Hatena::ブログ(Diary)

曲がりシッポの別館

2019-01-25

ブログ移転

| 23:35

移転といいますか、はてなダイアリーからはてなブログに移行してくれということで、データのインポートに6日強かかりましたが、漸く移行作業が終了しました。

新しいブログは、https://torakun2754.hatenablog.com/

ということで、今後もよろしくお願いします。

2018-12-12

300 ギリシア・ペルシア戦争をソロプレー

| 14:19

 ボンサイゲームズの新作、「300 ギリシア・ペルシア戦争」を購入。

これは、紀元前499年のイオニアの反乱から449年の和約までの50年に及ぶ、ペルシアギリシアとの戦争をテーマとしたゲームです。

以前ヒットした映画「300」の舞台でもあります。

エリア方式、カードドリブンで、駒は積み木とはいえ、駒自体には何の表記も無く、戦闘解決は、サイコロを振った内の一番大きな数を比べ大きいほうが勝ちで1個駒を削除してそれを繰り返すという豪快なシステムですが、これは、質と量という両軍の差を上手く表現しているんですよね。

 先日のミドルアースで対戦もしたのですが、ルールの適用を間違っていたので、ソロプレーで再挑戦しました。

1回目の遠征で、舟橋をかけ、ギリシアの重要都市ナクソスを落とすペルシア

ギリシア側はギリシア人兵士の脱走カードでナクソス陸軍を除去して非占領地として奪還の機会を図る。

2回目の遠征で、ペルシア軍は、大挙アテナイまで押し寄せ、不死隊カードまで使うも一度もギリシアに打撃を与えられないというサイの目の悪さ・・・

f:id:torakun2754:20181212135739j:image

ここが勝負の分かれ目となり、テルマに上陸したギリシア陸軍に負け連絡線を絶たれテルマから先の部隊が除去されます(赤の四角に青のバッテンが付いたのが除去された駒を表しています)。

後は、ギリシアの陸、海部隊生産枠一杯使った状態で勝利得点振り切り状態に。

最後は、勝ちが確定して、駄目もとでセストスに上陸したら勝利舟橋を除去とやりたい放題で終わってしまいました。

f:id:torakun2754:20181212135735j:image

今までのプレーの感じではペルシア有利という印象だったのですが、初のギリシア勝利が圧勝と実際どうなんでしょう?

まあ、以前のプレーはルールを間違っていましたし、ルールにギリシア側が有利な場合にペルシア側の海軍建造費をギリシア同様に安くするという調整案があるのを見ると実際は、ギリシア有利なのかな。

今回、アテナイでのサイの目がありえないほど悪かった(4以上の目が出ても4になるというペルシア軍へのルールがあります)というか、ギリシア側のサイの目が良過ぎた結果が大きかったのと、ギリシア側のカードを除去するというペルシア側の凶悪カードがあまり出なかったのが大きかったかと。

ペルシア側のサイの目調整も、質と量という両軍の違いを表していて上手く機能していると思います。

これを使うと、ギリシア側は、テルマ、果ては、セストス(補給都市での戦闘ではペルシアは5以上の目が出ても5とギリシアとの質の差が縮まります)への上陸という飛び道具で一発逆転という事も起こりえます。

逆に、「マルドニオスの騎馬部隊」と「不死隊」のカードを組み合わされると、ギリシア側はアテナイ等を守りきるのは困難になるでしょう。

このゲームは、日本人にはなじみの無いテーマを手軽に出来て面白いゲームだと思います。

 しかし、ヒッピアスのカードなんですが、「ギリシア軍プレーヤーの手札を全て見た上で1枚を選んで捨てる」って凶悪カードなんですが、ペルシアマラトンの戦いを薦めて、結果、ペルシアが負けたってだけの人(wikiの記載だとそうとしか読めない)がこんなに凄いカードでいいのでしょうか?

逆に、ギリシア軍がペルシアのカードを1枚選んで捨ててもいいような気がしてなりません(苦笑

torakun2754torakun2754 2018/12/17 16:26 Bonsai Gamesさんに日記の紹介とヒッピアスのカードについての解答をしていただきました。
有難うございます。

ヒッピアスの効果
http://bit.ly/2S6KItc

2018-11-18

USBメモリーが使えず困っている子もいるんですよ

| 02:02

自称21世紀のOS/2なのに。

何を隠そう、ArcaOSでは、買ってきたUSBメモリーをそのまま使うことは出来ません。

一旦、LVMでボリュームを作成して、その後FAT32フォーマットすることによって使える様になるんです。

今回、そのボリューム作成時にエラーが出るは、Arca Noaeの該当ページは「画像の様になったら」とか書いているのに設定ミスで小さな画像のままで肝心の表示が見えないというお粗末。しかも、「Use MiniLVM to create one or more partitions on the disk. 」とか書いているけど、Cleate volumeが正しいはず、でもエラーしか出ないという状況に追い込まれて、頭にきて、丁度期限切れになるArcaOSのSupport & Maintenance subscriptionの更新を止めちゃいました(汗

まあ、画像は、Bug Tracerで丁度上記のページを見て設定してくれとか書いているのを見たので、便乗して直してくれって書いたら即効で直してくれましたけど。

あと、Support & Maintenance subscriptionは、Wifiドライバか5.1が出てからでいいだろうし、5.1の繋ぎ(時間稼ぎ)の5.0.4には魅力を感じないので、ほぼ半年何の成果も手に入らない可能性があるからこれで良かったのかも。

f:id:torakun2754:20181118014546j:image

そうそう、エラーが出て駄目な場合というか、基本OS/2界隈では駄目なのが当然という認識なのか、DFSeeでWipeしろって話ばかりです。

私は、Windows上でAOMEI Partition Assistant Standard Editionを使ってパーティションを削除してってやりましたが、ドライブ(CとかDドライブとかいうあれ)の設定をドライブ名?無しでやっていてWindowsやArcaOSのツールでは見えるのにOS自体からは見えないという謎のUSBメモリーを作ってしまって、分けがわからずに結局DFSeeも使うという泥縄で、AOMEI Partition Assistant Standard Editionが役に立ったのかは不明だったりします。

良い子は、表示されたドライブ名を素直に受け入れてボリュームを作成してくださいね。

それから、FAT32フォーマットはArcaOSからも出来るようで、今まで知りませんでしたが、VirtualPC上の5.0で確認したら項目があったので、リリース当初から出来たようです。

 因みに、FATフォーマットのUSBメモリーなら何もしなくても読み書きできます(今まではこれで誤魔化していました)。

HPFSでフォーマットしたシステムならインストール後LVMだけ切ればFAT32でも大丈夫。

Reformatを使えば、データの入った使用中のUSBメモリーも使える様にできるはず(DFSeeだったら御免)。

けど、これも家族とか他人から渡されたUSBメモリーだったら勝手にOS/2仕様に書き換えたりしちゃ駄目だろってフォーラムで突っ込み入れられていたなあ。

そうこうして、認識できたUSBメモリーでもDBCS文字は表示されません。WindowsでCDやDVDに焼いたデータの時と同じで____.PDFなんて表示です。

まだまだ、21世紀は遠いArcaOSでした。

2018-10-24

IBMWorksのPIMを試す

| 21:01

 英語版のeCSやArcaOSで日本語版アプリを使っていると設定画面等で固まる事があります。

この場合、932からコードページを英語環境に戻してやればソフトが固まることもありませんが、文字化け実用的じゃないのです。

これの代表的なのは、Pro Talker/2とIBMWorksだったのですが、ArcaOS 5.0.3にPro Talker/2を入れて、設定しても以前の様に固まらない!

ということで、今回IBMWorksを入れてみました。

f:id:torakun2754:20181024205244j:image

以前試したときは、予定の追加で固まっていましたが、今回は問題なし。

これは使えると喜んだんですが、追加した予定を削除しようとしたら固まりましたorz

まあ、ちょっと前進ということでご報告。

 あと、先日動くようになったWin-OS/2Win/vのデモ版を放り込んでATOK9をインストールしたのですが、Win-OS/2の起動時にIMEを設定出来なかった旨のエラーが出て、一度IMEの設定画面で選択しないと使えませんでした。

Win-OS/2の起動が数十秒かかるのと合わせて、少し残念です。

とはいえ、一度設定すれば普通に使えるので、ATOK9とエディターを使って106キーボードで入力できる快適さは英語版を無理やり使っている現状では捨てがたい魅力です。

2018-10-20

ThinkPad E440でWin-OS/2が起動しました

| 00:11

f:id:torakun2754:20181019235238j:image

今回、Warpstock 2018のプレゼンテーションファイルに掲載されていたこちらをインストールしています。

Full screen sessions not accepting keyboard:VIOP.SYS driver (experimental) from Arca Noae

https://www.arcanoae.com/test/viop-1.0.wpi

但し、ポカをしておりまして、AUTOEXEC.BATに加えておく下記の行のCLSの前に謎のスペースが入っておりまして、こちらを削除したら起動するようになった次第で、上記ファイルをインストールしなくても良かった疑惑が残ったままです(滝汗

MODE CO80

CLS

あと、残りの修正として、Config.sysで

DEVICE=Q:\OS2\MDOS\VSVGA.SYS を

DEVICE=Q:\OS2\MDOS\VSVGA.SYS /int10textgrfxsafe に変更も忘れずに。

 ThinkPad E440としては、ヘッドフォンのプラグを挿してもスピーカーから音が出るって問題が残っておりますが(サスペンド等電源管理、タッチパッド無効化等は諦め・・・)、報告しても古いドライバを入れてみろなんて見当違いな回答の後は音沙汰なし状態。

昨日、Arca Noaeから保守契約が切れる一月前だよってメールが来ましたが、1割引になっても継続する魅力が無いってのが正直な感想です。

延期された5.1への繋ぎとして、5.0.4をリリースするようですが、このバージョンでWifiドライバを供給するって明言は無かったので、5.0.3同様肩透かしに終わる公算も大、となると・・・

まあ、頑張ってという無難な言葉で絞めておきましょう。