もっと!とんたんの学び合い帳 RSSフィード Twitter

こんにちは。福島県郡山市の小学校教諭の「坂内智之」です。「学び続ける子どもたち」を合い言葉に「織り重ねる学び」の授業を作っていきます。授業の様子や子どもの様子、教育についての考えなどを書き込みたいと思います。 連絡・問い合わせ・お願いメールは manabiaiとgmail.comを@でつないでください。

2017-07-31

子どものトラブルには首を突っ込まない

何度か書いたけどもう一度。

僕は1年生であろうとも子どものトラブルには余程のことがない限り組を突っ込みません。(余程というのは怪我をして医療機関にかかるなどすぐに保護者に連絡しなければならないようなことね)

どうしているかというと「そんなの自分たちで解決して」と話し合うことを促します。これは1学期1年生を担任してできたことですから、幼児でもできることですね。少なくとも年中くらいならできるんじゃないかしら。

基本的に教師は子どものトラブルに首を突っ込まないようがいい。どうしてかというと、首を突っ込んだ結果、本当の意味で解決しないばかりか、下手すると子どもは「先生はちゃんと話を聞いてくれなくて◯◯ちゃんの言い分ばかり聞いて叱られた」と、そんなことを言うわけです。子どもは相手が悪いと思っているわけですから、自分の不満がすっきりしない限り、本当の意味で解決していないのです。教師がどんなに大岡裁きをしたつもりでも、実は解決などしていないのです。

解決するというのは、相手の言い分も受け入れるということです。ですから話し合いが必要なのです。僕は当事者が「納得した」というまで話し合わせます。話し合うことは2点「なぜそうなったのか」「これからどうするか」です。こうしたことをすれば全てトラブルがなくなるわけではありませんが、どんどんクラスのトラブルは減っていきます。

なぜそうなるのでしょう?相手と対話することで、相手から見た自分を知ることになります。これがメタ認知の力を高めることになり、多少の問題が起こってもそれを柔らかく受け止めることができるようになるからなのではないかと僕は見ています。

特別支援教育 その2

しばらく続きを書いていませんでした。第2弾。

◯閉じ込められる子ども

特別支援教育は「その子どもの特性に合った教育を特別に行う」ためのものです。知的な問題で授業についていけない子ども、情緒の問題で教室環境にうまく適応できない子どもについて、通常学級を離れ、落ち着いた少人数教育の中で授業を行うというものです。しかし、現状の多くの学校ではその子どもの特性に合わせた教育を行うためのものではなく、通常学級から引き離すことが大きな目的になっているように思えます。特別支援学校ではない通常の公立学校では、本来ならば交流の時間を基盤とし、どうしても個別に指導しなければならないことを特別支援教室の中で行うべきです。ところが、多くの子どもは1日の殆どの時間を特別支援教室の中で過ごします。

これは以前書いたように、小学校では低学年から「学力がとてつもなく低い」「クラスの中で周りの子どもとのトラブルが絶えない」などの理由から教室から離れた子どもだからです。授業についてこられない、周りの子とトラブルを起こす子どもととらえられているのですから、例え交流しても「お客さん扱い」になっていきます。日程の調整も特別支援の先生が通常学級の先生にお伺いを立てるというような、謙った関係になってしまうのが一般的です。特別支援の教師はこうした「気を使った交流」にとても疲れてしまうものです。

ですから、特別支援の子どもは学校内でトラブルなく、そして誰にも迷惑をかけないで生活することが一番の目標になっていくのです。公立学校における特別支援の子どもは「閉じ込められていく」のです。そもそも「交流」という言葉自体が、特別支援の子どもの状況(立場)を表しているのだと思います。