Hatena::ブログ(Diary)

日々、とんは語る。

この日記のはてなブックマーク数 はてなスターカウンター Peace この日記をあなたのはてなアンテナに追加する。 rss
お問い合わせ先 mailto

2015-11-25 寒くなってきた日。

俺が小学2年生のとき書いた『おこるとどれだけそんするか?』がヤバい。

16:16 |

表紙

実家にて荷物を整理していたところ、俺が小学2年生の頃に書いた伝説の本『おこるとどれだけそんをするのか?』発掘されました。

この本の存在については、大人になってからも何度か見返していたので、内容も把握していたのですが、デジタルデータとしてまだ保存していなかったので、今回無事にデジタルデータとして保存しました。

何度読み返してみても爆笑必死で、それでいて、とても深みがあり、俺という人間の根源が溢れんばかりに滲み出ています

こんなヤバいものを大切に保管してくれていたオカン感謝しつつ、みなさま宜しければご堪能下さい。

もくじ

目次

  1. 第一部 おこるときどうおこるか 1〜2
  2. 第二部 こういうかんちがいはしないでほしい 3〜4
  3. 第三部 おこるとどれだけそんするか 5〜7
  4. 四部 ふくしゅう 8〜9

第一部「おこるときどうおこるか」

ページ1

ページ2

おこると言うことは、そんである

おとなは、すぐ、ちょっとしたことでおこる。

だいたいの人が、仕事で、ストレスが、たまり子どもやつあたりする。

しかし、かたでももめばすぐに気が変わる。

わたしは、これはふこうへいだと思う。

なぜならおとなは、力でものをおしつける。

いくら子どもが言いわけしても、言いわけするな。!

とか言ってぜんぜんあいてにしません。

第一部おわり

第二部「こういうかんちがいはしないでほしい」

ページ3

ページ4

さて、あいてにしないわけは、「あいては、しょせん子どもだ。」と思う人がほとんどです。

しかし、それは大まちがいです。そんなことを思う人はばかです。

では、とう思うかと言うと、「あいては、子どもからおおめに見よう。」と思うのがふつうです。

あなたは、まちがっても、「あいてはしょせん子どもだ。」と思わないでください。

第二部おわり

第三部「おこるとどれだけそんするか」

ページ5

ページ6

ページ7

おこるとどうしてそんするかというと、おこるたびにしわがふえる。

おこると、子どもがなく、そうするとすぐにあやまらないと、おやにたいして、むくちになる。うらむ。

あやまればゆるしてくれる子どもがいるがもっとひどくなると家出ぼうりょくをふるうふりょうとかになってしまうおそれがあります

ですから、おこったら、すぐにあやまるという心がなかったらおこらないほうがいいとわたしは、思います

あぶない子にそだってしまってはおそいからはやめにあやまったほうが、気もちがらくになるとわたしは思います

第三部おわり

四部「ふくしゅう」

ページ8

ページ9

ふくしゅうは、どういとことでおこるかをしらべて、「あいてはしょせん子どもだ。」と思わないで、「あいては子どもからおおめに見よう。」と思って、おこったら、すぐにあやまらないととんでもないことになるからとんでもない子にならないうちにあやまりましょう。

これでふくしゅうをおわります

ぎもんがあるかたは、つぎのページを、見てください。

おわり

この本のねらい

この本のねらい

この本はちょっとでも子どもをりかいしてもらうための本です。

まちがって子どものみかたの本と思わないでください。

大竹智也

考察

この本は、私が母親に怒られた悔しい思いをぶつけて書き上げた作品です。怒られた後、一人でごそごそしていたと思ったら、突然この本を渡してきたそうです。なお、第四部の「ふくしゅう」は「復讐」ではなく「復習」という意味ですね。

どうやら、何かものを書くということについては、この頃から好んで行っていたようで、大きくなったいま、本を書いたりするようになったのも頷ける話で、どうやら小さいころからブレていないようです。

お陰で成長してからは、技術書Emacs実践入門執筆したり、オンライン英会話ラングリッチ起業したり、フィリピン英語留学の語学学校サウスピークを手伝ったり、いまも新しい本を書いたりしています

大きくなってからの私の考え方は、書籍採用基準の著者である伊賀泰代さんとの対談記事私が今、ぜひとも採用したい人:伊賀泰代×大竹智也【第1回】お話しています

もし、自分の子供がこんなものを書いたとしたら、可愛いと思うか、小憎らしいと思うのか正直わかりませんが、やはり、意外と子供は見ているところは見ているということだと思いますので、小学生のお子様がいる方は、ぜひ子育ての参考にしてみてください。

2015/11/26 追記

@kazuhitoさんに書き起こしていただいたので、全文をテキストでも掲載しました。ありがとうございます

moshiryu33moshiryu33 2015/11/25 21:14 初めまして。とても面白く、子供が必死になって書いたのが伝わりました。
これを大事に取っておいてくれたお母様、きっと何か感じたのでしょうね。
大公開していただき、有難うございました。
字も上手くて、感心しました。
自分はどうだったかなあ・・と振り返ってみたくなりました。

yokoyoko 2015/11/26 22:02 大笑いしましたwww
可愛いと思います。
私が親なら、怒って理路整然とこういうの書く子は、嬉しいです^^

もんだいじもんだいじ 2015/11/27 09:00 あなたは天才です。
僕には、そのコトバはもてなかった。
そのまま人生をお過ごしください。

けろけろ 2015/11/27 18:31 稀に見る名著です。
国会図書館に納めてはいかがでしょう(笑)

ochobo_hanochobo_han 2015/11/28 02:05 すばらしいです!

今からでも小学二年生のわたしと
お友達になって欲しかったです

こなみこなみ 2015/11/28 13:54 でも結果、お母さんに怒られてよかったですね✨

SpeechsynthesizerSpeechsynthesizer 2015/12/01 00:09 メッチャ笑いました(笑)

でも・・・、最近読んだ本の中で一番感動しました!
公開してくださって、ありがとうございます。

子どもの頃の感性は、いつまでも忘れたくないですね。

hikarimade44hikarimade44 2015/12/03 12:14 はじめまして

かわいいですね

こどもは

すなおです

わすれかけていた

なにかを

おもいだされます

ブログよませてくださり
感謝いたします

coucoucoucou 2015/12/09 00:50 私も、このテキストに心を動かされました。
 私は海外在住の28歳と20歳の男子の母親ですが、良いか悪いか別にして、あなたがこのテキストで望んだような母親だったのではないかと思います。昔は周りのフランス人などからオーソリテーに少し欠けるんじゃないのと言われたれたこともあったけど、しかしいつも子供達の機智に富んだ発想ややりとりに関心してできるなら子供達の望むようにって思ってたのかもしれない。
 私は、子供達からは、ーー相当変わってる、エトランジュペルソンヌ(笑)ーーと冗談で言われ続けてきましたが、私自身が、大人になってもこのテキストを書いたあなたのようなところがあったかもしれないのと(もちろん天才のあなたのようなレベルではありませんが。笑) 、あまり他人にいろいろ言われるのが好きではないため、子供達にも好きななようにさせてきたというか、と同時に、子供達があなたのように面白くて、かつ大人っぽかったせいもあったのでは?と。
 現在、子供達は、それぞれパッションを持って自分のやりたかった仕事についたり勉強したりいい感じの大人になりました。単に彼らの父親であり私の夫が、普通に欠点はあっても愛情の深い人物であるお陰なのかもしれませんけど。

あなたのテキストは、私が普通のお母さん達となんか違うという、実は自分でも気がついてはいたけど見ないようにしてきた私自身のコンプレックスを引きずり出し、その途端に、逆に、エヘ、私のやりかたもそれほど悪くなかったのではないかと、少しいい気分になりました。笑
ありがとう!!!
それにしても、楽しくて素晴らしい考察です!

そして、このテキストを大切に保管していたあなたのお母様は、ほんとうに素敵なかたですね。

ACAC 2016/09/21 15:00 フロントエンド界隈の雰囲気探ししてたつもりが、まさか子育ての気づきを得られるとは思いませんでした。正座で読み聞かされた気分です。。

とても参考になりました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tomoya/20151125/1448435808
<< 2015/11 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30