Take it easy RSSフィード Twitter

2017-03-17

〜気合でどうにか出来ること、出来ないこと〜 2017 J2リーグ 第3節 アビスパ福岡 VS 京都サンガ

f:id:tomex-beta:20170315222244p:image
福岡の井原監督。京都の布部監督。
二人の共通点は柏時代のネルシーニョ監督のコーチをしていた事です。
また、現在の柏の下平監督、甲府吉田達磨ネルシーニョと関わりのある監督になります。
自身も一線級の監督を続けながら、弟子とも言える人材を育ているネルシーニョ
Jリーグの隠れた功労者とも言える人物なのでは無いでしょうか。

福岡のシステムは4−4−2。京都から移籍した山瀬が居ますね。
スタメンを見ると、中央で起点になるウェリントンと幅広く動き回る松田力
積極的に中に入るシャドーストライカー石津と攻守のバランスを取る山瀬。
動き回りボールによく絡む三門バイタルエリアの番人役のダニルソン
という具合にポジションごとに補完関係が成り立ち、バランスを重視して居ることが伺えます。


京都のシステムは前節と変わらず3−4−3。
これまで得点に絡んでいた
闘莉王とオリスは怪我のため欠場。
スタメンは牟田と小屋松。
二人とも大きな怪我を経験し、悔しい思いをしているだけに京都での復活を期待したい所。
大野はプロ入り初のベンチに入りとなりました。


◆3−4−3と4−4−2
システムは単なる数字あそびと言われてしまうことがありますが、
この試合の様に4バック対3バックと言うようにシステムの違う相手に対してどうやって対応していくのか?
というの試合の大勢を決めるサッカーの大きな要素の一つです。

f:id:tomex-beta:20170317234834p:image
福岡の取った方法は全体を縦横に圧縮して密集を作ってスペースを消してきました。
横も近づけるとサイドが空いてしまう弱点が出てくるのですがここは全体をスライドさせて対抗。
特に2トップの脇にボールを運ばれた時に鋭いプレスをしかけボールを奪い取る狙い所にしていました。

京都としては中央は密集されてボランチを経由したボール回しが使えず、サイドにボールを運んで前進させようとしていました。
けれどもディフェンスラインはそこまでに運ぶパススピードが遅く、相手のプレスが間に合ってしまうためになかなか前に進められませんでした。
f:id:tomex-beta:20170317234835p:image



次に京都がサイドからボールを運ぶために取った手段は、ボランチが下がって4バックに変えてしまうこと。
福岡のプレスを仕掛けてくるのが主にサイドハーフだったので、対象を増やしてしまえばプレスを掛けられないという寸法です。
f:id:tomex-beta:20170317234836p:image

f:id:tomex-beta:20170317234837p:image
ですが、プレスに対する対応としてこの策は個人的にはどうっだったのかなーと思います。
ボールを前進させるために掛けている人数が多くなってしまうため、肝心のゴール前では数的不利になってしまいました。

相手の前からのプレスにここまで苦労する試合が続いていますが、ようやくなんとかプレス回避のアイデアが出てきた所で、
フィニッシュまで見据えたボール運びになるようにもう一歩改善を望みたいですね。

◆反発力のある京都
今節の京都の前からのプレスを志向していたのですが、CBが牟田に変わったことによりDFラインが上がり無理なプレスというのは減っていました。
相手を取り囲む、ボールを奪い取る場面も出ていました。

プレス戦術の功罪がわかりやすく出ていましたね。
ボールを奪おうとボランチの二人が出すぎたために、スペースを与えてしまい失点しました。
逆にボランチ吉野がダニルソンにプレスを仕掛け高い位置でボールを奪うことにより得点も生まれました。

1点取り返したことにより京都は勢いに乗ります。
京都の交代で入ってくる選手が前への推進力を作り、大野がヘディングで決定的な場面をつくる所まで福岡ゴールに迫っていました。
福岡は運動量が落ちたことにより布陣が間延びして効果的な守備ができなくなっていました。
お互いにカウンターの打ち合いのような展開になりますが、最後は3バックに変更した福岡がなんとか逃げ切り勝ちを収めます。



◆ひとりごと
福岡のプレス&カウンターはよく組織されて十分な威力を持っていた。
福岡京都に負けず劣らず個性的なメンバーだけれど、
ウェリントンまでもが積極的に守備をさせている井原監督の統率力はなかなかのものだ。
ただプレス&カウンターは運動量をかなり要求される弱点がある。後半にはもうガス欠をしててプレスを掛けられなくなってた。
年齢高めの選手もいるのでシーズン通してやりきれるのかは懐疑的。夏はきつそう。秋からはめっちゃ強そう。

京都は負けはしたけれど、1,2節に比べると試合内容は良くなっていた。
途中交代で入ってくる選手が劣勢を跳ね返そうと前へでる気持ちを持っているのは頼もしい限り。
じゃぁ前半からやれよ!と言いたくなるのはぐっと抑える。
布部監督がやりたい守備というのはやはり前からボールを奪いに行くやり方なんだろう。
どっちかいうと2節の撤退守備というのがイレギュラーぽい。
そうなるとラインを下げがちな闘莉王を使うのは難しい。
大黒、エスクデロもあっさり交代させているので、意外とばっさりいっちゃうかも。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tomex-beta/20170317/1489762235