Tomute’s Notes

2008-12-19

[] ペイントのデフォルトの保存形式をBMPから変更する方法

Windowsに付属するグラフィックソフトウェアのペイントは、Windows Vistaではデフォルトのファイル保存形式がJPEGなのだが、Windows XPではビットマップである。

で、毎回JPEGとかに保存形式を変更してから保存するのが面倒だったので、何か方法が無いかなと思って調べていたら、ちょっと強引だけどあった。そのやり方は以下。

  1. ペイントを起動する
  2. 何も編集せずに「名前をつけて保存」を選択
  3. ファイル名は「無題」のままで、ファイルの種類をJPEG等(デフォルトの保存形式にしたい物を選ぶ)にして「保存」ボタンを押す
  4. スタートメニューのペイントのショートカットを右クリックしてプロパティダイアログを起動
  5. ショートカット」タブの「リンク先」を編集して、先ほど保存したファイルを指定する。(例:%SystemRoot%\System32\mspaint.exe "C:\Documents and Settings\username\My Documents\My Pictures\無題.JPG")

以上で作業は終了。これでスタートメニューからペイントを起動すると、無題.JPGが開かれた状態で起動するので、キャプチャした画像等を貼り付けて別名で保存する場合には保存形式がJPGになる(上書き保存しないよう注意する必要有)。

参考:no title

2008-12-15

2008-12-12

[] Windowsターミナルサービス関連のメモ

ターミナルサービス

 ターミナル・サービスは、サーバ上に仮想的に構成されたWindowsデスクトップを、クライアントPCから利用して、サーバ上のアプリケーション管理ツールなどを実行するための機能。

 利用するWindowsデスクトップは、あたかもクライアントPC上で動いているかのように表示され、クライアントPC上のWindowsデスクトップを操作するような感覚で、サーバ上のアプリケーションを操作できる。

ターミナルサーバ

 ターミナル・サービスを提供するサーバのこと。

ターミナル・サービス・クライアント

 サーバ上に仮想的に構成されたWindowsデスクトップを、クライアントPCから利用するためのクライアント。具体的には「リモートデスクトップ接続」という名称のアプリケーション


参考:より実用的なサーバ・コンピューティングに向けて強化されたターミナル・サービス(前編)(1/5) - @IT

2008-10-24

[][] Winsockを使ったプログラミングに役立つサイト

最近久しぶりにちょっとWinsockを使ったプログラムを書いたのだが、その時に参考にしたサイトを纏めておく。

2008-04-28

[] Windowsのバッチファイルでのループ処理

Windowsのバッチファイルで簡単なループ処理を書く場合以下のようにする*1

(1,1,10)の部分は1から1刻みで10までループするという意味。

for /L %%i in (1,1,10) do echo %%i

*1:%%と記載するのはバッチファイル内に書く場合で、コマンドプロンプトに直接入力する場合には%で良い