とりおの不定期日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006/12/03

[]初めての「さいたまスーパーアリーナ

Eric_clapton_s

初めて、さいたまスーパーアリーナに行ってきました!

遠いと思ってたら、うちから車で1時間くらいでした。

周囲は庁舎とかばっかりで、かなり殺風景な感じ(^^;

駐車場の心配があったんですけど、けっこう周りにたくさん駐車場があってほっとしました。

以前に「さいたまスーパーアリーナ駐車場は帰る時絶対出れなくなるから、入れちゃダメ!」って言われてたので、止められなかったどうしようとドキドキしながら行ったんですが、結構すんなり止められたので助かりました(^^)

電車で行こうかと思ってたんですけど、一緒に行く嫁が早くも「つわり」がひどく、電車の中で体調が悪くなったら大変かなと車にしたんですよね〜

なんで今回さいたまスーパーアリーナに行ったかと言うと、念願のEric Claptonコンサートに行ったからです!!(^^)

外国人タレントコンサートはこれでBON JOVIPrinceに続き3人目なんですけど(って、ジャンルがメチャクチャですね(^^;)、何となくサービス精神が無いような気がするんですけど、どうなんですかね〜?(^^;

今回のコンサートは1時間半くらいであっさりと終わってしまいました。

そして今回とても後悔してるんですけど、最近非常に忙しく、さらに前日は職場忘年会、んでもって嫁の世話で、疲労困憊で行ってしまったのが原因で、あの騒音の中、意識消失!!!!!

嫁に小突かれて起きました(^^;

あぁ〜、後悔ひとしきり.....そして疲れていることを痛感してしまいました...

でも聞いた曲は良かったですよ(^^)

んでもって相変わらずのギター演奏の巧さ、僕みたいな素人でも「スゲ〜」って思うんだから、ギターやってる人はホントに感激しているんでしょうね〜、うんうん

で、ふと思ったんですが、さいたまスーパーアリーナってコンサートに向いているんでしょうか?(^^;

なんかものすごくうるさかったんですよね。

ま、今回は結構ステージから近いとこに座ってたからってのもあるかもしれないんですけど、全然ボーカルの音が聴こえないくらい音響がうるさいんですよ。

ギターだけで静かな曲だとまぁまぁなんですけど。

もしかして調整ミス?(^^;

ん〜疑問が残るコンサートでした...

2006/11/19

[]業務報告

一応生きております

なかなか書くネタが無く、ほんでもって先月あたりからどんどん忙しくなって......ってな感じで、いつの間にかこんなに更新が滞っておりました(^^;

ん〜一応某所で読んでくれている人がいるってことがわかってちょっと嬉しかったり(^^)

最近歓迎会とか結婚式とかが続いて、嫁の機嫌がすこぶる悪かったんですけど、昨日突然嫁が妊娠検査薬を買ってきて、急に機嫌が良くなったんですよ

な、なんと結果は「陽性」だったようで(^^)

その日は検査のやり方が悪かったとか何とか言って、有耶無耶なっちゃったんですけど、本日(これは内緒ですけど)病院から紙コップと妊娠検査薬を盗んで(って検査技師の人からもらったんですけど)再検査したところ、やはり「陽性」。

嫁の機嫌が良くなって、それはそれは平和な家庭が戻ってめでたしめでたし

んでもって子供が出来て、それはそれは今後の楽しみが増えてめでたしめでたし

なんですけど、

やっぱこりゃ大変な状況になってきてるんでは?(^^;

ん〜頑張らねば。。。

2006/10/02

[]旅行記その5(2006年度版)

さて最終日(帰る前日)です。

この日が一番晴れてました(^^)

ドーニ(船の名前)で約1時間くらい行ったところで、ホントにキレイな島でした。

まず島からちょっと離れたところのドロップオフシュノーケリングを楽しんでから、島でゆっくりするといった具合でした。

島でゆっくりしている時に何回かホテルの人がやってきて、ココナッツを小さく切ったものをくれるんですけど(ダイビングの休憩時間にも食べまくってました(^^;)、皮付きで切ってそのままくれるだけなんですけど、これが美味いんですよ(^^)

島でゆっくりしている時はのんびり日焼けしたり、波打ち際でシュノーケリングしたりして過ごしてました。

Maldives_mujinislands

↑どうですか、この光景(^^)

ヤバいっしょ?ホントにキレイでした。

Maldives_mujin_fish1

↑これがドロップオフでのシュノーケリングの時の写真です。

深さは5〜6mくらいかな。透明度は15〜20mくらいです。

ただ借りたマスクがどんなにきつく締めてもガバガバ水が入ってきてしまうので、仕方なく水面に浮かんだまま一所懸命腕を伸ばして写真を撮ってました(^^;

太陽光が底まで届いていてホントにキレイでした。

Maldives_mujin_fish2

↑これもドロップオフでのシュノーケリング

Maldives_mujin_dropoff

↑右奥がドロップオフです。

ホントにこんな浅瀬でもたくさんの魚がいて、全然飽きません(^^)

Maldives_mujin_utsubo1

↑ウツボ

ダイビングインストラクターが言っていたんですけど、外人さんは綺麗な魚とかよりウツボを見たがるそうです(^^; マンタとか見たとしても「今日はウツボを見られなかった」と言って悔しがるそうです(^^;

確かにこのウツボを発見して写真を撮ってたら、ワラワラ人が集まってきてました(笑)

Maldives_mujin_yadokari

↑浜辺で寝てる時、なんか足がむず痒いと思って見てみると、このヤドカリがオイラの足の上を一生懸命歩いていました(^^)

Maldives_mujinleaf_fish1

↑波打ち際でのシュノーケリングの時の写真

こういう小さい魚が一杯いました(^^)

無人島での楽しい一時を終え、ドーニで帰ってきて、桟橋を歩いていた時、↓こんな魚を見つけました(^^) そう、サメの幼魚です。こんなとこまで遊びに来るんですね〜

Maldives_sharkbaby

この日は1日中遊べる日としては最終日。

こんな↓光景を見ながら、「あ〜帰りたくないなぁ〜。仕事やだなぁ〜」なんてぼやきながら最後の一時を満喫してました(^^)

Maldives_sunset

さて帰りです。

帰路もマーレ→コロンボ→成田という乗り継ぎだったんですけど、マーレの滞在時間が思ったより長く、↓こんな店でアイスクリームを。

Maldives_male_iceshop

あ、手前のおじちゃん邪魔ですね(^^;

奥の店です。Movenpickって店です。

結構有名みたいです。味はん〜...普通かな(^^;

マーレにお立ち寄りの際はお試しあれ。

Maldives_male_airplane

↑マーレ空港での記念撮影。こんな感じで歩いていって飛行機に搭乗します(^^;

ま、こういうのも楽しいですよね(^^)

ダイビングでずっと一緒だったカップルの方に撮って頂きました(^^)

おんなじデジカメ使ってるんで(っていうかその方の方が使い慣れてる(^^;)、フラッシュを使わずにキレイに撮ってもらいました。

その人も愛煙家なので、いたる所の喫煙所でお会いしてました(笑)(ま、喫煙できる場所が限られてるんで会う確率は高いんですけどね(^^;)

こうして帰ってきたんですけど、やっぱここまでのんびりしてきてしまうと、仕事復帰にはリハビリ期間が必要ですね(^^;

旅行で心残りなのが、ダイビングでずっと一緒で、写真を撮ってくれたヒライさんの連絡先を聞くのを忘れたこと(^^;

ヒライさ〜〜ん、ここ読んでくれていたら連絡くださ〜〜い

コメント欄に何か足跡を〜〜〜

2006/09/27

[]旅行記その4(2006年度版)

さてさてやっとこさ水中写真の登場です。

この前書いた通り、今回の旅行FinePix F30による水中写真初挑戦なので、うまく撮れていないかもしれないですけど、その点はご容赦を(^^;

あと、FinePix F30でどんな感じに水中写真が撮れるかってのを知りたい方もいるかもしれないので、今回はあえて補正無しでサイズ変更のみで載っけていきます。

今回のダイビングは、前回のダイビングPADI Open Water 取得コースをやりファンダイビングをしなかったのと同様に、Advanced Open Water 取得コースをやってきました。経験本数がコース取得のみという恐ろしい事態になってますけど(^^;、まぁ、これでやっと嫁に資格では並びました(笑)

ホントは今回はファンダイビングだけのつもりだったんですけど、インストラクターの人が「それだけの本数潜るつもりならアドバンス取っちゃえばイイじゃん」なんておっしゃるもんだから、つい調子に乗って申し込んでしまった次第です(^^;

あとインストラクターの提案でNitroxにも挑戦してきました。Nitroxってのは普通のタンクと違い、酸素の含有パーセントが多いタンクを使用して潜ることでして、普通のタンクは21%と大気中の酸素と同じなんですけど、Nitroxの場合、32%(もしくは40%)です。イコール窒素量が少なくて、よく起こる身体のダルさとかが起こりにくいそうです。(ってNitroxについて勉強させられたんだから、もっと詳しく書けっていう突っ込みはご遠慮下さいm(_ _)m)

今回のダイブは計6ダイブしてきました。1日2本ずつです。前回のダイビング同様、うちらにとってはかなりのハードスケジュールでした(^^; もうコテージに帰ってくるなり飯も食わずに爆睡で、お陰様で4kg程体重減少して帰って参りました(^^;

潜ったポイント

    初日が
  • Cova Faru

    2日目が
  • Maavaru Kandu
  • Muttafushi Thila

    3日目が
  • Nelivaru Thila
  • 12.5 Thila

です。

さて今回の更新画像が多いので表示されるまで時間がかかるかもしれません。ごめんなさい。

Maldives_fish_day1_1_2

↑初日のダイビングの時に撮ったものです。

ちなみに写っている魚の名前はわかりません(^^;

インストラクターの人が一生懸命魚の名前を教えてくれるんですけど、キレイだなぁ〜って感じで終わってしまって、どうしても名前を覚えられませんでした...

この時の透明度は15〜20mくらいでしょうか。ちなみに深さは15mくらいです。

Maldives_fish_day1_2

↑これも初日。潜ったらすぐにこんな感じの魚群に出会えたんで、ホントに楽しかったです。後から出てきますけど、ものすごい魚群に囲まれて恐怖を感じることもしばしば(^^;

サンゴも結構いっぱいあって(インストラクターが言っていたのですが、それでも結構少なくなってきているとのこと)、ホントにキレイでしたね〜。

Maldives_fish_day1_3

↑これも初日。ね?すごいでしょ(^^)

静かに佇んでいるとものすごい近くをドシャーッと大量の魚が泳いでいきます。

流れがホントにきつくて、インストラクターの人にも言われたんですけど、写真を撮っているとものすごくエアーを消費します(^^;

オイラ達二人ともう1組、それにインストラクターの計5人で潜っていたんですけど、いつも男二人が先に上がっていました...

さらにはオイラなんかインストラクターのオクトパス(予備のエアー)を使って潜っていたことも(^^;

やっぱり息を止めたりしてなるべく動きを少なくしてじっと我慢して写真を撮り、撮ったら大慌てで呼吸するからなんでしょうね(^^;

Maldives_fish_day3_1

↑こ、これ、怖くないですか?(^^;

これは2日目なんですけど、インストラクターについていこうとしたら、途端にこんな大群に囲まれ、もう少しでインストラクターを見失うところでした(^^;

2日目も透明度はそんなに良くなくて、10〜15mくらいでした。

Maldives_fish_day3_2

↑これは3日目。

3日目はもっと透明度が悪くて、10〜15mくらいでした。

この写真は深さは15mくらいです。

さてさて3日目は念願のマンタポイントに行ってきました(^^)

Maldives_manta_day3_1

Maldives_manta_day3_2

写真ではなかなか迫力が伝わってこないですけど(透明度の悪さも拍車をかけてますね(^^;)、かなりの至近距離まで近づいてきて、周りの人がなんかオイラの方を指さしてるな〜って思って上を見たら、マンタの口が目の前になんてこともありました(^^;

この光景、潜って5分くらいです。潜ってすぐにマンタが見られるなんて、幸せ〜(^^)

この時もオイラは早い時間帯でエアー少量となり上がってしまったんですけど、オイラが上がった後に、マンタが5匹編隊を組んでグルグル回っていて、水面が見えなくなるくらいだったっていう光景があったそうです。(見たかった〜〜〜(T_T)

そしてマンタスポットの近くでメジロザメを見られるっつうことでポイントへ。

そこはホントに流れがきつくて、

Maldives_diving_day3_1

↑こんな感じで岩にしがみつき、メジロザメの出現を待ってました(^^;

いやホントに待ってる間きつかったです(^^; 結局サメは見られなかったんですけどね...

奥にいるのがインストラクターで、「お前、ココの岩つかんどけ!」って命令している図です(笑)

Maldives_fish_day3_3

↑この魚たちも一緒に同じ場所で待ってました(^^)

こんな感じであっという間に6ダイブ終了し、

Maldives_aowlicence

↑無事Advanced Open Water 取得しました〜〜〜\(^o^)/

いや〜良かった良かった(^^)

経験本数がすんごい少ないのに取得しちゃっていいのかってな不安はありますけどね(^^;

あとは認定カードが自宅に届くのを待つばかり。

前回はPADI Asia Pacificで、今回がPADI Europeに申請したんですけど、カードの違いもある意味楽しみです(^^)

さて、残るは最終日なんですけど、最終日は無人島ツアーに行ってきたんで、その模様を写真と共に次回お送りしま〜っす。

2006/09/23

[]旅行記その3(2006年度版)

着いたその日、次の日はあいにく雨。(後で聞いたんですけど、オイラ達が行く1週間前はずっと雨だったそうな)

こんな感じ↓でスコールのような雨がずっと降ってました。

Moldive_rain

でもダイビングを始めた3日目からはカラッと晴れて、お陰様で焼かないように気をつけても日焼けしてしまうという強烈な太陽光を浴びまくる日々でした(^^)

夜はカラッと晴れたその夜から満天の星空が広がりました(^^)

これが↓その星空です。ISO3200で撮ってみたんですけど、星がありすぎて逆に汚いかも(^^;

Moldiv_star

他にもISO1600や800とかで撮ったんですけど、これが一番圧巻の様子がわかりやすいかなと思ってこの写真を載せました。うちでこのページで星座をプリントアウトしてったんですけど、星がありすぎて全然わかりませんでした(^^; あんなにはっきり天の川を観たのはいつ以来かな〜って思うくらいキレイでした(^^)

まぁ向こうではやることが無い(っていうかのんびりする為に行ったんですけど(^^;)んで、ダイビングばっかりやっていたわけですが、まずは泊まったコテージ(ココ・パームでは lagoonvillaとかvillaって呼ばれてます)の紹介をば。

↓これは泊まった水上コテージの外観

Moldiv_lagvilla

んで、これがコテージの中の様子↓

Moldiv_cotage

↑真ん中の布で囲まれてるのがベッドです。部屋はなかなかの広さで、そのベッドの奥に扉があってシャワールームになってます。最初入った時、テレビを隅から隅まで探したんですが無かったです(^^;(リゾートガイドにはテレビがあるって書いてあったんだけど.....水上コテージではない普通のコテージに泊まった人に聞いたら、「水上コテージにはテレビがあると思ってた」とのコメントが(^^;) まぁ見ても英語でわからないんでイイっちゃイイんですが。

水上コテージの外は↓こんな感じになっていて

Moldiv_cotageoutside

すぐにシュノーケリングが楽しめる構造になっとります(^^)

っつっても魚は一匹もいませんでした.....

あと波が高く、そんでもって流れも強く、透明度が1mくらいだったんで、あまり楽しめませんでした(^^;(最終日は比べると穏やかになってましたが)

水上コテージから5〜6分こんな↓道を歩くとレセプションがあって

Moldiv_road

その周りにダイビングセンターレストラン、スパ等の施設があるんですが、レストランには予約しないとダメレストランと、ビュッフェスタイルの気軽なレストランがあり、さらにもう一つ軽食&酒のバーがありやす。

これ↓がビュッフェスタイルレストラン

Moldiv_restaurant

右奥がその場で調理してくれるコーナーになっていて、左奥と写真には写ってないんですけど、右の手前の2ヶ所でセルフサービスでいろんな料理をとるってな感じです。夕食には寿司が並んでました(笑)

料理自体はまぁまぁって感じです。その場で調理してくれるコーナーの食事はおいしかったです。朝食はオムレツとか目玉焼き、フレンチトーストとかを作ってくれて、夕食はタイ風の焼きそばや肉料理とかを作ってくれます。コックのおじちゃんが面白くて、並んでるとわざわざ「こんにちは」とか片言の日本語で話しかけてくれます(^^) 外人のお客さんは「何しゃべってんだ?」みたいな顔で見てましたけど(笑)

これ↓がバー

Moldiv_bar

ここのハンバーガーはまぁまぁおいしいです。

ピザ冷凍ピザまんまなんでやめといた方がいいです(^^;

あんまり量が食べられない方はこっちのバーで軽くご飯を食べた方がお得かも。

今回ダイビング用にとデジカメを新調し(FinePix F30です)、ハウジングも購入(^^)

次回からダイビング中心になっていくので、初の水中写真がお目見えで〜す