Hatena::ブログ(Diary)

Tomのブログ

2011-10-17

PM-950の修理  −ご臨終です。−

| 05:27

おはようございます、Tomです。今週末、修理中のプリンタの部品取りジャンクがなかなか到着しないので、土曜日、気分転換にYAMAHAのAX-900なるアンプの修理を行いました。結果はまずまずで、非常にストレスが解消されました。そして、昨日の夕方、ヤフオクで1800円で落とした待望のMP-950が届きましたので、本日は、その結果を報告します。

<修理の方針>
まず、いつもの様に修理の方針を決めます。基本的な考え方は、どちらかを救うという考えです。
1.まず新しいプリンタが修理可能かどうかを見極める。若し可能なら、そちらを修理し、無理に旧プリンタに部品を移植しない。
2.旧プリンタの故障の原因は何なのかを見極める。
3.新プリンタの修理が不可能な場合は、旧プリンタと組み合わせ、1つのプリンタを作る。
4.もし、可能なら旧プリンタの原因を追究し、2個修理する。


こんなところでしょうか?それでは、早速修理の報告をしたいと思います。

1.これが新しいプリンタです。
 昨日の夕方、やっとプリンタが到着しました。(出品者の方は、休みの日で無いと発送が出来ない事を最初から仰っていたので、問題は無いんですが。)箱を開けると、結構綺麗です。これは、あまり使用していない『上物ジャンク品?』(笑)。

f:id:tomtom1ono:20111016201533j:image

2.故障の内容は?
 ジャンクの内容は、エラー『6A00』と言うのものです。早速ネットで調べてみると、プリントヘッドのクリーニングユニットの汚れ、又はパージユニットの動作不良と言う事です。皆さんは、そこに詰まった紙w取り除いたり、クリーニングのブレードを掃除する事で簡単に修復しているようです。これなら、新プリンタの方が程度は良いし、マシンを痛めないで直せそう。方針の1の合致しそうです。楽しみ!

f:id:tomtom1ono:20111016201620j:image

3.クリーニング部の掃除をしてみる。
 早速、綿棒とアルコールでクリーニングブレードを清掃しようと思いました。ところが、クリーニング部まで遠くて、Tomのデカイ手では、どうしようもありません。


f:id:tomtom1ono:20111016202132j:image
そこでマイナスドライバティッシュを取り付け、アルコールを浸み込ませてクリーニングする事にしました。
f:id:tomtom1ono:20111016203431j:image

これは、なかなか良くて、ブレードが綺麗になりました。そこでまた電源を入れて確認。ところがいくら綺麗にしても『6A00』のエラーが直りません。だんだん厄介になってきたぞー。

4.結局分解
 これは、若しかするともう一つの原因である、パージユニットの動作不良かもしれません。この状態では、それを確認できませんので、結局バラす事に。やれやれ・・・。
ここまでバラせば、全てが見通せます。
f:id:tomtom1ono:20111017030044j:image

5.原因は、パージユニットの動作が重いため
 何度も、電源を入れて、エラーになるまでの状態を観察しました。結局原因は、パージユニットの摩擦抵抗が非常に高く、動作が出来ない状況の様です。ギアやレールにシリコンオイルを塗布して、ずいぶんスムーズに動くようになり、時折イニシャル動作を最後まで出来ることがあり、やったーと思いましたが、やはりどこかに渋いところがあり、突然非常に重くなり動かなくなります。これでは、直りそうも無いので、方針を替え、方針の3番の旧プリンタとの組み合わせを実施したいと思います。
f:id:tomtom1ono:20111017030058j:image

6.2台をマージする前に・・・・
 そうそう、2台をマージする前に、方針の2番にある旧プリンタの故障の原因解明する。というのがありました。現状では、電源か?それとも基板か?と言う事になります。基板はこれからマージする事で判りますので、まず電源を調べました。結果、電源は問題無しと言う事がわかりました。やはり最初は、中途半端な電圧ですが、電源がONになると、ちゃんと30Vレベルの高い電圧に変化します。

7.旧プリンタと新プリンタのマージ
 さて、いよいよマージです。新プリンタは、メカがNG、旧プリンタは基板がNGという具合に、うまくお互い補完関係にありましたので、新プリンタに旧プリンタのメカを乗せる事にしました。

 1)まず、新プリンタの基板を外す。
f:id:tomtom1ono:20111017031705j:image

 2)次に旧プリンタに新プリンタの基板を取り付ける。
f:id:tomtom1ono:20111017032431j:image

 3)電源は新プリンタを使用し、電源ON!
 結果、旧プリンタと同じ症状で、電源が入りません。
 さてこれは困った・・・・。

8.ヘッドを交換する。
 全く電源が入らないと言う事は、アクチュエータが悪くて、電源が入らないと言う事になります。若しかして、ヘッドがいかれているのか?と思い、ヘッドを交換する事にしました。旧プリンタのメカに新プリンタのヘッド載せます。どっちがどっちだか・・・。
f:id:tomtom1ono:20111017033210j:image

9.ヘッド交換後電源ON!
 さて、ヘッド交換後いよいよ電源を投入します。若しかして生きているか?電源ON!『おおー!』電源が入りました。ところが、今度は『6500』のエラーになりました。
また早速ネットで原因を調べると、どうやらサービスマンエラーのようで、基板が不良となり、基板の交換を要求しているようです。
f:id:tomtom1ono:20111017033402j:image

10.試しにリセットをかけてみる
 インクの組み合わせもおかしくなったため、試しにカウンタリセットをかけてみました。
 でも、画面は下記のようになり、操作パネルのエラーが点滅しています。やはりリセットの前にエラー6500を優先している様です。
f:id:tomtom1ono:20111017041955j:image

11.ご臨終です。
今回の修理で判った事は、旧プリンタの故障の原因は、まず、プリントヘッドがショート状態で故障、その結果ドライバを破損。そして、電源が入らない状況に陥ったを思われます。そして、現状は、ヘッドが復旧しましたが、ドライバがNGでサービスマンコールと言う事になり、最終的には、2台ともご臨終です。
読者の皆さん、期待をされてご覧頂いていたと思いますが、今回は修理出来ませんでした。ごめんなさい。まさか、ヘッドが壊れていたとは・・・・・。
これで、捨てる覚悟がつきました。ヤフオクの1800円はまあ、付属のインク代と勉強代と思い、諦めます。

s451231s451231 2011/10/17 18:19 こんばんはm(__)m

tom様が手を入れても、治らないなんてキャノンのプリンターもつわものですね。
tom様くらいのレベルの方が勉強もあるのでびっくりしました。

自分はコントロール基板コンデンサOSコンにして音が出ない時はかなり焦りました(笑)。

オシロスコープのご教示、楽しみにしていますm(__)m

tomtom1onotomtom1ono 2011/10/17 22:14 s451231さん、コメント有難うございます。
私はまだまだ勉強をしなければなりません。それだけでなく、回路図も何も無い状態で、チップ部品と細かいパターンだけでは、回路を追いかけられませんでした。今回は、諦めます。

オシロスコープは、修理にとても重要な計測器です。中古で十分ですので、安いの持ってた方が良いと思います。ちなみに私のは、20MHzという非常に遅いものですが、これでもオーディオの修理には十分です。

papapapapapapapa 2012/05/27 18:58 こんにちわ。ブログ拝見させてもらってます。MP950は、もう捨ててしまったのでしょうか・・・
先日MP950のヘッドを洗浄した際に取り外したヘッドのゴムを子供がどっかにもって行ったらしく・・・紛失!!!(泣)
もし、tomさんまだMP950持っていたらゴムだけ譲っていただけないかと・・・

tomtom1onotomtom1ono 2012/05/27 19:40 papapapa様、はじめまして、コメント有難うございました。
ブログを見てい頂き、大変ありがとうございます。
残念ながら、MP-950は処分してしまいました。良いマシンでしたが・・・残念ですね。
これからもよろしくお願い申し上げます。

papapapapapapapa 2012/05/29 18:57 やっぱりそうですよね。
どうにかジャンクのヘッド探してみます!
ありがとうございました

tomtom1onotomtom1ono 2012/05/29 21:20 papapapa様、コメントありがとうございます。
協力できなくて申し訳ありません。昨年の出来事であり、年賀状を印刷するために新しいプリンターを購入し、古いものは処分してしまいました。
もともとジャンク品で1000円で購入したものですし、結構使用しましたので、十分活用させていただきました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tomtom1ono/20111017/1318796831