Hatena::ブログ(Diary)

日々、とんは語る。

この日記のはてなブックマーク数 はてなスターカウンター Peace この日記をあなたのはてなアンテナに追加する。 rss
お問い合わせ先 mailto

2018-10-15 寒い日。

WEB+DB PRESS Vol.107にCircleCI特集を寄稿しました。

17:05 |

今月24日発売のWEB+DB PRESS Vol.107実践CircleCIという特集寄稿しました。WEB+DBへの寄稿は、Vol.58のEmacs、Vol.86Atomに続いて3回目となりますが、初めてエディタ以外の内容で記事を書かせてもらいました。

なぜCircleCI特集を書いたのか。

今回、WEB+DBにCircleCI特集を書いた一番理由は、WEB+DB献本リストから外れてしまったため、何か寄稿しなければWEB+BDが貰えなくなってしまったからというのが大きな理由です。

WEB+BDでは、原稿を書くと献本リストリストアップされ、しばらくの間、献本が行われるという素晴しい仕組みがあるのですが、献本リストには定員があり、古い人から順番に卒業してしま制度となっています。前回、寄稿したのが2015年だったのですが、それから約3年が経ち、ついに2010年寄稿から初めて献本リスト卒業してしまったため、何か記事執筆しなければならない必然性が生まれたのです。

そこで、企画したのがCircleCI特集でした。

結果として、企画が無事に通って、今号に掲載されることになったので、これからしばらくWEB+DBに困らない日々を過ごせそうです。本当にありがとうございました

というわけで、WEB+DBが読みたければ、買う以外にも記事寄稿するという選択肢があるので、みなさまにもぜひ寄稿オススメします。WEB+DB編集部はとても良い方ばかりなので、直接問い合わせても無下にされることはないですし、何なら僕に連絡を貰えれば繋ぐことくらいは可能です。

CircleCI特集の読みどころ。

そんな諸事情はさておき、CircleCI特集の読みどころを紹介します。

32ページもあるので、一通り全部解説したつもりですが、読者の方にとってもっとも嬉しいのは次の2点だと思います

  1. CircleCIの設定をほぼ網羅している
  2. CircleCI 2.1に対応している

CircleCIはドキュメントが充実しているのですが、現時点では日本語ドキュメントはありません。第3章『基本設定』では、膨大なCircleCIのドキュメントの中からマイナーものを除いてほぼ網羅的に解説しています。こちらが日本語で読めるのは、なかなか価値があるのではないかと思います

なお、第2章と第3章は、僕がジェダイマスターとして、彼が大学生の頃から育てているパダワンのuraway執筆してもらいました。彼はとても英語が堪能なので、お陰で僕が翻訳するよりも正確な記事を書いてもらうことができました。

CircleCI 2.1 とは、CircleCI-Public/config-preview-sdkでまとめられていた、新たな設定記法です。

執筆開始の段階では陰も形もなく、その後、1.0終了間際(8月末)でプレビューとして提供され、9月末に全体に提供されるようになった設定を10月発売の雑誌に盛り込むのはスケジュール的になかなか厳しいものがあり、編集池田さんには締切とか締切とかの面で大変ご迷惑をおかけしましたが、なんとか読者の方に提供ができて良かったです。

僕とCircleCIの出会い

最後に僕とCircleCIとの出会いについて軽く思い出してみます

確か、最初にCircleCIを使いはじめたのは2014年くらいで、それまで有料プランしか利用できなかったプライベートリポジトリが、現状のように1コンテナに限り無料で利用できるようになったタイミングだと記憶しています

Travis CIJenkinsなどと比べて、とても簡単に動かすことができ、動作も早くキャッシュアーティクルなども使えるため、これは良いと思って本格的に使い始めました。その後は仕事でも有料プランを利用して使い続けていたのですが、2016年からDockerを本格的に使うようになり、CircleCIのDockerバージョンが確か1.11くらいで止まってしまっていたことに不安を感じるようになっていました。

ですがCircleCIは、Dockerをネイティブでサーポートする現在の2.0を発表しました。この2.0では、自由Dockerを利用できるようになり、お陰で個人的に一安心したのですが、この変更はこれまでの設定と互換性がないメジャーバージョンアップであり、CIのようなインフラに近いサービスとしては異例の対応となりました。

しかし、CircleCIは1年以上もの時間をかけて、丁寧に移行のアナウンスやサポートを行い、先日の2018年8月末で無事に1.0が終了となり、完全に2.0へと移行しました。これはサービスの非互換バージョンアップを行う手法として、後世において非常に参考になる出来事でした。

お陰で、今回のCircleCI特集では1.0については一切触れずに執筆が行えることとなり、解説内容も2.0以降の機能を存分に使ったものとなったので、書き手読み手の双方にとって、満足度の高い内容にすることができました。もし、1.0が生き残り続けていたら、その差分についての解説を行わなければならず、内容がボリュームダウンしていたことでしょう。

勇気のある決断をして無事に移行を成功させたCircleCIの栄誉を称えずにはいられません。本当にお疲れ様でした。

おわりに。

今回、3回目の寄稿にして、初の特集1となり(別に特集2、3で違いがあるわけではないのですが)、表紙にでっかく載っているので責任感を感じてドキドキしていますが、良い文章を書いたつもりなので、ぜひみなさんに見てもらえると嬉しいです。

最後になりますが、本特集執筆にあたり、今回も担当していただいた技術評論社池田さんに厚く御礼申しあげます。また、ひょんな機縁からお会いしてレビューをしていただいたCircleCIの金さんにも重ねて御礼申しあげます

はてなダイアリーも終わりを迎える平成の末ですが、まだ移行先が決まっていないため、未だにはてなダイアリーブログを書いてしまいましたが、僕もCircleCIのように頑張ってブログを移行させたいと思います

2018-08-16 盆明けの日。

0歳児のための便利育児グッズ(生活必需品編)。

03:29 |

年末に生まれた我が子もお陰様ですくすくと成長し、気がつけば7ヶ月目が経ちました。

僕の回りでは最近再び出産ラッシュを迎えており、同世代の子供が増えているのですが、そんな知人達に向けて、この7ヶ月の間で僕が購入した便利育児グッズをレビューとともに紹介したいと思います

オムツ関連。

最初オムツ関連です。

オムツメリーズを使っていますオムツ選びのポイントは、うんち漏れと肌荒れだと思いますが、とりあえず、うちの子場合はいままでウンチ漏れは一度もありません(いわゆる背中からうんちが漏れ現象)。また股の肌荒れもないため、現在継続して利用しています(ついにLサイズになりました)。

ただし、子供の体格や肌によって異なると思いますので、1週間に2回漏れたり、肌が荒れたりしたら、すぐに他のメーカーのものを試してみるのが大事だと思います

しりふきは、このグーンのやつが大量でコスパがいい感じです。

オムツを捨てる専用のゴミ箱として購入しました。最初届いたときに20Lはでかいと思ったのですが、実際に使ってみたらすぐに溜まるので、これくらいで丁度良かったです。

ミルクしか飲んでなくても1ヶ月もすればうんちがめっちゃ臭くなるので、この袋はとても有効です。外出時にも数枚持ち歩いています。夏は生ゴミにも良いそうです。

保育園ではオムツ名前を書かないといけないのですが、面倒なのでこちらを使っていますがとても楽です。

ミルク関連。

次はミルクです。うちは最初の数ヶ月は母乳との混合で、保育園に通いだしてからは完全にミルクのみになりました。

アイクレオにした理由は、出産した産院で使っていたからです。他を試していないので何とも言えませんが、最も母乳の成分に近いそうです。

哺乳瓶は、当時Amazonですぐに届くのがメデラだったので、これを注文して使っています特に飲みが悪いということもありませんでしたが、これも個人差がありそうです。

ローテを考えると3本では足りないので、4本〜6本くらいあったほうが余裕があって良いと思います

標準で付いてくるニップル乳首)がM(4ヶ月〜)なので、S(0ヶ月〜4ヶ月)を購入する必要があるのですが、いまAmazonを見たら品切れなので微妙ですね。ちなみに、最初ニップルに違いがあるのを知らなくてMであげたのですが、すぐにむせてやばかったです。

山善 電気ケトル

山善 電気ケトル

ちょうど今年の1月に発売されて、すぐに購入した電子ケトル。温度調節が60度から1度単位で調整可能なので、ミルクを入れるとき70度で湧かすことで最短で冷すことが可能です。

概ね満足しているのですが、1点だけ蓋が緩くなる傾向があるので、そのときはネジを締めましょう。

哺乳瓶の消毒は、レンジ湯煎と消毒液の漬け置きがありますが、レンジが圧倒的に楽です。なので、レンジ消毒用のケースは絶対に購入した方が良いと思います

外出先でミルクを飲ませたい場合、お湯を持ち運ぶための水筒必要になります最近はどれでも保温性は十分だと思いますので、あとは哺乳瓶に注ぎやすい注ぎ口のものを選ぶと良いでしょう。

最後スマートスピーカーです。うちにはGoogle HomeEcho Plusがあるのですが、手が離せない状態アラームタイマーがセットできるスマートスピーカーはとても役立ちました。

具体的には3時間置きのミルクの時間を、ミルクをあげた後に「0時にアラーム」という感じでセットしたり、母乳を与える時間を「10分タイマー」などで測ったりしまていました。

ベビーカー関連。

お次はベビーカーです。

色々と見た結果、エアバギーしました。理由は近所に坂が多いのでブレーキがあるものが良いだろうという判断です。実際にブレーキがあると、下り坂で力を使わずに半ブレで安全に下れるのでとても重宝しています

最近ではフロムバースという0ヶ月から使えるバギーも登場したようですが、当時はなかったのでマキシコシというチャイルドシートみたいなものアタッチメントと一緒にレンタルして装着していました。

その他、オプションです。エアバギーは確か背中のシートがないので、おそらく何かを買う必要がありますスマホを持ちながらの運転危険なので、ハンドルに装着できるようにしました。

ドリンクホルダーは小荷物入れにもちょうど良く、純正は折り畳んだときフレームに挟まっても壊れないようになっているので、純正を買って良かったです。フックは何でも良い気がします。

日避け用の膝掛けです。抱っこ紐でも使えるのが人気みたいで街中でも良く見ます

【第3類医薬品】ムヒ・ベビーb 15g

【第3類医薬品】ムヒ・ベビーb 15g

虫除けです。保育園で塗るようにと指示されているのでムヒベビーを塗っておき、ベビーカーにはアウトドアボディスプレーをします。

日焼止めです。こちらも保育園でつけるように指示されているので購入して使っています。いまのところ肌荒れは特にありません。

風呂関連。

まだまだ買いました。次はお風呂関連です。

ベビーバスは首が据わる3〜4ヶ月目までしか使わなくてよいので、折り畳めるこいつが良いと思います。ちなみに背もたれがあるやつが圧倒的に安心安全で楽ちんです。

タオルですが、オーガニックコットンが良いとのことで、Amazonオススメのこいつを6枚くらい買いました。

沐浴とき、体に巻くためのガーゼ必要だったので、こちらを購入しました。

その他、顔を拭いたりするための小さめのガーゼとしてこちらを購入しました。

首がすわったら、寝かせて体を洗ったほうが楽なので、こちらを下に敷いて寝かせて一気に体を洗っています。だいたい10分くらいでお風呂を終えられるようになりました。

こいつの良いところは、分厚いので洗って立て掛けておけるため、清潔に保てること。だめなところはデカいのでスペースを取るところですね。

いわゆる首浮き輪スイマーバ。0ヶ月でもこいつがあれば安心してお風呂に入れて遊ぶことができます。2ヶ月目くらいから壁をキックしてスイスイと楽しそうに泳いでいましたのでオススメです。

ボディソープです。僕がそもそもこれを愛用しているので、同じものを使っています。そのため、香り自分と一緒のせいか、あまり赤ちゃん匂いが分かませんでした。

ビオレu 角層まで浸透する うるおいミルク 無香料 300ml

ビオレu 角層まで浸透する うるおいミルク 無香料 300ml

風呂上がりの素肌ケアにこちらを塗っています。前は別のローションを利用していたのですが、ポンプが楽でいいですね。

寝床関連。

次は寝床関連です。

うちはベッドが低いので、床に寝かせられるやつにしました。これじゃないといけないわけではないのですが、寝返りうつようになった今でも使えているので、まぁよい買い物だったかと。

布団付近温度湿度を計りたくて買いました。枕元に置いて常に監視しています。冬は意外と湿度温度がが足りなかったりしたのが分かったので、色々と対策しました。

その対策ひとつがこちら。窓と布団の間に置いて冷気をカットしつつ温めました。これで寒かった(都内でマイナス4度になったのを覚えていますか?)今年の冬も常に20度以上をキープできました。

健康関連。

次は健康関連です。

体温計は、普通のもあるのですが、非接触タイプのこちらを購入しました。1秒で表面温度が計れるのですが、実測と比べてほとんどずれていませんので、とても楽です。

鼻水がひどいときに吸うように買いました。最初は使い方がよく分からなかったので、あまり吸えないなと思ったのですが、コツ(しっかりと鼻の中に入れて、角度を変えながら吸う)を掴んでからは十分吸えるようになりました。RSウイルス感染したときに、とてもお世話になりました。

ピジョン ベビー ピンセット

ピジョン ベビー ピンセット

鼻クソようのピンセットですね。近所の薬局で売ってなかったので、結局Amazonで購入しました。

離乳食関連。

最後離乳食関連です。

すり鉢がなかったので購入しました。すりこぎが木製ではないものが良かったので、こちらにしましたが、いい感じですり潰せています

いわゆるチョッパーです。少量を微塵切りするために買いました。いまのところ、茹でて擦り潰すので、まだあまり活躍はしていませんが、楽なのは確かです。

バンボという重ためのイスです。友達の家で存在を知ってすぐに買いました。普通のベルトのないやつがあるのですが、ベルトありのこちらの方が離乳食には向いていると思います。ただ、テーブルお腹邪魔で使っていません。

プレートセットは自分で購入したわけではありませんが、知人にプレゼントで貰いました。

エプロン、まえだれことビブです。こちらはシリコン製で洗いやすいです。こちらも離乳食には必須アイテムですね。

まとめ。

とういわけで、Amazon購入履歴からこれまで買ったアイテムを整理して紹介してみましたが、個人的にはどれも買って満足していますので、これから育児をする人の参考になれば嬉しいです。

他にもおもちゃなどがあるのですが、それはまた今度ということで。

2018-06-15 梅雨の日。

Puppeteerを使った保育園システムとSlackの連携。

11:30 |

20180615031039

先日、amachangがブログを再開したということで、僕も再開しようかなと思いネタを考えていたのですが、まずは軽いジャブ程度に最近作った便利ツールを紹介してみたいと思います

年末に生まれた我が子ですが、お陰様で無事にすくすく育っており、4月から0歳児で保育園に通っています

その保育園は、ポピンズ経営しているのですが、保護者保育園との連絡手段として、会員マイページが用意されており、ログインして連絡事項を確認できるようになっています

ポピンズメモリー

いつでもどこでも確認できますし、紙や口頭で連絡するよりもミスもなくなりそうで、とても良い仕組みなのですが、セッション有効期限がなかなか厳しいため、基本的毎日ログインしないと確認できないようになっています

そこで、情報を取得してSlackに定期的にポストするツールが欲しいと思って作成したのが「ポピンズメモリーレポーター」です。

ポピンズメモリーレポーター

ポピンズナーサリースクールの会員マイページ https://ps.poppins.co.jp/nursery/login/index にある連絡ページ「ポピンズメモリー」の情報を取得してSlackに通知を行うツールです。

tomoya/poppins-memory-reporter: ポピンズメモリーを取得して Slack に通知するツール

READMEには、上記説明を書いていますが、こちらはPuppeteerを使ったNodeアプリです。いわゆるスクレイピングによってポピンズメモリーという連絡ページから情報を取得して、Slackへと通知するわけですが、これをPuppeteerを使って実装してます

PuppeteerはヘッドレスChromeコマンドラインからChrome操作する仕組み)をNodeから扱うためのライブラリです。この手のライブラリは他にもあるのですが、最近はPuppeteerが最も有力な候補になってきています

ヘッドレスChromeリアルブラウザであるため、ブラウザ操作で行えることは基本的にすべて行えます。これをPuppeteerを通じて利用するということは、Nodeモジュール活用して、さまざまなWebサービスとも連携させることが可能だということになります

ポピンズメモリーレポーターの中でPuppeteerが行っていることは、

  1. ブラウザを開いてログイン
  2. リンククリックしてページを移動
  3. 必要情報コピーして取得

という感じであり、かつてのスクレイピングに比べると、とても原始的な内容となっています。ですが、原始的であるが故にページの解析はほとんど不要で、とても簡単実装することができました。

ポピンズメモリーレポーター

情報を取得した後は、Slack公式Node Slack SDKを利用して、上図のようにSlackポストするだけになります

Puppeteerの可能性。

実際に使ってみるとよく分かりますが、ヘッドレスChromeとPuppeteerの組み合わせはとにかく楽です。

その上、Dockerと組み合わせることで、ポータブルなパッケージにすることも可能であるため、ちょっとした業務ツール作成などにもぴったりだと思います。実際にこの後、業務デバイスをエミュレートしてスクリーンショットを撮るツール作成したりと大変活躍しています

このあたりに関しては、色々と知見が溜ってきているのでどこかで纏めて公開できればと思っています

それではまた。

2018-02-13 バレンタインの前日

結婚、起業、出産

21:26 |

2017年の末は結婚起業、そして出産の3のイベント同時多発的に行われ、忘れられない大きな節目の年になりました。

どれも自分にとって今後の人生を変えるイベントですが、今回はその中の結婚出産について語りたいと思います

結婚

まずは結婚についてです。

結婚とは、一般的婚姻届を提出する、あるいは結婚式を挙げることを意味するかと思います。そして、多くの人がその両方を行いますが、婚姻届を提出すると、どちらかの姓が変更されてしまうため、姓を変更したくない人からすれば、残念ながらわざわざ届出をしたくなるものではありません。

また、法律を調べた限りでは、夫婦2人だけの場合婚姻届を出さなくても、デメリットとなることはほとんどないため、入籍事実上世間体のためにあるようなものであるという結論に至っていました。

しかしながら、子供が出来るとなると話は別です。

例えば、婚姻届を出さずに子供が生まれたとき、その子供を僕の子であると認めた上で、自分の姓を名乗らせたい場合事実上裁判所調停を行わねばならず、いきなりハードルが上がります

調停を経ずに認知する方法として、最も手軽なものは、婚姻届を提出後に離婚届をすくま出すことです。ただしこの場合、もれなく戸籍バツが付くこと、また親権はどちらか一方のみとなるため、気になる人にとってはあまり好ましい手法ではないかもしれません。

また、この方法場合は、子供が生まれるために婚姻離婚を繰り返さなければならず、その度に各種免許法務書類などの書き換えが必要になるため、それなりの時間お金コストを支払う必要もあります

さて、そこまで面倒な方法検討したり、また調べたりする必要があるがあるのは、ひとえに夫婦別姓が認められていないからに他なりません。

最近では、サイボウズの青野さんの国に対して訴訟を行なっており、大変応援するところでもありますが、国では、夫婦別姓以外の方法として、旧姓併記のような方法検討していることが伝えられています

しかし、この方法では、残念ながら姓を変えたくないという人にとってなんら解決になっていません。

こと、コストに関しては、青野さんの訴状理由資産名義変更による課税コスト)だけでなく、行政システム夫婦別姓ではなく、旧姓併記対応した場合の開発コストも膨大との試算が明らかになっており、別姓を認める方が目的コストの両面で優れています

さて、ここまで婚姻夫婦別姓について私見を語ってきましたが、結局、僕がどのような選択をしたかについてですが、答えは『相手の姓を変えさせた』になります

理由としては、子供が生まれた上で、お互いの姓を使い続けるのであれば、婚姻から離婚の方が生まれてすぐの子供が自分の子供になるため、保育園入園手続きなどを考えると、調停よりま手続き面で容易であることが大きな点です。

そして、称する姓についての選択は僕の姓にしたのですが、これは結局のところ自分だけの希望ではなく、男1人の長男である僕の両親の希望を鑑みた判断となります

まり一種の古い仕来たりのようなもの判断を後押しさせたところがあり、夫婦別姓に対する反対意見根本的に似た部分があるため、なんとも後ろめたい気分があるのですが、それよりも何よりも、最も重大な事実としては、本心として望んでいない相手の姓を変えさせてしまつまたという事実は、僕の中で罪悪感と呼んでも差し支えないくらいの心傷を残しました。

本来幸せであるはずの婚姻は、実際に行ってみると、後ろめたさと罪悪感を感じるものであることであることが分かった出来事でした。

起業

次は起業についてです。

僕は2010年最初起業をしていますが、2015年に買収を受け、2016年役員も退任しました。そして、2017年11月に2度目の起業しました。

今回の起業は、まったくの一人で始めた起業で、ホームページもまだありません。別に秘密裏というわけではありませんが、とくにまだ表に出せる情報もないので、ここでは詳細は語りませんが、非常に意義のある面白い事業だと思っていますので、いつかみなさんに発表できる日を楽しみにしています

ちなみに、一人なのでぶっちゃけ売り上げが立ったり、他のメンバーが加入するまで登記する必要はなかったりするのですが、当時はまだ生まれてなかった子供保育所の申し込みの関係で、時期を早めて登記した次第です。

世の中には自分起業しないと、社会的無職になってしま人間もいるのですよ。

出産

最後出産について。

もちろん生んだのは僕ではありませんが、母子共に健康にめでたく無事に第一子を授かることができました。

結婚願望というのは、昔からまり強く持つことはありませんでしたが、子供は昔から欲しいと願っていたので、自分にとって最愛パートナーとの間に無事に子供をもうけることができてとても幸せです。

妻の入院時は、基本的毎日から病室に面会に行っていたため、おそらくナースの方々には、夜の仕事をしている人、あるいはヒモのように思われていた可能性があります

現在は1ヶ月検診も無事に通過して日々、元気に育ってきています。今後、どのような成長を見せてくれるか楽しみながら、頑張っていきたいと思いますので、みなさま宜しくお願いします。

欲しいものリスト

例によって、欲しいものリスト作成しましたので、もしお祝いしてくださる方がおられましたら、宜しくお願いします。

http://amzn.asia/fU8rtC7

父と娘

<< 2018/12 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Connection: close