tomoko-mooseの日記

2018-05-31

「瑕疵借り」読了。

| 11:10

 松岡圭祐著「瑕疵借り」(講談社文庫)読了。いわゆる「訳あり賃貸物件」をめぐるミステリー短編集。ミステリ専門の作家の本をふだんほとんど読まないので若干不安だったが、文体は流麗で読みやすく、とても面白かった。

 4つの作品が収録されているが、3つ目の「百尺竿頭にあり」が意外な結末でいちばんよかった。でも、「百尺竿頭にあり」ってどういう意味だ?それも含めてミステリーなのか。ううむ。

 すべての作品に「瑕疵借り」を生業とする藤崎達也という人物が登場し、物語を結末へと導いていく。なかなか魅力的なキャラクターなので、シリーズにしても面白いのでは。映像化してもよいかもね。

瑕疵借り (講談社文庫)

瑕疵借り (講談社文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tomoko-moose/20180531/1527732625