Hatena::ブログ(Diary)

とみぃ色の散歩道

2014-02-10

人生がときめく片づけの魔法2 読みましたぁ!

| 00:18

人生がときめく片づけの魔法2

人生がときめく片づけの魔法2

どうもー年末年始にこんまり片付けを実行しましたが途中で挫折してしまい、もう一度やる気を出そう!ということで…

人生がときめく片づけの魔法 を読みました!


いやぁかなりよかったですね!1を読んで実行ながら浮かんでくる疑問点がポンポン解消されていく感じで。みなさん似たような事疑問に思われてんだなぁと感じました。

1が「捨てる」方法について述べているなら2は主に「収納」について。いかにときめく収納をしていくか、1と同様独特のこんまりワールドが展開されてます。


実はですね…

物を捨てすぎて実はかなり後悔してたんです。

「あのセーターはとっとくべきだった」「あの漫画はまだ売るべきじゃなかった」などなど…。そんな感じで後悔してしまってノイローゼ気味になり、中途半端な感じでほったらかしてました。

でもね、こんまりさんのいう「ときめき」っていうものがこの2を読んでまだ私は判断がついてなかったんだな、と確認できたんです。ときめくものが全て見た目がキレイでかわいい、美しいものだけでなく、地味だけど安心する、役に立ってくれているっていうのも入る、と!!本当だよねーなんでもかんでも捨てるもんじゃないよねー。



今はまた少し片付けも進んで、自分のときめきってのが少し判ってきた気がしました。自分のときめき分かってるほうが買い物もぐんと楽しいし、楽であることが判明。この感覚は自分が「感情に素直になる」ことにも繋がってくると思うので今後も磨き続けたい。


各収納法に関してはこんまりの「いかにときめくか」の徹底ぶりがすごい。こんまりさんにとっては「ときめき」が全てなんですね。

ここはときめく収納のヒントがたくさん載ってるので読んでるうちに「この方法いい」「これ試してみたい」と収納の工夫ががぜんやる気になると思います。


実は一番良かったのは、てか最もほっこりしたのは一番最後の「ときめくモノは大切な思い出を吸ってくれる」のこんまりさんの家族のお花見エピソードです。

この話は本当に心が暖かくなりました。どんなに新品でも大切な思い出を吸ったモノにはかなわないですよね。そうゆうモノは心を満たしてくれるというか、暖かさを感じるというか、感謝の思いが沸いてくるというか。モノに魂が宿るというのはこうゆうことを言うのでしょうか。

私自身そうゆうモノは少ないけれど少しづつ、増やしていければいいな、と思います。


ひとまず残りの片付け頑張ります!