Hatena::ブログ(Diary)

曲がりシッポの別館

2014-08-03

最近購入したもの(ちょっとおしゃれ?)

| 21:32

 望遠鏡を買った為(しかも二本w)、部屋の要らない家電とかいっせいに処分

丁度タイミングよく、無料回収のチラシが入っていたので大助かりでした。

前回捨てられなかった、OS/2を入れていたNEC製のノートも処分

 で、本当は秋口に捨てる予定だった首が壊れた扇風機の代わりにボックス型を購入。

f:id:torakun2754:20140803211911j:image

首振り機能付きのサーキュレーターにするか迷ったけど、ルーバー機能があるのでこっちらに、場所も取らないし、買ってから更に好感度がアップ。

 古くなったトースターの代わりには、ポルトガルで定番と謳うガスコンロ用トースター。月に2、3回トースターを使うかどうかって自分には丁度いいかも。

魚焼き機じゃおしゃれじゃないですし。

f:id:torakun2754:20140803211912j:image

何か、京都製のトースト用焼き網が人気で、ガス火に直接当てて水っぽくならないかと思っていたけど、逆にそれが良くてカリもちって美味しく焼けるらしいのと同じ効果が多分ある?

凍らせておいた食パンを焼いてみたけど、特に感想は無かったりw

 最後に、前回の遮光カーテン。横にして付けてみました。4辺の内3辺まで覆えますね。

f:id:torakun2754:20140803211913j:image

この時は天候も良かったのでM4とか探したのですが、上手く見つけられず。

ちょっと、使えそうな本やソフトを探してみました。

これは次回に。

2014-07-23

光害対策を試す

| 21:30

 光害地でのベランダ観望については、「光害地で見る星雲星団の星図、二重星の星図」というサイトがまとまっていて参考になるというか、まさに神サイトです。

こちらを参考にして少しでもレベルアップしたい。

 で、他にも光害地での観望術を書かれているブログ等もあって、今回は、「ヒロシの天体観測」で紹介されている暗幕を使用しての光害対策を真似てみました。

ただ、頭から布を被るのは嫌なので、折角のベランダってことで、遮光用の布を洗濯用の角ハンガーにぶら下げてみることに。

角ハンガーは、くらしモアのピンチ32個付き折りたたみ角ハンガー(税別480円、期間限定448円)。

布は、暗幕よりもっと安い布があるんじゃないかと、100均ダイソーで探すと遮光性ドレープカーテン135cm丈が見つかりました。

なんと、遮光率約95%を謳っています。

ただ、100均なのにこれは500円(税別)商品です(笑。

f:id:torakun2754:20140723212616j:image

実際に物干し竿からぶら下げてみると結構長くて、洗濯ハサミで長さ調整が簡単で良かったと思いました。

 書いていて、気づきましたが、このカーテン、幅が95cmだから横長にしたらぐるりと四方を囲む形に上手くいかないかな? でもそれだと息苦しいし、ファインダーを覗き難いか。

 因みに、くらしモアの角ハンガーは、ハンガーの回転を抑えるという仕組みで、くるくると回ったりしないのが観望用には良さそう。100均で買わなかったのは、そういう理由もあってです。

で、今日は風が強くて結構ばたつきましたが、両目を開けてレンズを覗けて快適ですね。

壁代わりに、このカーテンやブラインドを物干し竿からぶら下げるとか、もっと快適な方法があるか要検討ですね。

ベニヤ板で囲うとかの方が良いんでしょうけど、狭いベランダなので、置き場的にちょっと無理なんです・・・

2014-07-20

BKP130 OTAW Dual Speed ファーストライト

| 21:24

 昼間の豪雨が無かったかのように星が見えているので表題の通りファーストライト。

土星を見ると、80mmのA80Mfとあまり変わらないような。

まあ、同じ接眼レンズで観ているのだから、倍率じゃA80Mfの方が大きくなるんだから、大きく見えなくて当然かw

でも、集光性能がアップしているからか見えていなかった星がちらほら見えるようになっているような気が。

ここら辺は、もっと天候の悪い時や慣れていないときにA80Mfを使っているので対比としては凄く不正確なんですけど(汗

買った事を肯定したい気持ちが強い為の気のせいだったりして・・・

 デジカメを接眼レンズに当てて無理やり撮影した内、唯一土星と認識できる画像。

f:id:torakun2754:20140720212038j:image

 南向きの部屋の狭いベランダからの観望だと、南西の空に出ていた火星スピカを見ようとすると手すりに身体がぶつかって観るのが困難ですねえ。

鏡筒を回転して接眼レンズを天頂方向に向けたり、架台の三脚の一部を部屋に引き込めば可能なんですがちょっと面倒ですね。

SE120みたいな大口径で短い屈折なら自分にはもっと良かったんだろうなあと思うけど、ボルタ経緯台の耐加重問題もあるし、結局、自分の環境に合わせた出せるお金の範囲内でベストな運用を追及していかないと駄目ですね。

頑張ります。

新しい望遠鏡は、到着済みです

| 11:03

 先日注文したスカイウォッチャー BKP130 OTAW Dual Speedは、木曜日に到着しました。

注文しても入荷待ちとか聞いていた機体ですが、バーゲン開始前に十分な在庫を確保していたのでしょうね。

購入したKYOEI大阪店さんからは、休日をはさんでの月曜には発送済みのメールが来ました。

迅速な手続きありがとう御座いました。

そのKYOEI大阪店さんには、直接出向いて国際光器のコリメーション・アイピースを購入しました。

 さて、届いた荷物は、Vixen ポルタII A80Mfと比べると凄く小さな箱で、予想はしていましたが、何か笑っちゃいました。

f:id:torakun2754:20140720105629j:image

箱には予想に反して、Made in Chinaの文字は無く、Made In P.R.Cの文字が。

P.R.Cってどこよ?

どうも、中国製だと敬遠されるので、分りにくいPeople’s Republic of China(中華人民共和国)の略に変えるのが中国企業ではやっているのだそうで・・・

さて、この箱の中にはお約束通りもう一つ箱が入っていて、それに製品一式が梱包されていました。

 で、昨日、晩ご飯を食べてそのまま寝ちゃった私が、今日の夜中に起きて組み立てたのがこちら。

f:id:torakun2754:20140720105628j:image

金色のSky Watcherの文字と銀河のイラストが格好良い鏡筒です。

大きな2インチサイズの28mmアイピースが1個付いていますが、もう一つ2インチサイズのを買うべきか、31.7mm接眼鏡変換アダプターが付いているのでA80Mfとの両立で31.7mmを素直に集めていくべきか、財布と相談して決めないとw

そうそう、ビクセン規格アリガタプレートって、長いプレートが一枚あるだけで、A80Mfのを想像するとこれで大丈夫かって思っちゃいました(苦笑

 天気の悪い日が続きますし、お金も使いすぎなので、この状態でもう少し使って、来月辺りに光害カットフィルターを買って星雲観測に挑戦したいと思っています。

笠井トレーディング Kasai UHCフィルターを考えていますが、兵庫県尼崎市北部というか伊丹市との境界辺りで使うのならこれで良いでしょうか?

ご助言頂けるとありがたいです。

しかし、これもサイズをどっちにするか考えないと。とりあえずは、31.7mmかな。

2014-07-12

バーゲン開催中

| 22:44

 今週の初めにシュミットのサイトを見ていたら、今日12日(土曜日)の15:00からCelestronとSkyWatcherの製品のバーゲンを開始するとの告知。

これには、Kyoei東京大阪も協賛していて、どこで買っても同じ値段です。まあ、送料は数十円シュミットが安いですが。

 で、これで悩んでいるんだろうという段階は既に済んでいて、今週は、屈折120mmのOmni XLT120 OTAとBKP130 OTAW Dual Speedのどちらにするか悩みまくり。

結局、A80Mfと同じ屈折で使いやすそうだけど、ベランダ観望だとその長さが邪魔をするし、それが気にならないのなら、A80Mfの存在意義が薄れるという気がして、反射式のBKP130 OTAW Dual Speedを買うのがベストじゃないかと素人ゆえの根拠の薄い結論に。

まあ、こっちのが安いしね。

ただ、今日は朝から仕事だったので、売り切れて居ないか心配でしたが、無事注文できました。

一方、もう一つの候補だったCelestron Omni XLT120 OTAは既に完売。やっぱり、良い商品だったのか・・・

しかし、これって、ケンコーSE120Lと同型みたいに見えるんですが、どうなんでしょ?

 で、BKP130 OTAW Dual Speedは、何かあったら相談とか出来るかも知れないと、お隣大阪のKyoei大阪のサイトで購入しました。

 しかし、星の見える夜が来て欲しいですよ。雨降らなくても、曇っていたら駄目とか、天体観測って結構条件の限られる難しい遊びなんですねえ。

2014-07-07

Vixen ポルタII A80Mf用のソフトケース

| 22:36

 Vixen ポルタII A80Mfには、純正のVIXEN 天体望遠鏡用ケース 鏡筒三脚ケース100がありますが、Amazonでも7850円とかなり高い。

で、色々とさがすのですが、これ以外では、アイベルさんが出している鏡筒と架台用のセットで9500円。しかし、ここは、カードが使えないので振込み手数料や送料で1万円超えか? それに、写真だとクッション等無いペラペラな印象。

で、Amazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」に出て来る「100センチ 【LIHASオリジナルパッケージ】MTK-100」が2700円と格安。さんざん悩んだ末、購入してみました。

f:id:torakun2754:20140707221220j:image

 アイピースを外した状態で入れてみる。

中には2本の固定用の紐があります。内ポケットは、ポルタII A80Mf標準のアイピース2本と正立天頂プリズムが入る大きさですが、入れてみると鏡筒に当たるため、硬いものを入れるのは現実的じゃないです。

f:id:torakun2754:20140707221508j:image

 ファインダーを付けたままでファスナーは閉じられません。

f:id:torakun2754:20140707221506j:image

 ファインダーを付けたまま、ファインダーを出した状態で閉じてみる。

保管時ならファインダーを大き目のハンカチやビニール袋で覆えば問題ないのでは。

 ケースには中敷が無い為、手で下げるのは問題ないですが、水平方向でショルダーストラップを使うと鏡筒の先頭と後ろで支えることになるので鏡筒への負荷とか不安です。

でも、垂直方向に立てて肩から提げれば問題ないと思います。ちょっとだけ肩パットの肩への当たり方がよろしくありませんが、値段を考えれば贅沢か。

鏡筒を入れてもちょっと余裕があるので、100均タブレット等用の袋に物やファインダーを入れて運ぶってことも可能だと思います。

 ポルタII経緯台用のケースは、国際光器オリジナル「PORTA」経緯台専用キャリーバッグを狙っています。

まあ、当分ベランダ観望だと思いますので、アイピース等の後になると思いますが。

因みに、低倍率のVixen NPL40mmは購入済みです。

(20014年7月14日追加)

 シュミットのブログを覗いたら、望遠鏡用バッグを紹介されていました。

Northern Cross製の大小2種類、良い感じです。