昨日の風はどんなのだっけ? このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

Information

  • メールはこちらからお願いします。
  • 2004年04月16日(金) 踊れボンボン

    金曜発売終了〜コスモバルク単勝1.9倍

    金曜の段階とはいえ、意外と一本かぶりです。いや本当にオグリキャップハイセイコー以上の夢と物語が詰まった馬だと思ってますから、心の底から応援したいです。

    北京市にセブン−イレブン誕生 できたて品が大人気

    ニュースそのものもなかなか感心高いですが、おでんが「日式好燉」おにぎりが「日式飯団」という中国の当て字に感動中(笑)。

    脅迫電話は捏造!?

    ネタ元がサイバッチなので、どうかとも思うけど、確かに仏具の『チーン』という音は電話では拾えないはずだから、うわーあり得るから怖いというか、本当だったら大変だぞ、根深いなんてもんじゃなくなる。キデル・ディア氏は 1/「最初の目撃者」兼 2/「聖職者との交渉役」兼 3/「日本テレビ報道局の通訳スタッフ」である。というのも抑えといた方が良いのかもしんないけど、すんませんもうお腹いっぱいです(苦笑)。

    新ニッポンからの通信:ええかげんにせい!

    akiさんの『新ニッポンからの通信:ええかげんにせい!』さんもBlogに移行です。増えてきたなあ……。でも好きなサイトのBlog化は、「見てますよ、紹介させて頂きます」というアピールが出来るのでやっぱり嬉しいかも知れません。

    春天スト

    正直、今回に関しては厩務員側の肩を持ちたい自分がいる……、いやでもここは厩舎制度改革まで一気に話を持っていくきっかけにしてほしい。他の有力馬主の動向に注目です。

    いややっぱりそう考えると、岡田繁幸総帥は偉いよなと改めて思います。

    とかなんとかいってたら、スト回避妥結の報道が……うーんなんか裏であったかな?

    高塚氏が球団社長辞任

    球団側には事前報告無し……なにこの人は結局コストカットと銘打ってチームを壊すだけ壊して去っていくということなの? いや本当に工藤を筆頭に数多くの選手達への無礼、絶対に忘れないからな、本当にこういう人間のすることというのを理解できない金勘定しかできない人の会社の出版物ねえ……。

    正直経済界インテリエリートに対して、自分がフィルターかけて見るようになったきっかけを自分に与えてくれた人なので、これからもウォッチしてやりたい気はしています。

    というかこの人のホークスでやった事って、一部の選手の給料だけをやたら高騰させて、チーム内に不公平感を与えたということは、きっちりと経済関係のジャーナリストも取り上げて欲しいなあ。ビジネスの世界でもこういうことしてるといつかエライ目にあうと思うのですが。

    新潟の応援に臨時新幹線−18日のJリーグ市原戦で

    もはや臨時新幹線というより、新潟アウェー戦用という定期便に近くなってきました(笑)。いや本当にあの人達をヨーロッパの大会に出したいなあ、ヨーロッパの田舎町にオレンジ色の新潟県人が数万人というのも見たいなあ。

    2008年の野球の球宴は新潟で

    なんか今更感も強いし、というか三日あるオールスターの一試合を地方巡業で野球振興というのは、昔から嫌な感じなんだよなあ、何か中央のお上が地方に野球を与えてやるって感じがする。

    裏でアルビの試合をぶつけてやれば良いのにとかいってみたい(笑)。もしくはアルビの選手での野球大会とどっちが客はいるか競ってみてほしい(笑)。

    「サポーターの応援が選手の力になる!キレイごとはいいから、泥臭いサッカーを見せて!」

    『J's GOAL』の女子代表五輪予選特集の座談会編です。選手の個性にまで触れていますので是非とも読んでください。

    笑いの金メダル

    で、永井洋一つるしあげ祭りもトータルフットボールの初戦も見逃して見ていたのがこの番組。カンニングというのは本ネタ見たことなかったのですが、面白いじゃないですか(笑)、こういう発見があったのでドイツ大会見逃したのはちょっと残念ぐらいで済んでいるような気がします(笑)。

    番組の内容はともかく、ボブ・サップはそろそろ仕事を選べ。

    監督の仕事とは

    id:helgueraさんがJリーグの現在・過去の優秀な監督にあってジーコにないものを端的に指摘していますが、本当にこういう直感頼りという開き直りをされちゃあ、もうどうしようもないですよね。

    ジーコがどうこうというよりは、もうジーコを切れないJFAという組織論に話は移ってきていると思う、そういう意味ではジーコを飛び越えて協会批判になるのはおかしいという意見が出てくるのは不思議だと思うしセルジオ越後さんが、今日の番組ジーコが悪いのはもう前提として協会批判に重心を置いていたのは当然だと思うし、武藤さんの指摘は飛躍しすぎとは思わない。

    3人が解放後も「イラクに残りたい」にみんなキレまくり

    “反省なし”に小泉キレた「自覚ない」 (夕刊フジ)

    自制促す言葉相次ぐ…解放3人の家族ら (読売)

    「人質解放の費用公表を」 政府・与党に自己責任問う声 (朝日)

    まあはっきりいって政治家の発言の中には言い過ぎと思うものもあるけど、極めて真っ当な反応だと思います。というか本当にどれだけ迷惑かけたかという自覚がないというのは本当に凄い。

    そりゃ本人がこんなんなら、後に続けみたいな人も出てくるよな、本当に『次からはもう助けないよ宣言』、とかしてみても良いかも知れません。

    1974ワールドカップ ウルグアイ×オランダ

    いままできちんと録画出来てたのに、今回はじめて録画逃してしまった……。しかも倉敷保雄大住良之コンビなのに、この大会目玉のオランダの試合なのに……トータルフットボールの初戦なのに……、再放送は契約上絶望的という話だし、あーショック。

    緊急検証!ジーコ・ジャパン

    お笑い番組見てたので、明日の再放送を録画してみる予定ですが、とりあえず実況スレで確認。*1

    哲ちゃんはトーク中にセルジオ・後藤に転んで、永井さんは泣きそうになっていたとのことです(笑)。しかし後藤さんもセルジオさんも見方変えれば大人気ないかもしんないけど、永井さんが頑なすぎるよな、本当にトルシエに親でも殺されたかというツッコミが入ってたけど、本当にそう思う。

    ■関連

    番組の実況スレ

    テキスト前半

    テキスト後半 テキストはともにDemper Webより。

    J-KETスレ

    さるねこのダメダメ日記

    http://d.hatena.ne.jp/sakamoto-kun/20040416#p1

    http://d.hatena.ne.jp/citron01/20040416#p1

    小野もショック フェイエ選手への暴行事件

    うわーこんな洒落になんない事件だったのかよ、ちょっと客が悪ふざけのレベルじゃないじゃない!? いやこんな大事しでかしたら、来シーズンのチャンピオンズリーグの出場権とかに波及してこない? いや本当に怖いなあ。

    マキバスナイパーが高崎へ転入

    南関東では苦しくなってきたからなあ、でも新天地で復活することはあるのでお願いします。あと千葉新田牧場さん、出来れば種牡馬入りをよろしくお願いします。

    WikiをベースにしたWeb付箋『変なもの』

    id:knoさん及びid:shigeponさん経由、確かにこれ面白いというか、単純に大マジに便利なんじゃないっすか?(笑)

    メディアリテラシー

    unagiのネゴトより、メディアリテラシー論は今後どんどん活発になってくるだろうなあ、今日も今後のメディアの報じ方には注意が必要ってテレビで言ってる人もいたし、とにかくアルジャジーラやイラク聖職者教会のいうことを真に受けすぎというのは本当にそうだよなあ、いや日本政府の活躍を隠蔽したいという意図は感じるんだけど。

    ■関連

    http://d.hatena.ne.jp/toronei/20040412#1081792569

    http://d.hatena.ne.jp/virustrick/20040416

    −新聞−日本でもより独自の切り口を

    ワイドショーのレポーターのほうが突っ込んだ話しをしてくれたという話しとイルハンの話しが興味深いです。

    イルハンは自分が得点するという考え方の現れなんだろうなあ。

    「僕は元気です(笑)」

    藤田の時もそうでしたが、戸田のような深い人物のレポートを送れるのが、中田徹さんだというのは本当に良かったと思いました。

    よみうりテレビのニュース番組

    よみうりテレビの夕方のローカルニュース枠にて、『帰国した人質達を英雄視することで、自分たちもああなろうと挑戦する人達が現れる可能性があるからマスコミは自省を、また若い人達には目的が善意から来るものだったら、何をしても許されるという思いこみがある』という指摘。

    あー後者に関しては、そういう風潮は本当に感じるよね、『彼らは正しいことをやろうとして行ったんだから!!』というのはなあ、正直、最初のきっかけが善意ならOKというのは、その発想の方が軍国主義とかにつながるような気がします。

    以下、全てid:guideさんとこから拾いました。

    国をあげてストックホルム症候群のようになっているマスコミの白痴踊りにはつきあうな。 勝谷誠彦の××な日々。2004/04/16 (金) より。

    「自業自得だ」と言えない社会が二・二六事件を発生させた。 唐沢俊一裏モノ日記 2004/4/15日(木)より。

    解放された3人は、ひとまず殺されたイタリア人や、現在捕まっている日本人に謝罪すべきだと僕は思ってます。 id:guideさん

    民間人のイラク入りを抑制するため、「今回の救出にかかった総経費を公表すべきだ」との意見 (共同)

    危険無視のフリー記者、「イラクで稼げる」と続々入国 (読売)

    「死にざまを見せてやる」伊外相、人質の最期を詳述 (産経)

    引き続きこの事件が狂言誘拐である可能性を検討する。 週刊アカシックレコード

    たまたま運が良かった 辛坊治郎氏 id:m-waniさん

    改めて追悼・横山光輝先生

    唐沢先生の本日付日記に関しては横山先生の部分をここでは引用したい。イラク事件に関することは、id:guide:20040416#p2 を見てください。

    横山先生もとうとうお亡くなりに。悲痛な事故ではあるが、漫画家としてはすでに 描きたいものは全て描いたという気持ちだったのではなかったかと思うし、鉄人をは じめ影丸、サリー、バビル2世等という彼の生み出したキャラクターは、これからも (ひょっとしたら鉄腕アトムやレオなどより長く)繰り返し、日本の娯楽作品の中で リメイクされて受け継がれ、生き続けることだろう。娯楽派・大衆派作家の評価とい うのは遅すぎることがまま、あるが、横山作品評価は晩年になるほど高まってきた。 何とか間に合った。

    唐沢俊一裏モノ日記 2004/4/15日(木)

    いやでもこれから再評価の声がますます高まる矢先だったと僕なんかは感じていたので、本当に残念で仕方ないです。作家としては確かに書き尽くしたという所はあったでしょうが、僕もリウイチさんがいうように、

    口述なんかでその漫画人生を振り返ってもらうなりした伝記のよーなものをこれから、どんどん出して来てくれてライバルだっただろー手塚治虫さんへの思いとか、漫画への考え方とかを聞かせてくれるだろーと思っていた。とゆーより絶対にそーして欲しかった。それが……それが……嗚呼! テレビも新聞もイラクの人質3人の解放ばかりを取り上げるのを即座に辞めて、横山さんの追悼に切り替えよ!

    http://www.asahi-net.or.jp/~WF9R-TNGC/nikko.html 2004年4月15日

    こういった期待は確かに大きくあったし、やはり長く現役として賛辞される人であってほしかった、本当に心から改めてご冥福をお祈りします。

    いやいかりやさんのときも思ったけど、真の本当の意味での大衆スターに対するテレビメディアの扱いの軽さは何なんだろうと思う、あいつらはもう助かったんだから、追いかけ回すことは止めて、横山光輝の追悼特番体制にしろ!!

    ところで横山光輝が競馬ファンで馬主でもあるというのは、マンガ界からはよく触れられるけど、競馬ファンの方ではあんまり認識されてなかったなあ。

    本当に長生きしそうというイメージだけはみんな持ってたのになあ。本当に90になっても、100になっても生きてる人というイメージでした。

    ■関連 『横山光輝の世界』

    *1:って自分の契約ではNNN24見れないことに今気付いた(笑)

    メールはこちらからお願いします。間違いとか見つけたらメールください、助かります。
    Amazonで購入
    Amazonで購入
    Amazonで購入
    最近書いたコメント
    第2リンク集
    Connection: close