Hatena::ブログ(Diary)

大工道具屋のひとりごと


にほんブログ村

2017-02-25

釘返し

先日、最優秀故障率賞と言われそうな某釘打機の修理をした。

f:id:toshikane:20170224233902j:image

依頼内容は発射口の破損である。

 f:id:toshikane:20170224233903j:image

この場合、発射口だけでなく、その周りが一体の部品(ドライバガイド)となっていて

その部品そのものは鍛造品のため、高価(約2万円)である。

修理を躊躇しそうな金額であるが、それでも修理依頼があったためほとんど工賃サービスで修理する。

f:id:toshikane:20170224233904j:image

f:id:toshikane:20170224233905j:image




f:id:toshikane:20170224233906j:image

f:id:toshikane:20170224233907j:image

今回破損した部分がないと釘が発射口ではなく

手前(マガジン側)に出てくることが合って危険である。

そもそも釘打機で発射する釘はまっすぐには出ない。

そのため発射口とその手前にある斜めになった溝(釘返し)によって、

万が一手前に逸れた釘も発射口の方向に修正して打ち込むことになる。

ただし釘先端は発射口の中央ではなく、ほとんどが斜めに入る。

でも打ち込んだ時にドライバピストンの先端)が釘頭を平らにするので

まっすぐ入ったように見える。

そのため釘打機で打った釘のすぐ横で木を切ろうとすると、釘を切ってしまうことがある。

釘返しはフィニッシュもステープルでも同様にある。

2017-02-24

また作っちゃいました

今回は先日引き揚げてきた道具の中にマキタの刃物グラインダがありましたので

例により、トシカネ調に改造しました。

f:id:toshikane:20170223134102j:image

いつものように右利き仕様で右側に回転金盤を付けて

f:id:toshikane:20170223134104j:image

左側は右側に付いていた刃物用のWA砥石を移動し、

受台がなかったためこのように自作しました。

f:id:toshikane:20170223134103j:image

ボルトで固定してありますので、位置の移動や角度も変えられます。


今回は少し手間がかかりましたので、青棒とオイルを付けて22000円(税込み)となっています。


やっぱり国産モーターはパワーもあるし振動が少なくて良いですね。

ダンシンググラインダーとは程遠いものとなっています。




先ほど、注文のメールを頂きましたので、完売とさせていただきます。

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
ランキングに協力を一日一回
にほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
クリックして下さい