Hatena::ブログ(Diary)

日々、とんは語る。

この日記のはてなブックマーク数 はてなスターカウンター Peace この日記をあなたのはてなアンテナに追加する。 rss
お問い合わせ先 mailto

2017-09-26 秋晴れの日。

SD10月号に『実践! エディタからのGit操作[Atom編]』を寄稿しました。

| 09:59 |

ソフトウェアデザイン2017年10月号と[改訂新版]Emacs実践入門

今月は、[改訂新版]Emacs実践入門出版されましたが、それだけではなく、ソフトウェアデザイン2017年10月号の第1特集『これだけは知っておきたいGitのキホン』にも僕が寄稿した『実践エディタからGit操作Atom編]』が掲載され、初めて同じ月に自分執筆した書籍雑誌が発売されました。

こちらは、タイトル通りEmacsではなく、Atomを使ったGit操作に関する解説になっております

ちなみに、出版社は両方とも同じ技術評論社ですが、Emacs実践入門はWEB+DB PRESSなので、Software Designとは編集部が異なるため、担当編集も別の方になっています

GitHub for Atom

今年のソフトウェアデザイン6月号でもAtom記事執筆しましたが、本号では、そのときにはまだ存在していなかったAtom 1.18 から導入された GitHub for Atomパッケージを使ったGit操作を中心に解説を行いました。

GitHub for Atom

GitHub for Atomは、これまで外部パッケージに頼るしかなかったGit操作Atomから行えるようにしたパッケージで、その名の通りGitHubとも連携して現在ブランチのプルリクエストAtom上で確認できるようになっています

もちろん、より快適なGit操作を求めるのであれば、追加パッケージが必要ですが、Gitフロー範囲であれば、Atom標準機能対応できるようになったことは大きいと感じています

Atomの今後について。

最近Atomは、Atom IDEを発表しました。

Atom IDE

Atom IDEは、Facebook社と協力して開発が行なわれており、Facebook提供するAtomパッケージ群Nuclideからポートとなっています。最大の特徴は、Microsoft社が仕様策定したLanguage Server Protocol(LSP)対応している点で、これによって、より賢い補完やタグジャンプ対応可能となっています

当初のサポート言語は、JS, Java, PHP, C#と少なめですが、今後、正式リリースに向けて徐々に対応言語が増えていく予定だそうです(既にRustとか対応したみたい)。

Atomは、柔軟な拡張性を利用してエディタの枠に囚われない利用方法提案しており、ますます面白くなりそうなので、今後もしばらく目を離さないようにしたいと思います

次に向けて。

今月は書籍雑誌の2媒体自分成果物が世にでることになり、忙しかったですが、その分の満足感は十分得られたと感じています

これで一旦執筆仕事は空になりましたので(もし執筆の依頼をしたい場合は、いまがチャンスです。)、次に向けて頑張っていきたいと思います

<< 2017/09 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30