水野俊哉の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-03-01 「法則のトリセツ」発売記念 「ビジネス書ベストセラーの書き方」 このエントリーを含むブックマーク



昨日、28日土曜日、「法則のトリセツ」発売記念 「ビジネス書ベストセラーの書き方」

セミナーが無事、終了しました。

 昨年11月に第一回が行われ今回で3回目になりますが、会を追うごとに参加者が豪華になる傾向が顕著になり、

今回はついにミリオンセラー「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」の山田真哉さんもお忍びで参加されていました。

他にも私のセミナー「スペシャルゲスト」といえばこの人

講談社メフィスト賞作家で 現在私とのユニット「水野流水」の作品も準備中の清涼院流水

先にご紹介していた

坂口孝則さん(爽やか系)

上村光弼さん(シブ系) の他に 

美人心理学者 植木理恵先生までがご来場です。

さらに作家エージェントアップルシードエージェンシー 徳間書店「法則のトリセツ」担当者 某大手ファッション誌編集者 ピアニスト南野陽子さん 「新刊.jp」や「FeBe」で有名な「オトバンク」 上田社長など が名を連ね、出版関係者以外にも有名ブロガーメルマガ発行者、エンジニアコンサルタントなど、「ここまで参加者が豪華な出版セミナーも、そうそうない気がします。

あと、「美人が多い」のも特徴だと言えるでしょう(笑)。もちろん美人とはお顔が美しいことはもちろん、心もお美しいという意味です。

さて、肝心のセミナーですが、今回は気合が入りすぎて「休憩」を入れ忘れたため、3時間ノンストップでしゃべり続けました。そのせいか途中で一人、会場から逃げ出すように走り去った方がいた気がしますが、恐らく幻覚でも見たのでしょう。

最後の30分ほどは参加者の顔にも疲労の色が現れ始め、私のギャグにも反応が薄まってきたので、予定より15分切り上げ終了しました。

内容的には前回の内容のおさらいとして「ゴールセッティング」と「まえがき」から始まり、肝心要の「構成術」や「文章術」まで話しきったので、充実感はあった気がします。

(「かげふみおに」 つつじさん ありがとうございます)

それにしても「成功の竜巻」の巻き込まれ現象と「水野流水」の「絶対成功法則」については、いつもセミナーで話すのですが、「本の書き方セミナー」に「ミリオンセラー作家」が来てしまうという現象には本当に驚きます。

なにしろ、本の書き方講座にミリオンセラー作家が来るなどというのは「起業の仕方」セミナーに「すでに上場していて年商100億円です」みたいな経営者が普通に来ているようなものですから、前夜、山田さんから「参加希望のメール」が来た時は、なんかのドッキリではないかと思ったほどです(笑)。

とはいえ、今年はこの手の出来事がもはや日常茶飯事化しているので、「あー、どうしよう。参加希望の気がする。一体、なんの冗談なんだろうか」と恐るおそる、メールを開封したところ、やはりというか案の上、「参加希望の旨」が書いてあったということです。

いずれにせよ、すでに累計300万部くらいはいってるはずなのに、「こういうセミナーに普通にいらっしゃる山田さんは本当に凄い人だな」と恐れ入った次第です。

また、まだ詳細は書きませんが「前回のセミナーがきっかけで出版が決まった」というご報告もいただき、それも嬉しかったです。

ちなみに次回は4月18日頃を予定しています。今回までの内容に「本を売り出すため」のセールスプロモーションの手法なども研究して解説すると思います。

今度はちゃんと「休憩」も15分くらいは入れるのでご安心ください。

参加希望は happynews@live.jpまで

また、懇親会では、いつも全員とは均等に話せず、私自身ももったいない感じはあるのですが、どんどん話しかけていただいて構いませんし、聞き逃したことをメールしてもらっても大丈夫です。

最後に 参加していただいたみなさま 本当にありがとうございます!

明治大学MBA講師 竹之内隆さんが運営する話題のポッドキャストチャンネル

■通勤立読み『ブックラリー2009』(無料番組)

http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=281550237

に私のインタビュー(前半)が早くもアップされています!

竹之内さん ありがとうございます!

◆もし声を聴いてみようとおもいたったら

番組を視聴いただくにはアップル社のソフト「iTunes」が必要です。

こちらから無料で入手できます。

http://www.apple.com/jp/itunes/download/

iTunes」がインストールできましたら、さっそく「iTunes」を立ち上げ、ここをク

リックしてください。


掲載

マインドマップ的読書感想文http://smoothfoxxx.livedoor.biz/

結果、巻末の索引から「法則」を引けば、その法則がどんなもので、ど

の本に載っているか等がわかってしまうという、便利な本が完成。

まさに「トリセツ」です。

◆また、その「法則」を語ることによって、収録している本自体を語れるようなものは、読んでなくても知ったかぶれることウケアイ。

もちろん、それぞれの本を読むのがベストなのですが、その本が「どんな本か」を語るくらいなら、この本1冊でも結構カバーできそうな。

セミナーの懇親会で、知らない話題が出たら、そっと場を離れて、「この本で用語をチェック」すると良いかも。


404 Blog Not Found http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51182518.html

なんともはや、これなら、必然的にいい本になる。

なにしろ、いい本のいいところばかりを集めたのだから



エンジニアビジネス書を斬る

▼『最小の労力で最大の効果』

  本著は、世の中にあふれている法則を

  著者の水野さんが厳選してまとめている書籍です。

藤井孝一さん ビジネス選書&サマリー本日の1冊(再掲載)

http://www.bbook.jp/today/

成功に近道はありません。でも、余計な回り道をしている可能性はあります。仕事、人間関係、勉強、人生など、何事も最短距離を行きましょう。それを教えてくれるのが法則です。世の中に、あらゆる分野で、成功法則をつづった本が出回っています。知らないで手を出すと余計な遠回りをすることになります。本書は必要最低限のエッセンスを紹介しながら、その使い方を解説してくれます。

精神科医が読み解く、ビジネス・投資・自己成長のヒントになる本

五つ★ いただきました!

http://bestbook.livedoor.biz/archives/50734536.html

本書では数多くの法則が紹介されているので、ページをめくって読んでしまいますが、実は本書で解説されている法則は、一つ一つがそれぞれ一冊の本のテーマになるくらいに価値のあるものです。

著者のシリーズが面白いのは、仕事に没頭されている感じや著者御自身が成功の過程にある体験を、著作を通じて進行形で共有できるところにあります。そのあたりの読後感は、勝間和代さんの本と通ずるものがあるかもしれません。

鹿田尚樹の「読むが価値」http://www.yomugakachi.com/article/114922689.html

この「法則」自体を集めるというのは・・・

誰にでもできることなのかもしれませんが、

本書がまた一段素晴らしいところは・・・

「水野フィルター」の幅広さと奥深さ。

『若きウェルテルの悩み』から『クロサギ』まで飛躍できる書き手は・・・

この水野俊哉氏くらいしか存在しません。

ブロガーマトリックス」も晴れて本書にて掲載いただきまして・・・

改めて水野俊哉氏の「マッピング能力」の秀逸さが際立った一冊になっています。

改めて言えば・・・

ビジネス書」を通じて、人生に「成功したい」と願うならば・・・

成功哲学を理解し、そのフレームワークを常に枕元に置く上でも・・・

『家庭の医学』や『タウンページ』と同じように・・・

家に常備しておきたい一冊!

といえるでしょう!

ピアニスト南野陽子の「見聞録@ヨーロッパ15歳からウィーンの音楽学校に通い6か国語をマスターしている

ピアニスト 南野陽子さんのページでご紹介いただきました。

私も執筆中 南野さんのCDをよく聞いていました

http://www.nanno-yoko.com/archives/745376.html

「一流への道」

見事なまでの新刊情報のまとめぶりです。お好み焼き

ご飯と赤だしが追加されました(笑)。

http://ichiryuublog.blog110.fc2.com/blog-entry-509.html

かげふみおに

http://blog.goo.ne.jp/shiratsutsuji/e/35501e74ea63692b44161ebe58617714