TomSawyerのXanadu的生活


2009-08-25 全国各地の醤油メーカー

フンドーキン 商標

全国各地の醤油メーカー

| 16:22 | 全国各地の醤油メーカーを含むブックマーク 全国各地の醤油メーカーのブックマークコメント

 またもや醤油の話です。Wikiで日本の醤油メーカーという項目から。5大メーカー以外の中堅メーカーを北は北海道から南は鹿児島まで。

  • 北海道醤油(トモエ醤油)(北海道札幌市)
  • 津軽味噌醤油(マルシチ)(青森県南津軽郡大鰐町)
  • ワダカン(青森県十和田市)
  • 東北醤油(キッコーヒメ)(秋田県大仙市)
  • 日南工業(キッコーナン)(秋田県にかほ市)
  • 仙台味噌醤油(ジョウセン)(宮城県仙台市)
  • 佐藤麹味噌醤油店(ヤマシゲ)(宮城県仙台市)
  • マルセン醤油(味の大名醤油)(山形県天童市)
  • 玉鈴醤油(福島県伊達市)
  • 柴沼醤油(キッコーショウ)(茨城県土浦市)
  • 高橋弥次右衛門商店(マルシチ)(栃木県日光市)
  • 正田醤油(キッコーショウ)(群馬県館林市)
  • 笛木醤油(埼玉県比企郡川島町)金笛醤油
  • ヤマキ醸造(埼玉県児玉郡神川町)
  • 弓削多醤油(埼玉県坂戸市)
  • キノエネ醤油(千葉県野田市)

f:id:tominxanadu:20090829181758j:image:left












  • ちば醤油(千葉県香取市)-下総醤油
  • 近藤醸造(東京都あきる野市)
  • テンヨ武田(山梨県甲府市)
  • 西尾醤油店(キッコーマサ)(富山県下新川郡入善町)
  • マルヰ醤油(長野県中野市)
  • 静岡醤油(静岡県静岡市)
  • 鈴勝(静岡県焼津市)
  • サンビシ(愛知県豊橋市)
  • イチビキ(愛知県名古屋市熱田区)
  • 盛田(愛知県名古屋市中区)
  • 日東醸造(愛知県碧南市)
  • 七福醸造(愛知県碧南市)
  • ユタカフーズ(愛知県知多郡武豊町)
  • サンジルシ醸造 (三重県桑名市)
  • ヤマモリ (三重県桑名市)
  • 伊勢醤油本舗(三重県松阪市)
  • ミヱマン(合資会社西村商店)(三重県度会郡玉城町)
  • 伊賀越(三重県伊賀市)

f:id:tominxanadu:20090825161924j:image:left















  • 恒岡醤油醸造商店(奈良県橿原市今井町)
  • 小原久吉商店(和歌山県有田郡湯浅町)
  • 湯浅醤油(和歌山県有田郡湯浅町)
  • 堀川屋野村(和歌山県御坊市)
  • ブンセン(兵庫県たつの市)
  • ヤマイ醤油(兵庫県たつの市)
  • 日本丸天醤油(兵庫県たつの市)
  • とら醤油(岡山県倉敷市)
  • アサムラサキ(岡山県笠岡市。本社は広島県福山市)
  • 加賀屋醤油(徳島県名西郡石井町)イチミツボシ
  • 丸島醤油(香川県小豆郡小豆島町)
  • 鎌田醤油(香川県坂出市)
  • 紫埜(ムラサキノ)(福岡県飯塚市)
  • ナカマル醤油(福岡県宗像市)
  • マルヨシ醤油(福岡県宗像市)
  • ニビシ醤油(福岡県古賀市)
  • くばらコーポレーション(福岡県糟屋郡久山町)久原醤油
  • マルヱ醤油(福岡県みやま市)
  • 竹茂本店(大分県日田市)
  • フンドーキン醤油(大分県臼杵市)
  • 富士甚醤油(大分県臼杵市)
  • 宮島醤油(佐賀県唐津市)
  • チョーコー醤油(長崎県長崎市)
  • フンドーダイ(熊本県熊本市)
  • ホシサン(熊本県熊本市)
  • 濱田醤油(熊本県熊本市)
  • ヤマエ醤油(宮崎県都城市)
  • 藤安醸造(鹿児島県鹿児島市)
  • カネヨ(鹿児島県鹿児島市)
  • 吉永醸造(鹿児島県鹿児島市)
  • キンコー醤油(鹿児島県鹿児島市)

 これらは全くそのままCopy&Pasteしたものですが、今『はてな』ではエクセルのデータを貼れるようになっている(有料オプション)ので、折角だから貼ってみましょう。基本的に同じ順ですが、商標を自分なりの表現で追加、ホームページのアドレスも追加してみました。

醤油中堅メーカー.xls 直

f:id:tominxanadu:20090825161851j:image:left

 さてデータの中で商標を追加したのは、『キッコー』がつくメーカーはどのくらいあるかという傾向を掴むためです。やはりここでもキッコーは強いですね、ワダカン(キッコーに寛)、東北醤油(キッコーに姫)、日南工業(キッコーに南)、近藤醸造(キッコーに五)など等、13銘柄ありました。詳しくはエクセルのファイルをご覧下さい。

 また、この中に柴沼醤油という茨城の土浦の醤油がありますが、土浦のお城、土浦城は別名『亀城』と呼ばれたそうですが、その形から亀城とよばれたそうで、それにあやかったのが、土浦の醤油だということです(柴沼醤油のHPから)。かつての領主、土屋氏は醤油の醸造を保護奨励し、当時は19軒もの醸造場が城下にあったそうですが、現在はこちらの一軒だけだそうです。

 もちろん、これ以外にも全国各地で醤油の蔵・メーカーがあることは旅をしていて確認済みですが、中堅メーカーという括りで出荷量ベースでの区分だと思います。

 この中で使ったことがある、もしくはスーパーで見掛けたことがあるというと、20ほどです。一本使い始めても一ヶ月以上はもってしまうので、『開封してから一ヶ月以内に使い切った方が、風味もよく理想的』と言われているので無闇に買い込んでも仕方がありませんね。

akikoakiko 2009/08/25 16:40 おもしろい!
千葉には実家もありますしお醤油工場見学も行きましたけど歴史を見ると楽しいですね。全国の甘いお醤油と関東の辛い濃い口のこともマークのことも興味深いことがいろいろ。 ちゃっかり研究成果をいただいてよそで自慢気にしゃべってみようと思います♪

tominxanadutominxanadu 2009/08/25 22:07 >akikoさん
興味を持って頂けたようで良かったです。
甘い醤油、結構あちこちにあるので
関東でも有名なメーカーの『輸出仕様』みたいな感じで
関東以外に出荷している醤油というのも面白いです。
いっそのことお客様相談室に問い合わせてみるのも
一興かと。
それにしても減ってきているとはいえ
醤油メーカーの多いこと!
記事に揚げたのは氷山の一角ですからね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tominxanadu/20090825