tomoko-mooseの日記

2018-04-23

「図書館戦争」と「武士の献立」を見た。

| 23:46

 録画しておいた映画「図書館戦争」を見た。岡田くんのアクションは相変わらず惚れ惚れするけれど、「本(ペン)を守るために銃(剣)を持つ」っていう発想にはやっぱり納得がいかない。「本を焼く国は、いずれ人も焼く」的な言葉には賛同。最後の方の「後生だから無事でいろ」っていうセリフにも痺れました。

 でも内通者がいるっていう話はどうなったの?私はずっと田中圭が怪しいと思っていて、最後までいいやつだったので拍子抜けでした。

 夜、BSプレミアムで「武士の献立」という映画も見た。主演の上戸彩ちゃんの所作(着物さばきや包丁使い)が美しい。もっとほのぼのしたストーリーかと思ったら、加賀騒動に絡んだ殺傷シーンもあって、意外だった。

 そういえば、「武士の一分」が流行った後、「武士の家計簿」とか、似たような名前の映画がいっぱい作られてたよねーーと、思い出しました。

武士の献立 [DVD]

武士の献立 [DVD]

 どちらも2013年公開。鈴木一真とか高良健吾とか、最近あまり見ないような気がします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tomoko-moose/20180423/1524494775