Hatena::ブログ(Diary)

大工道具屋のひとりごと

2019-01-10

KOKI PRESS

日立工機から続いている販売店向け小冊子が今月も届いていました。

f:id:toshikane:20190109223443j:image

市場や情勢・販売術などの記事と販売店紹介および新製品案内で毎月まとまっております。

製品案内以外は勝手にご紹介はできませんので、新製品案内の部分だけ紹介します。

f:id:toshikane:20190109223444j:image

あくまでもこれは販売店向けなんですが、ユーザー様向けの謳い文句と何も変わっておりません。

要するにメーカーは販売店に対し、メーカーの謳い文句をそのままユーザー様に伝えてほしいと言うことでしょう。

でも、この方法を行うと不利なのは個人店。

どの販売業者に伺っても同様の回答だとお客様は価格の安いところに行きます。

価格が安いところとは手間の掛けないネットショップが有利になります。

メーカーが個人店に最低限の利益を取りつつ拡販して頂こうと思うのであれば

販売店にネットショップ量販店に出来ない手間を掛けさせる方向にもっていかないと

個人店の勝機はありません。

言い返すとそれを全くしないと言うことは

メーカーにとって、個人店はどうでも良い。ネットショップ量販店に拡販していただき

個人店は掛け売りで購入されるユーザー様の信販会社とでも思っているのでしょうか?


結局個人店は、自力で頑張らないといけないようです。

同業者の中には「売れない」「儲からない」とメーカーに責任を押し付けている方が見受けられますが

そんな同業者に限って何もしないケースが多いような気がするのは私だけでしょうか?

スパイラルスパイラル 2019/01/10 07:50 厳しい時代ですが
自社修理や細かなアドバイスや配達等をして下さる
トシカネさん見たいなお店を選びます。

安かろうがネットショップは面倒くさいし
ネットショップっで買った工具を付き合いのある金物屋さんに出すのも心が引けますし
私の付き合いのある金物屋さんは
自社修理をしてないから毎回修理代が高く参ります
トシカネさんのお店が近くなら一択ですね。
遠すぎて悔みます

toshikanetoshikane 2019/01/10 23:06 スパイラルさま
お近くではなくて申し訳ございません。
最近は少し離れた方が修理品の依頼に来るケースが増えています。
修理は面倒だと思われがちですが、製品を販売しているよりも
利益率は良いし、悪い言い方ですが
製品は販売すると貸しを作ったと思われますが
修理の場合は借りを作ってしまったと思って頂けます。
それなのほとんどの販売店が修理をしないのは意味が分かりません?

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/toshikane/20190110/1547070261