My long and wilding road このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014/09/02(Tuesday) 4年ぶりのご無沙汰です。

お久しぶりです、智犬です。

生存報告がてら報告があり、久しぶりにログインいたしました。

…残ってるもんですねえ、はてなウェブ拍手も…(苦笑)


さて、早速ですが。

やや今更ながらのご報告

すでにご存知の方も多いと思いますが、以前水無月藍さんのサイトで代理公開していただいていた拙作ゴースト群を、ぽな所長率いる整備班様にお預かりいただくことになりました。

さすがに最後の更新から数年経っており、内容的にも古さが目立つようになってしまいましたが、またご機会やご縁があればお使いいただければ幸いです。

(こっそりと、凛然の不具合をちょっと修正してたりします)

また、こちらは以前当サイトで公開しておりました、白いの氏のフリーシェル「ぱんつぁーどらぐーん。」についても、整備班預かりで公開頂いております。

せっかくの素敵なシェル、埋もれさせるにはあまりにも勿体無いですし、お心の琴線に触れるものがあればご利用いただければと思います。


こうして伺か関連の出来事が続いたせいか、ちょっとだけ興味が戻っております。

さすがに開発に関わるつもりはもうないんですが…SVGファイルどっかにないかなあ(えー)

暇でもないのになにか書いていた

ここしばらく久しぶりに伺かを触ってたせいか、色々と思い出したりしたことがありました。

そんなわけで、メモ代わりとボツネタやボツゴーストの供養代わりに回顧録みたいなものを。

…本当はTwitterでやろうかとも思ったのですが、量が増えすぎて自重することにしました。

ふと思い立って、伺かゴーストマスターだった頃を思い出してつらつらつぶやいてみることにする。

もう更新終了から4年とか経ってるし、記憶が曖昧だったり間違ってたりするのは間違いないと思うが、気にしない方向で。



凛然。

最初に作ったゴースト。配布開始は2005年4月。…恐ろしいことに、そろそろ10年が見えてきた。マジでこええよ。

作り始めたきっかけってなんだったんだろう。伺か使ってるうちにゴースト制作に興味を持つようになったのは間違いないんだけど。当時からフリーシェル配布とか各種shioriとか色々あったし、ゴースト開発の土台みたいなものはあった。

使ったフリーシェル吉野桜さんの「スケッチブックを持った少女と白いナマモノ」。チョイスした理由は氏のイラストの巨乳っぷりに惹かれたからと、氏のサイトのトップにあった「金髪巨乳お姉様属性」に全力で頷いたから。…フリーシェル貧乳だったけど。

レトロゲームの話題に特化したゴースト。初めて作るゴーストなので、自分が更新しやすい話題をしゃべるのがいいな、ということで、自分の趣味を全力でぶちこんだ。結果、確かに他のゴーストより更新はしやすかったと思ってる。

伺かにかぎらず、何か新しい事なりゲームなりやるときは、まず使いやすいものを選ぶことにしてる。慣れることがまず大事だから。だけど結局、それを使い込んじゃうので特殊なことがやりにくくなってしまうところも。

ゴースト公開からすぐに使ったフリーシェルが大幅リニューアルして、それを導入した直後に人気が上がったような覚えがある。ゴーストってシェルの力が本当に大きいんだよな。

シェル作者の吉野桜さんにはこの時点ですでにお世話になりまくり。然の変身とかシェル投げてくれたからやったようなもの。

シェル側に限らず、ゴーストの動作についても色々な人に助けられてた。クイズ機能なんかは作ってくれた人がいたから実装できたようなものでありがたい限り。

後はゴースト作ってて、やっぱりSSTP Bottleの影響が大きかったなと思う。ボトラーの皆様のおかげでゴーストマスターやってられました。


大後悔時代。

何か全力で後悔したことがあって、それをそのままゴースト化した勢いの権化。着想からリリースまで実に5時間だったらしい。

ノリと勢いで作った手抜きゴーストのくせに、うちの一番人気であった。まさか追加シェルまで作られるとは思いもしなかった。

いろんな人のいろんなネタを投入させていただいたゴーストだった。一番更新ペースが良かったかもしれない。

「凹む話は笑い話に転化して人に話せ、そうじゃなきゃ他人に話すな」という個人的信条が、端的に現れたゴーストである。


麗&グラディウス

おそらくうちで最も不遇だったゴースト

シェルはやぎむつきさんの黛を使った。巨乳に惹かれて(えー)。シェルの色だけ改変したんだったか。アンチエイリアスがされてない仕様だったので、ドット絵の要領で改変した覚えがある。

方向性を全力で迷走して、公開当時は時事ネタゴーストのつもりだったが、更新ペースが確保できない(サボリ癖)ため行き詰まった。その後設定やトークを見なおして、何故か魔法少女方面にシフト。結局あまり更新してやれなかった。

うにゅう側が携帯電話型だったので、当時の携帯電話各社のブランド名を全部混ぜて苗字にする暴挙。今見ると時代を感じる。

篁って苗字は元聖飢魔IIルーク篁から。麗は凛然や和惠がそれぞれ名前一文字だったから、それに合わせた覚えがないではない。

グラディウスは当時ブログにも書いた覚えがあるが、名前が思いつかなかったので適当なでっちあげ。


和惠。

構想自体はかなり早い段階から出てきていた。凛然のトークを書いてるうちに、世界観が広がった結果出てきたゴースト。というか凛然公開前の段階ですでに姉二人の設定は存在した。それを突き詰めるうちにゴースト化の企画ができたというべきか。

当初は緋龍華 麒麟氏の「フリーシェル」を使う予定だったが、話しているうちに吉野桜さんに描いていただけることになり、改めてデザインを設定しつつ依頼。出来上がりを見つつ、色々と注文をつけてた。

凛然のトークの段階で巨乳爆乳は確定してたので、それを前面に押し出すゴーストに。犬飼ってるとかの設定は和惠のゴーストのトークを書いてるうちに出てきた設定。

ゴーストとして開発を始めてからリリースまで年単位で経ってて、うちのゴーストでは最長だったのではないかと思う。シェルの完成を待ってたのが主な理由だけど、今にして思えばよくモチベーション続いたなあ。

使ったことある人は(つーかシェル見た人でも)知ってると思うが、明確にエロ方面に走りつつギリギリ(?)年齢制限のかからないところにおちつけている。R18ゴーストにするか迷ってたんだけど、結局踏み切る度胸がなかった。

とにかく自分の語彙や言葉の引き出しが少ないことを痛感したゴーストだったと思う。特にさわり反応とか充実させないといけないゴーストで、それを出来なかったのは致命的だったと思う。


BORG。

フリーシェルの「ばーむくーへん」を直感的に気に入って、そのままゴーストを作り始めた。…そしたらぜろでばいどさん(今なんてハンドルだったか失念)とシェルが被った事が発覚、さらに青葉のぞみさんに唆されて、二人でゴーストを同時公開するというネタをやるはめになった。

向こうは普通のゴーストだったんだけど、こちらは被り発覚前から貧乳っぷりを逆手に取った女装系男子ゴーストとして開発していた。さらにぜろでばいどさんと盛り上がった結果、向こうの「そめいまりか」と世界観を共有することになった。

とすると当然更に同じ世界観の「そめいよしの」とも共有することになるわけで、結局その2ゴーストありきのゴーストになってしまった。

沙智緒はBORGのネタが発展する中で出てきたキャラ。白いの氏に無理言って追加で描いてもらった。

自分のサイトが消滅した時、うちで配布してた中でBORGだけは再配布をお願いしなかった。世界観が完全に他の人の(更新中の)ゴーストに乗っかってしまうので、それが発展していくには邪魔になるように思ったからだったと思う。

あとこっちが音信不通の状態になってたので、そういうネタ合わせも出来なかったし。…確かそういう理由だったはず。

うちのゴーストの中では、当時最も詳細に設定を作っていた。ぜろでばいどさんとのネタ合わせをしていくうちに、設定が細かくなっていったと思う。


Caroline Sinclair-Rollinson。

ゴスロリお嬢とメイドさんの鉄板コンビゴーストゴースト名はお嬢様のフルネームそのまんま。

当時ボトルとか虹裏とかで素直クールがやたら流行ってて、それでゴーストが出来ないか試していたら、素直クールというか刃物フェチお嬢様が誕生していた。単純に素直クールネタだけではとてもトークが足りず、ひとネタ足した結果なのだが。

使用フリーシェルはこれまた吉野桜さんの「GOTH」…と、歌麿さんの「エメラルドスプラッシュ」(左右反転)の合わせ技。予想外に綺麗にはまってたように思う。

…んだけど、後に桜さんが「GOTHIC」にバージョンアップ、ソロシェルだったのが何故かメイドさんつきになった(というか、どうも描き直しついでにこのゴーストに合わせて相方用意したらしい。びっくりである)ので、差し替え。

キャロラインの名前はイギリス系。確か当時、DSの「ロンドニアンゴシックス」で遊んでたような記憶もあるので、その影響があったかもしれない。

ネリーの名前は苗字は後付、名前の元ネタはPSの「ルナ・ウィング」ってゲームだった気がする。確か飛行船動かすためのAIみたいなキャラがメイド服でネリーって名前だったので、そこから取ったような。

結局当初の素直クールはどこへやらだった。


FRESH WIND。

友人、というかぶっちゃけ兄弟こと水無月藍氏だが、彼とは割とよく猥談めいた雑談になっていた(最近でもたまにある)。

そういうところで出てきたネタがあまりに面白いので、それをそのままゴーストのトークにしたらどうだろうという話になって、それで出来たゴーストが彼らだった。

んで下ネタばっかりなのもいくらなんでもあれだからとキャラクター設定をまじめに考えて、結果「外面の良いイケメンが家に帰ると変態と化す」という方向性に。相方はそれに振り回される妹で、ユーザは彼らの友人という設定になった。

リリースしたところ、妙な人気を博した気がする。んだが、爽太の性癖やトークを面白がってくれるのはいいとして、何故か女性受けが良くて完全に想定外で驚いた。聞いてみると、ギャップ萌えなんだとか。へええええ。

使ったシェルは、寿明飛鳥さんのフリーシェル「あー。改」と、緋龍華麒麟さんの「キャラクターなんとか機」からの改変。キャラクターなんとか機の画像を反転して縮小して、うにゅう側に配置した。


今日の竜崎麗美

当時参加してたチャットルームで、一定のお題にそってゴーストを作るという企画があり、「ギャルゲーヒロイン自動生成」(http://www5e.biglobe.ne.jp/~mybook/auto3.html)で生成されたキャラをそのままゴースト化する、というお題で作ったゴースト

生成結果の画像が手元に残ってないので、どういうキャラだったかは忘れてしまったのだが、極力結果に忠実だったはず。

ソロゴーストを作ったのは初めてだったが、普通にユーザとトークするゴーストでもおもしろみがないなと、妙に凝ったことをしようとした結果、ユーザという神の視点から見える範囲で自分の生活を行うだけという、変なゴーストになった。

シェルは自動生成ツールに合わせてキャラクターなんとか機による。ツールの都合か、同じ色合いにならなくてそこだけは妥協した。




ここまでリリースしたゴースト、8ゴースト。多いな。

ついでだから、ネタの供養を兼ねて、当時作りかけてたゴースト達についても触れることにする。

構想だけじゃなくて、当時すでに作りかけてはいたんだが、PCクラッシュで製作中のデータも開発環境もお亡くなりになったので、陽の目を見ることはなくなっただろうと思うので。



そのいち。

ガチャフォース二次創作ゴースト

ガチャフォースの世界観って、主人公たちと同じ境遇の、つまりGFコマンダーとなった少年少女とそのパートナーボーグが別にいたとしても何もおかしくない状態だったので、じゃあそういうキャラを作ろうという流れ。

さくら側(GFコマンダー)を男女から、うにゅう側(パートナーボーグ)を4キャラからそれぞれ初回起動で選択するという暴挙に。

とは言えそれぞれ語尾やシェル指定をいじる程度だろうから、それほど処理は難しくなかったと思うけども。

キャラクターの外見や名前なども、ゲームに文法を合わせた。男子はフクロウ、女子はカタツムリがモチーフだったと思う。

珍しくというべきか、フリーシェルを使わない予定だった。というか、さくら側は白いの氏に描いてもらってたし、うにゅう側は自分でドット打ってなんとかしようとしていた。


そのに。

ソロゴースト企画で、「Pedantic Lady」とかいうゴースト名になる予定だった。

頭の回転が早すぎて会話がついていかないお姉さんという設定で、つまり一度何かについて話を始めると、その途中に出てきた単語に自分で反応して、その単語について話を始めてしまって、短い間に幾つもの話題が飛んでいくというわけのわからないトークをするゴーストだった。

わかりやすく言うと、Wikipediaで調べ物をしてたら途中にあるリンクが気になってそこから別の単語に飛んで、さらにそこから次の単語へと飛んで行く感じ。専門用語で遭難といいます。うん、説明しても理解してもらえる気がしない。

シェルとしては、いとうべん太さんの「Cremisispada」を利用する予定だった。名前は智慧理。

2010/09/04(Saturday) 雑記というか。

ちょっと昨日の記事の補足…っていうと違う気もしますが。

ちょっととりとめもない内容になる気がしますが、まあ酒飲んでるのが悪いので(えー)。

今回の委託についてあれこれ。

元々、私と水無月藍氏(本来こういう呼び方も全くしないんだけど)は、メッセとかでやりとりすることがすごく多いです。

ゲーム関係の話題でかなり趣味が近かったりして同じゲームを遊ぶとかありますし、そうでなくても雑談とか猥談とか(えー)。

ゴーストの更新作業や新規開発作業なんかも頻繁に報告しあったり相談しあったりする事もあって、その結果新しいゴーストが…なんてこともあります。

その典型例がFRESH WINDだったりするのですが(笑)。爽太の野郎は私と水無月氏の雑談の権化のようなゴーストです。

他にも雑談からアイディアを得てトークが追加されたり…なんてのも、よくある話でした。

だから、恐らく私のゴーストについて、私の頭の中だけにある情報以外で一番よく理解してくれているのが彼であるし、何かあればすぐ連絡の取れる位置にお互いがいるような状況でもある訳で、本当に彼の申し出は渡りに船だったというか、彼以上の適任者は少なくとも私には思いつけないというか。

実際今夜付けで麗美(!)と凛が更新されました(してくれました)が、その内容についても二人で話しあって手を加えたトークが結構あったりします。

実際、凛のトークには「こういうトーク考えたから」とお願いして入れてもらった部分もあったり(苦笑)。


流石に全部私が書くわけでも添削するとか言うわけでもないので、「あれ、今までとちょっと違うぞ」と思われる事というのはあるだろうとは思います。

でもまあ、これはもうしょうがない話でもありますし、余程おかしいと思うなら、その都度私と彼の間で相談があるだろうと思います。


結局何が言いたいのか、自分でもよくわからなくなりつつありますが。

ええと、あれだ。

私の手からは離れておりますが、今後とも拙作ゴースト達をよろしくお願いします、ということで。


正直な話、私自身このまま電子の海に消えるのは勿体無いとは思っていたところでしたし(苦笑)。

更新ずっとサボってたのは確かなんですが、それでもやっぱり手が出せなくなっちゃうのとは訳が違いましたから、本当に有り難い事です。

改めて、水無月藍さんには本当に感謝を。あと、今後ともヨロシク…(えー)。

2010/09/03(Friday) 再び生存報告ついで

生きてます(えー)。

配布委託のお知らせ

まあ、それはそれとして。

既にご存じの方も多いかと思いますが、拙作ゴーストについて、水無月藍氏に配布・更新を委託することになりました。

というかもう、1日付けでなってますね(笑)。

PCのクラッシュによる更新環境の紛失により、継続が出来なくなったのは先に述べた通りだったんですが、それに加えてインフォシークの無料サービスの停止で、このままでは10月いっぱいで全ゴーストが電子の海に消えるらしいということになり。

どうしたものかと思ってTwitterで呟いたりしていたのですが、元々仲良くさせて頂いている水無月藍氏が「じゃあ寄越せ」と言ってくださったので、それにまんまと乗っからせていただいた次第です。

元々趣味の合う友人だし、彼のゴースト開発はよく見ていた事もあり、安心して任せられると思っています。

私自身ネットから消えるわけではないから、何かあれば当然協力しますし、ネタがわけば「こういうトーク追加して」とか口出すかも知れません(えー)。

ともかく、ウェブサイトの更新環境がないままなので、サイトの方はこのまま放置を継続することになります。

勿論、私のサイトの方でもゴースト公開はisweb消滅まで続く事になりますが、当然更新停止の状態のままです。

したがって、大変申し訳ないのですが、拙作ゴーストを今後も継続してお使い頂ける方は、水無月藍氏のサイトから最新版をダウンロードし、再インストールを行うようお願いしたいと思います。


ゴーストについては以上の通りなのですが、問題は当サイトで代理配布を行っている「ぱんつぁーどらぐーん」。

こちらについてはどうしたものか、未だ思案中です。

一番手っ取り早いのは整備班に丸投げでしょうかね。白いの氏との交渉も含めて…というのは流石に冗談ですが(笑)。

2010/05/26(Wednesday) なんとまあ2年ぶり

どうもお久しぶりです。生きてます(えー)。

というか、ある意味で死亡報告だったりもするのですが。

更新終了宣言。

更新が止まってから年単位で経過しているので今更な話だったりはするのですが、半年ほど前にそれまでつかっていたノートPCがご臨終めされました。

問題は、そのノートのHDD内にゴースト開発からサイト更新まで、各種環境が詰まっていた点でして。

ただ単に更新が止まっていた、だった状態が、更新ができなくなった、に行き着いてしまいました。

と言う訳で、今更な話ではありますが、私がリリースさせていただいていたゴーストは全て更新を終了、という扱いにさせていただこうかと思います。

時折更新について楽しみにされているとのメッセージをいただいたりしたこともありましたが、この状況で期待してもらい続けるのも申し訳なく思いますし。

今後は一ユーザのみの立場となるかと思います(とは言え、今のPCにはSSPすらインストールされていなかったりするのですが)。

拙作ゴーストについて、シェルを描いてくださった皆様や、ネタ出しに付き合ってくれた皆様、各種ツール等の提供を行ってくれた皆様、そして何より、拙作ゴーストを利用してくださった皆様には、お礼と共に、このような形での更新終了をお詫びしたく思います。

申し訳ありませんでした。お世話になりました。有難うございました。

今後もどこかで見かけたら、宜しくしてやってください。


なお、上記の事情により、サイトも現状のまま放置する形になります。

立つ鳥後を濁しまくりで、申し訳ないったらありません。

2008/04/03(Thursday) …はっ

なんで今更のよぉにハンゲームにハマってるんだろう(えー)。

えーと


 ここ数日、会社でかなり微妙な調べ物をしています。
 …うち製造業っすよね? 販売業に手を出すのが悪いたぁ言いませんが…。

あ、あぶなー


 今日コメント返せないと、コメントの保持期限が切れちゃうんですね。あぶないあぶない。

>3月21日22:58の拍手の方
>伊織立志伝と伊織幻戦記かっ、伊織立志伝と伊織幻戦記なのだな!?

 いやあ、実はどっちも違うんです(苦笑)。
 たまたま太閤立志伝のような一人称的なゲームが私にとって相性がいいというだけで、よく見ているシリーズは別作品だったりするのです。
 というか、正直なところまだ立志伝系の動画は未見だったり。むむう。

というわけで

【革新PK】くされ戦記 OP【開幕】‐ニコニコ動画(SP1)

作者の独眼P氏によるシリーズのマイリストこちら

天海提督の決断 第一話「運命の開戦」‐ニコニコ動画(SP1)

作者の宇垣P氏によるシリーズのマイリストこちら


 これら二つのシリーズを特によく見ているのでした。
 くされ戦記はライトなノリが楽しいです。ちびキャラたちやアイドル達も勿論、いい感じに暴走している伊達政宗ら武将たちが見ていて実に楽しいです(笑)。
 天海提督の決断は、題材がちょっと珍しいところなのもありますが、それ以上にシリアスで熱い展開が見所かと。特に第六話の美希・伊織・雪歩の連携が格好よくて、それでもうこのシリーズの大ファンになりました。毎回凄く続きが楽しみなシリーズです。
 他にも色物ではコンビニマスターとかも見ていたりしたのですが…ひよこ陛下は予想外すぎる(苦笑)。

あれー?


 うーん、CDとかゲームとかもネタにしようと思ってたんですが、どうもはてなの商品検索がアクセス過多で動作してない模様。
 …まいっか、次の機会だ(えー)。

2008/03/21(Friday) 嗚呼ゲーム漬け

 やるべき事はいっぱいあるはずなんですが。とほー。

色々買ったしやってるし


 この1ヶ月間に何本か購入してプレイしています。

ガンダム無双 スペシャル

ガンダム無双 スペシャル

 まずはこれ。ほぼ衝動買いで購入しました(笑)。
 実は無双シリーズはこれが初体験となる(BASARAシリーズはこれに極めて近いですが)ので、ちょっと身構えた部分はありましたが、結構プレイしやすかったです。最初ジャンプがL1に設定されているのを見て、「これ使いづらいんじゃないか?」とダッシュの×ボタンと入れ替えてみたのですが、やってみるとジャンプは移動時にちょっと使う程度なんですよね(苦笑)。結局デフォルトのボタン配置に戻してプレイしていました。
 ゲーム内容は…ちょっとステージ数が控えめになっている、というのが印象です。特にアニメのストーリーを追体験するモードでは、使用できるキャラクターも6人のみな上にステージ数もキャラによっては2ステージしかなかったりで、こちらはやや不満が。操作は面白いのですが。

プレイグラウンド 公園で遊ぼう!

プレイグラウンド 公園で遊ぼう!

 次にこちら。EAの新作です。公園を舞台にしたミニゲーム集とでも言うべきゲームです。
 EAのゲームって、結構面白いと思うのですが…もう少し、文章のローカライズに気を使って欲しいなあ、というのが正直なところです。英文を直訳したような(と言うか実際直訳してるような気がする)妙な日本語で、しかも改行にあまり気を使ってないので文章が読みにくいんですね。アクションも芸が細かいし、造形も(いかにもアメリカンではありますが)しっかり出来ているので、そこが凄く惜しかったなあと。あと、移動だけでいいからヌンチャクを使わせて欲しかった(苦笑)。久しぶりにリモコンを使ってて腕が疲れました。

太閤立志伝4 (説明扉付きスリムパッケージ版)

太閤立志伝4 (説明扉付きスリムパッケージ版)

 私にしては珍しくPCゲームなのですが、某ニコニコ動画アイマス架空戦記シリーズを見ていたら触発されたので思わず購入してしまいました(笑)。
 私は戦略中心のゲームよりも、こうした一人を主人公にしたゲームの方が向いているようです。Elonaとかもそうですし。歴史隆々も好きなんですが、あれは観戦ゲームなので別カウントで(えー)。

凛然更新。


 およそ2ヶ月ぶりとなりましたが、凛然の更新を行っています。
 今回の更新はトークの追加と、クイズの問題追加。現在43問となっています。


 久しぶりにコメントを頂きました。

>3月19日23:05分
>和恵の公開鯖移転&本格的にエロ特化、のお話はどうなったのでしょう
>結構わくわくしながらずっと待っているのですが
 ぶっちゃけると、見通しは立っていません。
 元々私がサボりがちだと言う事もあるんですが、そもそも現在の触り反応自体、かなり苦し紛れでどうにか出したのがあの程度なのです。要するにボキャブラリーが不足しているので、上手い触り反応を作れていないし、トークも多くなっていない。
 まずこれをどうにか出来ないと、移転してエロOKになったところであまり意味がない。この辺り、黒海デギンさんや夜姫シリーズのみさきさんと比べると、「こりゃ勝てない」と思わされたりするところもあり。
 …と言う訳で、ほぼ手付かずに近い状態だというのが正直なところです。
 待って頂いている事はうれしく思いますし、私自身もなんとかしたいという意識はあるのですが、申し訳ありません。

2008/02/25(Monday) あー


 麗美公開してから、全くと云っていいほど伺かに手を付けてません。

色々。


 スマブラXはおいといて(えー)、

ファミリースキー

ファミリースキー

この2本にうつりました。というか現状ほぼ世界樹2一択ですが(ええー)。
 まずファミリースキー。これすっごくいいです。スキー場にいる感覚が物凄く出ていて、遊んでて気持ちがいいんですね。WiiFitを購入してないのでリモコンとヌンチャクだけのプレイですが、充分に楽しめています。
 世界樹2は1よりもハードになった気が。前作は階数の3倍のレベルで丁度良かったのですが、今回はそれでも辛いというか気がついたら4倍以上の数字に。あれー? 現在5階まで到達しています。
 ちなみにパーティ構成は前衛をソードマン・ドクトルマグス、後衛にガンナー・メディック・レンジャー。ガンナーが予想以上にとんがった性能なので面白いです。

今日というか


 土曜日からネタをリストアップしてたのですが、寝落ちしてたので(えー)今まで引っ張ってしまいました。
 と言う訳で今日のニコマス。まずは歌物ではなく、お笑い系というか何と云うか。

エロゲーっぽいアイマス(タグ検索へ)
 キャラの設定改変が結構多いので、それが許容できる人向けに。この作中、少なくとも真・あずさ・千早アイドルじゃありません。
 序盤は勿論、後半へ行けば行くほど面白くなっています。特に雪歩がプロデューサーと絡むようになる5辺りから、加速度的に笑いが止まらなくなります。この雪歩スゲー。

おっぱいが大きくなる薬の効果を検証してみた アイドルマスター‐ニコニコ動画(RC2)

 これまたタイトルからしてヒドいですが(笑)。キャラのコラージュが地味に上手い一品。というかこのプロデューサーと社長が最低すぎる(苦笑)。

 ネタまみれな動画ばかりもアレなので(えー)、あとはマジメな動画を。

iDOL m@ster × 大乱闘スマッシュブラザーズX 「Song Of Ashley」 × やよい‐ニコニコ動画(RC2)

 まさかのスマブラXとのコラボ。ここで歌ってるアシュリーのテーマは英語版なんですが、その訳文も同時に見れます。日本版と比べてみると面白いかも。

アイドルマスター 「PC-6601が歌うタイニーゼビウス」‐ニコニコ動画(RC2)

 少々古いネタですが、何度見ても凄いと思えるので。
 後半の演出が凄すぎます。

 そして、今日(2月25日)が千早の誕生日だという事で、彼女に関連する動画・誕生日記念の動画から色々と。

如月千早 - wing - side-A‐ニコニコ動画(RC2)

 続きのside-Bも合わせて。このメドレーは凄い。千早というか中の人今井麻美さんが凄いという事なんでしょうが、とにかく聞きほれます。

アイドルマスター 歌ってみた 千早の「765大家族」‐ニコニコ動画(RC2)

 個人的にこの作者さんの大ファンなのですが、やってくれました。「替え歌歌唱+自作絵による紙芝居」という、自分で全部やるにも程があるというか何と言うか(笑)。
 かかった手間といいその出来栄えといい、お見事としか言葉がありません。本当に感動です。

アイドルマスター 蒼い鳥 sitaP Remix 千早‐ニコニコ動画(RC2)

 アレンジも動画も格好よすぎる蒼い鳥。特にカメラワークが絶品です。

アイドルマスター 如月千早 目が逢う瞬間(とき)‐ニコニコ動画(RC2)

 MASTER ARTIST 05に収録された新曲「目が逢う瞬間」のPVです。演出が素敵です。

 他にも多数色々あるのですが、キリがなさそうなのでこのくらいで。
 しかし、はてなニコニコに対応してくれないかなあ(苦笑)。やりかたがあったとの事なので、早速やってみました…おお!!

2008/02/13(Wednesday) うあー


 なぜ横になると意識が飛ぶのでしょうか。

最近…でもないか。


 ニコニコ動画アカウントを最初期にとってもう1年あまり、その間殆ど毎日のように某アイマス関係のPVを眺め続けていたりします(えー)。
 そんなわけで(どんなだ)、見てるなかで面白かったものを紹介してみたり。

小鳥さんのお昼休み

 なんだこの駄目OLは(笑)。でも趣味広くていいなあ(えー)。

アイドルマスター 天武の舞、暁の門(あずさ×春香×雪歩)

 これは本気で格好いい。カメラワークや一瞬のカットインなど、見るべき場所が多いです。悲鳴を上げるほどに(笑)。

アイドルマスター L4U アイドルの紹介(全員分)

 最後にこれを。そろそろ発売が近付いてきたらしいL4Uの、キャラ紹介動画ですね……って、真美が普通に出てるし(汗)。

2008/02/11(Monday) 遊びほうけて

…たわけでもなかったり。恐ろしい事に。

「今日の竜崎麗美。」配布開始。


 連日、伺か@Lingrチャットしてたりしてるわけですが、その中で『ギャルゲーヒロイン的な何か』というお題でゴーストを作ろう、という企画が持ち上がりました。
 ギャルゲーヒロイン自動生成というプログラムを用い、出てきたキャラ設定でゴーストを作るもので、私も参加し…このようになりました
 ソロゴーストというにはちょっと卑怯な手を使ったりしてるのですが、まあそこはご愛嬌と云うことで(苦笑)。
 ちなみに、私のゴーストを含め、他の参加メンバーのゴーストについてはこちらのWikiをご参照を

 …しかし、おっそろしく豪華なメンツだよなあ、これ…。

それはともかくスマブラX


勿論の如く、毎日プレイ中。
 とりあえず購入二日で全キャラは出揃いました…が、隠し要素が例によってとんでもない量があるようで、やっぱりどこまでいっても終わりが見えません(苦笑)。
 「亜空の使者」もクリア度数100%になかなか至らず…ううむ、流石のボリュームだ。
 対戦成績はあまり良くありません。防御と回避が上手く使えないんですね(苦笑)。
 そんなわけで、最近はステージの作成・投稿がメインになりつつあったり。……ところで、なんで私の作るステージは極端に足場が少ないんでしょうか。

2008/02/01(Friday) スマブラXプレイ。


 …うん、7時間はやりすぎだ。

スマブラX!

大乱闘スマッシュブラザーズX

大乱闘スマッシュブラザーズX


 と言う訳で無事購入し、プレイしておりました。
 亜空の使者が本気で先が楽しみな上にサクサク進むので、止められません(笑)。
 新キャラもある程度使ってみていますが、その中ではピットが凄く使いやすいです。多段ジャンプ持ちのオールマイティキャラで操作しやすかった印象が。
 スネークはすごくジャンプが低いですね。大体1.5キャラ分くらいしか飛べなかったり。一人だけリアルだから?(笑)
 取り敢えず今日以降もプレイしつづけることになりそうです。
 ちなみにWi-Fi対戦も少しやりました。なかなか勝てません(苦笑)。
 フレンドは受け付けてたりするので、拍手か何かでご連絡を(えー)。