もっと!とんたんの学び合い帳 RSSフィード Twitter

こんにちは。福島県郡山市の小学校教諭の「坂内智之」です。「学び続ける子どもたち」を合い言葉に「織り重ねる学び」の授業を作っていきます。授業の様子や子どもの様子、教育についての考えなどを書き込みたいと思います。 連絡・問い合わせ・お願いメールは manabiaiとgmail.comを@でつないでください。

2017-07-23

小学校の学習のレベルを押し下げている原因とは? その1

僕は小学校の学力を押し下げている最大の原因は何かと言われたら「単元テスト」だと僕は答えます。

例えば国語のテスト

「・・・風がどうどうふきました・・・」

Q風はどうふきましたか?

A「どうどうふきました」

このレベルの問いは1年生だけではなく、6年生の国語のテストでも同じレベルなのです。つまり国語でその物語を深く学ぼうと学ばないだろうとテストには何にも反映されません。また上記のような問題は文脈を読み取ることなしに応えられるようになっているわけです。

また、理科のテストでは

Q春の木のようすを2つ選んで丸をつけましょう

A アとエ

4つの選択肢から2つ選ぶわけですから、デタラメにやっても確立は1/2となるわけです。理科の多くの設問はこうした確立1/2の問題で組み上がっています。つまり、4年生の理科を1年生がやっても、答え方が分かっていたらば内容なんて家計なく平均50点とれるということです。

全ての教材会社のテストを見並べても、似たようなもので差は殆どありません。なぜ教材会社はこのようなどうしようもないテストを作ってしまい、そして我々小学校教師はこんな質の低い単元テストを使ってしまうのでしょうか。(続く

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tontan2/20170723/p1