ブログ執筆中 このページをアンテナに追加

2009-04-21

[]輪講4/21 -2

Extracting Named Entities and Relating Them over Time Based on Wikipedia

Abhijit Bhole,Blaž Fortuna, Marko Grobelnik and Dunja Mladenić

Infomatica 31 2007 pp.463-468

固有表現(Name Entity;NE)同士の共起を測り、あるNEと関わりのあるNEをタイムラインで表示するというお話。例では人名と人名を扱ってました。

特に面白いことはなかったかなぁ。共起は何を使ったんだろうくらいかな。数値を見る限りではシンプソン係数ではなかったみたいだけど。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tomity/20090421/1240305637