そうめん

2016-12-19

[]若冲関連記事 「鸚鵡牡丹図」初公開、若冲イヤー締める 京都で企画展

江戸時代の絵師伊藤若冲の企画展が15日、京都市上京区の相国寺承天閣美術館で始まり、鮮やかな「鸚鵡牡丹(おうむぼたん)図」や、愛らしい「布袋軍配図」など5点が初公開された。京都国立博物館(東山区)でもこのほど特集陳列が始まり、生誕300年の「若冲イヤー」を締めくくる二つの展示が若冲ファンを楽しませている。

承天閣美術館伊藤若冲展 後期」
2017年5月21日まで開催(27日〜来年1月5日は休館)。

京都国立博物館「特集陳列 生誕300年 伊藤若冲
2017年1月15日まで開催(19日、26日〜1月1日、1月10日は休館)。
「石燈籠図屏風」や「石峰寺図」など約30点を展示。

12月15日付京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20161215000122

[]若冲関連記事 「伊藤若冲」県内で初確認 県立美術館に近く寄託

江戸中期に京都で活躍した絵師、伊藤若冲の作品が熊本市の個人宅で、13日までに確認された。近く、県立美術館(同市中央区)に寄託される。菊の花を描いた墨絵で、若冲が40代の頃の作品。同館は「県内で若冲作品が確かめられたのは初めて」としている。

12月14日付熊本日日新聞
http://kumanichi.com/news/local/main/20161214001.xhtml

2016-11-27

[]今後発売される関連本

伊藤若冲動植綵絵研究: 描かれた形態の相似性と非合同性について』
https://www.amazon.co.jp/dp/4416916434

美術をこよなく愛する外科医が動植綵絵の謎に挑む!

発売日2017/1/10 誠文堂新光社

2016-10-28

[]今後発売される関連本

別冊太陽編集部 編『京都を知る100章』
http://www.heibonsha.co.jp/book/b251704.html

「いけず」「桂離宮」「祇園」「若冲」「地蔵盆」「おばんざい」「図子」「マンガ」「喫茶店」等々。最高の執筆陣と圧倒的なビジュアルを動員し、「千年の都」の魅力と謎を100のキーワードで読み解く。

発売日:2016/11/21 平凡社

発売日はhontoから

2016-10-14

[]今後発売される関連本

若冲 』(河出文庫)
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309414898/

生誕300年を迎えた、いま最も注目著しい画家の魅力を、あらゆる角度から探り味わう。執筆は、辻惟雄、芳賀徹、種村季弘、澤田ふじ子、安岡章太郎など豪華な陣容。

発売日2016.11.08(予定) 河出書房新社

河出書房新社からは以前『箱抜けからくり綺譚』(種村季弘)という本が出ていて、そちらに若冲に関する文が収録されてました。

2016-10-07

[][]今後発売される関連本

若冲 生誕300年記念 マルチケースBOOK 』(TJMOOK)
http://honto.jp/netstore/pd-book_28123998.html

若冲初の付録つきブック。付録は、カード類、保険証、通帳、パスポートなど自由に収納できるマルチケースです。貴重な若冲の作品『雪梅雄鶏図』(両足院所蔵)の絵柄を用いた豪華付録のほか、誌面では若冲の作品をご紹介します。

発売日2016/11/21 ※2016/12/05になっていました(10月8日現在) 宝島社

宝島社ならではの展開