平安のアブラカタブラ

2013-02-18

太る地球を目撃

ロシア隕石、度肝を抜かれましたね。ロシアでは交通事故でもめる

ことが多いので、車載カメラがたくさんとか・・・、思わぬグレート

ショット
でしたね。

あんなにはっきりと映し出されたのは初めてでしょうね。ロシア

人々がたくさん負傷されているのに不謹慎ですが、正しく地球が太っ

ているのを目の当たりにできました。地球は大気圏に突入する無数の

ちりや隕石で少しずつ重くなっています。でもそれを感じることは普

段では全くなく、このようなダイナミックな現象ではじめて理解がで

きますね。減量ファクターは人工衛星や月着陸船などですが、たぶん

微々たる量だと思います。

では、飽食時代である人間がバクバク食べて肥満していくと地球は重

くなるのでしょうか?そんなわけないですよね。食物連鎖でプラスマ

イナスゼロになります。人間もいずれ死ぬと灰と水と二酸化炭素にな

るわけで、それを植物が取り込み成長し、それを動物が喰らって、と

どのつまりは質量保存の法則で収支ゼロになります。うまくできてい

ますよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/toshiyagi0722/20130218/1361177927