もっと!とんたんの学び合い帳 Twitter

こんにちは。福島県郡山市の小学校教諭の「坂内智之」です。「学び続ける子どもたち」を合い言葉に「織り重ねる学び」の授業を作っていきます。授業の様子や子どもの様子、教育についての考えなどを書き込みたいと思います。 連絡・問い合わせ・お願いメールは manabiaiとgmail.comを@でつないでください。

2016-07-16

予告第7弾

僕が中学2年生の理科の授業も受け持った時、生徒が「理科が分からない」という障壁を見つけました。それは小学校の算数と強く関連している内容です。小学校の算数でも多くの苦手意識を持っているのですから、関連する中学校の理科で躓くのは当然なことと言えます。

しかし、中学校の先生方は自分の教科が垂直にはどのように関連してきているかは知っていても、水平方向の関連性を感じ取る力は、小学校の教師よりも低いのものなのです。

しかし、中学校の教師も、これからはより一層、教科を水平方向の関連させていく力が求められていきます。アクティブ・ラーニングとはこうした教材感の上に乗るものだからです。もし、中学校の教師が「教科」という枠を取り払い、カリキュラムを融合的に行えたとしたら・・・

それこそが、これからの日本の教科教育の新しい概念となっていくことでしょう。ぼくらみゆき会は、そうした未来を予測し、実践しているのです。

予告第6弾

みなさんは「カリキュラムマネジメント」という言葉を知っていますでしょうか? 現場の多くの教師は、まだこの言葉を知らないと思います。

「カリ・マネ」には、3つの意味合いがあります。

1つ目はPDCAサイクルによるカリキュラムの適切な評価と推進。

2つ目は地域・人材・モノなどを学校カリキュラムに組み込むこと

そして、3つ目が、教科横断的な学習構成です。

みゆき会が数年前から取り組んできた、インタラクティブカリキュラムというのは、まさにこの3番目の内容になります。ですから、僕らみゆき会では、僕らの実践を文科省に合わせ、「カリキュラムマネジメント」と呼ぶことにしました。

では、僕らの実践するカリキュラムマネジメントといわゆる横断的なカリキュラム構成とは一体何が違うのでしょうか?

それは一言で言うならは「機会」なのです。

予告第5弾

車好きで僕の年代の方なら「よろしくメカドック」という漫画をご存知かと思います。1980年台に少年ジャンプに掲載されたチューニングショップの風見準の物語です。0−400などが有名になったのはこの漫画の役割が大きいかと思います。

この漫画の最終章では、新規の自動車メーカー「三戸」で開発中の「MITO NEO」のさらなる開発を兼ねたレースが展開されます。主人公とライバルの那智、そしてコンピュータ好きの新たなライバル五十嵐が競い合います。五十嵐はさらなる速さを求め、ターボチャージャースーパーチャージャーを装備し、風見と那智を追いかけます。しかし、追いつくどころかどんどん引き離されていきます。一体どんなチューニングをしたのかと、三戸の社長が風見と那智仕様書を読んで驚きます。全く過給器はつけておらず、ジオメトリーとホイールベースの再構成だけでした。数々のチューニングによってレースをしてきた二人が、最終的に選んだ究極方法は、「追加」ではなく「再構成」だったのです。

僕らみゆき会の授業は、まさに風見、那智と同じ戦略です。授業に新たなものを追加しなくても「再構成」だけで圧倒的な力を生み出します。学習の仕組みを理解できれば、各教科・各教科書の持っているポテンシャルを数倍に引き上げることができます。これまで、ぼくらはこの仕組みを「インタラクティブカリキュラム」という造語を使っていました。そして今、時代に合わせて文科省が使い始めた「カリキュラムマネジメント」という言葉の乗っかることにしました。僕らの学習に対する答えはとても簡単です。探し求めてた答えは眉間のあたりにあったのです。

これが僕の教師として2つ目の大きなブレイクスルーでした。

予告第4弾

算数の教科担任制をやってみてびっくりしたのは、可能な限り毎日のように算数の授業をやっているのにも関わらず、3月までの時数が不足気味になったことです。

中学校の教師には信じられないかもしれませんが、小学校の教師は時数がどんぶり勘定なのです。運動会の練習の時間が足りないから明日の4時間目も追加で練習するとか、卒業式の呼びかけが下手だから、明日は2時間練習するなどなど。また、思い入れのある教科や単元にはどんどん時間を投入して、他の教科の時数が削られるなんていうこともあります。

こうしてどんどん授業の時数は削られていきます。そのあおりを最も受けるのが「道徳」や「総合的な学習」や「特別活動」なのです。もちろん他の教科も例外ではなく、授業の時数が削られることで授業の内容はやせ細っていきます。

まあ、こうしたことは小学校の実情としてしかたないことでもあります。なぜなら小学生という年齢層からして「初めて」ということが学校にはふんだんにあり、予想外に時間がかかってしまうものなのです。しかし、だからといってこのままでよいとも思えません。行事は山のように押し寄せてきます。

みゆき会の授業実践は、授業時数にとても余裕が生まれます。余裕が生まれるからこそ、とことん追求できるのです。

しかし「質、量を求めても時数には余裕がある」こんなこと本当に可能なのでしょうか?

予告第3弾

教育書の多くは教師側から見た子どもの世界です。では子どもは一体どのように授業を見ているのでしょう。みゆき会では、震災時にこども未来会議を開き、子どもが教師や親(保護者)に何を求めたいか、どのように学びたいのか話し合いました。

僕らの実践は常に「子どもの側」を意識しています。これを即時フィードバックしていくことで、授業を安定的に運営していくことができるのです。子どもは何に戸惑っているのか、そんな戸惑いにどんな手を差し伸べられるのか。僕らはそれらを「教師という人としての能力」にすべて依存させるのではなく、システムとして緩やかに誘導していくことを考えてきました。そうしたシステムの先にこそ協同的な学びがフィットするのです。つまり協同的な学びとは、それに対応したカリキュラムがあってこそ、本領を発揮できるのです。しかし、多くのカリキュラムは教師側の視点から放たれるものばかりです。また、「授業」という同じ時間を共有しても、ベテラン教師と新米教師では授業の見方が異なりますし、学習の上位と下位の子どもでは別の時間が流れているのです。

若い教師からも子どもの側からも「学びの先が見える」そんなカリキュラムが今求められているのです。

予告第2弾

震災前、僕の授業を参観に来たある大学教授に徹底的な批判を受けました。最初は僕もムキになって反論していたのですが、彼が「『ではどうそ!』で子どもが学ぶようにならば教師なんていらない。そこらのおっちゃんでもいいはずだ。」という話を聞いて「ああ、この方は授業の本質的なことはよく知らないのだな」と思って、そこで反論するのが馬鹿らしくなってやめました。

その一方で学びの共同体『学び合い』に対する批判には「ごもっとも」と思うところが多々あったことも事実です。中でも授業の課題は共同学習における研究が最も弱いところです。これは学びの共同体でも同じです。学びの共同体の研究校時代、僕と同僚(今でも尊敬しているすごい実践家ですが)とで授業公開の3分前まで「本時のめあて」を悩んでいたことがあります。共同学習では学習のめあてが授業の「肝」となります。そして、共同学習をする者なら誰でもその難しさを実感していることでしょう。また『学び合い』における「教科書の〜ページのことが分かる」という課題は、確かに20代前半の教師の実力なら良いかもしれませんが、30代以上の教師が示すレベルではありません。

では共同学習を進めていく上で、我々はこの「学習課題」をどのように設定していけばよいのでしょうか? みゆき会の授業実践は、共同学習が目指していくべき一つの道筋を照らしていくこととなるでしょう。僕らの授業に一つ一つの課題はありません。より大きな視野と成長を見越した授業を「連続的に」行っているからなのです。

予告第1弾

さて「究極の授業」とはなんでしょう?

僕の考える究極は「教科の解体」です。そもそも教科というのは教える側に立った者が教えやすくするためにカテゴリー分けをしたものにすぎません。ではどんな授業が理想なのか、僕はこのことについて20年以上ずっと考え、練り上げてきました。僕みたいな飽きっぽいイノベーターが20年以上も考えているのは、それだけ奥が深いということです。膨大なファクターをどのように統合してシステムとして流せばいいか? そしてその効力とは? こうしたことをずっとずっと考えてきたわけです。こうしたことが「矛盾なく」システムとして統合できるようになったのはここ4〜5年ほどです。そしてブレイクスルーの答えはいつも額の上にあるものです。その仕組みが分かれば、授業は変わります。そして子どもの力は圧倒的な飛躍を見せます。その一端が「書く力」です。「みゆき会」のクラスの子どもは日本トップレベルです。しかも、学習指導要領にも、どこの学校の教育課程にも矛盾しない授業です。しかもたっぷりと勉強できる時間があります。でもこんな魔法のようなこと、本当に可能なのでしょうか?

2016-06-04

そろそろ再起動しようと思います

Facebookに主軸をおいているのでブログを1年ほど休眠しておりましたが、少しずつまた書き出していきたいと思います。

2015-08-06

『学び合い』を学ぶということ

僕は今は『学び合い』を看板に掲げている教師ではないのですが先日フォーラムにお呼びいただいたのでお礼に何か参考になることでもと思い、ちょいと書きます。

 

フォーラムの分科会を全て覗いたわけではないのですが、分科会が多様であってとても良かったです。その一方で多様であるということは、その一つのベクトルとして、レベルもまた様々な段階があるとも言えますよね。これを「Millerのピラミッドモデル」で表してみます。

 

1.knows   『学び合い』を知っている

2.knows how『学び合い』のやり方を知っている

3.shows how『学び合い』の授業実践を他者に見せることができる

4.does 『学び合い』を持続的に実践できる

こうなると思います。みゆき会での分科会はこのピラミッドの一番上の『学び合い』を対象とした発表を行おうということになり、「なぜ『学び合い』は崩れていくのか」という題名で、持続していくためには何が必要なのかというところを明確にしていこうと考えていました。

 

武田さんの講演会の時に隣に同席した方は「はじめて『学び合い』を学びに来てみました」と仰られてたのですから、フォーラムが終わると1のレベルになりますよね。

 

1〜2のレベルの方は、各地で行われている研究会や凄まじい勢いで出版されている本など、学ぶなど環境は整いつつあるようです。

 

レベル3では、自分の授業実践を「誰にでも」見せられるという領域です。それは自分を理解してくれそうな授業実践仲間だけではなく、管理職や教育委員会の指導主事にも「きちんと見せられる(納得いただける)」という意味です。

レベル4では、持続可能モデルで、ある教科だけとか、ある単元ではやる・やらないのレベルではなく「よどみなく」実践できるということです。

 

実は僕はこの上にレベル5の段階があると考えています。

それは「Internalized」(これでいいかな? 英語苦手なのでニュアンスが違う時には教えて下さい) つまり内在化して説明できない状態、身体に染み込んでいて自分の思考と行動をうまく分離できないという状態です。

みゆき会の古田さんや高橋さんの授業レベルになるとこうなります。ですから、言葉にすることがとても難しいのです。分科会では僕に高橋さんの奥底の無意識を言語化して欲しいという依頼をいただきましたので、あのようなドン引きするくらいの恐ろしいツッコミをしていくことになったのです。

 

何事にも自分がどのレベルの段階にいるのか、そのポジションを正確に把握しておくことが大事です。ポジションが分かると次に自分は何をすべきなのかよくわかるようになると思います。まあ何かの参考にでもなれば。

3年2組3年2組 2016/03/07 00:45 ふと先生を思い出しネットで調べてみたら出ました。
小学生の親になってみて小学校で学ぶべき事の重要さを痛感しております。
家庭まかせ学校まかせでもいけませんが当時を振り返ると今の子達よりも多くの学ぶべき事を学べていたのではないでしょうか!?
子供らしくあれば良いと思い自分は子育てしていますが、それがまた難しいです!
私が小学生だった頃の授業の様に自由にとはいかないでしょうが頑張って下さい!
もっちゃんより

3年2組3年2組 2016/03/07 00:45 ふと先生を思い出しネットで調べてみたら出ました。
小学生の親になってみて小学校で学ぶべき事の重要さを痛感しております。
家庭まかせ学校まかせでもいけませんが当時を振り返ると今の子達よりも多くの学ぶべき事を学べていたのではないでしょうか!?
子供らしくあれば良いと思い自分は子育てしていますが、それがまた難しいです!
私が小学生だった頃の授業の様に自由にとはいかないでしょうが頑張って下さい!
もっちゃんより

tontan2tontan2 2016/03/08 20:55 おおっ もっちゃん!

力もなく、めちゃくちゃやっていて、そしておバカだった教師でした。でも今よりもずっと自由で面白いことをやっていたかもしれませんね。
最初に担任したもっちゃんたちは、やぱり先生の特別な思い出なんです。
もっちゃんが、かぼちゃの絵で市のコンクールで金賞を取ったこともちゃんと覚えてますぜ!その絵もね。

子育てではしっかり同世代(7歳・3歳)です!どうぞよろしくね!

お返事ありがとうございます!お返事ありがとうございます! 2016/03/09 07:35 まさかお返事いただけるとは思いませんでした!
お忙しいとは思いますが是非一度お話しして坂内先生のご意見聞いてみたいことあります!子どもと学校と家庭の関わり方など。
これからの先生のご活躍応援しております!

2015-08-03

潮流を感じた2日

『学び合い』のフォーラムに行ってきました。実は初めての参加です。

昨年のみゆき会で、Iさんに半分冗談で「『学び合い』のフォーラムも、みゆき会のブースを設けてくれるような心の広さが欲しいよね。」と話をしたら、今年はきちんと場を設けてくださり、会に呼んでいただけました。本当に本当に感謝です。お礼に「なぜ『学び合い』は崩れていくのか」という本気の話をすることに決めて、分科会を進めさせていただきました。

 

僕が4年前に『学び合い』に求めていたのは「多様性」でした。ただ当時の組織にはその多様性を受け止めるだけの器がなかったように思います。当時、もし上記のようなテーマで分科会を開いたならば、きっと非難する人の方が多かったことでしょう。でも僕は『学び合い』の成立には、多様性を受け止める力が最も大事だと考えていたので、それを受け止め、認められないことに嫌気がさしました。そういうこともあり、これまで距離をとってきました。

 

今回、僕らが上記のようなテーマでも話が快くできたのは、フォーラムの力が上がり、僕らのような異端な存在も許容できるようになったということなのだと思います。僕が距離を置いているうちに、多くの実践者が力を伸ばしてきたのでしょうね。そうしたことが分かって僕はとてもうれしくなりました。

 

そしてこの2日間に僕は日本の教育の潮流を実感しました。僕は目に見えるような教育の変革は20年後くらいだろうと予測していましたが、もう少しこれは早くなるようです。日本のような国は一旦舵を切ると速いのかもしれませんね。僕がこれから残りの教職年数でできることは何か、もう一度見直してみる必要があるのかもしれません。

 

また、講演された武蔵大学の武田信子さんとも、偶然とは思えないようなタイミングでコンタクトできました。ちょうど今年からコルトハーヘンのリフレクションを授業の事後研究会に取り入れることを決めていましたので、講演会の話から多くのヒントをいただくことができました。予想もしていなかった方向からつながるというのは、単に偶然なのではなく、僕はこれは必然だったのだと思います。これは情報が線ではなく、面で展開されてきていることによるものだと理解しました。

 

僕はこの数年、視野が狭くなってきたような気がします。東京では2日間で新しい潮流を眺め、そして新しい空気を吸い取りました。実りの多かった2日間でした。

長野のNです長野のNです 2015/08/03 19:45 ご無沙汰しております。
坂内先生とフォーラムって、正直結びつきませんでした(汗)。『学び合い』の様子も随分変わったようですね。あの場から離れて5年?、世の中の変化の早さに驚きつつ、日々の仕事を片付けるのに精一杯の自分の姿にがっかりする日々です・・・。

tontan2tontan2 2015/08/06 09:42 N先生
ご無沙汰しています。実はフォーラムの時にある方とN先生の話をちょっとばかりいたしました。N先生の方向性を伺ってとても嬉しく思っています。僕も4年ほど『学び合い』から距離を置いてたので、いろんな意味で新鮮でした。Nさんからまた切れ味のよいお話を伺いたいなと思っています!

2015-07-23

インタラクティブカリキュラムの特性とは

小学校の学級担任性が中学校の教科担任制に比べて優れているのは、子どもへのケアだけではありません。

 

学級担任であるということは学習の垂直方向の力が弱い(つまり教材研究の力が弱い)反面、水平面で学習を捉える・統合する力が強いと言えます。インタラクティブカリキュラムがその典型です。おそらく中学校の先生にはこうした発想はかなり難しいのではないかと想像できます。小学校の先生ならば「ああ、なるほど!」と捉えることができても、中学校の先生が他教科の学習内容に踏み込んで自分の教科を統合的に学ぶイメージ作ることは難しいことでしょう。

 

しかし、入試制度が変わり、教科統合的に学習することが求められるようになってくると、中高等学校の先生も今までのやり方では通用しなくなってくることでしょう。インタラクティブカリキュラムの実践は、学習を合科的統合的に面展開し、教科という枠に揺らぎを持たらします。

 

インタラクティブカリキュラムは小学校の先生ならば、すぐにでも実践し効果を上げられる技術ですが、僕はむしろ中高等学校の先生の実践に期待します。中高等学校の先生がこうした水平面での学習展開ができたら、もともと垂直的な深さを持っているわけですから、カリキュラム上の時間と合わせ、3次元的に学習を構造化することも可能になると考えています。

 

逆に小学校の教師は面で展開することで、必ず教材の検討、特性、目的にアプローチすることになります。複数の教科内容をマッチングさせていくためには、学習スキルに必ず戻らなければならないからです。

 

常にこうしたことを意識して授業をするかしないかで、学びの質が貧弱な授業か、豊かな授業かで差が出てくることでしょうね。