東風記録帳 RSSフィード

2008-01-10 (Thu)

[][]Fate/Zero 4巻買いました。読みました

月曜日22:00に購入。

寝る前に読み終えたいという無茶な目標を立てるも、翌04:30に力尽きて断念。ちなみにこの火曜日は普通に仕事。2時間だけ寝た。

そしてまた火曜日の夜に続き。水曜日03:00ごろ無事に読み終える。もちろん水曜日も普通に仕事。


そんな1週間でした。


[][]で、Fate/Zero 4巻感想

3巻のときと同様、自分的にはすばらしい速さで入手(げっちゅ)したことになっているのですが、やはり世の中的には出遅れなのだろうか。

……出遅れですよねー。


まあそれはいい。ちょっと私も感想を書いておこうと思います。物語ネタバレあります。




1巻巻末(だったかな?)でウロブチ御大がおっしゃっていたとおり、Fate/Zeroはほとんど救いのない物語でした。Fate/stay nightで各登場人物が抱え込んでいた事情を思えば、それは頭では理解できていたはずのことなのだけれど。

正直、予想以上でした。


しかし、だからこそ、Fate/stay nightが改めて光ってくるように感じます。

息を引き取る間際の切嗣の「安心した」という台詞にこめられた真意、「正義の味方」という勇ましい言葉に潜む空虚さ、第5次聖杯戦争でセイバーが聖杯に託そうとしていた願い。

このあたりの、stay night単体では少しわかり辛い部分に、分厚いリアリティが与えられた感じ。Heavens Feelルートで大事な人より正義の味方であることを選んで某エンドに至ってしまう士郎が、Zero4巻冒頭の彼とダブって見えて仕方がありません。

Zeroとstay nightは、別人の手によるものとは思えないほど、ほとんど完全につながっていました。救いは、stay nightの中にある。


こんなことを書いてくるとZeroはstay nightの引き立て役みたいですし、それは正しいあり方だとは思うのですが、その立ち位置を崩さずにZero自体も輝いているのがすごいところ。

その最たるものはやはりウェイバーとイスカンダルのコンビですね。なんか「ダイの大冒険」のポップを思い出しました。救いのない物語の中の、一服の清涼剤です。

それともうひとつ、代行者の戦闘能力の高さや、ギルの圧倒的っぷりの描写も個人的には気に入っていたりします。

「この世全ての悪など、とうに背負っている」だっけか。言うだけのことはある。よく油断するけど。


堪能しました。


それでもあえて苦言を呈するならば、言峰が凛に服を送るシーンがなぜないのか、と。

心待ちにしていたのに。

2007-07-30 (Mon)

[][]Fate/Zero 3巻

いつもいろいろと出遅れる私にしては異例の速さで入手。

んで、読んでます。んー、もう寝る時間なんだけど。


ところで冒頭カラーページの、エクスカリバーの説明が納得いかないんだけど……。

誤植なのかな?

それとも、何か意味があって、どこかで語られてたりするのだろうか。

2007-06-28 (Thu)

[][]知らないうちにこんなところで人気投票が

乗り遅れたけど。

http://q.hatena.ne.jp/1183004172

桜けっこう人気あるな!

それはそれで嬉しくもありますが、Fateにおけるマイベストが凛なのは3年前から変わりなし。

2007-04-24 (Tue)

[][]凛・桜・イリヤのドイツ語教室

PC版stay night(リンクはDVD版)をプレイしていた当時見つけて、面白がっていたサイト。

http://www3.plala.or.jp/takayuki/fate/fate.html

去年のうちにさらに少しコンテンツがパワーアップしていたようです。

PS2版はどうなんだろう。

気にはなるけれど、呪文詠唱時ってたいていストーリー的に盛り上がってるときだから、初回プレイではチェックする余裕などなく進めてしまいそうな予感。

2007-04-23 (Mon)

[][]というわけで(何が)

Realta Nuaいきなり開始!

とはいえまだ始めたばっかり。プロローグ途中です。

しかし凛の声のミュート解除はお約束。アニメも事前の情報収集も全然してなかったから初めてみんなの声を聞きますが、結構いい感じです。猫かぶりモードの凛と美綴の会話は、友人同士にしてはちょっと堅苦しい雰囲気じゃね? と思ってたのですが、ボイスがいい感じでかなり自然な雰囲気に思えます。

あ、慎二(ワカメ)が出てきました。ヤツを見ると思わず笑ってしまうのはホロウのせいです。