Hatena::ブログ(Diary)

大工道具屋のひとりごと

2016-09-26

先週の解答(あるなしクイズ56)

それでは先週の解答です。

先週の問題はあるなしクイズでした。


     ある        ない

_______________


     首         亀 


     顎         エラ


     背         骨


     腰         臀部


     目         瞼


   鎬(しのぎ)    忍(しのぶ) 追加ヒント1


     茨          城   追加ヒント2  


     江戸        東京   追加ヒント3 


_______________


「ある」ほうに共通するものはいったいなんでしょう?


という問題でした。

今回の答えは鋸の部分の名称になります。

f:id:toshikane:20160925214819j:image

f:id:toshikane:20160925214820j:image

首は柄との間の部分

顎は鋸の刃先手前の部分で

背は刃先向こう側面ですが片刃鋸の場合刃の反対面も背と言います。

腰のない鋸はごめんなさいですね。

目は目立ての目。鋸の刃の別称です。

鎬はヤスリで研いだ研ぎ面

茨は両刃鋸の横目の形状の「茨目

江戸茨目が(底辺:刃の高さ=1:2)に対して底辺と高さがほぼ同じ雁頭鋸に使われる目のこと。

今回例題回答を頂きましたかたさんの「歯」ですが

普通は鋸を部分を呼ぶときに「刃」を使い「歯」は使いませんが

日本語の解釈では硬く鋭利な部分が「刃」であり、硬く鋸状になっている部分は歯車など

「歯」を使います。歯車のギザギザ加工をすることを「歯切り」と言いますが

鋸も同様に製造工程で板の状態から「刃(歯)切り」をします。

鋸の刃切りの段階ではまだ鋭利ではないため。日本語的解釈からすれば

歯車と同様の歯切りの方があっていると思います。

ですから今回正解にいたしました。

今回はローカルな呼び方が入っているので難しかったと思いますが

勝手ながら、師匠の父からの呼び方で表記しているので、ネット検索すると

違った呼び方も多数出てくると思いますがご了承願います。


最後になりますが、今回の最優秀例題賞は

アサリにあってアワビにない」

の_さまに差し上げたいと思いますが、

実は、かたさんさまの第4子が一昨日元気に生まれたようですので

ご祝儀として最優秀回答者賞を差し上げたいと思います。おめでとうございます。

_さま申し訳ございません。

2016-09-25

先週の解答(あるなしクイズ56)

それでは先週の解答です。

先週の問題はあるなしクイズでした。


     ある        ない

_______________


     首         亀 


     顎         エラ


     背         骨


     腰         臀部


     目         瞼


   鎬(しのぎ)    忍(しのぶ) 追加ヒント1


     茨          城   追加ヒント2  


     江戸        東京   追加ヒント3 


_______________


「ある」ほうに共通するものはいったいなんでしょう?


という問題でした。

今回の答えは鋸の部分の名称になります。

f:id:toshikane:20160925214819j:image

f:id:toshikane:20160925214820j:image

首は柄との間の部分

顎は鋸の刃先手前の部分で

背は刃先向こう側面ですが片刃鋸の場合刃の反対面も背と言います。

腰のない鋸はごめんなさいですね。

目は目立ての目。鋸の刃の別称です。

鎬はヤスリで研いだ研ぎ面

茨は両刃鋸の横目の形状の「茨目

江戸茨目が(底辺:刃の高さ=1:2)に対して底辺と高さがほぼ同じ雁頭鋸に使われる目のこと。

今回例題回答を頂きましたかたさんの「歯」ですが

普通は鋸を部分を呼ぶときに「刃」を使い「歯」は使いませんが

日本語の解釈では硬く鋭利な部分が「刃」であり、硬く鋸状になっている部分は歯車など

「歯」を使います。歯車のギザギザ加工をすることを「歯切り」と言いますが

鋸も同様に製造工程で板の状態から「刃(歯)切り」をします。

鋸の刃切りの段階ではまだ鋭利ではないため。日本語的解釈からすれば

歯車と同様の歯切りの方があっていると思います。

ですから今回正解にいたしました。

今回はローカルな呼び方が入っているので難しかったと思いますが

勝手ながら、師匠の父からの呼び方で表記しているので、ネット検索すると

違った呼び方も多数出てくると思いますがご了承願います。


最後になりますが、今回の最優秀例題賞は

アサリにあってアワビにない」

の_さまに差し上げたいと思いますが、

実は、かたさんさまの第4子が一昨日元気に生まれたようですので

ご祝儀として最優秀回答者賞を差し上げたいと思います。おめでとうございます。

_さま申し訳ございません。

一昨日のZソーアタッチメントIIの件

一昨日コメントでZソーアタッチメントIIが

日立のセーバソーにZソーを付けると刃がベースに干渉して使えないとのことで

HPの記述を変更しようと思ったんですが、

その前に何かで切ることはないか?考えてみた。

以前、考えてボツになった件を思い出した。

Zソーアタッチメントを伸ばせば解決するが、首を伸ばしすぎると首が折れてしまいそうで

案はボツになったが、強度がある程度出れば回避できるだろう。

とにかく想像では限界があるので、試作する。

f:id:toshikane:20160924234709j:image

これで首が20mm伸びた。

f:id:toshikane:20160924234710j:image

下がZソーアタッチメントIIで上が試作。

首の弱い部分は鉄板を2枚分にして両端を溶接した。

早速おこちさまに連絡しようとメールボックスを調べてみるが連絡先が出てこない。

5か月ほど遡ると同様のコメントがあったので、メールを入れる。

数分後、返信が来た。

しかし、おこちさまではなかったが、ぜひ使わせてほしいとのことで、送ることにした。

結果が出るまで時間がかかるとは思いますが、おこちさま申し訳ございません。

にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
ランキングに協力を一日一回
にほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ
クリックして下さい