaged central defender) stands in the half-space.
Again, both teams change shape.
We can therefore assume that the half-spaces are ideally classified as a separate space, because the resulting movement of both teams creates strategic differences.

続いて、ボールがハーフスペースにある時に何が起きているかを考えてみましょう。(図6)
ボールを運ぶために、DM(もしく位置をずらしたCB)はハーフスペースに位置取りしています。
再び両チームの形状が変わります。
フィールドを分類分けしてハーフスペースという場所が定義されている事を想定しています。
これによって結果として両チームの動き方が戦略の差を生み出します。

図6
f:id:tomex-beta:20171223151827p:image:w360
Ball in half space



As we move between these three zones, the position of the ball only changes slightly.
The movements are intense, but there is no fundamentally new shape.
Thus, it should be ruled out that a further vertical dimension is needed in the layout; only the passing options and taktikpsychologischen aspects (earlier shots around the penalty area, etc.) are different.

3つのゾーン間を移動したとしても、ボールの位置はわずかに変化するだけです。
動きは激しいですが、基本的に新しい形状にはなりません。
したがって、フィールドの分類分けにさらに新しい縦方向の空間を設定する必要があります。
新しい分類分けとは、パスの選択肢や戦略的心理学(ペナルティエリアの近くでは早めにシュート打つべきといった考えかた)とは異なった考え方です。

The diagonality of the half-spaces

Adding the half-spaces between the center and wings results in a different view of the strategic and tactical peculiarities of the game: the fields of view are one aspect.
In a central position, with both teams standing right in front of the goal, the fields of view are both vertical.
For positions in the half-spaces, however, the fields of view are not vertical, but diagonal.
A player in the half-space has as many options as the central player, but doesn’t have to turn away from the center and play to the side, instead maintaining a diagonal, goal-facing view of the field in his passing game.

ハーフスペースの対角性

センターゾーンとウイングゾーンの間にハーフスペースを追加することによって、視界という観点で試合における戦術的、戦略的な特徴が異なって見えてきます。
中央のポジションでは、どちらのチームもゴールの正面を向いているので、視界は両方とも垂直です。
しかしながら、ハーフスペースにポジションを取ったとすると、視界は縦方向ではなく斜めになります。
ハーフスペースにいる選手は中央にいる選手と同じように、多くのプレー選択肢をもっています。
そして中央から離れてサイドでプレーする必要もありません。
斜めの視界を維持することによって、ゴールを視界に入れたままパス回しができるようになります。

The field of view

The field of view or visual field is composed of the foveal and peripheral vision.
In contrast to the foveal vision, in which the eye’s sight line is aligned exactly with a targeted object to take advantage of the maximum central vision, peripheral vision provides rough, blurred, and distorted visual impressions outside of a solid fixation point.
In principle, the object in question is “seen by” the peripheral vision.
The sight field has a horizontal binocular (binocular) expansion of about 180-200 °; and vertically about 130 °.

視界

視界または視野とは、中心禍(*1)と周辺視野からなります。
視力を最大限利用するために標的物と視線を正解に位置合わせされる中心禍とは対称的に、周辺視力はぼやけた、歪んだ映像を得ています。
原理的には周辺視野でも物体は”見えています”。
視野とは水平に180〜200度、垂直に約130度の範囲を有しています。(画像7)

(*1)中心窩(ちゅうしんか)は目の一部分であり、網膜の黄斑部の中心に位置する。
  視覚的詳細を扱うすべての活動において必要であり、最も重要な領域である。

画像7
f:id:tomex-beta:20171223231018p:image:w360
vertikales and horizontal visual field

水平、垂直方向の視野の範囲

The field can be increased significantly through moving the eye muscles (range of vision).
In this way, a range of approximately 270 ° can be covered solely horizontally.
The glance field refers to the area that a standing man can grasp without moving his feet.
With unrestricted movement of the torso, 360 ° can be detected visually in the horizontal.

The view of the goal and the positioning of the half-spaces creates a special effect.
If we imagine a player can look effectively up to 50 meters forward from the center of the field (because after all, the field ends at some point), he can focus his attention on the goal or the spaces near the goal.

視野とは目を動かすこと(視界)で大幅に広げられます。
こうすると水平方向に約270度の範囲を一人でカバーする事ができます。
視野とは選手が足を動かさずに把握できる領域の事です。
体全体を動かすことで、360度の視界を確保することができます。

ゴールを視野にいれてハーフスペースにポジションを取ると特別な効果をもたらします。
もし選手がフィールドの中心から前方50メートル先まで効果的にみえていたら、(結局はフィールドとはある時点で終わりになる)
彼はゴール、またはゴール近くのスペースに注意を集中できるでしょう。

画像8
f:id:tomex-beta:20171223234037p:image:w360
Angles of the central pass options

中央でのパス角度の選択肢。

But if a player looks diagonally from the half-space towards goal (or from the spaces near the goal or the wing), he sees a lot more space and thus has, in theory, not only more options, but also significantly more space to work with.

ところが、もし選手がハーフスペース(もしくはゴール近く、アウトサイド)から斜めにゴールを見たとすると
彼はもっと広い範囲をみることができて。理屈では選択肢が増えるだけでなくプレーするスペースも多くなるでしょう。
(画像8)(画像9)

画像9
f:id:tomex-beta:20171223234738p:image:w360
Pass angle options from the halfspace

ハーフスペースからのパス角度。

At the same time, the amount of space he doesn’t see is smaller.
Because the player is in the half-space and (usually) has a diagonal field of view towards the goal or to the open field, he has less distance from the sideline and is facing away from it.
Thus, there is little danger that he will be pressed from behind or come under great pressure.

The range of the diagonal pass works against the opponent’s movements much better than banal verticality.
This is because the ball can go further and faster in addition to the nature of the more stable dynamics when the ball arrives at its destination.
This also allows for a greater range from the diagonal passing game.

同時に選手が見えていないスペースも小さくなります。
選手がハーフスペースに居ることで、(だいたい)ゴールやフィールドの内側に向けて斜めの視界を持ち、
サイドラインからの距離は短く、ラインが側にあります。
そのおかげで彼は背後からプレスを受けたり、厳しいプレッシャーにさらされる危険を少なくします。

相手の対応に対して、斜めパスは縦にパスを出すよりもずっと効果があります。
ボールが目的の場所に到達させるためのより安定した性質を持ち、加えてより早くボールを進める事が出来るからです。
斜めにパスを通すことは有効なパス出せる範囲を広げる事に通じています。

In addition, the half-space is not so close to the touchline that it can be used against the player, as is often the case with a winger.
The half-space is thus the ideal intersection of “I have enough space” and “what I can’t see doesn’t matter anyway”.

This of course is not to be taken literally or overvalued.
It is merely a clarification of the basic theoretical things in an ideal situation, which may not always happen in the game.
One must therefore consider and evaluate these aspects depending on the situation; against some teams the wings may be the best means of attack.

Speaking of the attack, let’s look at the advantages of the half-spaces on offense.
In essence, they provide a positive Dynamik for combination play and extra space.

アウトサイドの選手がよくタッチラインを利用することがありますが、ハーフスペースはタッチラインとそれほど近くはありません。
ハーフスペースとは、”十分なスペースがある””視界に入らない物がない”という条件が重なる理想的な場所です。

この事をもちろん文字通り捉えたり過大評価したりはしません。
理想的な状況での基本的な事柄を明確にしたものに過ぎず、必ずしも試合中に起こるとは限りません。
したがって状況に応じてこれらの要素を検討し評価する必要があります。アウトサイドを攻めることが最もよい攻撃方法になるチームもあるでしょう。

攻撃についてハーフスペースがどのような利点があるのかを見ていきましょう。
答えとしては、ハーフスペースは連携プレーとスペースにポジティブな効果を与えます。

The passing game

Due to the goal-oriented nature of football and the factor of the cover shadows, diagonal passes are an important alternative to vertical and horizontal passes.

Vertical passes are the fastest way to gain space.
On the other hand, the view of the field is restricted for the pass receiver since he usually has his back to the opponent’s goal and can’t see what’s going on behind him.
Also, if the receiver has an opponent on his back, he can’t turn towards goal and must play the ball back.

Horizontal passes primarily serve to shift play or switch sides and can also help escape pressure.
But lateral passes don’t directly gain any space, so there is no pressure placed on the opponent’s goal.

パスをつなぐ

「ゴールに向かうこと」、「カバーシャドウ」の2つの要因から、縦パスと横パスの代わりになる重要な手段が斜めのパスです。

縦パスは前進するための最も早い方法です。
一方で、パスを受ける選手の視野は制限されます。大抵は相手ゴールに背を向けるので背後で何が起きているのかを見ることができません。

横へのパスは主にサイドを変えたり、プレッシャーから逃れるのに使われます。
けれども横パスは前進するわけでは無いので、相手ゴールへのプレッシャーにはなりません。

A vertical or a horizontal pass can at most cause only a simple change of direction in the game, making the opponent’s movements less complex.
For a square pass or a vertical pass, the opponent needs only move in the direction of the ball.
In essence, either pass direction only results in a new and promising situation if the opposing team has a bad shape or the passes cause a change in direction.
In a series of square passes from one side of the field to the other, the ball will pass through various valuable areas, but when it comes out the other side it will have the same theoretical starting point.

The same holds true for vertical passes, although they cause more danger because the vertical movement is (especially back to back) more difficult for the opponent to handle and they can get behind the defense for a direct chance.
In general, there are exceptions to the “simplicity” of both passes in extreme zones like the penalty area, where they can lead directly to shots.

縦パスや横パスは単純な変化のみを起こすので、相手の動きを複雑にさせることはありません。
縦パスや横パスの場合、相手はボールの方向へと動けばいいだけです。
もし相手チームが悪い形をしていたりパスによって方向を変えさせた場合に限り、どんなパスの方向でも良い局面に移行できます。

フィールドのアウトサイドから他方と向かう一連の横パスでは、ボールは様々な場所を通って行きますが、
終点に到着したとしても状況的にはスタート地点と同じです。

同じことが縦パスにも当てはまりますが、縦方向への動き(特に背中合わせになる)は相手は対処するのが難しく直接的なチャンスとなり、後退する必要があるので縦パスの方が守備側にとってはより危険です。
一般的にペナルティエリアの様に直接シュートにつながる場所では、これらのパスの”単純さ”は例外とされます。

A diagonal pass, however, both directly gains space as well as shifts play, which means that the pass receiver has a good field of view and a safer opportunity to pass.
The risk of a lack of pressure on the opponent from horizontal passes and the limited viewing angle from vertical passes are circumvented by the diagonal pass.
Thus, diagonal passes combine the advantages of the vertical and horizontal passes, while neutralizing the respective drawbacks.

A diagonal pass causes the opponent to make a more complex movement than is the case from horizontal and vertical passes.
The opponent must adjust both their direction and their height, not just one or the other.
In most cases this requires the opposing players to behave somewhat asymmetrically.
The individual defenders within the group must move slightly differently, which can lead to more errors.

一方で、ななめのパスでは横にずらすのと前進するという両方の効果が得られます。これはパスの受け手が良好な視界を保ち安全に受けれられ事を意味しています。
横パスによる相手からのプレッシャーと縦パスによる視野角が狭まるリスクは、斜めのパスによって回避する事ができます。
このように斜めのパスは縦パスと横パスの利点が組み合わされていて、それぞれの欠点が打ち消されます。

斜めのパスは、縦パスや横パスよりも相手に対して複雑な対応を迫ります。
相手は方向と高さの一方だけでなく両方に対して調整を行わなければいけません。
ほとんどの場合で相手は非対称に動くことが必要となります。
グループ内の個々のディフェンダーは少しづつ違う動くをしなければならず、ミスをする可能性が高まります。

What does this have to do specifically with the half-spaces?
On the one hand, the goal-focus in the half-spaces often automatically results in diagonality.
On the other hand, where the diagonal passes are played from is crucial.
From the middle of the field a diagonal pass leads away from the goal; from the wings it heads towards goal, but from an isolated zone to a player who must be turned away from goal to accept the pass.

ここまでのパスに関する話がハーフスペースと関係しているのでしょうか?
ハーフスペースからゴールを見る時にはしばしば自然と斜めになります。
一方で、斜めパスがどこから出されるのかは大切です。
センターゾーンからだされる斜めパスはゴールから遠ざかります。
ウイングがゴールに向かい、1対1を仕掛けるためには離れた場所でパスを受ける必要があるのでゴールから離れなければなりません。

Again, the half-space combines two positive aspects and makes the disadvantages rudimentary.
Diagonal passes go from the half-space either into the strategically important center or to the wing but with the ball aligned with the view of the field and directed towards goal.
These advantages of the diagonality in the half-space and its underlying diagonal character are among the key features of this zone.

ふりかえって、ハーフスペースでは2つの利点が組み合わさり、短所を見えにくくしています。
ハーフスペースからの斜めパスは、戦略的に重要なセンターゾーンまたはウイングゾーンに出されます。
移動したボールに対する視線とゴールに向かう方向が一直線にそろいます。
ハーフスペースにおける対角性の利点と、斜めに動く事の根本にある特性がこの領域の重要な特徴です。

Furthermore, diagonal passes have an expansive character; to play a successful horizontal ball over 30 meters is as difficult as playing a vertical pass 30 meters, because the opponent can block the channels quickly.
A diagonal pass can “cut” these vertical and horizontal lines, which gives a long ball a greater chance to arrive safely – in other words: the result is the opportunity to play a successful long pass.
Another nice side effect: a diagonal through ball from the half-space into the middle simultaneously gains horizontal and vertical space.

Another factor of diagonality does not relate to passes, but to the opponent’s movements.

さらに斜めパスの特徴を拡張できます。
30メートルを超す横パスを成功させるのは30メートルの縦パスを成功させるのと同じくらい難しいです。
なぜなら、相手はパスが届く間にギャップを素早く塞ぐ事ができるからです。

縦と横の守備ラインを斜めパスは切り離すことができます。これによりロングパスを安全に通す機会が増えます。
言い換えると、ロングパスを成功させる機会という事です。
ハーフスペースから出される斜めパスにはもう一つ利点があり、縦方向、方向に同時にボールを進められる事です。

斜めのもう一つの要素はパスではなく、相手の動きに関係しています。

The trigonometry of the half-spaces

ハーフスペースにおける三角法

A vertical or horizontal movement is usually shorter than a diagonal motion with a similar effect; this is, of course, not absolute, but provides context.
A team that is in a 4-2-4 and sets up their four strikers in front of the opponent’s four defenders and behind the four opposing midfielders, allows the opponent easy access to their strikers.
But, if the forward line is more narrow, the two outside strikers/wingers will be in an intermediate position.

必ずしもそうではありませんが、縦もしくは横の動きは通常ななめの動きよりも短くなります。
4−2−4システムをとり、相手チームの中盤の背後にいる4人のDFの前に、FWを配置したとします。そうすると相手守備は簡単にFWに対して関わる事ができます。
しかし、もしFWがより内側に位置取りしたらどうでしょう。2人のアウトサイドにいるウイングが中間ポジションを取るようにします。

They are between their normal position and the center forward position and they are also between four rather than two opponents.
While this sounds like it will cause unnecessary pressure and facilitate the opponent’s defensive work, the opposite is true.
If the winger goes into this intermediate position, the opponent has to go a long way to cover them.

中間ポジションとはウイング本来のポジションとセンターフォワードの間です。2人と言うより4人の守備の間ということになります。
必要のないプレッシャーを起こすだけでなく相手の守備を楽にさせる様に聞こえますが、実際には逆の事が起こります。
もしウイングが中間ポジションをとるなら、相手はカバーするための距離が長くなります。

Let’s look at a sample calculation (yay, mathematics):

We have two lines of four; the midfield and the defense are ten meters from each other.
Between them, at an imaginary limit of five meters, are the four opposition strikers.
They are exactly in a vertical line with the midfielders and defenders of the opponent.
Thus, each striker has five meters distance between two opponents and ten meters horizontally between their teammates.

例を見てみましょう。

MFとDFはお互いに10メートル程の距離をとり、4人づつの2つの守備ラインを作ります。
守備から5メートル離して、4人のFWをおきます。FWは守備側のMFとDFと1直線に並びます。
したがって、各FWは守備選手と5メートルの距離を保ち、味方との間では横に10メートルの距離をとります。

For simplicity’s sake, assume that the backward run is equally as quick as the forward run.

We push the wingers into the middle and keep the full-backs of the opponent outside.
We also assume that the wingers are indented exactly five meters.
Now the full-back and the winger of the opposing team does not need to move five meters, but about seven (7.0710678);
So about two more meters are required to generate pressure on the winger who will have a little more space and time to react.

単純にするために後退するときと前進するときのスピードを同じとします。

ウイングを中央に寄せてサイドバックを相手の外側にポジショニングさせます。
ウイングは正確に5メートル後方にさがるとします。
相手チームのサイドバックとウイングは5メートルを移動しても届きません。
したがって、反応するスペースと時間が少しあるウィンガーにプレッシャーを掛けるにはさらに2メートルが必要です。

But again the question pops up: where does the half-space have its special advantage over other areas.
In a central intermediate position a player would be diverted from the goal if the opponent moves up; also, by indenting their wide players to cover the central players the opponents block the middle well and direct passes to the wings.

ここでもう一度疑問が浮かび上がってきます。ハーフスペースは他の領域よりも特別な利点とは何であるかと。
もし相手が押し上げてくることで、中央の中間ポジションにいる選手がゴールから遠ざかります。
そしてアウトサイドに開いている選手が中に絞ることによって守備ブロックは中央をカバーするために動くので直接ウイングにパスができます。

f:id:tomex-beta:20180105210851p:image:w360
Pass through the midfield to the center forward.
Not only can the opponent stay relatively simple with their shape, but the defender also has a simpler protection when pushing up to take the attacker, can guide the receiver to the side and has a shorter path in his approach.

中盤を通り越してセンターフォワードにパスを出す。
相手は布陣を単純な連携を保てるだけではなく、ディフェンダーFWに向かって前に出る事で簡単に守る事が出来る。
パスの受け手をサイドに追いやったり、FWに対して距離を短く保つ事ができる。


There, the defensive unit shifts again and establishes their basic formation.
On the wings, one can not take an intermediate position in this respect.
In the half-space, however, a central player is ideally drawn out or at least put in a bind without allowing the defender to force the attacker’s movement.
As in the previous situation, it does opens the wings, but to a lesser extent, making them easier to handle; which is just as effective.

その次に守備組織は横にずれて基本の形を取り戻します。
ボールを受けたウイングですがこの時点では中間ポジションを取ることができません。
けれども、ハーフスペースをつかうと攻撃側の選手の動きに守備は付いていかなければならず、引き出されてしまうか、少なくとも動きを封じられてしまいます。

f:id:tomex-beta:20180105210940p:image:w360
Here the field of view is directed at attacking the middle, the full-back has a slightly longer distance to move and the opponent is somewhat unorganized.

この画像では、LAの選手の視野は中央に向けられている。サイドバックは移動距離が少し長くなり、相手の組織はすこし崩れている。

In addition, the center is not occupied and is therefore free to play with Dynamik.
Direct layoffs from the intermediate position in the half-space can provoke the closest central player to move out of position; particularly a short twist or “opening” back towards him.
This means that the pass receiver is positioned with his field of view in the direction of the central player or is turning to suggest so, causing them to be lured into pressing.
A player can then more easily put in a through ball and, thanks to the strategic nature of the middle, have options in every direction;
Atletico Madrid and Red Bull Salzburg under Schmidt often tried to take advantage of these schemes.

さらに、中央の守備側に占拠されていないので自由にプレーできます。
ハーフスペースという中間ポジションから受けたパスをダイレクトに落とす事で、最もスペース無い中央にいる選手をずらすことができます。
相手のプレッシングを誘う事で、パスの受け手が中央にいる味方が視野に入るポジションを取れたり、もしくはその場でターン出来るという事です。
選手はより簡単に守備の間にボールを通すことができ、センターゾーンの戦略的な性質によりどの方向にもプレーの選択肢を持つことができる。

アトレティコ・マドリーとロジャーシュミットのザルツブルクはこのやり方で試合を有利に運ぼうとしていました。

Against back three variants this looks a bit different; in certain circumstances there is a possible central intermediate position where a narrow back three effectively opens up two channels.

3バックに対しては少し見かたが変わります。
特定の状況では、狭い3バックの間であっても、2つのチャネルを効果的に使う中間ポジションを取ることが可能。

This positioning causes the opponent other tactical problems.
FC Barcelona played from 2008-09 to 2010-11 with a front three that deliberately focused on the half-spaces and the “intermediate positions” in those zones.
This was especially the case in their two successful Champions League seasons.
Henry and Messi (or Eto’o) and Villa and Pedro moved from a wide position into the opposing channels.
The three of them were able to bind four players while the wings were used by the advancing full-backs.

ハーフスペースにポジショニングすることは対戦相手にまた別の問題を起こさせます。
08〜09から10〜11シーズンにかけて、FCバルセロナの3トップは明らかにハーフスペースに注目して中間ポジションを取っていました。
これはチャンピオンズリーグで優勝した2シーズンで特に目立っていました。
アンリやメッシ(もしくはエトオ)、ビジャ、ペドロと言った選手たちは広がったポジションから内側に入り込みます。
3人の選手で4人の守備を引きつける事ができ、ウイングの選手は上がってきたサイドバックを活用していました。

To this end, there is also a small example.
Suppose the opponent played in a 4-4-1-1 defensively.
Because of the positioning of the strikers and full-backs they were often forced into a 6-2-2 formation (instead of a 4-4-2) on defense, in which Xavi and Iniesta often played into the defensive and offensive half-spaces.
Their ball circulation caused the two sixes to have to run a lot and because of Busquets they had one more man in midfield.

他にも例もあります。
対戦相手が守備的な4−4−1−1を取ったとします。
バルセロナFWサイドバックのポジショニングによって守備は時おり6−2−2(4−4−2から変化)にされます。
シャビイニエスタは守備でも攻撃でもハーフスペースでプレーしています。
バルサのボール回しに対して守備側の2人の6番選手は走らされます。なせなら中盤にはもうひとり、ブスケツがいるからです。

This was associated with the variable positions taken up by the two eights, the short passing game of Barcelona, and the flexible movements of the wingers and full-backs; alternating between sometimes being lower, sometimes higher, sometimes narrower and sometimes wider.
In the 2010-11 season, it was of course the constant dropping off from the deep play-making number nine (Messi) which provided an additional player in the second third and in the half-spaces.

バルセロナのショートパスで崩すサッカーは2人の8番選手(シャビイニエスタ)が様々なポジションを取ることによってもたらされます。
また、ウイングとサイドバックは、高低、内に入ったり外に開いたりする柔軟に動きます。
10〜11シーズンでは、9番選手(メッシ)の頻繁に落ちてくる動きによって、ハーフスペースや中盤に人数を増やしていました。

The fear of the opposing central defenders to take on Messi – which Guardiola mentioned – was created by the depth provided by the indented wingers.
They tied up two to four players as they threatened to break through the channels between the full-back and center back when the opposition defenders pushed forward to take on Messi.

ウイングが作る深さによってメッシは相手センターバックに脅威を与えられる、とグアルディオラは述べています。
メッシをマークするためにディフェンダーが前に出た時に、ウイングは相手センターバックサイドバックの間のスペースに狙いを持っています。
こうして2人のウイングで4人のディフェンスを抑えるのです。

This is also important: the binding of the player to the zones and shapes produced this effect and must therefore always be seen in context.
These special features of the half-space occupation are extremely interesting, as Barcelona were able to show under Guardiola.
This variable and often simultaneous occupation of the two half-spaces on offense, especially with Messi and Iniesta, leads us to another interesting tactical aspect.

この動きは、相手選手を足止めする効果を生み出すために重要です。常にそこに至るまでの流れを見る必要があります。
バルセロナで見られるようにハーフスペースには特別な特徴があり、非常に興味深いものです。
特にメッシイニエスタが攻撃時に2つのハーフスペースを使うことによる効果は、もう一つの興味深い戦術につながります。

Half-space switches and shifting play between the half-spaces

ハーフスペース間でボールを動かす

Under the aegis of Guardiola, Messi and Iniesta often occupied the half-spaces in the gaps in the opponent’s midfield, one level further forward than Villa and Pedro.
In their passing play they often either let the ball bounce in an open area behind them or rotated into the open space in front of them.
As a result of Messi and Iniesta positioning themselves in the midfield half-spaces, they had Busquets and Xavi as central passing options.
Because of this, Barcelona could quickly switch to the half-spaces on the attack, which was a hugely effective strategy in their possession style:

グアルディオラの指導により、メッシイニエスタは相手中盤のギャップであるハーフスペースでプレーするようになりました。
それはビジャとペドロよりも一歩進んだレベルです。
パスを回していると彼らの背後や手前のスペースでボールが回されたりします。
メッシイニエスタはハーフスペースにポジションを取ることにより、ブスケツシャビは中央でのパスの選択肢にすることができます。
このため、バルセロナは攻撃時にハーフスペースの間で素早くボールを動かすことができ、彼らのポゼッションスタイルにおいて非常に効果的な戦略でした。

A pass into the half-space channel pulled the opposing team into that zone.
The key players here mostly tried to establish access and because the winger was bound by the Barcelona full-back, the second central player had to cover the open space.
From a back-pass into the midfield, Xavi had two options for an incisive pass: the pass through the central channels or into the channel in the half-space, where Messi was. Xavi could also play the ball square to Busquets to get a direct vertical pass to Messi.

ハーフスペースにパスを出すと相手チーはその場所に引きつけられます。
鍵となる選手がこの場所へ関わろうとします。相手ウイングの選手はバルセロナサイドバックに引きつけられているので、中央にいる選手がオープンスペースをカバーしなくてはならない。
バックパスに続いて中盤のシャビには2つのパスの選択肢がありました。センターゾーンもしくはハーフスペースです。
シャビブスケツに横バスを出すことも、直接メッシに縦パスを送ることもできた。

f:id:tomex-beta:20180105211137p:image:w360
Iniestas walk in the half-space can be used as a pass combination, as well for opening up holes and moving the opposing defense.
In both cases the half-space is a very interesting area to make things as complex as possible for the opponent as well as opening up the channels and passing lanes.

イニエスタはハーフスペースに居ることで、相手守備を動かして穴をあけるパスの連携を使っています。
どちらの場合も、ハーフスペースは相手の対応を可能な限り複雑にするだけでなく、レーンを開けてパスコーズを作る非常に面白いエリアです。

Again, the use of the half-space is crucial because it binds the central player.
On a pass to the wing the opponent’s block remains compact.
On a central pass, the opponent’s two central midfielders move together and the retreat to their previous positions is simple.
The half-space, however, has an opening effect on the middle, which makes the half-space a strategically opportunistic component.

ハーフスペースを使うことで中央の選手を足止めすることの重要性をもう一度考えてみましょう。
ウイングにパスを出しても守備ブロックはコンパクトなままです。
中央へのパスでは2人の守備的MFが一緒に動き、後に引いて守る事も簡単にできます。
けれどもハーフスペースへのパスは中盤でスペースを生み出すために効果的で、ハーフスペースは戦略的にチャンスを作る要素になります。

Theoretically, one could even argue that the half-space is superior to the middle.
From the half-space, both the middle and the wing are options.
But from the midfield there are only the two identical half-spaces, which both have the same end product and a clear path to goal.
Direct shifts from one half-space to the other are particularly effective.
Bayern Munich were already making use of this under Heynckes and have continued to do so under Guardiola (especially in the game against City) with Ribery and Robben.

論理的にハーフスペースはセンターゾーンよりも優れているとさえ言うことができます。
ハーフスペースからはセンターゾーンとウイングゾーンの両方に移動する選択があります。
しかしセンターゾーンからは2つのハーフスペースだけになります、どちらのゾーンも役割としては同じでゴールへ向かうということです。
ハーフスペースからもう一方のハーフスペースに直接ボールを動かす事は特に有効です。
バイエルンミュンヘンではハインケス監督の元ですでにこの動きを利用していました。
グアルディオラもリベリとロッベンの両選手と使って(特にシティーとの試合で)続けていました。

A shift from one half-space to the other offers several different perspectives and is the ideal intersection of a great number of strategic factors.
The ball does not traverse only one zone (ie from midfield to the half-space or from the half-space to the near wing), which wouldn’t require the opposing defense to move much; or three zones (from the half-space to the far wing or vice versa) or more (wing to wing), which would give the opponent too much time to adjust to be truly effective.
The time component of the pass length on the opponent’s movement is not adversely affected by direct half-space shifts.
The passer and the receiver are close enough to be able to play a flat or at least chipped pass, which is not difficult to handle or play with precision.
Furthermore, the opponent must move quickly or gaps will form that can be used for vertical passes to the strikers.

1つのハーフスペースから他方への切り替えは、いくつかの異なる視点を提供し、多数の戦略的利益を同時に得ることができます。
ボールが一つのゾーンだけ移動するなら(例、センターゾーンからハーフスペース、ハーフスペースから近くのウイングゾーン)、
相手守備はあまり動く必要はありません。
3つのゾーンを移動(ハーフスペースから遠くのウイングゾーン、また逆の動き)もしくはそれ以上(ウイングゾーンから反対のウイングゾーン)の場合、
相手は調整するために多くの時間を必要となるので効果的な動きになるでしょう。
パスにかかる時間によって相手の動く距離は変わりますが、ハーフスペース同士のパス交換には影響はありません。
パスの出し手と受け手が十分に短い距離なので、グラウンダーか少なくともチップパスができます。正確にボールを操ることは難しくありません。
さらに対戦相手は速やかに移動しなければならず、FWへの縦パスをだされるギャップができてしまいます。

The switch across two zones seems to be the best option.
In the middle, however, the only option for crossing two zones horizontally is to play to the wings, making it less valuable.
From the wings, the middle can be played, but there are drawbacks in other strategic aspects and it would be practically difficult due to the shifting of the opponent and the boundary of the touchline.
Nevertheless, passes on the wings are used, even by Bayern or Barcelona, so that the opponent will be pulled to the wings and allow the attackers to move into the midfield and attack the retreating defense with a lot of freedom.
Often the winger will then move into the half-space and offer themselves up for a pass.

2つのハーフスペース間を行き来するのがベストな選択肢のようです。
センターゾーンの場合では2つのゾーンを移動する選択肢はウイングゾーンだけです。あまり役に立たない動きです。
ウイングゾーンからはセンターゾーンにボールを動かせます。しかしこれには戦略的に問題があり、相手陣形の動きやタッチラインがあるので難しい動きになります。
それでもバイエルンバルセロナでさえウイングへのパスは使われています。そのパスによって相手はアウトサイドの選手引っ張られます。そうしてからFWが内側に入ることにより、多くの自由を伴って攻撃できるます。
時々ウイングの選手はハーフスペースに移動してパスコースを作ることがあります。

Thus, the half-space shifts are more effective, from a strategic point of view, because they move the ball from one space to another space with a similar freedom of choice and function.
One might even argue that a direct shift from one wing to the other is no longer practical (due to the technical complexity, isolating the wing, pressure on the wings), the half-space on the far wing, however, is still within the realm of feasibility.

このように、ハーフスペースの活用は戦術的な観点で多くの利点があります。ハーフスペース間でボールを動かすことは同じような選択肢の自由さと維持できるという事です。
ウイングゾーンから他方のウイングゾーンに直接パスを出すことはもはや実用的てないと言えるかも知れません。(技術的な難しさ、ウイングが孤立する、プレッシャーを受けてしまう)。
けれどもハーフスペースから遠くのウイングゾーンにパスを出すという選択は、まだ実現できる可能性を持っています。

The middle, however, does not offer the opportunity to go into a third zone.
Also, to make a direct backward shift from half-space to half space (from the wing to wing) is likely to be difficult.
A direct switched ball from the touchline is also difficult to play due to the nature of the wing and the more limited space.
At the same time, a backwards shift provides rather interesting tactical, psychological, and strategic opportunities that can cause the opponent, especially a ball-oriented or man-oriented team, huge problems; generally, backwards shifts are a rarely mentioned, underestimated and underused aspect in football.

センターゾーンでは、オフェンシブサードに入りこむ機会は少なくなります。
ハーフスペースからハーフスペースへ(ウイングゾーンからウイングゾーン)後に動かすと困難な状況になりがちです。
タッチライン際からボールを展開するのは、ウイングゾーンの性質とスペースがより限られているのでむずかしいプレーです。
それと同時に、後方に展開することはむしろ対戦相手に戦術的、心理的、戦略的な機会をあたえてしまいます。
特にボール指向または人指向の守備を行うチームに対しては大きな問題になります。
下がりながらサイドを変える事はあまり語られず、過小評価され使われてこなかったプレーです。

Also, this feature of the half-space in terms of shifting play is higher valued both qualitatively and quantitatively.
The same is the case with swapping positions and overloads in the half-spaces.

また、サイドを変えるプレーの条件としてハーフスペースの特徴は定性的にも定量的にも価値があるとされています。
ハーフスペースでポジションを変えたり、人数を増やす事も同様です。



後編に続きます。

The Half-Spaces ハーフスペース 翻訳 前編

◆始めに
今回のテーマはハーフスペース。
現代サッカー戦術で見逃すことが出来ないキーワードです。
ハーフスペースとは一体何なのか?どうしてハーフスペースをつかうと効果的なのか?
これらをロジカルに解説した内容となっております。
長文のため、前後編に分けています。


本文、画像は以下のサイトからの引用になります。
https://spielverlagerung.com/2014/09/16/the-half-spaces/


以下 本文になります。

The Half-Spaces


This article will delve into an oft-neglected area in tactics theory: the half-spaces.
In our analyses we have often made reference to them.
We are also frequently asked what the half-spaces are and what their purpose is and I want to devote myself to answering that question here.
First we should categorize the half-spaces and then briefly discuss their characteristics.

ハーフスペース
この記事では戦術の基礎としてしばしば見落とされがちであるハーフスペースについて掘り下げていきます。
私達の分析ではよく使われる用語です。
ハーフスペースとは何なのか。またその目的は何であるのかという事をよく尋ねられます。ここでその質問に答えることに注力したいと思います。
まず最初にハーフスペースの意味とその特性を簡単に説明します。

Dividing the field into zones

The playing field is typically divided into several parts.
There are many different approaches to this division.
One method is to divide the field into the predetermined lines of the formation.
There are usually either three or four horizontal lines or bands.
In a 4-4-2 there are three bands and in a 4-1-4-1 there are four.
Between the bands there is the “intermediate line space” or, the space between the lines.
The same process can be applied to the field vertically.

It’s also possible to make simple divisions of the field.
Most of these systems divide the width of the field into three parts; the two wings and the center.
Louis van Gaal differs by cutting the field into 18 rectangles, 6 vertical by 3 horizontal, in which players have certain tasks and responsibilities.

フィールドの区分け

フィールドはいくつかの部分に分けることができます。
この分け方にはたくさんのアプローチ方法があります。
1つの方法として、フォーメーションにそってフィールドを分割するやり方があります。
大抵は3つか4つに横方向に線を引きます。4−4−2では3本、4−1−4−1では4本という具合です。
引かれた線の間を”中間ラインスペース”もしくはライン間のスペースと呼びます。
同じ考え方で縦方向にも線を引くことができます。

このようにフィールドをシンプルに分割することが可能です。
これらの分割方法ではだいたいフィールドの幅を3つの部分にわけます。 両サイドと中央の部分になります。

ルイス・ファン・ハールは縦に6つ横に3つ、計18個の矩形でフィールを分割しました。
選手はそれぞれの場所で役割と責任を与えられます。(画像1)

画像1
f:id:tomex-beta:20171223150937p:image:w300
Division into 18 rectangles

18分割された矩形

The middle column here is a little wider and is still mainly divided into the middle and the wings.
Depending on which part of the field the players are in and which of the four phases of the game the team is in (in possession, out of possession, defensive/offensive transition), certain players will have different tasks based on the four reference points of Arrigo Sacchi.
Another alternative is to divide the field into pure geometric splits, e.g. 18 zones (3×6) of equal proportion to one another.

主に中央とサイドに別れるのですが中央の四角はすこし広めです。
選手がフィールドのどの場所にいるべきかは試合の4つの局面(攻撃、攻から守への切り替え 守備、守から攻への切り替え)で決まります。
そしてアリゴ・サッキの4つの焦点によって違った役割が与えられます。

もう一つのやり方として、フィールドを幾何学模様のように分割する方法があります。たとえば同じ形で18個(6×3)の領域にわけます。(画像2

画像2
f:id:tomex-beta:20171223151000p:image:w360
The “intermediate line space” of a team that sits deep will pop up in the ominous “Zone 14”, which is considered by many to be a crucial element of the game.

”ライン間のスペース”をみると、試合中の重要な場所であると考えられている”ゾーン14”を浮かび上がらせます。

Dividing the field horizontally

Personally, I am in favor of a division that is more focused on the tactical events, key strategic areas, and their respective game situations. Therefore I divide the field into three basic areas: the wings, half-spaces, and center.

横方向にフィールドを分割する

個人的には、戦術の要素、戦略のカギとなる領域、そして試合の状況にもっと注目して領域を分割することを推奨します。
私は基本になる領域としてフィールドを3つに分けます。ウイングゾーン、ハーフスペースそしてセンターゾーンです。

画像3
f:id:tomex-beta:20171223151021p:image:w360
Alternative scheming in the horizontal; “outside/wing” – “halfspace” – “middle/centre” – “halfspace” – “outside/wing”. For English readers it should also be important that obviously “halfspace” is not a good word, but it’s not an invention but the translation of the word “Halbraum” which is established in Germany already for years by it’s elite coaches and the German FA.

横方向に分割した領域を次のように呼びます。アウトウイングゾーンド、ハーフスペース、センターゾーン、ハーフスペース、ウイングゾーン。(画像3)
英国人にとっては”ハーフスペース”が聞きなれない言葉であることは確かです。けれども新たに発明された言葉ではありません。
”ハーフスペース”とは、ドイツサッカー協会とその指導者たちの間で何年もまえから使われていた”Halbraum”という言葉を翻訳したものです。


Theoretically, you can make the wings (Außen) in the picture above even smaller, extend the half-spaces (Halbraum) and the middle (Zentrum), or divide the three zones differently by area; even a division into seven columns is possible.
But, the center of course always refers to the middle.
The center is – as in chess – usually seen as the main zone.
Whoever controls the center, controls the game.
One can easily explain why with a few examples.

The freedom of choice is greater in the middle of the field.
There is no boundary created by the touchline.
One has roughly eight basic directions from which the ball can be played (forward, backward, left, right, and four diagonal lines).
On the wing there are only five directions (forward, backwards, square to the left or right, and two diagonal lines).
This means that the space to work with is limited and the precision of vertical passes must be higher.

画像3のとおり、ふつうはウイングゾーンの領域は狭く取ります。そして残った場所を3つに分けてハーフスペースとセンターゾーンを作ります。7列に分割することもあります。
どんな分け方でも常に中央をセンターゾーンとします。
チェスでもそうですが、中央は重要な領域として扱われます。
中央をコントロールできれば試合をコントロールできます。
これはいくつかの理由を説明できます。

ピッチの中央ではプレー選択の自由度が増します。
タッチラインによって作られる境界線はありません。
おおまかに8つの方向(前、後、左、右、ななめ4方向)にボールを動かす事ができます。
ウイングゾーンでは5方向です。(前、後、左右のどちらか、ななめ2方向)
ウイングゾーンは使えるスペースが限られていて、縦パスに高い精度を求められることを意味しています。

This is not the case in the middle.
A team that bases their play around establishing a greater presence in the center will have many more choices and thus be more dynamic.
The opponent must also not only defend the two wings, but the middle and both wings, because from the center of the field either are directly playable.

On the other hand, the center is usually heavily occupied, so there is generally less time to make decisions.
In addition, more space must be surveyed (360°) by the passer.
Therefore, teammates and opponents can easily be overlooked.
The lack of time on the ball, coupled with the challenge of lacking space, does not generally occur on the wings, where the opponent’s shape is usually less compact than in the middle.
Furthermore, the winger need only survey 180° to see the whole field.
Also, turnovers in the wide zones are less problematic than in the center.
As was mentioned in the example of zone 14, the path from the center to the goal is the shortest.
Losing the ball on defense there causes an immediate threat to one’s own goal.

But why should there be an additional division of the wing-center-wing into the half-spaces?

これはセンターゾーンでは当てはまりません。
中央でプレーする事を基盤とできるチームはより大きな存在感を作り上げ、たくさんの選択肢を持ちダイナミックなプレーができます。
相手は2つのウイングゾーンだけでなく、センターゾーンとウイングゾーンの両方を守らなくてはなりません。フィールドの中央からは直接ゴールに迫れるからです。

一方で中央はたいてい密集が作られているのでプレーを決断するまでの時間には欠けています。
加えてパサーにとっては周辺360度をみる必要が出てきます。
そのため味方や相手を簡単に見逃してしまいます。
相手チームがコンパクトでない限りセンターゾーンでは時間がないしスペースもありません。ウイングゾーンではこのような事は起こりません。
さらにウイングゾーンの選手は180度の視界でフィールド全てを確認することができます。
また、ウイングゾーンでターンオーバーが起きてもセンターゾーンよりも問題にはなりません。
ゴールに近い中央の場所ゾーン14が良い例です。
この場所でボールを失うことは自陣のゴールに直接的な脅威となります。

ではなぜ、ウイングゾーンとセンターゾーンの間にハーフスペースを付け加えるのでしょう?

The goal-orientation of football

The answer is simply a logical association with the game of football.
Football is about scoring goals.
Whether you’re a romantic or pragmatist, fan or coach, tactician, strategist or slob: everyone ultimately wants the ball to go into the net.

The goal is located in the center of the field; both teams’ shapes change for the purpose of ball-oriented defending, reducing space, and zonal marking, depending on the position of the ball.
If the ball is on the wing, then both teams will look different than when the ball is in a central position.

ゴールに向かうために

サッカーというスポーツの目的はシンプルです。
サッカーは得点をとるスポーツです。
あなたがロマンチストか合理主義か、ファンか指導者か、戦術家か戦略家かすぼらな人か、どんな人物であっても、最後の目的はネットにボールを入れる事です。

ゴールはフィールドの中央にあります。スペースを狭め、ゾーンディフェンスを用い、ボールの位置にしたがって守備するためにどちらのチームも陣形を変化させます。
もしボールがウイングゾーンにあるなら、どちらのチームも中央にある時とは違った形を取っているように見えるでしょう。

The “half-space” exists in this sense for analysis.
Looking at the shifting movements of two teams, one not only notices the differences between the ball being on the wing or in the center, but also in a position in between the two; the half-space.

For the sake of explanation, imagine a team in a 4-4-2 is defending against a 2-5-3 team in their buildup phase.
The six of the offensive team drops slightly and faces up vertically and centrally between the central defenders.
The 4-4-2 team is in their “normal” positions.
They must not move and this is the basic shape of the offense and defense.
Both teams will now play towards a goal; that of the defending team.
One team on offense, one on defense.

ハーフスペースは分析のために存在する用語です。
2つのチームの動きを見ていると、ボールがウイングゾーンかセンターゾーンにある時の違いに気づくだけでなく、
2つのゾーンの間にハーフスペースがあることが分かります。

説明のために、2−5−3チームに対して4−4−2のチームが守備をしている場面を想像してみます。(画像4)
攻撃チームのDMは少し後ろに下がり、中央の守備選手の間でゴール方向を向いています。
4−4−2のチームは”普通の”ポジション取りをしています。
選手達は動いてはならず、攻撃守備ともに基本的な形です。
どちらのチームもゴールを意識してプレーしています。
一方は攻撃で、もう一方は守備です。

画像4
f:id:tomex-beta:20171223151045p:image:w360
442 vs 253



In the next scene, the ball has landed on the wing.
The defending 4-4-2 team shifts the near winger over to establish access and their shape changes.
The full-back moves up to cover and the two central defenders are deeper, similar to the crescent shape we see in the midfield.
The movement, the circumstances, and the strategic options are different.
Naturally, the team plays from here towards the goal, but the spaces are now much tighter and difficult to break down.

次の場面では、ボールはウイングゾーンにあります。(図5)
4−4−2の守備チームはアウトサイドの選手に近づき、全体の形を変えます。
サイドバックが守備のために前に進み、続いて2人のCBサイドバックよりも低い位置を取ります。中盤には三日月に似た形状がみられます。
動き方、状況、戦略といった考え方によって位置取りは変わってきます。
攻撃側はここからゴールに向かってプレーするのが自然です。けれどもスペースは埋められていて、突破するのは難しい状況です。

図5
f:id:tomex-beta:20171223151123p:image:w360
Ball on the wing



In the last scene, we’ll look at what happens when the ball is in the half-space.
For this purpose, the six (or a set disengaged central defender) stands in the half-space.
Again, both teams change shape.
We can therefore assume that the half-spaces are ideally classified as a separate space, because the resulting movement of both teams creates strategic differences.

続いて、ボールがハーフスペースにある時に何が起きているかを考えてみましょう。(図6)
ボールを運ぶために、DM(もしく位置をずらしたCB)はハーフスペースに位置取りしています。
再び両チームの形状が変わります。
フィールドを分類分けしてハーフスペースという場所が定義されている事を想定しています。
これによって結果として両チームの動き方が戦略の差を生み出します。

図6
f:id:tomex-beta:20171223151827p:image:w360
Ball in half space


As we move between these three zones, the position of the ball only changes slightly.
The movements are intense, but there is

2017-12-21

Tactical Theory: Compactness 戦術の基礎:コンパクト 翻訳 後編

戦術の基礎:コンパクト 後編になります。前編はこちら。

Reducing the Threat of Counterpressing

A compact defence can also have benefits during the start of attacking transition, once possession has been regained.
The increased numbers around the ball provides vital insurance against counterpressing, which could potentially be used by the opposition to immediately initiate another attack.
A key aspect of the effectiveness of counterpressing is the premise that there are large numbers of players still forward following the attack, who can all begin to press after losing possession.

Therefore, if the defensive team also has a large number of players around the ball during these moments then it works against one of the key features of counterpressing.
Aside from this, the defender who regains possession instantly has a large number of passing options due to the amount of players nearby so he can quickly move the ball onwards away from the space where the opposition are closing in.

カウンタープレスの脅威を軽減する

コンパクトな守備陣形は、ボールを奪いとり守から攻への切り替えにも役立ちます。
相手が再び攻撃を開始しようとするカウンタープレスに対して、ボール周辺に人数を増やすことは保険になります。
カウンタープレスを効果的にする重要な要素として、ボールを失った後にプレスを掛けるためには前方に多くの選手が残っている事が前提になっています。

したがって、防御チームもボールを奪った瞬間にボール周りに多数の選手がいる事がカウンタープレスに対抗する重要な要素になります。
ボールを取り返したディフェンダーの近くに味方が多く居ることはパスの選択肢を増やすことになります。
そうすると相手が狭くしたスペースをボールを素早く動かして突破することができます。

Pressing Benefits

The best and most extreme pressing teams in the world are all founded upon a well-organized and compact defensive block.

With an increase in supporting teammates, the main pressing movements can be accompanied by auxiliary pressing from deeper players, creating a better-structured press which can attack the space more effectively.
The addition of supporting movements is key to the stability of a pressing which otherwise could be easily countered into the space left exposed.

A prime example of bad pressing was from an early Premier League (obviously) match between Chelsea and Everton.
The diagram below shows how Everton’s very uncompact and uncoordinated press was easily exposed by Chelsea in the build-up to their second goal.

レッシングの利点

世界で最も上手く、そして極端にプレスを掛けるチームはより良く組織化されコンパクトな守備陣形を作り上げています。

味方のサポートが増えることでより低い位置にいる選手がプレッシングを助けることができ、スペースに対してより効果的にプレスを掛けられる良い構造を作ります。
加えて簡単にカウンターを仕掛けられるスペースを空けない様にするためにサポートを増やすことはプレッシングの重要な鍵となります。

悪いプレッシングの典型的な例として、プレミアリーグチェルシーエバートンの試合を取り上げます。
次の図1はエバートンが間延びして連動していないプレスを仕掛けたことで、チェルシーにボールの前進を許し2点目につながっった場面です。

図1
f:id:tomex-beta:20171209144759p:image:w360
Everton have particularly awful vertical compactness in the build-up, meaning Chelsea could easily exploit the spaces between the lines in the centre.

エバートン(紺)はとくに縦方向にコンパクトさが欠けている。これはチェルシー(黄)が中央の守備ライン間のスペースを簡単に使えることを意味しています。

There is often less of a requirement for an individual player to make long runs during pressing also.
A common sight in the Premier League, is to see a lone striker run continuously for upwards of 5 seconds in an individual press, and is then easily beaten through simple passing.
Not only can the player not maintain pace as he runs too far, but the simple fact that the ball can be moved quicker than a player can run over such a distance means that the pressing can very easily be bypassed.

たいていの場合、プレス掛けるために選手個人に長い距離を走らせる必要はありません。
プレミアリーグでよく見られるのは、FWが単独でプレスをかけて5秒以上連続して走っている場面です。 そして簡単に突破されてやられてしまうのです。
選手は長い距離を速く走り続ける事が出来ないだけでなくボールの方が選手よりも速く動かす事ができるので、単純なプレッシングは簡単に迂回されてしまう事を意味します。(図2)

図2
f:id:tomex-beta:20171209144756p:image:w360
Uncompact pressing has greater demands on and individual and is rarely effective.

コンパクトでないプレッシングは個人に負担をかけて効果もない。

On the other hand, when an individual is accompanied by other teammates, he doesn’t have to run as far as the space he needs to cover is less, and an alternative player will press once the ball nears his area.
With multiple players pressing (or at least supporting) in the first line, the defending team can also adjust to a frequent changing of the ball’s position.

一方で、他の味方と連動することによって、個人がカバーする必要のあるスペースを減らして長い距離を走らなくて済みます。
そして近くに居る味方が代わりにプレスを掛けることになります。
守備の第一ラインにいる復数の選手がプレスを掛けると(少なくともサポートに入る)、守備チームはボールを位置が変わる毎にチーム全体の位置を調整できるようになります。(図3)

図3
f:id:tomex-beta:20171209144747p:image:w360
Whilst a compact defence can press with greater numbers, reducing the demands in both distance and intensity of the individual.

人数を増やしてコンパクトな守備陣形をプレスを掛けると、個人に長い距離を走らせず負担を減らす。

Pressing is less easily exploited when the block has a high level of compaction.
During many cases of pressing with no regard to maintain vertical compaction, lines often open up between the lines, especially should the pressing be poorly-coordinated initially.

A compact defensive block also minimizes the accessibility of passing lanes, which can be vital in the effectiveness of a team’s pressing.
Without the possibility of utilising a vertical pass to bypass the initial lines of pressure, a player may resort to a lateral or pass backwards which would likely invite more pressure.

The preparation in anticipation of pressing the opposition is also aided by a compact organisation beforehand.
Within this, a team will make more fine movements in order to prepare the organisation to be in an optimal position to press from, ensuring that it is of high stability and co-ordination.
This is supported by the compact shape as previously stated, the narrow block can be organised better and within a shorter time period as it is naturally stable due to the control and defensive connections.

高いレベルでコンパクトな守備ブロックを作れていると、簡単には突破されないプレスを掛けることができます。
反対に不十分な組織で縦方向へのコンパクトを考慮せずにプレスを掛けると、大抵の場合は守備ラインの間を空けてしまいます。

コンパクトな守備フロックはパスコースを狭くして通しづらくさせ、効果的なプレッシングができるようになります。
縦パスを使ってプレスを掛ける守備ラインを回避できないと、横や後へのパスを選択することになりさらにプレッシャーを受けます。

相手のプレッシングへの準備のために。前もってコンパクトな陣形をとることは役立ちます。
高い安定性と協調性を確保することでプレッシングに最適なポジションを取り、チームとしてより機能的な動きができるでしょう。
これは先に述べてきたコンパクトな陣形によって成立します。
コンパクトな守備ブロックは自然と防御的なつながりとスペースの制御を行えるので、短時間のうちにまた良い組織を作り上げることができます。

Translating to Attack

It is possible to translate some of the above principles into increasing the effectiveness of attacking.
In some aspects, this is not as literal as in defence given that width can often be vital in supporting central possession, as shown by the positional play of Guardiola’s Barcelona and Bayern.

Just like in the defensive aspects, an increased number of connections can benefit an attacking team.
This facilitates the use of combination plays with more teammates in a distance from which they can support the ball-carrier.
A prime example being Guardiola’s 3-3-4 seen through his final year at Barcelona.
Such combinations can be used for many reasons from ball retention to creating a situation for penetrating the defensive block.

攻撃への転用

ここまでのコンパクトの原則を攻撃にも転用することが可能です。
グアルディオラバルセロナバイエルンのポジショナルプレーが示すように、中央でのボール保持を可能にするために幅をとる、という事ではありません。

守備面でもそうだったように、攻撃でも選手同士のつながりを増やすことは利益になります。
ボール保持者へのサポートが行えると、近い距離でより多くの味方と連携プレーができるようになるということです。
わかりやすい例として、グアルディオラが指揮をとった最後の年のバルセロナの3−3−4システムがあります。
ボール保持から相手守備ブロックに侵入する状況を作るため、様々な理由からこのシステムが使われました。

図4
f:id:tomex-beta:20171209144743p:image:w360
A scene from Barcelona’s 8-0 demolition of Osasuna. The central movements of the players allowed for a combination to destabilize the opposition.

オサスナを8−0のスコアで圧倒したバルセロナの1場面。中央の選手達の動きによって相手の守備は不安定になった。

With a greater density of players in a small area, overloads happen naturally as a result.
These are vital in numerous ways, as they can allow the team to expose the opposite space on the field as the opposition try to match the numerical superiority whilst the simple number of players within a short space can cause great problems.

Through the overloads, a team will always have a free player (trusting that the positioning isn’t so bad) which can be pivotal in the breaking down of a defence.
In the situations of numerical superiority (a 3v2 for example), the attacking team must utilise the free player as there is no available defensive player to cover him.
An example of this can be found in Roger Schmidt’s Red Bull Salzburg in their 3-0 defeat of Bayern Munich back in January 2014.

狭い領域に選手を増やすと結果として自然と密集が生まれます。

これらは多くの点で不可欠ですが、相手は数的に同数にしようとするので彼らはフィールドの別のスペースを明け渡すことになる。
そうして狭いエリアに居る選手の数という単純な要因が大きな問題の原因になるのです。

密集を作ることで、守備を崩す中心となるフリーの選手(ポジションニングが悪くなければですが)を常に作れることができるでしょう。
数的優位の場面(例えば3対2)では、守備側の選手が対応できないフリーの選手を使うべきです。
これらの例として、2014年1月にロジャーシュミットのRBザルツブルグバイエルンミュンヘンを3−0で破った試合があります。

図5
f:id:tomex-beta:20171209144739p:image:w360
The 5v3 overload for Sadio Mané’s opener.

5対3の密集を作り、マネをフリーにした。

Inside movements from both Mané and Kampl help form a 5v3 overload alongside the less common higher positioning from Ilsanker, which came from the previous phase.

The counterpressing following loss of possession is made much easier when the team are attacking with a more compact shape.
This is quite simply a result of having a large number of players around the ball at the time of losing it, all of whom will be able to press instantly upon losing the ball.

From a defensive perspective, counterpressing can be pivotal in the nullification of potential counter-attacks from the opposition.
With the instant press of the attackers, the initiating pass can be cut off, stopping the break from happening at it’s beginning.

It can even be extended to be an attacking strategy, and has been used by Schmidt for both Salzburg and Leverkusen.
In early possession, they will often make a vertical pass towards an area of high density upfield.
The pass doesn’t have to be aimed at a teammate, but just in the general area, so that if it gets intercepted the ball carrier will be faced with 3-4 players counterpressing immediately.
From these situations then, the attackers can generate good momentum and combinations breaking out following the compact counterpress.

図6
f:id:tomex-beta:20171209144734p:image:w360

マネとカンプルの2人は内側に入り、イルザンカーが普段よりも高いポジションを取ることで密集を作り5対3の形にしたことを図5は表しています。。

攻撃時にコンパクトな形にしていると、ボールを失った後に続くカウンタープレスを容易にさせます。
攻撃の選手がすぐにプレスをかける事で、一つ目のパスを防ぐ事ができ、休むこと無くプレスを掛け始める事になります。

シュミットはザルツブルグレバークーゼンで、カウンタープレスを攻撃戦術として拡張させました。
早いタイミングで、彼らは密集した場所に向けて縦パスを送ることがよくありました。
パスは必ずしも味方に向けて出しているのではなくスペースに向けて出されていました。(図6)
もしボールを相手に渡しても、すぐに3〜4人の選手がカウンタープレスを仕掛けてボールを奪い取ってしまいます。
このような状況を作れると、コンパクトなカウンタープレスに続いて、強い勢いと連携を作り出し守備を突破できるのです。

Working Against Compactness

In their 7-1 demolition of Rome in the Stadio Olimpico, Pep Guardiola demonstrated an excellent method of counteracting a compact defence.
On paper, his fielding of Arjen Robben as right wing-back in a 3-4-2-1 understandably came to some shock for a number of fans, as is his nature, but the Dutch winger produced a magnificent performance and was pivotal in their emphatic victory.

コンパクトへの対策

グアルディオラはコンパクトな守備への素晴らしい対抗策を示し、スタジオオリンピコローマを7−1のスコアで粉砕しました。
アリエン・ロッベンが3−4−2−1システムの右ウイングバックとして出場することに多くのファンが衝撃を受けました。
ロッベンはこれまでの彼の特徴を変えずに、素晴らしいパフォーマンスをみせて強烈な勝利に大きな役目を果たしました

図7
f:id:tomex-beta:20171209144728p:image:w360
Starting formations from Bayern’s UCL game versus Roma.

チャンピオンズリーグローマ戦でのバイエルンのフォーメーション。

Through Robben’s very wide positioning, Bayern exploited Roma’s shape brilliantly which caused them great issues as they looked to maintain a good horizontal compactness.
Simply through the wide positioning, Robben caused a massive threat whenever Roma were organised as through switching the play they could create 1v1 situations against Ashley Cole.
This is emphasised in the fact that this was often through Xabi Alonso who is very effective in this area of his game.

ロッベンはサイドに開いたポジションをとることによって、ローマの横方向にコンパクトな守備にはっきり大きな問題を引き起こすことになりました。
バイエルンローマの素晴らしい守備陣形を逆に利用したのです。
単純に幅を取るだけで、ロッベンローマの狭く組織された守備をアシュリー・コールと対する1対1の状況に変えてしまい大きな脅威を与えました。
ロッベンが1対1を仕掛ける位置までシャビ・アロンソがを経由して非常に効果的なボールが数多く出されていた事実がさらに強調されます。

In argument of this strategy, one could state that such long diagonal passes are largely ineffective.
Colm McMullan’s OPTA presentation on the matter, titled ‘Please stop applauding diagonal cross-field passes’, proves that this type of pass in particular is a very ineffective means of ball circulation in attack.

この戦術に関して言うと、そのような長い斜めのパスはほとんど効果がないと思われていました。
コルム・マクマレンは「斜めにピッチを横断するパスを褒めるのはもう止めにしよう」というタイトルの発表をして、
このようなパスは攻撃時のボール回しにほとんど意味が無いと証明しています。

From his study, McMullan found that for a start, this type of pass had only a 40% success rate across the top 5 European leagues.
Expanding on this through analysing the events following a completed pass, he calculated the probability of a positive outcome (shot, final third pass and successful take-on are examples of these) of an attempted cross-field diagonal was a meager 17%.

マクマレンの研究でヨーロッパ大リーグのこの種のパスの成功率が40%程であることを突き止めました。
さらに進めてパスが成功した後に起こることを解析したところ、
斜めにピッチを横断するパスからポジティブな結果(シュート、ファイナルサードへのパスなど)につながる確率は17%であることを算出しました。


Furthermore, McMullan then used an alternate method of measuring the outcome by tracking the phases of play following the long diagonal (for example, 1 pass equals a phase, as does a shot, aerial duel or other events).
This then found figures even more incriminating of the pass, showing that by the end of the possession phase, the outcome was positive only 15% of the time.
Such findings carried significant proof of his initial hypothesis, which stated “Diagonal cross-field passes often have excellent aesthetic qualities, but my intuition is that they rarely directly lead to an effective attack”.

つづけて、マクマレンはななめのロングパスから続くプレー(たとえば、パスやシュート、空中戦などの)を追跡することによって新しい計算方法をためしました。
ポゼッションの最終局面を調べるとこのパスが悪くする原因であるとさえ言えます。結果がよくなるのは15%だけでした。
「対角線のロングパスは非常に美しくはあるが、効果的な攻撃に直接つながることはほとんど無い。」という彼の仮説をこれらの発見は証明しています。

On a side note, the study was particularly damning of English ‘hero’ Steven Gerrard who, although McMullan used the findings in favour of the Liverpool midfielder, made a significantly greater number of passes than any other midfielder and thus had a greater negative impact on his team – highlighting his lack of intelligence in passing.

さらに英国の英雄であるスティーブン・ジェラードについて特に検証しました。マクマレンは良い結果が出ていると期待していましたが、
他のどんなMFよりも多くパスを出していたけれども逆にチームとってはよくない影響を与えていました。
この結果は彼のパスに知性が欠けている事を強調しています。

Going back to early-winter Rome, Xabi Alonso can be considered somewhat of an exception to the rule.
Unlike his former Liverpool teammate, Alonso’s diagonal switches of play are often made with great pace and low to the ground which negates two of the key issues with such passes.
Usually when a player will make this type of pass, there is often a lack of pace and it travels high in the air.
In relation to the issue of the speed of the pass, when it is made with low intensity the opposition have much more time to adjust, prepare well for the situation and often challenge the ball upon the attacker receiving it.
As for the trajectory, the fact that it travels high not only makes it difficult to control (especially when he is being challenged) due to the angle at which the ball is received, but it is almost impossible for the first touch to continue the attack – it often momentarily slows the play.

先ほどのローマ戦の話に戻ると、シャビ・アロンソはこのルールに当てはまらない選手と考えられます。
ジェラードとは違いアロンソの対角線へのパスはとても速く低いボールです。対角線へのロングパスの重要な2つの問題を解消しています。
この種のパスをだすときには、大抵の選手はスピードに欠けて高いボールになってしまいます。
パススピードの問題に関していうと、スピードが遅いと相手が対応する時間が増えてしまいます。
そのような状況では十分に準備することが出来て、攻撃の選手が受けたボールに対してチャレンジする守備ができるでしょう。
ボールの軌道については、高く上がったボールはボールを受ける角度によって(特に守備側が迫ってきている時に)コントロールが難しくなるだけでなく、
攻撃を継続させるファーストタッチができなくなります。そうしてプレーを遅くさせることになります。

With Alonso’s faster and flatter passing however, the team can rarely shift in time to be organised at the point of the attacker receiving the ball, whilst the flat passes don’t slow the play down since the first touch can often be forward, maintaining the pace of the attack.
This equates into frequent 1v1 situations being made and given the quality of players which Bayern possess in this aspect, their attacking ability is far better than most – certainly not least in this situation as Robben made one of his best performances this season.

アロンソの速くて低いパスは、攻撃側の選手がボールを受ける位置に守備組織を切り替えることを難しくさせます。
そして低いパスは攻撃の早さに重要な前方へのファーストタッチを可能にして攻撃を遅くさせません。
バイエルンポゼッション攻撃は選手の質によって1対1の場面を頻繁に作れるということです。
ロッベンが今シーズンで最高のパフォーマンスを見せた様に、この状況をつくることによってこれまでよりも攻撃能力をはるかに発揮できるようになりました。

図8
f:id:tomex-beta:20171209144722p:image:w360
A scene just following the 1st goal – where Robben had cut inside, beaten Ashley Cole and made an excellent curling shot into the far corner.

1点目の場面。ロッベンアシュリー・コールをかわして、カットインしてファーサイドに素晴らしいシュートを決めた。

As you can see above, Roma are quite significantly horizontally compact whilst the diagonal compactness is also strong with the midfield covering the necessary zones.
Their compaction and horizontal ball-orientation in this case is a result of having to deal with the left-sided overload which Bayern are forming through Gotze, Bernat, Muller and Alonso – a certain quote comes to mind:
“You have the ball on one side, to finish on the other.” – Josep Guardiola

図8のとおり、ローマは横方向に効果的なコンパクトな布陣をとり、中盤の選手は必要な場所をカバーしていてコンパクトで強固な守備をしています。
ローマはボール指向で横方向にコンパクトな布陣を取っています。これはバイエルンのゲッツェ、ベルナト、ミュラーアロンソが作る左サイドに対応した結果です。
ここである言葉が思い出されます。
「ボールがサイドにある時にシュートを決めるのは逆サイドだ。」by グアルディオラ


The quartet do well to move the ball deeper to Alonso, who is in a position where Roma cannot press him instantly due to poor access.
Then, as a result of the aforementioned characteristics of Alonso’s passing, he is able to find Robben with a brilliant switching pass which creates a 1v1 situation against Ashley Cole whom he beats before setting up Lahm for a cross towards the penalty spot.

低い位置にいるアロンソにボールをわたします。この離れたポジションではローマはプレスを掛けられません。
次にアロンソの特徴であるロンブパスの能力のおかげで、大きくサイドを変える素晴らしいパスをだし、ロッベンアシュリー・コールとの1対1を作り出す事ができます。
そしてペナルティスポットに向かうラームに向けてクロスを上げました。

This factor alone was the source of a significant issue which Rudi Garcia was faced with.
If he organised his team with an emphasis on horizontal compaction, then they would get exposed by Robben in the switching of play as demonstrated above.
It only becomes a significant issue for Roma however, if you consider the consequences of not maintaining a compact defence against Bayern.
Had Garcia allowed his team to become stretched then the attacking talents of Gotze, Lewandowski and co. would’ve exploited the centre instantly, making it somewhat of a lose-lose situation for the Giallorossi.

これだけでもルディ・ガルシアが直面した重大な問題のいち部分です。
もし彼が横方向へコンパクトな組織を作り上げるなら、先の説明のようにサイドチェンジからロッベンを活用されるでしょう。
しかしローマにとってはそれだけが問題ではありません。仮にバイエルンに対してコンパクトな守備を取らないとします。
ガルシアが広がった守備を取るように指示すると、ゲッツェやレバンドフスキといった能力の高い攻撃陣にくりかえし中央でプレーされて、
ローマにとっては何も得をしない状況になってしまいます。


In hindsight, if Roma had made an emphasis on maintaining access to Alonso as frequently as possible, they may have found fewer issues as Bayern’s ability to switch would’ve been limited – something which teams have been doing more and more frequently in the Rückrunde.
Admittedly, it is rather easy to suggest ways in which the defense could’ve been better organised following the original strategy resulting in a 7-1 dismantling.

振り返ると、もしローマシャビ・アロンソに対して可能な限りマークにつく事を目的として守備組織にしたなら、
この試合で何度も何度もくりかえされたバイエルンのサイドチェンジを制限して問題を減らすことができるかもしれません。
7−1に終わった元々の守備戦術よりも良い結果になりそうなのは確かでよいより守備方法の様に思います。

Another way of exploiting compactness is through a previously-mentioned aspect; ball access.
During moments where the defending team is unable to press effectively, they become immediately susceptible in areas weakened by their compactness – usually the flanks or behind the defensive line.
When against such a team, it is therefore imperative to exploit these situations when they arise – which is inevitable as very few teams can go a full 90 minutes with constant ball access in defence.

ボールへの関わりを先ほど述べた来ましたが、コンパクトな守備を利用する方法が他にもあります。
守備側のチームが効果的にプレスを掛けられていないと、コンパクトである事で弱みとなる場所が出てきてしまいます。
それはディフェンスラインの裏です。
プレスを掛けてくるチームと対戦したときには、彼らがそのような弱みをみせている状況に陥っているのを利用することです。
90分通してボールに寄せ続けられるチームは当然ながらめったにありません。


Andre Villas-Boas’ teams are notorious for having this issue, as his Chelsea and Spurs sides both had issues with playing a high block without pressure on the ball, and he has brought the problem to Russia too.
This is typified in a scene from Zenit’s 2-2 draw with Sevilla in the Europa League which sent the Russians out as Emery’s side edged the first leg 2:1.

ヴィラスボアスはこの問題を抱えている事で有名でした。
チェルシートットナムで監督をしていた時に、守備ブロックを高く設定しているけれどボールにプレスを掛けられていないという問題がありました。
そしてロシアでもその問題は続いていました。
図9はヨーロッパリーグでのゼニトセビージャの2−2で引き分けた試合の一場面です。
1stレグでは2−1の僅差でセビージャゼニトに勝利しています。

図9
f:id:tomex-beta:20171209144717p:image:w360
In their Europa League game against Sevilla, Zenit press with poor organisation and lack ball access as a result.

ヨーロッパリーグでのセビージャ戦、ゼニトのプレスは組織化されてなく結果としてボールに寄せられなかった。

In this case, Vitolo has managed to find lots of time and space on the ball as a result of Zenit having no access.
You can contribute this to a number of different reasons, namely that the defending team had a very poor spatial compactness as demonstrated by the yellow highlight.
The diagonal compactness, or spatial distribution is also quite poor particularly in the pair of Witsel and Shatov who show poor co-ordination and communication which ultimately leaves Vitolo free.

この例では、ゼニトの寄せが甘い結果、ビトロにはボールをコントロールできる時間とスペースが与えられました。
様々な理由が考えられるのですが、要するに黄色いハイライトで示されるとおり、守備チームはコンパクトさが欠けているのです。
WitselとShatovのペアは特にお粗末で、対角に距離を縮めたりスペースを埋めるといったことが出来ていません。
2人の連携不足のためにビトロはこれ以上無いくらいにフリーになっています。

England’s Issues

イングランドの課題

Because it wouldn’t be an article about compactness if we didn’t have a laugh at the Premier League’s ‘attempts’.

Whether it be a result of a poor-quality of coaching and management, or simply a factor of teams following suit after one-another in a mess of midfield-passivity and high blocks without ball access, the Premier League is notoriously bad in this tactical aspect.

The best way to observe the stark contrast is when an English team takes to the European stage in search of Champions League glory (ha).

プレミアリーグでの「試み」を笑い話にしなければ、コンパクトの記事にはならないでしょう。

指導やマネジメントの質が低い結果なのか、効率が悪く乱れた中盤でボールへ寄せずに高い守備ブロックを敷く事を右に習えと習慣としているのか
わかりませんが、プレミアリーグは戦術面からみると評判は悪いのです。

英国のチームがチャンピオンズリーグの栄光を求めてヨーロッパの舞台に立つ時に、戦術の拙さがはっきりと目立ってしまいます。

図10
f:id:tomex-beta:20171209144831p:image:w360
A scene from Manchester City’s 1:0 defeat in Barcelona.

マンチェスターシティがバルセロナに1−0で負けた試合の1場面。

In the above situation, Pellegrini’s side display a poor organisation in terms of compactness, which translates into an uncoordinated press.
The vertical and horizontal compactness isn’t exactly good, but it’s not bad either – the issue is their spatial compactness.
This is the level of compactness within the block and as shown by the red space here, they lack it severely in midfield.
Once Rakitic breaks (can you break something which was never correct?) the line of Milner and Silva, he has a great area to drive into.

上記の状況はペジェグリーニが連動したプレスを掛けられず、コンパクトな組織を作れていない事を示しています。
縦方向と横方向のどちらもコンパクトさをまったく保っていません。しかしむしろ問題なのはスペースを空けてしまっていることです。
赤印で示されているとおり、特に中盤の守備にコンパクトさを欠いています。
ミルナーとシルバの間をラキティッチが突破すると(突破と言って正しいのか?)広いスペースに侵入しました。

The poor organisation overall in this scene can be contributed at least somewhat down to the lack of preparation.
In the seconds before the diagram there was no effort to prepare the team to press by any player – the most severe case is perhaps amongst the deeper midfield 3 who have made no attempt to close out the space highlighted in red which would’ve made the press at least partially stable.

この場面の組織の欠如は、守備の準備が出来ていないことが原因です。
図10ではどの選手も効果的なプレスをかける準備が出来ていませんでした。最も重大な問題は中盤の低い位置に居る3選手が赤で色付けされたスペースを
誰も埋めようとしていないことです。仮にそうしていれば、一部分ですがプレスを掛けることができたでしょう。

These factors result in absolutely zero defensive access as Rakitic cannot be put under any decent pressure for a long period of time, at which point he could have already caused damage to the English defence.
This, accompanied by spaces in the defensive block through poor spatial compaction, equates to a very threatening situation for City to deal with – one which results in an unmarked Neymar hitting the post from inside the box.

ここまでのミスの原因はラキティッチに誰も守備に行かなかった事なのは明らかです。ラキティッチは長い時間プレッシャーを受けていませんでしたが、この時点ですでにシティの守備にダメージを与えていたと思われます。
このようにコンパクトさに欠ける守備ブロックによってスペースを空けてしまうことは、シティにとって危機的な状況に等しいのです。
マークを外したネイマールにエリア内に入られてポスト直撃のシュートを打たれました。

Other aspects such as the incorrect situational man-marking highlight the poor intelligence which is common in English football, most likely a result of the coaching standard and culture.

You can contrast this easily with teams such as Atletico Madrid, Bayern Munich and Juventus however instead of looking at the champions in their respective leagues (just like Man City), we’ll go to Monaco – a team Arsenal expected to walk over.

図10にハイライトを付けたように意味のないマンマーキングをしていますが、これは英国サッカーではよくあることです。指導方針と文化によるものでしょうか。

アトレティコマドリー、バイエルンミュンヘンユベントスといったそれぞれの国でのチャンピオンチーム(シティの様な)とはっきり違いが分かるでしょう。
次にアーセナルが一蹴すると予想されていたモナコを見てみましょう。

図11
f:id:tomex-beta:20171209144828p:image:w360
In contrast, Monaco held great compactness in their victory in London, stopping any chance of central access for Arsenal.

予想に反してモナコは非常にコンパクトな布陣を保ちロンドンで勝利した。中央ではアーセナルにどんなチャンスも作らせなかった。

In stark contrast to City, Monaco defend with a brilliantly organised compact shape.
From this, they have benefits which City didn’t possess – such as strong defensive access to the ball (as they’re in a strong position to press with Berbatov suported by Mouthino and Dirar), whilst they control the centre and force the likes of Sanchez drop away from a dangerous area, as shown above.
It is noteworthy that second before this diagram, the midfield and forwards made slight adjustments before pressing again, showing a preparation to increase effectiveness.

シティと比べてみるとモナコは非常にコンパクトな組織で守備をしていました。
シティでは保てないようなボールに強く寄せる守備(ベルバトフとサポートするモウティーニョとディラルはプレスを掛けるのに適した位置を取る)をモナコは出来ていました。
それによってサンチェスを危険な位置から追い出し、中央をコントロールしていました。(図11参照)
図11から分かる2つ目の事は、MFとFWはプレスを掛ける前に位置を調整していることで、プレスの効果をあげるための準備が出来ていることを表しています。

2017-12-16

Tactical Theory: Compactness 戦術の基礎:コンパクト 翻訳 前編

◆始めに
今回の記事のテーマはコンパクト。
ゾーンディフェンスと共に守備戦術として重要というよりは基礎とも言えるでしょう。
コンパクトにする目的は何なのか?コンパクトに出来ていないとどんな悪いことが起きるのか?
という内容になっています。

今回紹介するの文章、画像はすべて以下のサイトからの引用です。
http://spielverlagerung.com/2015/05/08/tactical-theory-compactness/

2015年に発表された記事なので、そのときのチームの状況について書かれています。
著者はTom Payne氏(https://twitter.com/tompayneftbl?lang=ja
イギリス人の試合分析をしているライターの方のようです。若干21歳。
イングランドのチームに対してやけに厳しいのは英国人の自虐気質なのでしょうか(笑)


とても長い文章なので前編、後編と分けています。

以下 本文になります。

Tactical Theory: Compactness

戦術の基礎:コンパクト

The term ‘compactness’ has been somewhat of a buzzword in football tactics over the past few seasons, particular in the last campaign where Simeone’s Atletico Madrid side won the league with a system so heavily oriented on the aspect.
In this article, I will be looking to explore the benefits of this tactical attribute with some scenarios from past games, whilst showing the contrast between European forces and that of English teams.

「コンパクト」という用語は過去数シーズンにわたってサッカー界では流行語になっています。
昨シーズンシメオネアトレティコ・マドリードはコンパクトを特に強調したシステムでリーグ優勝を果たしました。
今回の記事では過去の試合を紐解いてコンパクトの戦術的な恩恵を探してみたいと思います。
そして欧州の強豪チームとイングランドのチームを比較してみましょう。

“What is defending? … Defending is a matter of – ‘How much space should I defend?’ … Everything is about meters, that’s all”.
– Johan Cruyff

「守備とは何でしょうか?…守るべきスペースがどれくらいあるの?という事が守備です。…全ては距離感です」
by ヨハン・クライフ

Defining and Measuring Compactness

コンパクトの定義と測定

The standard definition of compactness is to maintain a short distance between the furthest players both horizontally and vertically,
however such a basic response lacks in it’s application – to start with, what is the optimal level of compaction?
For this reason I believe there must be other definitions which could provide a less simplistic answer, proving more applicable in practice?

「コンパクト」の基本的な定義は、選手間の距離を縦と横の両方を短く保つという事です。。
しかしそのような受け答えでは具体性に欠けています。まずコンパクトにする最適な水準とは何になりますか?
実際に適用可能であるように示されているのでしょうか?
この答えが単純化されていないという理由から私は何か他の定義を作らねばならないと考えています。

図1
f:id:tomex-beta:20171209144217p:image:w360
Basic definitions of compactness, the Red team have large distances on both a vertical and a horizontal axis, making them uncompact.

「コンパクト」の標準的な定義。赤チームは水平方向、垂直方向ともに選手間の距離が離れています。。これは「コンパクト」を作れていません。

Alternatively, it could be broken down to an individual level.
Possibly to the point at which the players are close enough together to be connected, ensuring a compactness within the shape – obviously a prime aspect.
It could be reasoned that it is at this point where the benefits of compactness come into effect, making it a suitable definition and measurement of the term.
However, all 10 players could be stood within a 5 yard perimeter, and they would be connected yet the defensive capabilities would be non-existent – so what is the optimal level?
This can be somewhat dependent on the opposition, however a good starting point may be the instance that the individual players are as far away from each other as possible whilst maintaining the connections.
Through this, they can control more space whilst retaining the benefits of a compact block.

個人戦術の段階まで落としてみましょう。
プレイヤー同士が十分に接近して連携できるようになると、おそらくチーム形状として十分にコンパクトであることが確保されるでしょう。
コンパクトによる利点が現われた時点でこの用語が適切に定義され、実現されていると考える事ができるでしょう。
ただ、10人の選手がそれぞれ5ヤードの範囲にたって互いに連携していること自体が守備能力を持っている事にはならないのです。だとしたら基準とは何なのでしょう?
守備の基準とは対戦相手による所があります。個々のプレイヤーがつながりを維持する一方で、お互いにできるだけ離れているのが守備の良い開始地点である事例もあるのです。
このような発想を持つことで、コンパクトなブロックの利点を維持しながらより多くのスペースを制御することができます

Another argument is that compactness needs to be relative to the positioning of the opposition.
It is not only a matter of how compact a team is within itself but also that the distances between themselves and the opposition are short. Through this a key principle of compactness is achieved, the playing area of the opposition is minimized which wouldn’t be the case had only the initial definition been taken into account.

もう一つの論点として、コンパクトは対戦相手のポジショニングに関係しているという事です。
チームそれ自体がいかにコンパクトにするかということではなく相手との距離を短くするということです。
コンパクトの定義で想定されていない場面でも、相手のプレーできる領域を小さくすることができるというコンパクトの重要な原則が達成されるのです。

The Defensive Advantages of Compactness

コンパクトによる守備の利点

Defensive Connections

守備のつながり

One of the plethora of defensive advantages gained from a high compactness is the increased number of connections between the individual defenders.
A connection could be classified as when a player is within distance to be able to support a teammate, such as through a secondary press.
Through this, a defensive block can be much more stable against the opposition’s attempts to penetrate as multiple (an optimal number is highly dependent on the specific scene) players can attack the same space .

The shorter distances between individual players makes penetrative passes more difficult as the passing lanes are minimized, whilst multiple players can challenge the same through ball if needed.

守備をコンパクトにする多くの利点の一つは個々のディフェンダーの間でつながりを持つ人数を増やせることです。
選手のつながりとはセカンドプレスのようにサポートできる距離に他の選手がいるという様に表現できます。
こうすることで守備ブロックに相手選手が侵入を試みたとき、
復数(最適な数は場面による)の選手が同じスペースを同時にアタックできるのでより安定した守備を行うことができます。

個々の選手の距離を短くすることによって、パスコースを小さくしてパスを通しにくくなります。
また復数の選手が一斉にボールにチャレンジすることも可能になります。

図2
f:id:tomex-beta:20171209144212p:image:w360
Defensive connections in an uncompact defence

コンパクトではない時の守備のつながり

In an uncompact shape such as here, only two players are in distance to support should the CM be challenged in some form by the ball-carrier, whilst the 3 other players are too far away to move and act in time.
What is worse that in this case, where the players are slightly oriented to man-marking, two of the disconnected player are required to protect the centre from opening up.
Given that they’re both disconnected from the yellow-highlighted player, the midfield’s structure is very weak and could quite simply be opened up.

(図2)のようにコンパクトさが保たれていないと、CMがボール保持者にチャレンジしたときにサポートできる選手が2人しかいません。
一方で他の三人の選手(CAM、CM,CB)は遠すぎてアクションを起こすことができません。
この例で最も悪いことは選手がマンマーキングに移行してしまうことです。2人のつながりを持たない選手(LM,LB)は中央を守るためにスペースを開けてしまいます。
二人共に黄色印の選手とつながりを持っていません。中盤の陣形としてはとても脆弱で簡単にスペースを開けてしまうでしょう。

図3
f:id:tomex-beta:20171209144207p:image:w360
The improved connections in a compact defence can be crucial.

コンパクトにして選手のつながりを改善することはとても重要。

In contrast, the player when accompanied by a team organisation of good compactness has 5 connections with other teammates; 3 of whom are from a central position, ensuring greater defensive stability in a key area of the pitch.
Aside from this, the team also benefits from having two other players near the opposition ball-carrier, who can then support in the pressing.

先の例と比較して、チームとしてよいコンパクトさを保ち他の5人の味方をつながりを作っています。
中央に3人の選手(CAM,CM,LB)が居ることにより、ピッチ上の重要な領域に安定した守備組織ができています。
これとは別に、相手のボール保持者に対して2人の選手(ST,LM)がつくことによりプレッシングのサポートができるようになります。

Improved Defensive Access

守備の関わりの改善

A compact defensive block can make use of a better defensive access to the ball.
By this, I mean that the defending team have a better ability to effectively and correctly press the ball to challenge it in some form.

コンパクトな守備ブロックはボールに対してよりよい守備を行う事ができます。
これによって、守備側のチームは効果的かつ適切にボールにプレスをかける能力が向上する事を意味します。

図4
f:id:tomex-beta:20171209144159j:image:w360
A scene from a match involving AO’s UNG team (defending) against Georgia State University.
Originally his team have poor access to the ball in their press.

AOのUNGチーム(守備側)とジョージア州立大学との試合の1場面。UNGチームはボールへの寄せが甘かった。

In the above diagram, the defending team possess a poor access to the ball (in that they cannot press it correctly) due to a number of reasons; the majority of which originate from the lack of compaction.
The right forward is covering a practically redundant area of the pitch (as neither team will find benefit in using it from the ball position) whilst the man-marking of the right-midfielder makes the team very uncompact horizontally.
This then results in overloads in two key areas for the opposition;

図4では守備側のチームはボールへの寄せが甘くなっています。(適切なプレッシングではない。)これにはいくつかの理由があります。
FWは実質的にピッチの無駄な領域をカバーしています。(ボールの位置から見てどちらのチームも有効な使い道がない。)
そして右MFがマンマーキングをしているので横方向に間延びしてしまっています。
これによって相手にとって重要な2つの領域に負担を掛ける結果になります。

1. The first overload in the ball-near space is created from the right centre-back pushing up as he is completely free, forming a 4v3 superiority down the flank (marked blue).
This is primarily resulting from the lack of shifting by the team (especially in the two strikers), resulting in poor horizontal compactness.

一つ目は相手3バックの右センターバックが完全にフリーでボールを持ち上がる事によって作られるボール周辺の周辺です。
サイドに4対3を作られています。(青印)
これはチームとして(特に2人のFW)スライドすることを怠った結果です。横方向に間延びしています。

2. Secondly, a 3v2 overload is created in the most crucial space – the centre of the midfield.
With the right-midfielder marking the wing-back, the defending team are suffering the consequences of lacking horizontal compactness.
The positioning of the right striker is also an issue as previously stated, whilst the lack of staggering makes the overload even more easily-exploitable for the attacking team.

二つ目。最も重要な場所である中央に3対2を作られています。
右MFが相手の左ウイングバックをマークしているため、守備側のチームは横方向のコンパクトさを失い苦しい状況になっています。
前述のとおり右FWの位置も問題であり、その守備意識の欠如は攻撃側のチームに簡単に利用されてしまうでしょう。

図5
f:id:tomex-beta:20171209144256j:image:w360
With a greater compactness, his team benefit from improved access to the ball.

よりよいコンパクトな布陣によって、チームはボールへの寄せを向上させている。

On a basic level, the simple factors of things such as having a strong ball-near compaction translates to a better access to the ball as more players will be in a position to press.
Aspects such as a good ball-orientation and the preparation for pressing is also important to ensure than an effective pressure will be made on the ball.
The impact of more players around the ball allows for the space around the ball, limiting options and restrict in the opportunity of evasion through dribbling.

基本的な考えとして、より多くの選手がプレスを掛けられるポジションを取ってボールに上手く寄せるためには、ボールの近くに密集をつくる事です。
効果的にボールにプレスを掛けることよりも、むしろボールの向きを誘導してプレスを掛けるための準備をすることが重要になります。
ボールの周りにいる選手の影響によりプレーの選択肢を減らしドリブルによる突破を防ぎます。

図6
f:id:tomex-beta:20171209144252p:image:w360
With bad access to the ball, mainly as a result of a poor compactness, the ball-carrier can create a 4v3 overload whilst has the time and space to penetrate the opposition – possibly through attacking the underloaded side through a switch.

コンパクトを保てていないことが主な理由でボールへの寄せが悪い。ボール保持者4対3を作ることができ、相手陣地に入り込む時間とスペースができる。
サイドを変えて攻撃することもできる。

図7
f:id:tomex-beta:20171209144249p:image:w360
On the other hand, with a compact organisation the defending team profit from having good ball access, forcing the ball into a strategically weak area which can be pressed further with ease.

一方でコンパクトな守備陣形が取れているとボールに上手く寄せる事ができる。
戦略的に弱い場所にボールを移動させプレスをかけやすくする。

When utilising a compact shape (especially when focused on horizontal compaction specifically), there is a necessity to maintain ball access at all times.
Without ball pressure, the opposition will be able to exploit the underloaded side of the pitch by switching the play due to having lots of time without a challenge disrupting their ability to progress ball possession.
In the above diagram, had there not been the very good ball access which is shown then the defence would be very unstable as the opposition could make a switch to exploit the underloaded opposite flank with a 2v0.

コンパクトな陣形(特に横方向に圧縮していることに注目する)を利用するとき、常にボールへの関わりを持つことが必要になります。
ボールへのプレッシャーが無いと前進を止めることができずボール保持者に時間を与えてしまい、サイドチェンジされた守備の薄い側を利用されるでしょう。
守備側が良いボールへの寄せができていないと相手にサイドを変えられ、2対0の状況を利用されて守備が不安定になる事を前の図は示しています。

Exploiting an Absence of Needle Players

「ニードルプレイヤー」の不在を利用

A needle player is one who possesses an excellent close control and dribbling ability, which can be used to allow his team to maintain ball possession in a high position on the field, where it would be subject to above-average pressure from defenders.
Because of this reason, they are especially effective against compact defences to the point of being considered on of the main ways to counteract a defence in this situation.

「ニードルプレイヤー」とは、極めて狭い場所でもボールをコントロールしたりドリブルできる能力を持った選手の事です。
このような選手がいると守備側から普段以上にプレッシャーのかかるピッチの高い位置でボールを持つことができます。
「ニードルプレイヤー」は厳しいプレスのかかる状況に対抗する方法を心得ているので、コンパクトな守備に対して特に効果的です。

Considering this, a compact defence can be used situationally to exploit a team who lack such players; an example being Real Madrid, when playing their capital rivals Atletico.
Over the past season, there has been a distinct contrast in the performances of Real Madrid and Barcelona against Simeone’s team.
A key reason for this is the particular qualities of the players which Ancelotti and Enrique have available.

「ニードルプレイヤー」に欠けているチームをコンパクトな守備が利用している状況を考えてみましょう。
例としてレアル・マドリーとそのライバルチームであるアトレティコ・マドリーを取り上げます。
過去何シーズンにもわたって、レアル・マドリーバルセロナとの対戦でシメオネ(*1)のチームは対象的なパフォーマンスを見せています。
このことはアンチェロッティ(*2)やエンリケ(*3)のチームとで選手の質が大きな理由となります。

(*1)・・アトレティコ・マドリードの監督。
(*2)・・レアル・マドリーの監督。2015年当時。
(*3)・・バルセロナの監督。

Barcelona are renowned for their technical excellence, with every player in the attack being able to maintain possession under considerable pressure.
This helps them massively when they come to play teams such as Atletico, as they have multiple needle players who are tailored well to breaking down a compact defence.

バルセロナは技術的な優位性を持つチームとして有名です。どの選手もプレッシャーを掛けられても平気でボールを持って攻撃できるのです。
コンパクトな守備陣形を突破できる「ニードルプレイヤー」が復数いるので、アトレティコのようなチームと対戦するときに大きな利点となります。

図8
f:id:tomex-beta:20171209144243p:image:w360
An image from the German domain, notice how Barcelona still position many players inside the Atletico defensive block, as they can still be effective in such tight space.

アトレティコの守備ブロックはスペースを狭くして効果を発揮している。けれどもブロックの内側にバルセロナの選手はポジションを取っている事が分かる。

On the other hand, players such as Ronaldo and Bale need space to be effective.
If they aren’t provided with space to move into by the opposition, then they struggle massively which has shown as these players have failed to influence the game in recent fixtures.
It’s not that Real Madrid don’t have the players necessary to be effective against Atletico, because they do – the likes of Modric and Isco could be vital in penetrating Simeone’s 4-4-2-0; however Ancelotti has misused such players at times and not used them to their full potential.

一方でC・ロナウドやベイルの様な選手にはスペースが必要です。
もし守備ブロックの内側に移動してスペースが無くなってしまうとゲームに影響を与えていないことが最近の試合で示されています
けれどレアル・マドリーアトレティコに対して効果的な選手がいないかというとそうではありません。
モドリッチやイスコの様な選手はシメオネが作る4−4−2−0(*1)陣形の内側でプレーできます。
しかしアンチェロッティは彼らの様な選手の使い方を間違え、そのポテンシャルを活かしきれていない事がたびたびあります。

(*1)・・シメオネFW2人を守備ブロックに組み込む戦術をとっています。
   10人で作る守備ブロックを表現して4−4−2−0です。

図9
f:id:tomex-beta:20171209150139p:image:w360
A scene from the 4-0, players such as Bale are given no space to utilise by the 4-4-2-0.
Real Madrid’s structure is much more wing-oriented when compared to the above image of Barcelona.

4−0の場面から。4−4−2−0の陣形によってベイルがプレーするスペースがありません。
レアル・マドリーは前述のバルセロナに比べるとよりサイドを指向します。

In addition to this, Ronaldo’s inactivity in the development of possession in midfield forces Ancelotti to use Benzema in a role of dropping deep to support the likes of Modric and Kroos.
This can disrupt the balance because Ronaldo creates little effectual presence as a lone striker (as he is a player of individuality) whilst means that the often underrated Benzema cannot be used to his fullest potential higher up the pitch.

加えて、ロナウドは中盤でのポゼッションを向上させるためには機能しないので、
アンチェロッティベンゼマのポジションを落とし、モドリッチやクロースの様に深い位置でサポートさせざるを得ませんでした。
ロナウドは (個性の強い選手なので)唯一無二のストライターとして効果的な存在になれません。
一方でしばしば過小評価されて来たベンゼマはピッチのより高い位置で彼のポテンシャツを最大限に発揮できないことでもあります。
これによりチームのバランスを崩してしまします。

図10
f:id:tomex-beta:20171209144353p:image:w360
Benzema (red) is required to vacate his natural position in order to facilitate the passive Ronaldo (black)

ベンゼマ(赤)は自分からは動かないロナウド(黒)をアシストするために自分の本来のポジションから離れる必要がある。

Spatial Control

スペースの制御

By having shorter distances between the furthest players both horizontally and vertically, a team will technically be covering less space, but they will be controlling much more.
By having a compact shape, a team can enforce a much higher degree of control on an area of the pitch whereas if they were more spread out, then their spatial control will be far worse.

選手同士の距離を横方向、縦方向により短く保つことによって、チームはスペースをより小さなスペースを管理することになりますが、
実際にはそれより多くのスペースをコントロールしています。
コンパクトな陣形を取る事によって、チームはピッチの領域をより高度に制御することができます。
一方でもし間延びしてしまうと、チームのスペース管理は悪化してしまうでしょう。

Spatial control can be achieved through the numerical superiority within said space, which stops the opposition team from obtaining access and utilising the zone for any strategic benefit.
The overload improves the cover of passing lanes, restricts any usable space and minimises the possibilities from inside the block itself in order to force the opposition into circulating possession into an alternative and usually less strategically valuable space.

スペースの制御とはスペース内に数的優位性を作る事で成立します。
相手チームが入り込むことを阻止して戦略的に利益を得られる空間を利用できます。
密集することはパスコースを塞ぎやすくなります。使えるスペースを制限して守備ブロック内でプレーされる可能性を小さくします。
相手にとって戦略として重要なスペースをなくし、代わりにボールを回させるように仕向けます。

The management of spatial control is a key factor in a team properly utilising compactness against the ball.
In most cases of defending, there are spaces on the pitch which are not necessary to cover for the opposition cannot utilise it to provide benefit, for what could be a number of reasons from lack of access to penetration from said area.
Therefore the defending team can ‘cut the corners’ of the shape to ensure that the management is at its most effective, emphasising the key areas which need controlling whilst sacrificing the spaces less valuable to the opposition.
A simple and common case of this, which rarely varies depending on the opposition, is the narrow positioning of the outside midfielders in Atletico’s 4-4-2-0.
Instead of covering the wide spaces, they come inside to cover the half-spaces which are much more valuable to occupy.

スペース制御のコントロールは、ボールに対して正しくコンパクトさを保っている事が重要な鍵となります。
大抵の守備の局面ではカバーする必要がないスペースがピッチ上にはあります。カバーしなくても対戦相手に利益を与えません。
そのスペースを使われても守備ブロックへの侵入できなからです。

守備チームはフォーメーションを「カットザコーナー」(*1)ができスペース管理を確実にします。
他のスペースを犠牲にしてでも相手にとって価値のあるスペースを消します。
こうしてコントロールの必要な重要な領域を強調します。

図11、図12が”カットザコーナー”の簡単な例です。アトレティコの4-4-2-0は外側のMFのポジションを狭くとります。
幅広いスペースをカバーする代わりに、コンパクトにしてそれよりも価値の高いハーフスペースを埋めています。

(*1)・・余計な部分を取り除くという慣用句。

図11
f:id:tomex-beta:20171209144349p:image:w360
The defensive block is covering a large space with little control over it.

守備ブロックは大きいスペースをカパーしているがコントロールはしずらい

図12
f:id:tomex-beta:20171209144343p:image:w360
Whereas here, they’re covering less space but exerting a large degree of control over it.

一方でカバーするスペースは小さくなるが、コントロールしやすくなる。

Expanding on this, through maintaining a compact defensive block a team can focus on a specific space on the pitch.
In most situations the optimal area to control is the centre as it holds greater strategical value for a number of reasons, such as a greater range of potential movements whilst it offers the best platform to access alternative spaces.
Similarly to the sport of chess, the centre is largely considered as the most important part of the playing area.

さらに続けると、コンパクトな守備ブロックを維持するということはピッチの特定のスペースに焦点を当てているという事です。
プレーの選択肢が広がる理由から戦略的に価値がある中央スペースが最もコントロールが必要な領域です。
コンパクトにすることによって中央スペースへの関わるために最適な状況が作られます。
同じように、チェスの世界でも最も重要な場所として考えられている領域が中央です。


図13
f:id:tomex-beta:20171209144458p:image:w360
Karpov – Kasparov: World Championship Match 1985, Game 16

カルポフVSカスパロフ。1985年ワールドチャンピオンシップ。第16試合。

In the above scene from a Karpov – Kasparov match, Kasparov (black) develops central control which is crucial to his eventual victory.
This is achieved through intelligent use of his anchored D3 knight (A.K.A the octopus, referencing its excellent control of key squares) and advances his B4 pawn, forcing the A4 knight for Karpov, he forces the opposition knights into passive squares from which they can enforce no control.
Where Karpov only has a bishop and queen (though advancing the queen so early is very dangerous) which can influence the centre of the board, whereas Kasparov has both knights and both bishops in strong positions.

前の図はカルポフ(*1)とカスパロフ(*2)の試合です。
カスパロフ(黒)は勝利に不可欠な中央の制圧を進めています。
カスパロフD3に置かれたナイト(8方向によい効かせ方をしているので別名オクトパス・ナイトと呼ばれる)とB4に進めたポーンでカルポフのA4のナイトを抑えこんでいます。カスパロフは相手のナイトをコントロールできない動けない状態へと追いやる巧みな駒の使い方で中央の制圧を達成しています。
カルポフはボードの中央に影響与える駒がビショップとクイーン(クイーンを早めに移動させることは危険)しかありません。
一方でカスパロフの2つのナイトとビショップは強い場所にいます。

注・・チェスの駒の位置はこのように示します。
f:id:tomex-beta:20171216162403p:image:w360


(*1)・・・アナトリー・カルポフ。チェスチャンピオン 
(*2)・・・ガルリ・カスパロフ。挑戦者。これより15年間タイトルを守る。

図14
f:id:tomex-beta:20171209144559p:image:w360
The general shapes from Gladbach’s 2-0 win over Bayern

バイエルンに2−0で勝った時のボルシアMGの陣形

Furthermore, this principle can then be adapted to specific opposition.
In many cases, teams will have at least somewhat of an emphasis on a particular area of the pitch in attack – to counteract this, the defending team can maintain an especially compact defence in this area, negating the impact of their strategy whilst potentially forcing a redirection of the attack.

さらにコンパクトの原則は特定の相手に合わせて運用できます。
大抵の場合、攻撃するチームは少なくともピッチの特定の領域に重点をおくでしょう。
対して守備側のチームはこの領域に特にコンパクトな守備を置き、攻撃側の戦略の効果を薄れさせます。
そうして攻撃をやり直させる事につながるのです。

An example of this is commonly done by Real Madrid in their Clasico matches against Messi.
Defending in their 4-3-3-turned-4-4-2, they often have a greater compaction on Barcelona’s right side where Messi is positioned.
From this they obviously look to minimise his influence and dribbling ability inside.

クラシコレアル・マドリーメッシに対する守備の例です。(図15)
マドリーは守備にまわると4−3−3から4−4−2に変形して、メッシが位置取りをするバルセロナの右サイドによりコンパクトな布陣をとります。
こうする事によって彼の与える影響、内側にドリブル出来なくするようにしています。

図15
f:id:tomex-beta:20171209144551p:image:w360
Madrid defending on Messi’s flank.

メッシに対応したマドリーの守備


Forcing Inefficient Attacking Strategies

攻撃戦略の効率性を奪い取る

Through control of the centre of the pitch, a compact defence can force the opposition into one of the most inefficient attacking strategies – crossing.
An analysis by Michael Caley (MC_of_A on twitter) found that headed shots and shots assisted from crosses have a conversion rate much lower than normal shots from the same position (you can find the relevant analysis here).
It is a common sight than when the central passing lanes are covered with little usable space within the defensive block, the attacking team will resort to passing to the only free advanced player – the full-back.
In a lot of these situations the full-back will then cross from a deep position – the most inefficient position to cross from.

コンパクトな守備でピッチの中央をコントロールすることは、相手のクロスをあげるという攻撃戦術の効果を薄くさせます。
マイケルキャリー(ツイッターID @MC_of_A)の分析によると、クロスからのヘディングシュートやパスは同じ位置からのシュートに比べると枠に飛ぶ確率が低くなります。(分析はここで読めます
守備ブロックによってスペースを狭められて中央のパスコースを防がれた時、攻撃側のチームは唯一フリーで上がってくる選手、サイドバックにパスを出す事は
よくある光景です。
そうして深い位置からサイドバックがクロスをあげる状況が何度も起こります。
これはクロスを上げるには最も効率の悪い場所なのです。

This has been the case in a few matches recently, perhaps most notably in Gladbach’s 2-0 victory over Bayern, and Juventus defeat of Dortmund in the Champions League.
In both games the teams utilised a defensive block with emphasis on central control, which forced the opposition into attacking the wings which often resulted in tame crosses into the box.

最近の試合でこのような状況になったことがあります。おそらく最も顕著な例がボルシアMGバイエルンに2−0で勝った試合と、
チャンピオンズリーグユベントスドルトムントに勝った試合です。
どちらの試合でも勝利したチームは守備ブロックによって中央をコントロールしました。
それによって相手チームはウイングを使ってペナルティエリアにクロスを上げざるを得ませんでした。

図16
f:id:tomex-beta:20171209144544p:image:w360
Following Juventus’ win, Stefan Lichtsteiner stated in the post-match interview that they simply looked to defend the centre, with BVB’s crosses causing little threat.

ボルシア・ドルトムントのクロスはあまり効果的ではないのではっきりと中央を守ることにした、リヒトシュタイナーユベントスの勝利後インタビューで語っています。

This strategy was particularly useful against Dortmund because Aubameyang offers little aerial ability whilst he possesses much more threat on cut-backs and central attacks.
In addition, the somewhat of a surprise selection of Sokratis at right-back meant that the possession game down the right of the pitch was lacking in several aspects as he rarely got into advanced positions and didn’t support Mkhitaryan in the development of possession with potential combinations.

この戦略はドルトムント対策でした。オーバメヤンは中央でプレーするプレーする事で相手に脅威を与えますが、あまり空中戦が得意ではありません。
加えてソクラテスが右サイドバックに抜擢されたことは、さまざまな理由で右サイドでのポセッション攻撃を失うことになりました。
彼は滅多に高いポジションを取らなかったので、ムヒタリアンとの連携をとるサポートができませんでした。

The issue with crossing is the almost-necessity for a first-time shot, topped with the difficult angle and pace at which the ball is being delivered into the player.
Aside from that, the ExpG (expected goals) of headers are much lower than standard shots, as are cross-assisted shots in comparison to a normal one.

クロスは選手が合わせるには難しい角度とスピートでボールが送られます。そのことがシュートを打つために必要不可欠な問題になります。
それとは別にべディングのExpG(*1)は普通のシュートよりも低い値です。同じようにクロスからのシュートも低い値になります。

(*1)・・シュートを打つ状況を加味したゴール期待値。


Reducing the Influence of Individual Weaknesses

個の弱点を隠す

“With Barcelona we won the European Cup and 4 Ligas with Guardiola and Koeman, now if there are two examples of individuals who cannot defend, then it’s those two. But they played in the heart of defence.” – Johan Cruyff

バルセロナヨーロッパカップとリーグ4連覇できたのはグアルディオラクーマンのおかげです。
 もし個人で守ることが出来ない場面が2つあるとするならそれは彼ら二人です。しかし彼らは守備の中心でした。」
by ヨハン・クライフ

Through a compact organisation, a team can reduce the impact of individual weaknesses.
This is due to a number of the above factors, namely the increased defensive connections.
Simply given the increased support from teammates, a player who would be a defensive liability and weakness in a standard organisation is covered better, reducing the possibility of him being exposed.

コンパクトな組織を作ることで、チームは個人の弱点による影響を減らすことができます。
これはこれまで書いてきたいくつかの要因があります。すなわち守備のつながりを増やすことです。
単純に味方によるサポートがもらえる事は、組織としての守備の役割と弱点になる選手をカバーでき、
弱点が明らかにされる可能性を減らすことができます。

Another factor in this is the distribution of space between players.
When a team lacks compaction, and the shape spans quite a large area of the pitch, each player individually has to cover a large amount of space also, which is obviously difficult unless your name happens to be Sergio Busquets.
From this, the weakest players can be exposed and isolated more easily by attacking the big space which they’re responsible of defending.

もう一つの要因として、選手間のスペースがあります。
コンパクトさが失われてピッチ上の広い範囲に陣形をとると、どの選手も個人で広いスペースを守らなくてはいけません。
あなたがセルジオ・ブスケツでもない限り極めて難しい事です。
この事から選手に広いスペースを守らせると攻撃側のチームよって最も弱点になる選手は簡単に孤立させられてしまうでしょう。

Expanding on this, since a stretched defensive block is more difficult to organise and maintain stability in, the distribution of space is often less even as some players end up covering more or less than others.
By intelligent circulation of the ball, the attacking team could hypothetically manipulate this into creating an imbalance to their benefit, by forcing the weaker players to cover a larger amount of space.

さらに続けて、守備ブロックが間延びしてしまうと守備を整理して安定性を維持することがより困難になります。
一部の選手が他の選手を多かれ少なかれカバーすることになり、効率良い選手配置を失っていまします。
攻撃側のチームは賢いボール回しをすると、守備側のチームは弱点になる選手をより多くのスペースをカバーさせるように仕向けて、
守備側の整ったバランスを崩す事ができます。

図17
f:id:tomex-beta:20171209144540p:image:w360
Two diagrams from an analysis of mine which will shortly be published by New York Red Bulls, displaying the spatial distribution in an uncompact shape.

ニューヨークレッドブルについて私が分析した図です。コンパクトさが失われている事を表しています。

In contrast, an individual in a compact defence is required to cover a lesser amount of space, since the shape stretches across a lesser amount overall, making his defensive role significantly easier.
As well as that, the distribution of space-coverage across the team can be maintained more evenly, making it more difficult for the opposition to exploit an individual weakness.

対して、コンパクトな守備陣形により個人がカバーする必要のあるスペースが小さくなります。
全体の守備陣形がより狭くなっているので、個人の守備の負担をはっきりと減らすことになります。

図18
f:id:tomex-beta:20171209144803p:image:w360
Whilst in this diagram, it shows NYRB’s usual compact shape under Marsch this season, with a better distribution of space, which is less for the individual also.

ニューヨークRBは今シーズンマーチ監督の元でコンパクトな守備をしていることを図18は表しています。
選手配置がよくなっていて、個人の負担は減っています。





後編に続きます。

2017-12-05

Zonal Marking / Zonal Coverage ゾーンディフェンス 翻訳

◆始めに
今回の記事のテーマはゾーンディフェンスになります。
日本サッカーの世界では広まっているとはまだまだ言い難い守備戦術なのですが、
欧州では一般常識として身に付けていて当然の扱いをされています。
ゾーンディフェンスとはなんぞや?という文章を探してみたけれど、
検索に引っかかるのはトレーニング方法ばかり。理論的な話はほとんど見つけられませんでした。
それだけ説明するものではない常識になっているのでしょうか。

今回紹介する文章、画像はすべて以下のサイトから引用しています。
http://spielverlagerung.com/2014/07/01/zonal-marking-zonal-coverage/

著者はRene Maric氏(https://twitter.com/renemaric)。レッドブル・ザルツブルクアシスタントコーチをしている方のようです。
そして原文のドイツ語から英語に翻訳しているrafamufc氏(https://twitter.com/rafamufc)・・・
サウジアラビアの方のようで、全てアラビア語で書かれているので何をしている人なのかはちょっと分からなかったですw


以下、本文になります。

Zonal Marking / Zonal Coverage

The two main types of defense used in soccer are man-marking and zonal marking.
In this article we will explain the different types of zonal marking and their advantages and disadvantages.

Written by Rene Maric
Translated by @rafamufc

ゾーンディフェンス
サッカーの守備に使われる手法はマンマークとゾーンディフェンスの大きく2つに分かれます。
この記事ではゾーンディフェンスの種類とメリット、デメリットについて説明していきます。

著者 Rene Maric
翻訳 @rafamufc

General information about Zonal Marking

Zonal marking was the first way defense was played.
The original zonal marking had very little to do with the modern style because it lacked organization.
One might call it chaos marking as everyone just sort of stood around and occasionally tried to win the ball.

ゾーンディフェンスの基本情報

ゾーンディフェンスはサッカーの歴史上で最初に行われた守備方法です。
オリジナルのゾーンディフェンスは組織的な動きに欠けていたので、現代のそれとはあまりつながりはありません。
誰もがボールの周りを取り囲み、奪い取ろうとしていたため混乱を呼ぶだけだったようです。

Today, zonal marking is anything but chaotic.
The advance of athleticism, game intelligence, and especially the professionalization of football, have led to the dying out of man-marking as players are individually stronger and better coordinated as a team.
The gaps are now narrower and better covered, which mitigates the vulnerability of zonal marking between the horizontal and vertical lines.

今日のゾーンディフェンスは混沌としたものではありません。
運動能力、知識の向上に加えてサッカーがプロ化して選手たちが個々に強度をました事により、
良いチームを作るためにマンマーキングは徐々に衰退していきました。
現在、水平と垂直の守備ラインの間にあるギャップは狭くよりよく覆われているため、ゾーンディフェンスの弱点は緩和されています。

In the late eighties, zone defense was extended further by Raumvernappung (squeezing space).
In this style, the game was basically kept compact and the effective playing field compressed by the factors of time, space, and the offside rule.
Arrigo Sacchi trained his players to use fuor reference points:

80年台後半にはゾーンディフェンスはRaumvernappung(ドイツ語:スペースを絞るという意味)としてさらに発展してきます。
このスタイルでは試合中、基本的には布陣をコンパクトに保ち、時間、空間、オフサイドルールの要素によってプレーできる場所は圧縮する事になります。
アリゴ・サッキは選手たちに注意すべき4つのポイントを説明しました。

“Our players had four reference points: the ball, the space, the opponent and his own teammates.
Every movement had to happen in relation to these reference points.
Each player had to decide which of these reference points should determine his movements. “
– Arrigo Sacchi

「選手達は次の4つを注意します。ボール、スペース、相手、そして味方です。
 すべての動きはこれら4つに関係しています。
 どの選手もこれらのポイントに注意してどんな動きをするか決めるのです。」
by アリゴ・サッキ

In order to play zonal coverage, the team must consider these reference points when shifting and pressing to remain stable and prevent opening any holes.

安定したスライドやプレスをかけたり穴を開けたりしないために、ゾーンディフェンスをするチームは基準を決めなくてはいけません。

That being said, it should be noted that playing a ball-oriented game is not zonal marking.
The ball-oriented game refers to the adjustment of the player and his team to the movement of the ball.
Which, in zonal marking, is usually applied much more when pressing and squeezing space.

ボール志向ゲームをすることがゾーンディフェンスでは無いことに注意してください。
ボール志向ゲームとはボールの動きに対して選手とチームを調整することを指します。
ゾーンディフェンスとは、スペースをより圧縮する目的で使われます。

Theoretically, it is possible to play zonal marking without being ball-oriented.
It used to be quite common to not man-mark but mark space; yet not indent or constantly move in the direction of the ball at all.

理屈としてはボール志向という考えなしではゾーンディフェンスを行うことは不可能です。
ボールの動きに沿ってあちこち行ったりせず常に動いている事もなかったので、かつてはマンマークではなくスペースを守る事は一般的でした。

It is also a mistake to believe that Sacchi’s four reference points only apply to squeezing space and pressing.
They are generally used in the defensive game and the attacking game, which has the added benefit of the reference points providing reasons for playing the different types of zonal marking.

アリゴ・サッキの示した4つのポイントはスペースを圧縮するためだけに焦点をあてていると考えるのは間違いです。
ゾーンディフェンスを変形させて、さらにプレーの焦点を加えることにより守備でも攻撃でも活用できるようになります。

Zonal marking as a team
First, we will explain collective zonal marking, which is practiced by the entire team, and its variants.

ゾーンディフェンスとは集団である
最初にチーム全体で作られるゾーンディフェンスとそのバリエーションについて説明します。

図1
f:id:tomex-beta:20171202222126p:image:w360
For easier understanding all of the scenes in this article will be based on a 4-4-2 formation in defense

わかりやすくするためにこの記事では4−4−2システムを基本にします。(図1)

Variant 1: Position-oriented zonal marking

In position-oriented zonal marking, the player’s reference point is his “teammates”.
The team simply operates in a closed block.
This ‘block’ is nothing but a formation, in which the respective positions are clearly defined and a player “covers” his own position.
The term position marking could also be used.

バリエーション1:ポジション指向のゾーンディフェンス

ポジション指向のゾーンディフェンスでは「味方」を注目します。
チームは閉じられたブロックとして単純に動きます。
「ブロック」とはフォーメーションでは無く、選手達はそれぞれ取るべきポジションをはっきりと定義されて自分のポジションを「カバー」します。
「ポジションマーキング」といった用語で表現することもあります。

Some examples include Lucien Favre’s Gladbach or Valeriy Lobanovskyi’s Dynamo Kyiv.
At Gladbach, it is striking how effectively they move back and forth while often exerting little pressure on the opponents or the ball.
Instead, they focus on thwarting attacks by controlling space.
If the opposing team resorts to circulating the ball, Gladbach move so quickly and precisely that the supposedly “open” wings can’t be played.

幾つかの例として、リュシアン・ファーヴルのボルシアMGヴァレリー・ロバノフスキーのディナモ・キエフが挙がります。
ボルシアMGでは選手が前後に動き回る事で特に効果を発揮しています。
相手やボールに対してかけるプレッシャーは少ないのですが、代わりにスペースをコントロールして相手の攻撃を防ぐ事に重点を置いています。
もし相手チームがボールを回したとしても、ボルシアMGは素早く正確に動き、相手のウイングにプレーさせないでしょう。

At the same time, the vertical and horizontal compactness is preserved, so the opponent can hardly find space within the block.
If they try to play into the narrow space, then the lines move toward each other (or only one line moves, depending on the game philosophy) and closes the space.
Over time, this puts the opponent under pressure; resulting in winning the ball off bad passes or other technical errors.

同時に縦方向と横方向をコンパクトに保つ事によって、相手はブロックの内側にスペースを見つける事が難しくなります。
もし狭いスペースでプレーしようとしたら、守備ラインは互いに近づき(チームの方針によっては一つのラインだけが動きます)スペースを閉じます。
そのうちに相手にプレッシャーが掛かり、結果としてパスミスやその他のミスをさせてボールを奪い取ります。

The characteristics of position-oriented zonal marking are: clearly recognizable banks in defense and midfield, giving space to the opposition on the wings, and straight lines.
However, the formation must not consist of equally wide chains or equal spacing between the various parts of the team.
The goal is to keep the gaps and the space between the lines as small as possible.

ポジション指向ゾーンディフェンスの特徴はディフェンスと中盤にはっきりとした守備ラインを作れる事です。
一方で相手ウイングに一直線にスペースを与えることになります。
フォーメーションとしては、チームのどこの部分でも等しい間隔、空間を保たなければいけません。
最終目標はライン間のギャップとスペースを出来るだけ小さく維持し続ける事になります。

In effect, this often looks somewhat passive because little pressure can be generated against an intelligent and cautious ball circulation.
This season, Favre played it so that he pulled apart the space between the lines or intelligently moved the lines up to establish access for their pressing.

事実として相手チームの巧みなボール回しに対してあまりプレッシャー掛けることが出来ないので、この守備方法はやや受動的に見える守り方です。
今シーズン、ファヴレはラインの間のスペースを引き離したり、巧みににラインを挙げることでプレスを掛ける手法を確立しました。

図2
f:id:tomex-beta:20171202222238p:image:w360
Example of position-oriented zonal marking

ポジション指向のゾーンディフェンスの例

The opponent builds play on their right side, with what seems to be a 4-1-2-3 as a variation of the 4-3-3 with wide wingers.
For illustrative reasons, we (blue team) are standing in an ultra-defensive formation.

ウイングが幅を取る4−3−3のバリエーションである4−1−2−3システムをつくり、対戦相手は彼らの右サイドでビルドアップしています。
この図では青チームは極めて守備的なフォーメーションをとっています。

The opponent plays to the right and the team moves as a group to that side of the pitch.
The space that appeared to be open on the side for the winger is suddenly very tight and can not be safely played.
The ball goes into the center and our (semi) left striker gets access and moves to press.
The team follows his example and take the same running paths.

相手が右サイドでプレーしようとした時、青チームはグループとしてピッチの端に移動します。
相手がウイングのために開けていたサイドのスペースは青チームは移動することによって急に狭くなり、安全にプレーできなくなります。
ボールが中央に戻されると、青チームの左FWはプレスを掛けに行きます。
青チームはFWの動きに従って同じ経路で動きます。(図2)

The opponent is approached slowly and step by step, which sometimes seems a bit laid-back.
Despite the passivity and reduced access, however, the block remains stable and compact.
Passes into the space between the lines are difficult and can be compressed by narrowing the team’s spacing.

ときおり緩めているように思えますが、対戦相手はゆっくりと徐々にアプローチを仕掛けられています。
受け身の守備で相手に近づく動きでは無い代わりに、守備ブロックは安定してコンパクトなままです。
スペースを狭く圧縮することができ、守備ラインの間にパスを通すことを難しくさせます。

Variant 2: Man-oriented zonal marking

人指向ゾーンディフェンス

In man-oriented zonal marking, you play with a basic formation in which the reference point is the “opponent.”
From their respective base positions, the players orient themselves flexibly in the space they cover in order to maintain a certain distance to the opponent closest to them.

人指向ゾーンディフェンスでは、「相手」を焦点として基本のフォーメーションを組みます。
それぞれの基本となるポジションから、プレイヤーは自分に最も近い相手と一定の距離を維持するためにカバーしているスペース内で柔軟に対応します。

The contrast to man-marking is obvious.
In man-marking, a player sticks very tight to an opponent, oftentimes even tracking just the one opponent.
In zonal marking, a player must cover the space around his position, loosely moving his position to any nearby opponent and staying close to them.

マンマークとの違いは明らかです。
マンマークでは選手は相手に張り付き、ほとんどの場合は1人の相手にずっとついていきます。
ゾーンディフェンスでは選手はポジション周辺のスペースをカバーしなくてはなりません。近くにいる相手に対してポジションを移動して近づいた状態を維持します。

In a way, it’s a compromise between position-oriented zonal marking and man-marking.
The advantage over man-marking is fewer open holes.
The advantage over position-oriented zonal marking is the increased access gained via the shorter distance to the opposition.

ある意味ポジション指向ゾーンディフェンスとマンマークとの間の妥協点とも言えます。
人指向ゾーンディフェンスがマンマークと比較して有利な点はスペースをあけづらい事です。
ポジション指向のゾーンディフェンスと比較すると、より相手との距離を縮められて関わりやすくするという利点があります。

図3
f:id:tomex-beta:20171202222151p:image:w360
Example of man-oriented zonal marking

人指向のゾーンディフェンスの例

The opposing right-back receives the ball, so our team shifts to the left.
It is striking that our sixes behave differently: one is based on the opponent’s right eight, one on their center forward.
Our striker is also man-oriented, however not in the classic sense, but in space: he cuts off the passing lane for the opposing six, who is playing behind the other eight.

相手の右サイドバックがボールを受けたので青チームは左に寄っていきます。
2人の6番選手(*1)の振る舞いに違いがあるのが特徴です。1人は相手右の8番選手(*2)につき、もうひとりはセンターフォワードにつきます。
青チームのFWは人指向ですが、古典的なマンマークではなく受け持つスペースがあります。彼は相手6番選手へのパスコースを切ります。(図3)

(*1)6番選手・・ドイツでは守備的な役割をするMFを6番と表します。
(*2)8番選手・・攻撃的なMFです。

Alternatively, our other six could have oriented to the opposing left-half eight and the winger would have remained in space.
So all the pass routes and options are blocked directly (by cover shadows or even situational man coverages) or indirectly (through access and narrowness).

あるいは、青チームの6番選手は相手逆サイドの8番またはスペースに残っているウイングをカバーします。
そうすると全てのパスコースや選択肢を直接的(シャドウカバー(*3)をしたり、状況に応じて人につく)または間接的(スペースを狭くする)にブロックします。

(*3)シャドウカバー・・・自分の背後に相手選手がいるようにパスコースを塞ぐポジションを取ること。

The opposing full-back does not risk the line pass, but plays back.
Our team therefore pushes out.
The striker separates from the space around his opponent and begins to press.
The far winger pushes out and, until the opposing center back handles the ball and continues playing, our winger is again near the opponent’s left-back.
Our left six runs past the opposing right eight and is now “suddenly” oriented on the six of the opposing team.

相手サイドバックにはリスクが無い、線で引かれたようなコースにパスを出して後ろに戻します。
その時に青チームは押し上げます。
FWは自分の担当しているスペースから飛び出してプレスをかけ始めます。
相手のセンターバックがボールを受けた時に離れた場所にいるウイング(*4)は押し上げ、近くにいる相手の左サイドバックに寄せます。
相手の右8番選手に付いていた青チームの左6番選手は、相手の6番選手に向かっていきます。

(*4)ウイング・・3トップのサイドではなく、ここではサイドに張っているMFになります。

In a way, one could say that man-oriented zonal marking, in contrast to position-oriented zonal marking, does not wait for access and pressing, but seeks it.
The difference to man-marking is that the opponent will not be tracked or handed over to another teammate, but left to stand in space, and one can reorient themselves at any time.
Furthermore, one does not focus on the opponent, but the action space and the access distance.

ポジション指向のゾーンディフェンスと比べると人指向のゾーンディフェンスはプレスを掛けに行きやすいと言えます。
マンマーキングと違う所は、相手をおいかけ続けるのではなく味方にマークを受け渡すところです。そうしてスペースにとどまる事によって再び相手を捕まえることができます。
さらに相手に焦点を当てていないので、スペースと味方との距離を保ちやすいです。

Variant 3: Space-oriented zonal marking

スペース指向のゾーンディフェンス

In this third variant, which is used much less frequently than man- and position-oriented zonal marking, the reference point is space.
The team shifts toward the effective playing space “in the moment” and tries to occupy it.

3つ目はスペースに焦点を当てるゾーンディフェンスです。人指向やポジション指向のゾーンディフェンスに比べるとほとんど使われていません。
チームは”現時点で”効果的なスペースに移動して、そのスペースを占領しようと試みます。

On paper, one might think that sounds intelligent.
The space would be overloaded and the opponent’s short pass combinations would be destroyed by a lot of pressure.
In practice, however, this is not the case, if the opponents are even remotely smart.
They can move into the many open spaces, particularly away from the ball, and destroy the opponent’s formation.

紙の上では知的な動きをしているように聞こえるかもしれません。
スペースに負荷を掛けることによって、プレスを掛けて相手のショートパスの連携を崩すことが出来ます。
けれども実際には相手チームが賢くプレーすると上手くはいきません。
特に離れた場所にあるオープンスペースにボールを移動させると、対戦相手の陣形を崩す事ができます。

One example was the match between Valencia and Malaga, where Valencia wanted to restrict Malaga’s fluidity and situational narrowness with a space-oriented zonal marking, which failed completely.

バレンシアマラガの試合を例とします。バレンシアはスペース指向のゾーンディフェンスによってマラガ流動性を押さえ込もうとしましたが、完全に失敗しました。

(図4)
f:id:tomex-beta:20171202222232p:image:w360
Example of space-oriented zonal marking

スペース指向ゾーンディフェンスの例

In a sense, it was the lost twin of man-marking; in terms of idiocy.
The pass goes as usual to the opposing right-back and the entire team is oriented on the new space.

それはある意味、失われたマンマーキングにそっくりでした。愚かというしかありません。
いつも通り右サイドバックにパスが出されると、チーム全体があらたなスペースへ移動します。

They have no access, the pass goes into the middle, and they move there.
What happened?

近づくことができずパスは中盤に戻され、彼らはまたその場所に動きます。
何が起きるのでしょう?

Right, away from the ball the space is wide open.
Every variant of zonal marking (with space squeezing, at least) results in open spaces, but in space-oriented zonal marking they arise throughout as a natural occurrence. They will also be so large that they can be played not only on long dangerous diagonal balls but, from halfway intelligent adversaries, through short passing combinations – as in this case.

右サイド、ボールから離れた場所に大きくスペースが空いています。
どの種のゾーンディフェンスでも(スペースを圧縮するので)結果的には空けてしまうスペースが存在します。
スペース指向のゾーンディフェンスでは、自然発生的にスペースを空けてしまいます。
大きくスペースをあけると、ななめに危険なロングパスを出されるだけでなく、賢い相手ならハーフウェイライン辺りからショートパスの連携で突破される事になるでしょう。

In the game between Valencia and Malaga, Valencia tried this coverage to some extent and failed.
In this article you’ll find a few nice pictures from laola1.tv including a brief explanation.

バレンシアマラガの試合で、バレンシアはこの守り方を試しましたが失敗しました。
この記事(リンク)から簡単な説明がついている画像を見つけられるでしょう。

Option 4: Option-oriented zonal marking

選択肢指向のゾーンディフェンス

With the option-oriented or even ball-oriented zonal marking, the reference point is the ball – how can it harm us, how do we prevent that?
The team moves out of position differently, depending on the position of the ball and the opportunities that arise for the opponents.

その他のゾーンディフェンスとして選択肢指向ゾーンディフェンスがあります。ボール指向のゾーンディフェンスとも言います。
これはボールを焦点に置きます。どんなメリット、デメリットがあるでしょう?
相手によって動かされたボールの位置によって別の場所へと移動します。

This option was practiced by Laudrup’s Swansea and, to some extent, FC Barcelona.
It is important that the players play smart and are well coordinated, otherwise numerous holes will be opened and the formation torn apart.

このオプションラウドルップ監督のスウォンジーバルセロナで実践されています。
重要なのは選手達が賢くバランスよくプレーすることです。そうしなければたくさん穴を空けてしまいフォーメーションは崩れてしまいます。

(図5)
f:id:tomex-beta:20171202222242p:image:w360
Example of option-oriented zonal marking

ボール指向のゾーンディフェンスの例

It’s the same scenario, but with different movements.
The opponent passes to the right-back (“our” left) and our team moves.
However, our right-back thinks, “Well, hey, if they play a sexy diagonal ball, there’ll be trouble” and breaks off from the chain.

同じような考え方ですが、これまでのゾーンディフェンスとは動き方が違います。
相手の右サイドバックに(守備側の左)にパスされると青チームは動きます。
けれども青チームの右サイドバックは考えます。「もしダイアゴナルに良いパスを出されると危険だ」そうして横の味方とのつながりを切って動きます。

Our left winger cuts off the opponent’s right winger in his cover shadow, while the left six prevents a dangerous pass coming to the opposing center-forward through the open space.
The left striker cuts off the opposing right eight with his cover shadow.
His partner, the right striker, therefore moves up in anticipation.

青チームの左サイドの選手は相手右ウイングへのパスコースを切ります。それに続いて6番選手はフリーでいる相手のセンターフォワードへのパスコースを切ります。
青チームの左FWは相手の右8番選手のパスコースを切ります。
相棒である右FWは次のボールの動きを予測して動きます。

Why does he move up?
We can see it in the attack development.
The opposing right-back’s pass is risky, the left striker tries to intercept him, fails and runs wider; now cutting off the opposing right-back in his cover shadow.
The second striker can now press and attack the opponent’s six.

なぜ彼はこのような動きをしたのでしょう?
攻撃の組み立ての時にこの様な場面を目にします。
青チームの左FWインターセプトを狙っているので、相手右サイドバックのパスはリスクがあります。
パスを失敗するか、相手右サイドバックからのパスコースは消されているのでサイドを上がるくらいでしょう。
第2FWはプレスをかけて相手6番選手に迫ることができます。

Our team moves on, the far winger focuses on the flank.
If we win the ball, he thrusts into space.
If it is passed off, he covers the far side from diagonal balls.

青チームが動いている時、青チームのウイング(右サイドの選手)は相手のサイドに注目しています。
もしボールを奪えれば、彼はスペースに走り込むでしょう。
もし相手チームにバスを出されたら、彼はダイアゴナルパスを防ぐためにファーサイドをカバーします。

Zonal marking as an individual

独特なゾーンディフェンス

Under certain circumstances, zonal marking can be operated in mixed or man-marking systems with “space-markers”.
Even if this is not the norm, we will dedicate ourselves briefly to two such options.
Though the possibilities are probably endless.

特定の状況で、ゾーンディフェンスはマンマークと「スペースを守る守備」を混ぜて運用されます。
標準的な方法ではないですが、2つのオプションを紹介したいと思います。
可能性は無限大です。

Option 1: The Libero

オプション1:リベロ

The most famous free man in the history of football is the libero.
He traditionally played behind a defensive line and had no opponent to mark, covering open spaces.
The libero wanted to plug the many holes left open by man-marking.
Behind the tempestuous man-marking line, the libero was solid as a rock; positioning himself behind holes in anticipation of intercepting passes or taking over from a vacating teammate.

サッカーの歴史で最も有名なフリーマンはリベロです。
リベロデフェンスラインの背後に位置し、特定のマークを持たずスペースをカバーします。
リベロマンマークによって出来た穴を塞ぐのが目的です。
激しいマンマーキングの背後でリベロインターセプトを狙ったり、味方が外されて出来た穴を防ぐポジションを取り岩のようにしっかり守ります。

f:id:tomex-beta:20171202222226p:image:w360
Bayern’s formation in the 1975 European Super Cup against Dynamo Kyiv, with Beckenbauer playing as libero behind a man-marking team.

1975年ヨーロッパスーパーカップディナモ・キエフ戦でのバイエルンのフォーメーション。
ベッケンバウアーマンマークのチームの背後をリベロとしてプレーした。

Option 2: Space interpreter and zonal marker

スペース管理者、ゾーンマーカー

Some players act as free agents in front of the defense; sometimes even in zonal-marking systems.
They play a role isolated from the formation or a different zonal-marking than their teammates.
So, a defensive six could be the only one in his midfield playing position-oriented, and thus hold his position while his teammates man-mark or organize their man-oriented zonal marking.

ゾーンディフェンスをとる時に、ディフェンスラインの前でフリーマンとして振る舞う選手がいます。
彼らはフォーメーションからは外れていたり、チームとは違ったゾーンディフェンス方法を取ります。
守備的な6番選手が中盤で一人だけポジション指向でプレーするとします。
彼はチームメイトがマンマーキングや人指向ゾーンディフェンスを取る時でも一人ポジションを保ちます。

On the other hand, a ten could also play as a “hunter” and always orient towards where the opponent is playing.
Then he would repeatedly swing from a number ten role to the half positions and make space there compact.

一方で10番選手が「ハンター」としてプレーする、常に相手がプレーしている場所に向かうようにさせます。
すると彼は10番の役割から中間ポジションを取るようになり、コンパクトさを作ることが出来るでしょう。

Anything else?

他の種類はあるのか?

Actually, very much so.
One can still incorporate a lot more reference points to put a greater emphasis on pressing and especially counter-pressing, and build new zonal marking options.
Time coverage would be possible as well as ball coverage, structure coverage, Dynamik coverage and much more.

実際のところあるのです。
レッシングやカウンタープレスを特に重視した焦点を依然として多く組み込む事ができるのです。
そしてそれは新しいゾーンディフェンスの型になります。
時間、ボール、チーム構造、ダイナミック?などそれ以外にも焦点にできます。

There are also tons of different variations to the previously mentioned zonal marking styles.
These relate to movement, the involvement in the defensive work (see Cristiano Ronaldo’s “gambling”),the exact implementation of the defensive positional play, asymmetric possibilities, the defense’s behavior when switching to the base formation and back, etc., etc.

これまでに説明してきたゾーンディフェンスの型以外に異なるバリエーションはいくつかあります。
次のような動きです。
デフェンスにあえて関わらない(クリスティアーノ・ロナウドの「ギャンブリング」)、
守備時の正確なポジショナルプレーの実行、
非対称システムの可能性、
基本システムから守備時の振舞いをきりかえる、
などなど。

This list above is intended to provide only a general overview of the two large and two smaller uses of zonal marking; outside of these four variants, there are still ways to create new ideas; within these four variants there are also an incredible number of variations.

上記のリストはゾーンディフェンスをつかうにあたり2つの大きな概念と2つのより小さな概念によって導き出されています。
ここまで解説してきた4つのゾーンディフェンス手法(*5)の中にも非常に多くのバリエーションがあり、まだ新しいアイデアを見つける方法はあります。

(*5)・・ポジション指向、人指向、スペース指向、選択肢(ボール)指向の4つ

How does the chain move when a player leaves position to press?
Does one press backwards, or return to their position?
How exactly do you decide who presses backwards and what do the remaining players do in their positions?
Who provides defensive security and when?

ポジションを離れプレスト掛ける時にどうやって連動した動きをするか?
後方に居る選手にまでプレスを掛けに行くのか、それともポジションに戻るのか?
後方に居る選手プレスを掛けに行く、もしくはポジションを維持する事をどのように決断するのか?
いつ誰が守備の保証を行うのか?

The possibilities are endless thanks to the countless combinations and the many complex facets of the game, Which is what makes football so incredibly diverse.

サッカーは非常に多様性をもっているので、試合中には数え切れないコンビネーションとたくさんの複雑の事象が絶え間なく続いていきます。

Even as a standard the use of a zonal marking system is not clearly defined.
Most teams mix it up positionally.
Using situational or flexible man-marking and varying them in the different phases of the defensive game.
Starting from a position-oriented zonal marking against the opponent’s deep buildup in order to remain stable and organized, then, switching to a man-oriented zonal marking when the opponent is higher, in order to get faster access.
During the pressing phase, they are then option-oriented and cover the potential passing lanes or something similar.
As you can see, a defensive standard does not exist.

ゾーンディフェンスは一般的に使われていますがはっきりと定義されていません。
大抵のチームが混ぜ合わせています。
状況に応じて柔軟にマンマーキングをつかうことで守備の局面を変えています。
対戦相手のビルドアップに対して、安定した組織を作るためにポジション指向のゾーンディフェンスからはじめ、
そして相手が高い位置をとりだしたら、より早くプレスを掛けるために人指向のゾーンディフェンスに切り替える、
次にプレスを掛ける局面では、選択肢指向のゾーンディフェンスでパスを通すコースをカバーします。
このように守備方法は一つに決まるものでは無いのです。