関西からアジア、セカイへつながる日記

2015-12-23

【今年1年総括】

13:07

東京に来て、約1年。


オプトは11月で退社。

退社理由としては、これからIoTやセンサーなどで世の中が変わるまさにカンブリア期に入る時期に、何もできないというのが自分の人生のリスクだと思い、退社しました。



12月からは8月あたりに桐生市ドローンアドバイザーに就任したり、11月中は、大手企業さんなどに呼ばれ色々話をしたりと、これから来るカンブリア期に、ぼくの経験が活かせるという話をよくいただいていてこれからワクワクしてる最中でもあります。


これからここでブログ続けるんで、よろしくです!



ワードプレスブログを作ったんだけど、あまりにも管理がしづらいのでやめます。こちらのはてなブログで書くんでよろしくおねがいします。


■完全感覚Dreamerで、来年スパートするっぞと!

D

2014-05-11

【はてなブログを引越ししました http://yastono.com/】

01:40

ブログを引越ししました。

こちら。

http://yastono.com/

Yasunori Tonookaをyastono.comに。


ウェブデザイン良くしました。

あとは、ちょっとブログのテーマもしっかりするようにするので、GPSとか未来の技術とか専門性のあることとか書くようにします。

よろしくです!

2014-04-24

【海外のアーティストから見た日本、アヴリルのハローキティで思った事】

19:57

いま、このアヴリルラヴィーンの『ハローキティ』のミュージッククリップを見て、ふと思ったこと。

これね。

D

見た感想。

 Kawaii』押しで無表情の日本人ダンサーでみんな同じに見える。

⊆りの雰囲気は『ピンク押しのグッズ』で囲まれている。

どっかで見たミュージッククリップだ。


アヴリル世代から見える海外の日本の良さって、たぶんこの『Kawaii』のイメージなんじゃないかな。



いま思い出した、このミュージッククリップを見たら、約10年前も似たようなものを見たなぁと。

D

こっちはスーパーKawaiiだ。


時代は繰り返す。

2014-04-15

【映画『LIFE!』ではなくディズニーの『アナと雪の女王』を見る】

22:34

つい最近、映画を見た。



『LIFE!』を見ようとしたが、タイミングあわず、ディズニーの『アナと雪の女王』にした。


見終わった感想95点。


トイストーリー3』には負けるが、かなりよかった。


アナと雪の女王』は、いままでのディズニー映画と中身が違うんだよね。

プリンセスがプリンスと結ばれるありきたりなディズニー映画ではないんだよな。

このあたり、下の動画が説明してくれてる。

D


あとは、youtubeの主題歌のビデオクリップがいい効果だしてる。

色々なパターンの主題歌『Let it go!』はカバーもあわせてたくさんの動画がyoutubeで見れる。

ネットでみた情報だけど、ディズニーは『Let it go!』に関しては、カバーを極力許して口コミをかなり狙ってるらしいとのこと。

ざっと見たところだけでも、色々な主題歌のパターンがある。劇中とエンディング。そして、各国際ヴァージョン。カバーも、すごくいいのも出ている。自然に、歌いたくなるこの主題歌。おそらく、タイタニックの主題歌超すくらいの勢いだ。


次回作も、いい作品を出すであろうディズニー映画はかなり期待大である。

アメリカ版主題歌(劇中)

D

■日本版主題歌(劇中)

D

アメリカ版エンディング

D

■日本版エンディング

D

アメリカ版カバー曲

D

2014-03-25

【会社移転しました!】

20:21

会社移転しました。

場所は、『京都クロスメディアクリエイティブセンター(KCC)』で、

烏丸御池駅から2分くらいの場所にあるところです。

http://kyoto-kcc.jp/

近くにきたら、よってください。

ボク自身、そこにはいない率のが多いかもしれないけど、もしいたら、お茶しましょう。


それにしても、この頃、魅力的な人に会う事がおおい。

みんな共通していることは、自分を持ってるという事。みんなとんがった才能があるから話していてすごく面白い。時には衝突することもある。でも面白い。


いつもそこで思う事がある、魅力的な人は、どんな風景を見て、どんな体験をして、人間形成したんだろうって。

そんなことを初めて会った人とかに、このごろ思うことが多い。ときどき、ふと面白い妄想もしてしまう。おそらくモノを作るクリエイターは、妄想を形にする職業だから、よく妄想してるんじゃないかなとふと悟ってしまった。


もうそろそろ4月。ここKCCでどんなことが起きるか、もちろん誰もわからない。でも、ここちよい春の京都の風を感じながら、楽観的に成功をつかもうと思う。


妄想といえば、この映画。近いうちに見るので次のブログは、この映画の感想を書こうとおもう。

D