とり、本屋さんにゆく このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-12-31 とり年とり本屋いろいろ このエントリーを含むブックマーク

今年は、この「とり本屋」をきっかけに、

いろいろな交流を楽しみたいと思っております

ご一緒に、本と本屋と楽しい一年を。


<ひとり芝居>


「夏の終わりのハーモニカ  とり、いきなりはせしょでひとり芝居」

日時:8月27日(日)11時、15時

場所:長谷川書店水無瀬駅前店(大阪府三島郡島本町水無瀬1-708-8)

料金:無料


ここではほとんど「演劇活動」については言及しておりませんでしたが、

ずっと役者やってました。今も、ごくたまにやります。今回、ご縁があって、

という言い方は表層的過ぎますか、長谷川稔さんとお話していて、

営業中の長谷川書店内でひとり芝居を上演する、という、

自分でこうしてことばにしていてもよく分からない、

不思議な体験をさせてもらえることになりました。


ふらりと立ち寄った本屋さんで、

背表紙自意識と話し声の森に迷い込んでみませんか。

夏の終わりのハーモニカが、これまで見えていなかった風景に、

聞こえていなかった演奏に、気づくきっかけになりますように。


小一時間くらいで終わります。途中入店、途中退店も、もちろんOK。


まだ長谷川書店さんに行ったことがないあなたも、

ときどきしか長谷川書店さんに行けないあなたも、

毎日のようにはせしょを利用しているあなたにも、


長谷川書店さんでお会いできることを楽しみにしています


みつばち古書部>


10月4日(水)、もう一度、みつばち古書部でお店番やります

ぜひ、遊びに来てください。


営業時間10:00〜16:00

場所大阪市阿倍野区昭和町1−6−3

  →谷町線文の里駅7号出入口、地上に出てから徒歩1分

  →御堂筋線昭和町駅1号出入口、地上に出てから徒歩3分


みつばち古書部:http://bit.ly/2tWMX75


本も少し出しておりますが、僕からはたいしたものは出てません。

それよりも、店番ができる、というのが楽しみでなりません。

いや、ふだんも本屋さんで働いているんですけどね。

でも、「とり本屋」として、帳場にいる、ってのは、

なかなかないですからね。8月のもすごく楽しかったし。


せっかくの機会ですので、あなたの読みたい本の話、

聞かせてください。話しに来てください。とはいえ、

僕の方からはあまり、声をかけるのは控えますので、

もしその日、遊びに来てくださって、そういう気分になったら、

すんませんけど、「読みたい本の話、聞きます?」って言ってください。

「お願いします」とお答えします。楽しみにしております


<ご報告>

6月17日、18時半から

とほんさんで、ブクブク交換会やりました。


読んでない本があなたを誘ってる、強く優しく。でも、まだ読んでない。この幸福な未読の時間は、読み始めたり好奇心がよそを向くことですぐに燃え尽きてしまいます。そんなつかの間の「恋心」を誰かと交換しませんか。帯目次あとがきまでなら、未読を名乗ってよし。


<未読者の集い、未読本の交換会>


読本のブクブク交換会@とほん

日時:6月17日18時半より。

場所:とほん*1

参加費700円(金魚ラムネ付)

定員:6人

企画:未読倶楽部


2月24日19時より。

ブクブク交換@hm印、1003にて*2

去年、ちおさんに読みたい本の話を聞きに行った流れをくんで、

「読みたい本(未読)を交換する」というのをしてもらいました。

とり年とり本屋、「読みたい本の話をきく」ブクブク交換とりver.

とても楽しい集いになりました。


面白く読んでいた本も読み終えた途端に、ちょっと色あせて感じることがあります。一方、未読の本はいつだって、僕を強烈に惹きつけます。読んで面白かった本よりも、読まずに誘惑し続けてくる本について語ってくれませんか。帯目次あとがきまでなら、未読を名乗ってよし。


<未読者の集い、未読本の交換会>


2月24日19時より。

場所神戸元町古本屋1003*3

参加費700円(ワンドリンク付)定員6人。


> とり年とり本屋、開幕:http://d.hatena.ne.jp/tori810/20170101

1:とり、未踏本屋さんにゆく。

2:とり、12年ぶりに再読する。

3:とり、あなたの読みたい本の話を聞きにゆく。

4:とり、奈良本屋さんを「案内」する。

5:とりと、とほんさんにゆく。

2017-11-24 最終回は最終アイテム このエントリーを含むブックマーク

GQ JAPAN (ジーキュージャパン) 2018年01・02月合併号 [GQ MEN OF THE YEAR 2017]


眠い

でも、出かける。仕事だ。

近鉄線ではずっと、ケータイをいじっていた。

乗り換えて、ようやく本を開いて。


車中のとも。

読書猿『問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール』(フォレスト出版


キャメロット」のところ、少しだけ。

〈導きの問い〉、要するにどうなればよいか

これ、聞き覚えあるな。アイデア大全にも、出てきたな。


気になる新刊

パンダぴあ (ぴあMOOK)』(ぴあ

GQ JAPAN (ジーキュージャパン) 2018年01・02月合併号 [GQ MEN OF THE YEAR 2017]』(コンデナスト・ジャパン

草野心平酒味酒菜 (中公文庫)』(中央公論新社

石川桂郎俳人風狂列伝 (中公文庫)』(中央公論新社


『GQ JAPAN』特集は、「2017年の男たち」。

この3人の写真を、ネットで確認できるようになるとはなぁ。

ダメ元で、追加FAX。来年こそは、事前指定も試みたい。


購入。ベニヤ書店

千葉聡『短歌は最強アイテム――高校生活の悩みに効きます (岩波ジュニア新書)』(岩波書店


楽しみにしていたちばさと先生新刊

狙い通り、ベニヤさんの向かって左側の新刊コーナーで発見

歩きながら、街灯のひかりで今回も一人称が「俺」なことを確認


車内で見てたTLで、宇田さん自ら最終回のお知らせがあった。*1

帰ってきて、昨日届いていた『読書人の雑誌 本 2017年12月号』(講談社)を開封する。

「ほんの序の口最終回、読んだ。「これからも『本』や本を、楽しんでいきましょう」、

宇田さんからのメッセージ。はい、楽しんで参ります


しかし、連載4年かー。すばらしい。長い間、お疲れさまでした。

定期購読も、4年だ。同じ雑誌をこんなに長く定期したの、初めてだ。

宇田さんの文章を読みたくて取り寄せるようになって、今年はついに、

ウララを訪ねることもできた。少しずつ、世界は動いているね。

宇田さんの文章を、これからも追いかけてゆきたい。