TomSawyerのXanadu的生活


2011-05-27 シャプトン購入

国内仕様です

シャプトン購入

| 18:00 | シャプトン購入を含むブックマーク シャプトン購入のブックマークコメント

 興味のない方にとってはナンノコッチャよく判らない世界でございます。料理を作っていると、包丁は切れて当たり前。切れないと途端に作業効率も悪くなるし、思うに任せないイライラが募り、それが味に出てしまうこともあったり。逆に包丁が研ぎ立てで気持ちよく切れると気持ちも乗って、料理を作るのが楽しくなります。普段使いの包丁はメンテも含めてステンレスを使用していますが、歯の切れ味は鋼(はがね)に敵いません。でも鋼はうっかりするとすぐに錆びついてしまうので、気合を入れたときにしか使いませんけれどもね。

 ステンレスは切れ味こそやや劣るものの、刃のもちがいいのが利点。ワタクシの使い方だと一週間から10日ぐらいで切れ味が落ちてくるぐらいに感じます。もちろんその前に研いでおけばいつでも気持よく切れ味を楽しめるのですが。

 ところでワタクシが使っている砥石はお祖父さんから譲り受けた天然の中砥らしきものがひとつ、合成であるキングの1000番がひとつというところです。

 本当は仕上げに使える3000番というのも過去に持っていたこともあるのですが、何故だか行方不明になってしまい、それ以来先述の二つを使っていました。お祖父さんの天然の方は、あらかじめ水に漬けておくことなく、さっと水を掛けてすぐに研ぎ出すことが出来て重宝するのですが、かなり長いこと使っているので少々変形してきています。それを直すこともできるのですが、それをやると結局は砥石自体が小さくなってしまうし、お祖父さんの形見のような気がしているのでそういったことは避けたいのです。

 もう一方の合成のキングのものは、水を掛けたぐらいではスポンジのように細かい孔が無数に空いているので、水を吸収してしまいます。そのために使う前に30分以上水に漬けておかないと使いにくいのです。実際に計画的に刃を研ぐのでもなければ、料理の最中に刃の切れ味が悪くて、やおら研ぐという状況下では全く使い物になりません。

f:id:tominxanadu:20110527175018j:image

 ということで、以前に合羽橋を訪れた際に包丁専門店を何気なく見ていると、店員さんが話し掛けてきて砥石の話になりました。店員さんとしては合成を勧めるということですが、お店の社長さんは天然モノにこだわりがあるそうで、辺りを見回しながらの接客でしたので、具体的な店名は控えたいと思います。彼曰く、天然物は確かに良いのだが、同じ石の中にもムラがあったり、異物混入があったりで刃物を傷めることもあるとか。それに第一稀少性ということもあり値段が非常に高い。それだったならば品質が安定している合成の砥石を使う方が素人にとっても、毎日刃物を使う機会の多いプロでも、お勧めできるというのが論旨でした。そこで具体的には、と振るとお薦めされたのがシャプトンという聞きなれない砥石。

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 #1000

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 #1000

 これならば水に浸しておくこともなく、少し水を掛けてから研ぎ出すことも可能(少し置いた方が尚良し)だし、値段的にも手頃だということです。

f:id:tominxanadu:20110527175017j:image

 まぁその時は、慌てて買って後でネット通販を見て後悔するということもあるだろうからと、何となく購入に踏み切らなかったのですが、その後も色々調べてみるとそう安くはならないということが判りました。

 それから頭の隅に何とはなしにこびりついては居たのですが、先日そう言えば、とオークションを見て見ると結構出ております。番手も上に行くに従って急に跳ね上がりますが、ワタクシの狙い目は1500番から上の辺りです。1000番を持っているのでその上となると1500番ですけれどそれではあまり代わり映えしないし、3000番というのも使ったことがあるけれど、そこまでは要らない感じ。ということで2000番をチョイス。

シャプトン 刃の黒幕 グリーン 中砥 #2000

シャプトン 刃の黒幕 グリーン 中砥 #2000

 実際の落札価格は即決価格で¥2,310+送料630+銀行振込手数料210の計¥3,150。アマゾンだとこんな感じ。クリックすると実際の価格が出ます。本日2011年5月27現在だと¥4,000ですから、ややお安く買えたということですね。

f:id:tominxanadu:20110527175015j:image

 早速使ってみました。樹脂製のケースに入れたまま水を少し掛けて、ステンレスの包丁を二本研いで見ましたが、キングのものと同じ感触でもう少し細やかなザラツキ感。元々それほど悪くはない仕上がりでしたから、ほんの少しタッチアップ的な研ぎ方でしたが、それでも充分に切れ味はup!。たまたまですが指を誤って近づけてしまい触れたら、サックリ切れました。深手ではなくて良かったですが。

《写真追加》

f:id:tominxanadu:20110527205857j:image

 血は止まっています。

りんりんりんりん 2011/05/27 20:35 こんばんは〜。

指は大丈夫ですか?

私はいつも実家の父に研いでもらいます。父の石もかなりの年代物です。
私の場合、切れすぎが嫌なのでほどほどの仕上がりでお願いしています(笑)
2006年の携帯 笑っちゃいました(笑)私は二年でだいたい壊れますよ(笑)スパルタな持ち主だから(笑)

ItopItop 2011/05/27 20:48 家の砥石もキングの#1000ですね〜(^_^)v
大昔には荒砥、中砥、仕上げ砥、ともっていましたが
今は中砥(#1000)だけで充分かな〜って感じです。

一度セラミック砥石のスティックタイプを
買った事があるんですがまともに研げませんでした。

家に有るまともな包丁はねこママさんの安物の鋼牛刀と
私のステンレスのスライサーぐらいっす。
今は鋼の牛刀(21〜24センチ)とペティナイフと手ごろなサイズの出刃が欲しいっす。

そのシャプトンの砥石も大いに気になりますね〜(^^♪

後は包丁用ではありませんが丸い断面の小型のオイルストーンが欲しいっす(爆

p.s.
引越しを前にして・・・アマゾンでガス代(LPG)やら有線ルーターやら買いました(爆
鳥取着にするといろいろと危険(マジ なのでコチラに届くようにしました。^_^;

tominxanadutominxanadu 2011/05/27 21:03 >りんりんさん

写真追加しておきました(^^;)
右の薬指なので上手く撮れませんでしたが。
心配していただきありがとうございます。

切れすぎる、切れないはやはり個人差がありますからね。
慣れていないで切れ過ぎると怖いかも知れませんね。
ワタクシの携帯も年代物です。
ご実家のお父様と合うかも〜♪なんて。

tominxanadutominxanadu 2011/05/27 21:18 >Itopさん

キングの#1000は定番なんですかね〜♪
ガシガシ削れるような感じで包丁を研いでいます。
荒砥から揃えるというのが基本かもしれませんが
1000番ぐらいと仕上げで充分な気がしますね。
普段は荒砥も要らないでしょう。

肉屋さんなど、脂で切れ味が落ちる職種以外
スティックは
必要ないかも、ということですね。
Itopさんクラスになると筆を選ばず、といったところではないでしょうか?^^
ワタクシも大したものを持っていませんが
よそ様の家のを使って、比較したら結構まともでした。
ちなみに出刃はアンダー¥2,000ですが、
使いやすい小出刃を持っています。
お祖父さんの使っていた小出刃は
刃の形も変形して小さくなっていますが
プロでやっていただけあって(大阪でうどん屋さん)
凄まじい切れ味で使うのがもったいないです。

アマゾン、使えますね〜♪
意外なものも調べてみると普通のお店より安かったり♪

ItopItop 2011/05/28 07:04 先ほどキングの砥石を調べてみたら・・・#1200でした(爆
しっつれー致しましたン^_^;

tominxanadutominxanadu 2011/05/28 10:25 >Itopさん

あらァ、ご丁寧にわざわざ、すみません。
#1200というのも珍しいですね♪

kaneko_Jkaneko_J 2011/08/11 11:33 忍者メールフォームで投稿したネコです。此処でコメントできることを知りませんでした。
それはさておき、砥石のことを書いておられるので、包丁に関する記述があるかと探してみましたが、ほとんどないに等しいのですね。刃物あっての砥石なので、ちょっと気になりました。
ところで忍者メールフォームにご返信いただいた中に、「ちょっと高いと思いましたが」とありましたが、実際の所、どうでしょうか?ご使用になっているのでご存じと思いますが、かなり固い砥石です。私の場合#1000が一番古くから使っています。数年の使用で減ったのが1ミリ程度です。この調子だと使い終わることはなさそうです。ともかく、減り具合を考慮して価格を考えれば、それほど高いものではないでしょう。絶対的価格が問題であれば、研磨層の厚さが5ミリのM5シリーズもあります。
http://www.amazon.co.jp/SK11-%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC11-1000-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E7%A0%A5%E7%9F%B3-M5/dp/B001TPH922/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1313029558&sr=8-1

tominxanadutominxanadu 2011/08/11 17:05 >kaneko_Jさん

そう言われてみると、包丁については記事にも
写真にも撮ったことがないですね。元々調理中に
包丁を構えて写真を撮るにはかなり難儀しますからね。

包丁が好きというよりも料理が好きなものですから、料理に記事が偏っているのでしょう。

値段の件ですが、実際の店頭価格、ウェブ上での価格にかなりのバラつきがあり、
狙っていたM15だとちょっとなぁという価格でした。実際の購入品はM5でしたけれど、
研磨面の層の厚さが5mmでは心許なく思っておりました。
でも仰るようにかなり使い込んで1mmしか減らないのであれば、
逆に安いのかも知れませんね。

kaneko_Jkaneko_J 2011/08/12 10:01 古い話を蒸し返すようで恐縮ですがM5だとアマゾンで送料込みが¥ 2,390だと思うのですが。
http://www.amazon.co.jp/SK11-%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC11-2000-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E7%A0%A5%E7%9F%B3-M5/dp/B001TPC9FY/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1313110214&sr=8-3

tominxanadutominxanadu 2011/08/12 13:38 >kaneko_Jさん

本文中にも述べている通り、少なくとも
ワタクシが購入を決めた時点では、かなり値が張りました。
どういう訳だかアマゾンは同じものでも
その時々によって値段に変化があるようなのです。ですから現在この値段で買えたからと言って、
今後もこのままということもないようです。
DVD-RやCD-Rでも同じ事を何度も経験しております。
難しくもあり、安く買えた時は嬉しいものですね。

ひでひで 2012/01/04 22:20 僕もシャプトン持ってます。刃の黒幕#1000・#2000・#8000です。グローバルの文化包丁と銀三鋼の出刃六寸は、クロムが入っているので鏡面にすると滑る切れ味になるので、#1000と#2000で仕上げています。青二鋼一尺柳刃は#8000まで使って仕上げてます。一度シャプトンを使うと、キングには戻れませんね。研磨力が違いすぎます。

tominxanadutominxanadu 2012/01/05 07:54 >ひでさん

色々とシャプトン、そして包丁をお持ちなんですね♪
それぞれの特徴に応じて、使い分けが必要なのですねφ(..)
次は5000番ぐらいを買おうかと目論んでいますが・・・。
本当に使いやすいのは魅力ですよね♪

コメントありがとうございました♪