昨日の風はどんなのだっけ? このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

Information

  • メールはこちらからお願いします。
  • 2008年02月14日(木) 浪漫飛行/米米CLUB

    調教師&騎手の新規合格者〜大井の内田博幸騎手が合格 : ラジオNIKKEI 競馬実況HP

    2008年(平成20年)度 調教師・騎手免許試験合格者 : JRA

    内田博幸騎手がJRA騎手免許合格 - netkeiba.com

    内田博幸騎手と鷹野宏史こと片山宏史騎手も、無事に二次通過してJRAへの移籍が決定、競馬学校卒業生の三人も無事に合格、その一方で吉田稔騎手か、三年連続で二次予選を通過出来ず、その事が大きなニュースにもならないようでは、やはり合格しない何らかの事情が、吉田騎手にはあると考えて良いんでしょうね、競馬マスコミの人も事情はもう知っているから、この件はニュースにしないということでしょうか?

    しかしJRAが特例を持っているような騎手を受験で落とすぐらいの問題がある騎手が、特指などでJRAには乗れるというのは、どうなんだろうという気もしますが、改めて中央と地方の二重行政の歪みを感じさせられます。

    地方騎手が中央に行くことを、流出的にあまり喜ばない人は多いけど、行く行くはこの件は統一免許にまで持って行くべき話だと思うので、それを進める為にもこの流れというのは、決して途切らせてはいけないと思います。プロスポーツ選手ですから、一つでも大きな舞台、一円でも多く稼げる舞台には、常に一流のプレイヤーは門が開かれているべきです。JRAもNARも海外も関係なく、そこに競馬があるということを、僕は重視したいです。この辺は僕は野球やサッカーにも同じ事を思っているんですがね。

    一方で調教師試験には、現役の須貝尚介騎手、少し前に引退した村山明・元騎手が合格、また伊藤雄二・元調教師の娘婿であり、伊藤雄厩舎の番頭だった笹田和秀調教助手も合格となりました。

    松元省一師ら3名が勇退 : netkeiba.com

    近年の成績が低迷している調教師が定年を待たずに優待する中で、今年になってからも重賞二勝している、松元省一調教師が、定年を二年待たずに勇退することが発表、所属騎手だった村山明に譲ることになるのでしょうか? 松元調教師と村山騎手と言えば、フラワーパークやトウカイタローで、おいしい所になると村山から田原にスイッチというイメージでしたが、厩舎に関しては村山騎手においしい所を任せることになるのでしょうか? といっても村山明が厩舎を持てるようになるのは、来年から何で難しいとは思うんですけどね、後見人的な立場になれるでしょうか?

    JRAの騎手試験に合格した高知の鷹野騎手の喜びのコメント : ラジオNIKKEI 競馬実況HP

    鷹野騎手改めて片野騎手は43歳にしてJRA移籍、アンミツ騎手より年下ではありますが、JRAでの騎乗経験がないという事で、大変な転身になるかも知れませんが、是非ともいま競馬学校にいるご子息との対決を楽しみに待ちたいです。

    一方の内田騎手は、もう普通に関東リーディングいや武豊の牙城を崩す、JRA全国リーディング奪取を、心から楽しみにさせて頂きます。

    メールはこちらからお願いします。間違いとか見つけたらメールください、助かります。
    Amazonで購入
    Amazonで購入
    Amazonで購入
    最近書いたコメント
    第2リンク集