昨日の風はどんなのだっけ? このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

Information

  • メールはこちらからお願いします。
  • 2005年08月22日(月) タイムリミット

    鈴木チェアマンは一級の寝業師である

    以下に紹介するブログは、僕がスポーツを語るにあたって色々と参考にさせて貰っていますし、尊敬もしていますが、この件については反論させて頂きたいと思います。

    鈴木チェアマンは言葉の表面だけで真意を汲み取れる人では決してありません。この人の「鳥栖をJリーグから排除する」ということを匂わすコメントによって、鳥栖に新しいスポンサーと市の追加支援を呼び込んだように、自分の一言一言がどういう影響を多方面に与えるかということを計算を持ってやっているし、何より鈴木氏自身が鹿島アントラーズの創生期のクラブ運営に携わり、地方都市でのクラブ運営の酸いも甘いも噛みしめた現実を知っている人であり、その鈴木チェアマンが愛媛FCの目算は甘いと考えるのは、現実的な意見として見るべきだと思います。

    J3が出来るか、J2とJFLとの入れ替えが実施されるまでは、チーム予算を口実にJ入り拒否するのは、それが良いこととは言わないけど、仕方ないことでしょう。もし万が一、愛媛FCJリーグに上がって、経営の身の丈のあったチーム運営をした結果、物凄く弱いチームだったとしても、現状ではJ2より下へ落とすことが出来ない以上、ある程度の条件を課すのは仕方ないでしょうし、何より現在の日本のサッカー状況では、万が一チームが経営問題で潰れてしまうとかあった場合、愛媛でのサッカーチームというのが、また一からになってしまいます。それだったら機が熟するまで待たせたいという鈴木チェアマンの気持ちは理解出来るものだと思います。

    ただ僕はこの鈴木チェアマンの発言は一方的に愛媛FCを拒絶しているものではないと思っています、鳥栖の時のように、「このままではダメだよ」というメッセージを強烈に出すことによって、愛媛の自治体や地元スポンサーに揺さぶりをかけた、愛媛FCへの援護射撃であると僕は捉えています。現実にそれはサガン鳥栖で同じことをやって成功しましたし、鹿島アントラーズの社長として、自治体や地方のスポンサーと直接対峙して、こういった人たちがどうしたら金を出すかというのを知ってる人ならではの計算の上での発言だと私は思います。

    元々、鹿島という地方のクラブを、日本を代表するクラブに育て上げた経営者、サブちゃんやナベツネNPBの人たちのような底の浅い言動をする人では決してないですよ、この人の発言の裏は意外と深いです。

    あと大都市や大きなスポンサーがいることを重要視するのは、昔の方がよっぽどあったと思うし、そういう意味で理念が薄くなっているとは思いません、むしろ上がってからやっぱりダメでしたということがないようにという、鈴木チェアマンの親心であり、それが甘やかすことにならないようにあえてこういう言い草を取っていると僕は取っています。少なくとも僕は川淵時代より鈴木時代の方が、よっぽどJリーグは良い方向に向かいだしていると思います。まだサブちゃんの意向が強すぎて、審判問題など鈴木さんはナタ振れていませんが、1シーズン制など川淵さんが決して触ろうとしなかった件でも指導力を発揮しましたし、川淵さんと鈴木さんを比べて鈴木さんの指導力に問題があるかのような発言も承伏しがたいです。

    本文でも書いたサガン鳥栖と鈴木チェアマンに関する流れの参考資料として、ガゼッタさんのサイトの過去ログをご紹介しておきます。僕は今回の愛媛FCへの発言は、この流れと同様のアラートであり、援護射撃だと思っております。

    メールはこちらからお願いします。間違いとか見つけたらメールください、助かります。
    Amazonで購入
    Amazonで購入
    Amazonで購入
    最近書いたコメント
    第2リンク集