いろいろ記録F byとり(仮)

2007-04-21 布団干した

tori0092007-04-21

でも風が強いんだよね〜。

ということで久々買い物。写真戦利品のひとつ、リボルテックヤマグチ No.24 ガイキングガンガンアクション派の「L.O.D.」版なのでピッタリといえばピッタリなアイテム。動きっぷりはゲッター1とかマジンカイザーに準じるようなところで、肩は一軸だけど下半身がスゴイので、結構遊べるかと。あとは魔竜ヘッドがガッツリと外れるので、何だかフェイスオープン仕様とか出そうな気もするが……。それよりガイキング ザ・グレートを出して欲しい。

[]スカルマン 闇の序章

全体な雰囲気がアレなので、中途半端にセットを使うんじゃなくて、背景をオールCGにしたということだったのか……と見れば納得。というか押井守作品をどことなく思い出させるような雰囲気だったなぁ。

で、ここからは辛口モード

しかし中身はあくまでプロローグなのに説明一切無しという潔さは……あまりいい方向になっていないような。そこがもったいない。せめてナレーションで大ざっぱなところを語ってあげないと……。あと次週からのアニメに引っ張るとかそういう工夫というか演出があってもよかったのでは?つか間にCM入れただけでは???だし、引っ張りが無いと駄目だろう。

あとはクライマックスCGアニメーターの腕の低さ*1が目立っていたのが……。この辺り、手付けの動きでちゃんとやればそれっぽく見えるハズなんだよなぁ(→「鴉-karas-」とかがイイ例のハズ)。ということで何だかアニメ版プロモーションになったかどうか超不安。

あ、アクション伊藤慎横山AC監督なので、バトルシークエンスは紛う事なきライダーでしたよ、ええ。相手がアレだから、それほどアクションというものは無かったけど。

ということで石森版「ジャイアント・ロボ」にもなりそう*2な気配のあるアニメ版が楽しみです。

[]LIMIT OF LOVE 海猿

一見地味目だけど、実は大がかりな海洋パニックアクションというところか。ストーリーは……映画TV連チャンでやってきたネタの最終作にあたるのでまぁそんなところだろうといった感じ。それより驚いたのは去年の実写邦画の中で興行成績1位だったことだったり……。

[]ライアーゲーム(4/21)

ゲーム参加者に、馬フェノクの人とガジャ様、それにボウケン学校の生徒の姿が。これらの人が動き出すであろう次回からがいろんな意味で楽しみ。

[]ティッシュ(4/21)

スゲーインパクトのあるタイトルの土曜ミッドナイトドラマ。童子の人が(メイクとか無い分)あの時以上に偏執的な役どころで登場。すげーはまり役に見える……。

*1ジャンプするときの動き―高いところに行く場合、初速から徐々にゆったりするタメ―がまったくもって駄目。カット毎の映像がそこそこ凝っていただけになぁ

*2主人公の御子神隼人は一文字隼人カメラマンじゃなくてジャーナリストだけど似たようなもんだろうし、名字は確か漫画版の出身地・御子神島からでしょう)、若手刑事の新條剛はロボット刑事コンツェルントップの黒潮は空飛ぶゆうれい船。あとはどこかで見たけど009のヨミ編に出たキャラもいたしなぁ