Hatena::ブログ(Diary)

曲がりシッポの別館

2016-01-10

ホームページを更新しました

| 15:57

 今更ですが、明けましておめでとうございます。

昨年郵便番号辞書関係を更新したので、ホームページも修正しておくかと軽い気持ちでいたのですが、OS/2のTipsぺーじである「役立た/2”」が、自虐でもなく、正真正銘の役立たずページになっていたのに手を出して大変な事に(大汗。

 そもそも、修正するのが面倒になって放置していたんですから当然と言えば当然。

頑張って100超えの項目を作ったのも負担増の原因に(苦笑。

 しかし、OS/2なんてユーザーも減って大して動きも無いだろうとお思いの方も多いとは思いますが、OEM版のeComStationFlash Player、Java6、qtアプリとなんだかんだと最新のトレンドに追いつこうという努力は続けられているわけです。

肝心のeComStationが停止してしまって、閉塞状態でしたが、それもBlue Lionの開発発表で明かりが見えてきています。

ただ、思ったのですが、2chtwitterといったSNS系の規制の強化でアプリの選択肢が限られてしまっているのは、自由を謳っていたインターネットの変容の表れなんでしょうね。

まあ、最初は利益を上げなくてもアイデアだけで資本集めができたとしても、収益率を上げるという努力をしないと資金が集まらなくなるわけで、楽しければいいっていう外野とは違う大変な現実が待っているわけでして、簡単に批判できない問題ですねえ。

ページ自体は、まだまだおかしい所やリンクの切れている所もありますが、丸一日近い時間をかけてかなりの部分を訂正しました。

自分自身が、英語版eCSだからと大して使っていなかったり、面倒な設定は避けて通っていたので書いている事が最新の情報と言えるかって疑問も多々ありますが、とりあえずのとっかかりに役立てくれれば幸いです。

 そうそう、実は長い事フレームページにしようと思っていたのですが、結局項目ごとに分類しているわけではないので、それ程メリットがないと言うことで今回は見送りました。

f:id:torakun2754:20160110155515j:image

一応、勉強ついでに作ってみましたけど。

 使っているNetscape Composerが長文だと勝手に文字化けや半角スペースを入れるというバグ持ちなので、それ避けの為にも良いかと思っていたんですけどね。

torakun2754torakun2754 2016/01/13 08:11 フレームページ見送りと言った舌の根も乾かぬうちに、ホームページを更新しました(汗
寝落ちして、早起きしたついでに手直ししていたら公開しないのがもったいなくなってしまいました。

2015-12-28

大人のためのピアノ悠々塾 入門編、やっと卒業

| 22:05

 10月中には終わるつもりだったのに終わらず、年内に終わらそうと昨日無理やり最後の曲を練習して卒業しました(汗

実は、最後から2曲目の「婚礼の合唱(R.ワーグナー)」を1月以上引きずってしまったのが原因でして。

難しいとはいえ、きっちり練習すればクリアーできる難度と分かっていながら、40分以上は続かずに次週振り出しに戻るって感じでした・・・

一番つまずいたというか、自分センス無いわって思ったのは、「ユー・アー・マイ・サンシャイン」で、リズムを取れない自分を発見orz

暇を見つけては膝を叩いてリズムを取る練習を1週間位していました。

 卒業といっても、大甘の自己評価でして、まあ、好きでも無い曲を長々やっても楽しくないということと、他の曲にステップアップしてから戻ると結構簡単に弾ける様になっていたりするので、今回もそんな感じで次の基礎編を練習してから又戻ろうかと思っての一区切りです。

 ちなみに、入門編はとても良い教科書だったと思いまず。

独学でもなんとか進める事の出来る難易度で、手の移動とか最初は鍵盤を見ないと出来なかった弾き方も、見ずに出来るようになっていたりします。

ペダル操作や和音など出てこない項目も多々あるのでこの1冊ではピアノが弾けるとはいえないわけですが、最初の入門書としては、お勧めできるものではないかと思います。

そうそう、以前も書いたと思いますが、CD付きを買うのを忘れずに。

2015-12-20

また、守れちゃった

| 18:50

 児童文学ということらしいが、実際は大人の鑑賞に堪え得る内容の「守人シリーズ 上橋菜穂子著」の初期三部作を読んだので、安かった輸入版DVD BOXを購入しました。

これも安いDVDメディアパックみたいに支えのポールに積み重ねて収録されているので、外すのに難儀する構成だったのが残念。

f:id:torakun2754:20151220182446j:image

原作を読むと、アニメ版オリジナル部分の多さと出来のよさに驚く。

原作も短いなりに良くまとまっていて面白いんですけどね。

個人的には2巻の闇の守り人が一番好きかな。

ただ、2巻はファンタジー要素が無かったほうが良かったと思う自分はファンタジーは向いていないんでしょうね。

SFという科学風味ファンタジーは大好きなのに(汗

 一緒に写っているのは2期が神話進行している「蒼穹のファフナー TV1期&劇場版」。

こちらは、DVDが1枚ずつ別々の取り付けフォルダーに収納されていて自由に取り外せるので、非常に満足感が高いです。

 ちなみに、アメリカ版のDVDなのでリージョンコードの問題でPC上でVLCプレイヤーを使って再生しています。

精霊の守人」の方は、OS/2版のVLCでは綺麗に再生されないのが残念。Windows版では問題無いんですがね。ビデオドライバーのせいかなあ・・・

 しかし、海外版だと4000円もせずにDVD BOXが買えたりするので、ちょっと買う気になりますけど、国内版の何万円もするのは無理。

1万円超えるDVD BOXというと、映画「スイングガールズ」のスペシャル版を一つ持っているくらいです。

2015-12-11

OS/2向けの各種郵便番号辞書を更新

| 23:52

 既にOS2.jpのニュースには投稿済みですが、ATOK8及び9Writing Heads/IM32郵便番号辞書を日本郵便ホームページで公開されている最新の11月30日版を元にしたものに更新。

ついでに、郵便番号検索/2郵便番号データを最新版に更新したものを公開。

こちらは、ソフトの更新自体は止まっているので、データだけの提供をどこかでしたいなと思いながら既に1年くらい経過(汗

f:id:torakun2754:20151211233610j:image

 郵便番号検索/2は、画像の様に郵便番号から住所の検索も可能です。

エディターの入力部分は、ATOK8で郵便番号を入力して変換させたもの。但し、ATOK8の機能制限の為、25文字以上は登録できないので最後の")"は表示されません。

2015-11-17

新高山登れ1114

| 19:24

 台湾旅行に行ってきました。

f:id:torakun2754:20151117184258j:image

終戦まで日本領の台湾ってこともあって何か国内旅行の延長みたいな気がしたけど、現地はすっかり中国文化圏でした。

f:id:torakun2754:20151117184257j:image

故宮博物館

国民党が大陸から持ってきた中国の至宝を所蔵。

f:id:torakun2754:20151117184255j:image

忠烈祠

衛兵の交代式は、正にトイ・ソルジャー。

日本人観光客が多かったですね。支那事変での犠牲者への罪悪感を刷り込む意図も無いともいえないけど、逆にこういう英霊への敬意を示すのが普通っていう事を今の日本人に教えてくれているという良い意味に捉えました。

ちなみに、男子の小トイレはスペース有効利用ともいえるんですが、正面に相手の顔が見えるニイハオ・トイレぽいレイアウトでしたw

f:id:torakun2754:20151117184254j:image

九 人偏に分(チュウフン)

ジブリアニメのモデルという建物。

ここでは、旅行で唯一食事ががっかりでした・・・

f:id:torakun2754:20151117184252j:image

ホテル前の交差点

とにくかく、スクーターが多い。街中もなんか昔の松屋街みたい(汗

f:id:torakun2754:20151117184251j:image

横断歩道の信号も車用の信号にもタイマーあり。

大阪駅前にもありますけど、こっちは信号が青に変わるまでの時間じゃなくて赤に変わるまでの時間です。

母親も一緒の旅でしたので、余裕を持って横断する為の判断にとても良かったです。

そういや、各バスの後ろにはドライバーの名前プレートが付いていました。

f:id:torakun2754:20151117184249j:image

国父記念館の孫文

大陸、台湾両方での国父とされる革命家。

日本の近現代史に詳しい方から見れば、こんな裏切り者の記念館に行くなって叱られるかも・・・

f:id:torakun2754:20151117184248j:image

台北そごう横のモノレール駅とモノレール

交差点で電動車椅子に乗ったおばちゃんと片腕の無い方が日曜雑貨を売り歩いていました。

こういうのって、子連れの花売りってイメージがあったのですがね。

まあ、日本でも戦争で障害者になったって物乞いとかがいたのが昭和50年台の始めくらいまででしたっけ。

ああ、でも、こっちは物を売っている商売ですから一緒にしたら失礼ですね。

 日本語の看板もかなりありましたが、すっかり中国化されて日帝残滓はあまり感じられないのが現状。

夜店とかとにかくエネルギッシュでした。台北は200万くらいの人口らしいですが、大阪よりもっと猥雑で人が溢れていました。

外食する文化ってのも大きいんでしょうけど、まあ吉野家程度の値段とは言え、日本人から見ると貯蓄せず老後どうするのって心配しちゃいます。

フィリピンとかから労働者を受け入れているらしいんですが、3年で一旦帰らせるって制度らしいです。でも5万人くらい行方不明で不法滞在者の捕り物が行われるらしいです。

日本も経団連がやりたがっている外国人労働者の受け入れですが、こういう割り切りというか使い捨て感覚がいるんでしょうねえ。それが嫌なら最初から辞めておけと。

 そうそう、パリでテロがあったていうのに、出国時に空港で六角レンチを持っていると叱られました。

もって行った鞄が普段VMC110Lを入れているバッグで、VMC110L用のアリ型プレート付け替え用のレンチを入れているのを忘れていました。

小さなもので、関空ではスルーだったんですが、台湾では見つけられて、捨てられちゃいましたorz