Hatena::ブログ(Diary)

日記なんで。

2018-02-25 ミスるのが怖い このエントリーを含むブックマーク

f:id:tomotsaan:20180225215615j:image

マッターホルンを望む@Riffelberg

 人生6度目の引っ越し。物件探しも慣れたもので、物件検索サイトの条件絞り込み機能・お気に入り機能・新着アラート機能を駆使して今回はサクサクと決めることができた。引越しに限らず、結婚だったり車や保険の購入だったり、人生に数回しかないライフイベントでは必ずこちらの経験の浅さに付け込んで業者がぼったくってくるけど、引越しに関してはこちらももはや素人ではないので、前の物件では退去立ち合いで騙し取られた2万円を契約書を根拠にして取り返したし、今回の引っ越しでも仲介業者や引越し業者と強気に交渉して納得のいく金額で契約できた。それでもなお、後になって調べてみるともっと削れた予算があったり、無駄な情報を調べることに時間を使ってしまっていたりしていて、次の引っ越しに向けて改善できそうなことはある。本当に引越しというのは面倒で、金がかかって、交渉ばかりで心が疲れる。

 そんな引越しの準備をしていると、毎度のことながら、懐かしいものが発掘されて手を止めて読み込んでしまうのだけれど、高校や大学受験、就職活動で自分がやってきた事の記録を改めて見直してみて、自分は本当にここまでミスのない人生を歩んできて、そのために物凄い努力をしてきたのだなと感心する。それを可能にしてくれた環境や周囲の人々の支えがなければ今の自分はあり得なかったのも事実だけど、これまでの自分の途方もない努力が無ければ今の自分があり得なかったのも事実だと思う。会社を辞めて研究に戻ってきてからの3年も、結局今振り返ってみると、自分の思い通りの方向に物事を進めて成果を出し、やるべきことをミスなく実現してこれたように思う。本当に上出来だと思うし、頑張ったと思う。だけどここまでミスなく来れたからといって、この先安心できるというわけではない。今の僕はやっぱり不安で、自分がやっていることがこの先思い描いているような成果にちゃんと繋がるのかどうか、全く自信が無い。そして3年後や5年後にどこで何をやっているのか、あても無いし、想像もできない。だからこれからもミスらないように気をつけないといけない。そのためにできるのは、これからもひたすら目の前の事を、自分のベストを尽くして必死にやり続けることだけだ。一体そのゴールはどこなのだろう。世の中のスピードがますます速くなって、生き残りをかけた戦いがますます激しくなっていく中で、安心して「あとはのんびり余生を送って死ぬだけだ」と言えるような時が僕に来ることは、ずっと無いような気がしている。まぁ、それならそれで、そのつもりで死ぬまで必死に生きていればいいので、それでいい(というか、そもそも生物には「余生」なんてものはなく、生き残れなくなったら死ぬだけで、それが普通だ)。あとはとにかく心身健康であってほしい。僕は体が不自由になったとたんに、精神的にもおかしくなってしまう気がしていて、とにかく健康を損なうことが怖い。だから、結局健康第一なのだと思う。死ぬ寸前まで健康に生き残ることができれば、それがゴールで、満足だ。ちゃんと食べて寝て運動して、必死に頑張る。それを淡々と続けていく以上にできることはない。これからもミスれない。ミスるのが怖い。

2018-01-01 1年もあれば色々ある このエントリーを含むブックマーク

f:id:tomotsaan:20171005224449j:image

Český Krumlovの城下町

 あっという間に年が明けた。毎年のように年越しの時期になると「色々あって長い1年だった」という感想を持つのだけど、良く考えてみれば一生80年として「1年」は一度きりの人生の1/80もあるわけでそれは色々無いとおかしくて、「色々あった」という感想を持つこと自体が一体「何と比べて」色々あったのか実は説明ができてなくて、「1年もあればそりゃ色々あるだろ」という感想のほうが普通なんじゃないかと思うようになってきている。しかしそれにしても、あらかじめ分かっていたことだけど、2017年は本当に色々なことがあった。

 まず、結婚した。修士を出て会社員を始めた6年前の時点では「自分は結婚するのかしないのか」という疑問からスタートしないといけないレベルだったのだけど、時間をかけて色々考えた結果「結婚すべき」という結論が自分なりに納得できる形で得られて、そこから「どうせいつか結婚するのなら早くしたい」という意見に到達して実際の行動に移るまではあっという間で、運よく気が合って一生一緒にいられそうな人に出会うことができたので結婚することにした。なんだかんだで10年以上も独り暮らしをし、独身貴族として趣味に散財した会社員時代も経て、幸運にも自分には独り身の生活を十分に満喫した自信があったので、それを失うことにはあまり悲しみはなかったし、これからは家族との時間を大事にしたいと思っている。その一方で「もはや自分一人の人生ではない」ということにとてつもないプレッシャーと恐怖を感じるようにもなった。遠距離だった妻は仕事を辞めて自分についてきてくれる選択をしたのだけど、僕は社会保険福利厚生も無く、年収240万円の学振特別研究員だ。当然毎月赤字で、日々2人の貯金を切り崩して生活している。自分一人なら「日本にいれば死ぬことはないだろう」くらいのレベルの危機感で、ボロアパートで毎食お茶漬けみたいな生活をしていても幸せに研究ができるだろう(そもそも学振DCがそのような人達を前提にしているとしか思えない待遇だ)。だけど今の僕はそういうわけにはいかない。家庭があって、年齢相応に文化的な生活をし、年齢相応に人間関係にお金を使わないといけない。だから、赤字を垂れ流しながら、博士課程が終わるまでひたすら耐えている。

 幸いにもこの3月に予定通り3年で博士号を取得し、4月からは学振PDとして別の研究機関に勤めることが内定している。学振PDの年収は434万円だから、日本の同年代の平均くらいはあるのではないか思う。僕は基礎研究に向けられる「儲からないことを好きでやってるんだから給料低くても我慢しろ」という視線は今の時代もう仕方のないことだと思っていて、いずれ儲からない基礎研究に税金を出す余裕すら一切なくなるだろうし、今もらえているだけ有難いと思っている。学振DCの年収240万円はまともに生きていけない給料で、これで副業禁止なのは本当に狂っていると思ってるけど、学振PDの434万円には文句を言う筋合いはない(もっと金が欲しいなら儲かる研究をすればいい)。だけど依然として副業禁止で社会保険福利厚生も一切なく、国民年金健康保険は全額負担、労災も無いので自腹で傷害保険に入らないと受入研究機関で仕事をさせてもらえない。さらに必須要件となっているラボの異動に伴う引っ越しも全額自腹だ。少なくとも人材を引き留めようという意思が全くない待遇であることだけは明らかだ。この先、多額の借金(奨学金)の返済もあるなかで、おそらく共働きでないと満足に暮らしていけないだろうし、家族には何かと迷惑をかけることになる。高給会社員時代に知り合ったのに、ここまでついてきてくれている妻には本当に申し訳なく思っている。もう自分一人の人生で無いのだから、全てを捨てて研究に打ち込むような覚悟を持つことは、憧れるが、許されない。これからますます「生活のためならいつでも辞める」という気概とプライドを強く持って、ただ淡々と、自分の好奇心を満たし人類の知の拡大に貢献するためにやるべき研究を続けていきたい。

 色々なことがあったと言えばもう一つ、この夏は2か月半ほど海外に住んでいた。「いつか海外に住んでみたい」という思いはずっとあって、かといって人生の1年とか2年をいきなり海外生活につぎ込む時間的余裕や覚悟もなかったので、良いタイミングで渡航の助成を得ることができ、海外生活が経験できたと思う。何より新婚旅行を兼ねた滞在(妻の費用はもちろん自腹)で毎週末とても楽しかったし、肝心の仕事でも「自分の研究がどれくらい海外で通用するか」という感覚がつかめて、自信が得られたこともあれば、未熟さを感じたこともでき、想像していた以上に短期間で濃い経験ができた。

 仕事に関してはこの1年、総じて言えば、これまでになく前向きな感触が得られた。去年の今頃はまだ成果が少なくて、「本当に自分に実力はあるのか、もしかして自分はやる気があるだけで実力が無い奴なんじゃないか」という不安が常にあった。だけどこの1年で自分の研究分野でトップレベルの雑誌に論文を出すことができて、自分の論文作成能力が偶然ではないことが確認できたし、水面下で進めている研究でも次々と蒔いていた種が発芽して良い結果が出はじめていて、今年は論文が量産できそうな気配がある。まだまだ業績は一人前と言えるものではなく、ここから先も手を抜くと一瞬で死が待っているけど、このまま着実にやるべきことを積み重ねていけば、それなりに花開く研究はできるはずで、そこからさらに不確実な要素によって物凄い成果に化ける可能性もあるという自信を持てるくらいにはなってきた。過去の自分の記事を読むと「毎日研究が楽しくて死にたくない」とか「人生を賭けて生きることが楽しい」ということにいちいち感動をしている時期もあったけど、今やその感触自体が当たり前のものになっていて、むしろ「あり余る可能性のどれを捨てるか」という取捨選択に命を削る日々になってきていて楽しい。本当に研究に戻ってきて良かったと思う。

 ただその裏で、取捨選択を強いられるあまり、新しいことに対する貪欲さや興味が薄れてしまっている自分の姿に気が付くことも出てきはじめた。歳を取って経験値が溜まってくると、「自分にとって無駄なモノ」を判別して切り捨てるのが容易になってくる。自分自身が触れる情報量や選べる選択肢がそもそも増えたこともあるけど、見聞きする情報のうち「切り捨てる情報」の割合がかなり高くなったように感じていて、以前より不要なものに時間をとられず効率的な取捨選択ができるようになった一方で、以前よりも多くのものが「自分には関係の無い(関わりたくない)もの」として認識されるようになってしまった。この延長線上に老害と呼ばれる状態があるのだろうなぁということを認識しつつも、今はとにかく自分のやるべきことに集中するために余計なものを切り捨てるのに精いっぱいなので、当面はこういう傾向の自分を受け入れることになるのだと思う。一昨年の年末の記事で、「カードを引くフェーズからカードを切って上がるフェーズに」ということを書いたけど、まさに自分の持っている可能性を「広げる事」より「伸ばしていく」ことに注力しなければならない段階にあると感じる。

 さて、今年の目標。「●●をやる」という目標は、自分自身でやるべきことがはっきりしていてそれに同意できている今の状況で改めて目標として言い聞かせるまでもなくやることなので、もう一段メタに立って、自分が忘れてしまいがちなことを忘れないことを目標にしたい。それは「攻めの姿勢を忘れない」ということだ。この1年で、家庭ができて、研究成果が積みあがってきて、「失うもの」が増えてきたことに重圧と恐怖を感じるようになってきていて、「人生どこまで攻めて、どこから守るべきか」というバランスが益々難しくなってきていると感じる。一方で、自分なりにこれまで社会の様々な場所で経験してきたことから感じるのは、この社会(この国)のシステムは「守りに入った人」に有利にできていて、あらゆる場面で「攻めから守りに入らせるような誘惑」を仕掛けてくるということだ。来年は今以上に研究者としての業績が溜まるだろうし、もし家族が増えるようなことがあれば、ますます「守りへの誘惑」が増えて、何も考えずにこのまま放っておくと僕はどんどん守る方向に進んでしまうだろう。もちろん、もう自分一人の人生ではないので無茶はできない。いよいよ今年から30代になってしまうし、家族にはどこかで定職に就き定住してほしいと言われていて、僕も「食えなくなるくらいなら研究を辞めてでも安定した職業に就く」ということを約束している。いずれ守りが主体の人生になってこないといけないだろう。ただその前に、攻められるうちに、「守りに入ると攻められなくなるところ」をきちんと攻めて、築けるものはしっかりと築いておきたい。だから「守りへの誘惑」に対しては、新卒採用で突然与えられる正社員の身分を疑いなく全面的に受け入れるようなことはしたくなくて、守るべき場所と攻めるべき場所を自分自身でじっくりと吟味して少しずつ体制をつくりあげていきたい。これから学振PDが切れるまでの3年間が、人生で最も自由度が高く主体的に研究ができる期間になるはずだ。与えられた絶好のチャンス、そのことを常に自覚して、成功しても失敗しても、やり残したことだけは作らないように、考え続け、行動し続けていきたい。

f:id:tomotsaan:20170916211637j:image

Mont Saint-Michelから望むイギリス海峡

通りすがり通りすがり 2018/01/05 11:33 はじめまして。就職活動を通じ偶然このブログにたどり着いた通りすがりのものです。
就職活動時の記事のみならず社会人、そして博士課程時のブログも沢山読ませて頂きました。
読ませて頂きまして、文字で伝えることが難しい自分の境遇や考え、心境を伝えるのが非常に旨いなと思いました。

久しぶりに更新されていてうれしく思います。またお時間許す機会がございましたら是非更新してほしく思います。
今後のご活躍をお祈りしております。

tomotsaantomotsaan 2018/01/06 18:29 コメントありがとうございます。楽しみにしてくださっているのは嬉しいです。これからも細々と続けようと思います。

名無し名無し 2018/01/10 01:10 前回の記事から期間が開いていたので心配していました。私は学振制度について知らないのですが、保険制度が一切ないのはちょっと信じられないですね...(大学との雇用関係がないのが理由でしょうか?)任期付き助教も同様なのでしょうか?

海外、少なくともオランダでは博士課程の学生ですら大学と雇用関係を結んでいたので、とにかくビックリです。
https://www.google.co.jp/amp/s/funquantum.wordpress.com/2015/06/29/博士に進学するか就職するか 海外か日本か/amp/
(アメリカも雇用関係があったと思います。)

日本人研究者は海外に多くない印象ですが、このような状況でそれが起きるのは不思議です。何か理由があるのでしょうか?

tomotsaantomotsaan 2018/01/13 00:04 任期付き助教は大学と雇用関係があって社会保険がついているケースがほとんどだと思います。学振が雇用関係を結んでくれない件は、様々なところで異議が上がっているのでそのうち改善するのではないかと期待しています。

「日本人研究者が海外に多くない」というのは何と比較しての話かによると思いますが、少なくとも私の周囲・私の感覚では、数か月〜数年のレベルで海外に滞在して研究している日本人は少なくないと感じています(海外で終身の職を得るような人はさすがに少ないですが)。

とれいんとれいん 2018/06/05 23:30 初めまして.いつもブログを拝見しています.私は工学系出身の社会人2年目で,現在博士進学を考え出身研究室の助教と準備を進めています.過去にも同様の決断をした人はたくさんいますが,このブログは悩みも含めて共感できる部分が多く勇気づけられました.引き続き応援しています!

2017-03-24 短いようで長い人生 このエントリーを含むブックマーク

f:id:tomotsaan:20170203163837j:image

@角島大橋

 会社を辞めて2年が経った。まだたったの2年しか経っていないのか、という感想だ。本当に色んな事があって、長い2年だった。まだ2017年が3ヵ月しか経っていないことにすら驚きだ。そして、博士課程を卒業するまでにはこれからもう1年。不確定要素だらけで、1年どころか半年先や2か月先がどうなっているかも見えない日々が続く。これまで以上に濃くて長い1年になると思う。

 僕は、どんなことも3年くらいやれば、ゼロから始めてもそれなりに要領がつかめるものだと思っている。実際に、今やっている仕事のほとんどが2年以内に新しく始めた仕事だけど、それでちゃんと論文がかけているし、このペースでもう1年もあれば自信を持って研究者と名乗れるだけの実力は身に付くのでないかと思う。前の会社だって、全くの知識ゼロから始めて3年しかいなかったけど、辞めるころにはなんとなく仕事の全体像が見えるようになってきていた(それで合わないと思ったから辞めたのだけど)。もちろん、20年、30年と同じ仕事をやり続けないと到達できない境地というのは必ずあるし、そのような人たちにとっては「たった3年でなにが分かるって?」って感じだろう。だけど飽きっぽい僕にはそれができない。僕がそういう境地にありつけることは一生ないだろう。でも、30年で3年ずつ、10個の新しい仕事をやり続けるのだって、面白い人生だと思う。そこまで極端で無くても、ちょっと前に話題になった「40歳定年」みたいな考え方は僕は賛同する。これまでと全く違うことを、40歳とか50歳とかから始めたっていい。新しいことを始めるのは最初は苦しいけど、今の僕が「長すぎる」と思っているのと同じ密度と長さの3年がそこにあるはずだ。そんな3年を過ごしていれば、どんなことでも人並みにはできるようになってくると思う。だから、人生で一つの仕事を続けなければいけないと考える理由はない。むしろ短い人生を少しでも長く感じられるようにるすため、こだわりを持たず、常に色んな可能性を考え、色んな事に興味を持って生きたいと思う。60歳まで現役だとしても、僕にはまだ3年×10回もある。人生は短いようで長い。

ゆーゆー 2017/04/08 10:58 初めまして。
通りすがりの者ですが、コメント失礼いたします。
「学振、社会人」でこのブログにたどり着きました。
私は現在は社会人ですが、研究の世界に出戻りを決意し現在学振を作成中です。
自分では天職だと思い固く決意していたものの、大手企業安泰コースを捨てて先の見えない世界に戻るなんて何を考えているんだと言われ、少し弱気になっていました。
そんな時にこのブログに出会い、勝手ですが大変勇気付けられました。
研究を楽しんでらっしゃるとのこと、大変うらやましい限りです。
主さんの今後のご発展を心よりお祈り申し上げます。

tomotsaantomotsaan 2017/04/14 14:58 コメントありがとうございます。励みになったとのことで嬉しいです。天職だという思いがあるのであれば、自信をもって大丈夫だと思います。頑張ってください!

やまだやまだ 2017/10/21 20:06 コメント失礼いたします

私は今年から働き始めているのですが、早くも研究の世界に戻りたいと思い始めています。
修士修了直前で論文投稿した点や就職で都内に出てきて結構なお金を消費する日々など自分の境遇と重なる所が多々見受けられたので、お話を聞きたいと思いコメントさせていただきました。
お聞きしたいことは
・私も来年学振を提出してみようと思っているのですが、申請資料作成に当たって意識したり工夫した所はありますか?
・過去の投稿を見る限りだと自分で全く新規の実験を考え実行されたようですが、そういったアイデアを出すまでに至った方法(論文調査方法など)を教えていただきたい(私は修士のテーマも教授に与えられたテーマでやって来ました。修士の頃も新規のなにかをやりたかったが発想が出てこなかった。そして博士に行くからには修論テーマの続きをやりつつ、自分で考えたテーマで論文を出したいと思っているのでぜひご教授いただきたいです)です。
・よく会社は3年は続けろといわれます。私の場合だとあと2年半は続けなければなりません。学費などを考えるとあと1年半は働いてからやめようと思っているのですが、3年働くべきだとおもいますか?それとも1年でも早く大学に戻って研究者のみちを進んだ方がいいと思いますか?参考までにお聞かせいただけると幸いです。

長文になりましたがお話を聞かせていただけるとうれしいです。
それではこれからも応援しています!

tomotsaantomotsaan 2017/11/04 00:01 コメントありがとうございます。すこし厳しい言い方で申し訳ないですが、ご質問されているようなことはご自分で考えて答えを見つけるべきことのように思います(私が答えを知っているという意味でなく、状況が人それぞれ違うので答えも人それぞれ違うものになるはずだという意味です)。もしご自分で考えて答えが出ないようであれば、研究の世界に戻るのは止めた方が良いと、私ならアドバイスすると思います。

2017-03-07 絶対に死にたくない このエントリーを含むブックマーク

f:id:tomotsaan:20170108120650j:image

おすすめです@京都鉄道博物館

目まぐるしく状況が変わる。今、本当に面白いことになってきていて、本当に死ぬのが嫌だ。人から見ればくだらないことかもしれない。だけど僕は今、未来を想像するだけでワクワクしすぎて心拍数が上がってしまって、寝れなくなるくらい、ドキドキしている。絶対に無事に未来を迎えたいから、車の運転もものすごく気を付けるようになった。僕は常に最悪を想像し、虚無な世界観で生きてきたから、いつミサイルが落ちてきて戦争が始まっても、いつ新型の伝染病で人類が滅亡の危機に追いやられても、いつ大災害生活を滅茶苦茶にしてきても、平常心を保てる自信があったし、それだけ「今」を生きている自信があった。ネガティブではなく、ポジティブな意味で、本当にいつ死んでもいいと思っていた。だけど、今は本当に死にたくない。未来が見たい。未来のために今を生きたい。車に轢かれるのが怖いし、ミサイルを撃ち込んでくるのも、頼むから、もう少し待ってほしい。無事に今日を生きられるかどうか、毎日が不安で苦しい。

2017-02-26 神頼みと綱渡りの日々 このエントリーを含むブックマーク

f:id:tomotsaan:20170129071239j:image

静かな朝日@樫野崎

「命懸けで仕事をしたい、冒険がしたい」といって会社を辞めて2年が経とうとしている。博士課程最後で20代最後となるこの1年、人生で最も命懸けで冒険の1年になりそうだ。次々と重い決断を迫られ、状況がどんどん変わって、未来の自分がどこでどんな気分で何をしているのか全然わからない日々。先週突然、この夏海外に長期滞在できることが決まった。知らない世界に勝手に一人で乗り込んで周りを巻き込んで研究する。誰も何も保証してくれない。全て自分次第。そんなことできるのか。いったいそこでどんな生活が待っているのか。どんな人とどんな風に働くことになるのか。想像もつかない。その後身分が保証されているのは来年の3月までで、その先は白紙。こんなに将来のことが読めないのは生まれて初めてだ。

 怖いのは不確実さだけではない。プレッシャーもこれまで経験したことがないレベルで感じている。研究の下地が固まった今、実りある30代を迎えるべく、とにかく種を撒きまくっている。自分を過大評価して、公私問わず、負債を厭わず、お金よりもタイミングを優先して、周りを巻き込みまくって、どんどん先行投資している。当然、リスクや責任も膨れ上がっていく。前倒しで色んなものに手を付けまくって色んなものが始まってしまったけど、果たして本当にクロージングできるのだろうか?失敗したらどうするのか?心の底では本当に自信が無い。だけど何もやらないわけにはいかない。だから表向きには自信満々に、大きな決断をどんどん下している。

 願った通りの、命懸けで、冒険の人生だ。いつも全力で生きているから後悔はない。日々下した決断で人生が変わるから夢中になれる。何が起こるか読めなくて楽しみだから、明日も、来月も、来年も生きていたいと思える。でもこれがいつまで破綻せずに続くのか。自信が無い。

 研究者や自営業の先輩方から見たらアホみたいな当たり前の話かもしれない。だけど、安定した大船に乗る人生ばかり歩んできた自分にとって、これからの1年は、いよいよ湾外に飛び出し、外洋の荒波に揉まれ、そこで生き抜くことができるのかどうかが試される年になるのだと思う。来年の今頃の僕が、これをほほえましく読んでいることは間違いない。だけど、どのような意味でほほえましいかは、全く想像がつかない。

九鬼九鬼 2017/02/27 07:49 tomotsaan様
はじめまして。
自分は大学院(修士課程)への進学を目指して、会社員やりながら、勉強してます。
tomotsaan様のような勇気ある決断をして、アカデミックへ戻られた方がいると励みになります。
今後も研究などなど、頑張ってください。

ブログの更新楽しみにしてます。

tomotsaantomotsaan 2017/03/07 07:53 コメントありがとうございます。ただの日記ですが、誰かに読んでもらえているのは嬉しいです。これからもぼちぼち更新していきます。