うまい焼酎を探して

2018-03-10

珠玉

あっという間に3月ですね。

f:id:toraloc21:20180304111550j:image:h400

蕎麦焼酎珠玉」です。

宮崎県西臼杵郡高千穂町高千穂酒造さんの一品です。

高千穂酒造さんの焼酎は、これまで麦焼酎高千穂」(白ラベル)と「高千穂」をご紹介させていただきました。

どちらも黒麹らしいどっしりとした、ビターな準麦チョコ風味な麦焼酎でした。

今回ご紹介するのは、麦焼酎ではなく蕎麦焼酎になります。

蕎麦焼酎を試すのは、これが2銘柄目になります。

以前に初めて試した千曲錦酒造さんの蕎麦焼酎帰山」がなかなかうまかったので、今回はそれに味をしめてまたまた蕎麦焼酎をチョイスしてみました。

帰山」は日本酒蔵ならではの黄麹・米麹で減圧蒸留で醸されていましたが、「珠玉」は白麹・蕎麦麹で常圧蒸留で醸されています。

100%蕎麦を原料とされているのと、麹、蒸留の違いがどう味わいに表現されているのかとっても楽しみであります。

それでは開栓してみましょう。

香りはといいますと・・・・香りはといいますと・・・(汗)

今年も例年通り、花粉に鼻がやられております(ToT)

しつこくクンクン嗅ぎ続けますと、ほんのり蕎麦の甘いかおりがしております。

本当はもっと蕎麦が香るのかもしれません。

では気を取り直しまして、今宵も定番のロックでいただいてみます。

口に含みますと、まずはしっかりとした蕎麦甘味が広がります。

そして甘味はスッとキレて、一気にキリっとしたドライな風味が押し寄せます。

後味は辛口な味わいが支配しつつ、蕎麦独特の風味が鼻にぬけます。

うむむむ、うまいですね〜

全体的には、やや辛口の味わいでまとまっている感じです。

蕎麦麹のなせる業なのでしょうかね〜

最初に訪れるしっかりとした蕎麦甘味と、直後に訪れるキリっとしたドライ風味のギャップが印象的なうまい焼酎であります。

氷の溶けが進むとドライな風味は若干抑えられるので、ひょっとすると湯割りにするとまた別の味わいが楽しめるのでは?と思います。

帰山」とはやはり異なる味わいで、蕎麦風味は常圧蒸留の「珠玉」の方が力強く感じます。

優しさの「帰山」、荒々しさの「珠玉」といったところでしょうか。

好みは飲み手によって分かれるのではないかと思います。

蕎麦焼酎もなかなか面白いですね。

また機会があれば、新たな銘柄を試してみたいなと思います。

さて、先月の事になりますがバレンタインで妻からこのようなものを頂きました。

f:id:toraloc21:20180215182635j:image:h250

f:id:toraloc21:20180215182544j:image:h250

芋焼酎チョコレート

芋焼酎富乃宝山」でお馴染みの西酒造さんとシルスマリアさんのコラボレートの一品です。

チョコレートなんですが、面白いチョコレートがあるんですね。

焼酎好きとしましては、実に有難いです。

美味しく頂きました。

そんな妻のチョイスにとても感謝です。

ありがとう!

2017-08-15

帰山

お盆休みもあっという間ですね。

f:id:toraloc21:20170408173848j:image:h400

蕎麦焼酎帰山」です。

長野県佐久市の千曲錦酒造さんの一品です。

ブログで初めての蕎麦焼酎のご紹介となりますね。

千曲錦酒造さんは、天和元年(1681年)の創業で今日まで長きにわたり蔵を営まれておられます。

元々は清酒を造られている蔵のようですが、焼酎造りも手掛けられて蕎麦、米、麦焼酎など最近では約350石ほど造っておられるようです。

造られておられる焼酎の中にクマ笹を原料にした焼酎もあるようで、とてもユニークですね。

ラベルの”帰山”の名前の由来は、「山へ帰る」「故郷へ帰る」「酒造りの原点へ帰る」の意味なんだそうです。

蔵と酒造りの本質を意識されて造られたのでしょうね。

今回ご紹介するアルコール度数25度の他に、「帰山」シリーズは35度の樫樽熟成のものや三段仕込みのものがあるようです。

水は、旅と酒を愛した放浪の俳人種田山頭火」が句をしたためた名水が使われています。

麹は、清酒の蔵ならではの米麹・黄麹となっております。

蕎麦と米麹のみのもろみを減圧蒸留で醸された焼酎であります。

栓を開けますと、独特な甘い香りがしっかりと漂います。

実は蕎麦焼酎を試すのはこれが初めてでして、この香り蕎麦香りなのかな?といった感じです。

それでは本日も、定番のロックでいただいてみましょう。

口に含みますと、しっかりとした甘味がまず口いっぱいに広がります。

口当たりは優しい感じです。

そして開栓時の香りと同じあの独特な風味が訪れます。

後味はほんのりとした甘味に独特な風味の余韻を残しながら、やがて鼻にゆらゆらと抜けていきます。

むむむ・・・うまいですねぇ〜

減圧蒸留ではありますが、その味わいは骨がしっかりとしていますね。

正直”蕎麦”とう素材のイメージからは、”ざるそば”の蕎麦の味わいしか湧かないのですが、こんなに風味と甘味が豊なのかという驚きを感じました。

今までの”蕎麦”の概念を覆された感覚です。

時に焼酎とは、素材の味わいを直接食すのとは別次元に表現することができる手法なのでは?と思ってしまいますね。

焼酎の奥深き世界に、また一歩深く足を踏み入れたようです。

実に面白いですね!

個人的にはこの「帰山」、優しい味わいでありながら”蕎麦”という素材をしっかり味わえるうまい焼酎だと思います。

今回をきっかけに、うまい蕎麦焼酎探しもしてみようかなと思います。