tosiboの徒然

2017-10-09 40年 このエントリーのブックマークコメント

高校時代の同級生が57歳にして一念発起。大型免許を取得してCB1100EXをゲット!

f:id:tosibo3:20171009144039j:image

私より10か月も誕生日の早い彼は高校時代、早々に中免取っていきなり私の家にCJ250Tを乗りつけてきて、免許の取れない私は地団駄踏んだ覚えがあります。


2台目の愛車、Z400RS(これまた今では超レアですね(^^;)を最後に40年もバイクから遠ざかっていた彼がこっち側に戻ってきたってことで、同じく同級生のハヤブサ君も交えて日帰りツーリング。

f:id:tosibo3:20171009084428j:image

大子駅前で軍鶏鍋を食し、

f:id:tosibo3:20171009121401j:image

里見牧場でジェラート。

f:id:tosibo3:20171009141405j:image

日立の海を堪能して、

f:id:tosibo3:20171009202310j:image

足慣らしは無事終了(^^)。

途中CBが交差点を曲がるたび、曲がった直後に反対側のウインカーが一瞬点灯するのを不思議に思っていたのですが、どうやら自分の愛車のウインカーがプッシュキャンセル式であることを知らなかったらしい。スライド式だと思って戻し過ぎてたのね(笑)。


いやぁ、なんか青春時代が蘇ってきた感じのツーリングでした。

2017-10-02 OZE 2017秋 このエントリーのブックマークコメント

「明日の関東は文句なしの晴天です!」

NHKの天気予報で南さんがそう言っていました。

このおじさん、名前と言い髪の毛の具合と言い、なんか親近感感じるんです(^^ゞ。

朝晩急に涼しく(というより寒く)なってきて、間もなく雪の便りも聞こえるだろうと、今シーズン最後の尾瀬へ。

f:id:tosibo3:20171001072029j:image

でも、今回は湿原はパス。この山に登るのだ。

f:id:tosibo3:20171001084836j:image

燧ケ岳と並んで尾瀬を代表する至仏山。

森林限界が低いために眺望がよく、大好きな山です。

ただ、一見なだらかに見える山ですが、登山道は山の鼻からの標高差およそ800mの頂上までほとんど直登である上に、滑りやすい蛇紋岩の岩だらけのため、結構しんどい山です。

山の鼻で暖かいコーヒーで一服し、

f:id:tosibo3:20171001085118j:image

登山道入り口までの自然探求路でちょっと湿原を楽しんでから、登山開始。

f:id:tosibo3:20171001090800j:image

湿原の紅葉はちょっと早い感じ。

f:id:tosibo3:20171001085324j:image

f:id:tosibo3:20171001084939j:image

でも、登り始めて30分も歩くとこんな景色が!

f:id:tosibo3:20171001095006j:image

いやー素晴らしいです。

f:id:tosibo3:20171001095251j:image

実は私、今シーズンは初登山だったりします。

加えて8月に1週間ほど入院したりしまして、ここ1年運動らしい運動は全くしてません。

なので、こんな道はさすがにキツイ(>_<)。

f:id:tosibo3:20171001103220j:image

でも、疲れた時、ふと振り返るとこんな景色が広がっているのがこの山の魅力。

f:id:tosibo3:20171001111729j:image

きれいな景色だけでなく、きれいな山ガールと出会えるのもこの山の魅力(爆)。

f:id:tosibo3:20171001114217j:image

やがて遠くに見えるアヤメ平の高さを越えます。f:id:tosibo3:20171001120313j:image

一見、歩きやすくするためと自然保護のために作られたと思われる階段。

f:id:tosibo3:20171001121613j:image

でも、これが意外に曲者。岩場であれば自分の歩幅で小刻みに登れるところ、階段があると強制的に歩幅は一段の幅と高さを一歩で登らなきゃなりません。

場所によっては太腿をヘソより高く上げなければ登れない個所もあったりしてかえって体力を奪われるんです。

f:id:tosibo3:20171001121641j:image

攣りそうになる太腿を何とかかばいながら無事登頂成功。

f:id:tosibo3:20171002225910j:image

頂上からは稜線沿いに小至仏山を経由し、

f:id:tosibo3:20171001132737j:image

再び燃えるような紅葉を楽しみながら下山。

f:id:tosibo3:20171001150533j:image

午後4時、戸倉の駐車場まで戻り、20時少し過ぎ無事帰宅しました。

それにしても、今回、登りの標準時間3時間の所、4時間もかかりました。

1週間の入院生活は一気に体力を落としてしまったようです。

来年は体を鍛え直して、再度登ってみたいと思います。

2017-09-24 熊本 このエントリーのブックマークコメント

週末、所用で熊本まで行ってきました。

九州と言えば、バイクや船では何度も行っていますが、飛行機で行くのは初めてです。

f:id:tosibo3:20170922085535j:image

羽田空港の搭乗口は69番。第2ターミナルの端っこの端っこ。いや、遠い遠い。飛行機に乗る前に疲れてしまいました(^^;。

でも乗ってしまえばあっという間。羽田から2時間弱で到着。かつて400カタナで36時間もかかったのとはえらい違いです。

そして、いきなりくまもん(^^♪

f:id:tosibo3:20170922120036j:image

空港で、事前に予約していたレンタカー借りました。

コンパクトカーで車種指定はできないやつだったので、ヴィッツか何かだろうと思っていたのですが、渡されたのは大嫌いなプリウス(-_-;)。

f:id:tosibo3:20170923101515j:image

現行車だから、会社のプリウスよりまマシかと思いきや、乗りにくさは相変わらずです。

何が嫌って、何であんなに死角が多いんですかね、この車。ダッシュボードは左右が盛り上がっていて(普通逆だろ)、車の左右の下がまるで見えないし、リアは変な窓のおかげでこれまた死角がデカい。ボンネットは運転席からは全く見えないので、車の先端がどこまであるのてんで感覚がつかめません。おまけに3ナンバーの車体は予想以上にデカい。これじゃ運転のおぼつかない高齢者じゃなくても、あちこち突っ込むのも無理はないと思うのです。

帰宅して、ロードスターに乗ったら、何て運転しやすい車なんだと感動しましたよ。

唯一、これいいなと思ったのは、クルーズコントロール。完全停止まで先行車にちゃんと追随するので、高速道路を使った長距離なんかでは一度味わったらやめられない機能かもしれません。

約束の時間にはちょっとまがあったので、先にホテルにチェックインして市内を散策。

f:id:tosibo3:20170922184405j:image

いやー熊本って大きな町なんですねぇ。

f:id:tosibo3:20170922212956j:image

先の地震で大きな被害を受けた熊本城は絶賛修復中。

f:id:tosibo3:20170922154549j:image

夜は取引先のパーティーで、アルゼンチンタンゴを見せていただきました。

f:id:tosibo3:20170922204740j:image

翌日、帰りの飛行機まで時間があるので阿蘇まで足を延ばしてみました。

f:id:tosibo3:20170923095503j:image

人いきれで息が詰まりそうな都会より、こっちの方が私には性に合います。

f:id:tosibo3:20170923095539j:image

4年に一度、ただ一枚の写真を撮るということのためだけに全国からバイク乗りたちが集まるという草千里。

f:id:tosibo3:20170923100623j:image

いつかは参加してみたいものです。

締めは熊本ラーメン&チャーシュー丼。

f:id:tosibo3:20170923124825j:image

墜落もハイジャックされることもなく、19時半に無事帰宅。

ちと疲れました。

牙 2017/09/25 07:22 いいなあ。熊本出張。
飛行機はスターウォーズのに乗ったのですか?

tosibo3tosibo3 2017/09/25 19:16 ☆牙ちゃん
さすがに飛行機は普通の奴でした。
行きはANA、帰りはソラシドエア。


熊本は先の地震で復興まっただ中でした。
でも、福島と根本的に違うのは、地震だけなら「復興できる」ということですね。
なんかこっちの方が勢いを感じたし、応援したくもなりました。

2017-09-17 子育て このエントリーのブックマークコメント

どうやら我が家の瓦屋根にはスズメの巣がいくつがあるようで、5月頃の産卵シーズンになるとそりゃーもう賑やかなんですが、今年は秋になって再び子育てをしているようです。


台風接近の雨の中、ずぶ濡れになりながらもせっせと餌を運ぶ親スズメ。

f:id:tosibo3:20170917081104j:image

ヒバリなんかだと、卵や雛をカラスや蛇に盗られちゃうと直ちに2度目の産卵をして子孫を残そうとするんだそうですが、この親スズメも春先の子育てに失敗しちゃったのでしょうか。


と、また違う虫捕まえてきました。

f:id:tosibo3:20170917081158j:image

今度は無事巣立ちできるといいね。

お、シジュウカラも来た。

f:id:tosibo3:20170917094938j:image

あ、どうせ虫捕まえるなら、被害甚大のアメリカシロヒトリ捕まえてください。

2017-06-05 OZE2017初夏 このエントリーのブックマークコメント

体調もだいぶ戻ってきたので、ミズバショウを見に。

f:id:tosibo3:20170604085643j:image

初夏と言っても途中の戦場ヶ原は気温1.7℃。

残雪もしっかり残っていたし、晴れるかと思っていたのですが終日雨のちどん曇りで結構寒かったです。

f:id:tosibo3:20170604110054j:image

でもミズバショウはちょうど見頃でした。

f:id:tosibo3:20170604114004j:image

それにしてもすごい人出でした。

帰りの山の鼻→鳩待峠は大渋滞。

誰でも行ける尾瀬ではありますが・・・

f:id:tosibo3:20170604120614j:image

ドクターヘリも出動していました。

転倒して骨折でもしたのか、若い女の人が腕に添え木を当てて真っ青な顔をして山小屋に駆け込んでいたから、乗っているのはたぶんあの人だろうと思います。

この他にも、私の目の前を歩いていたおじさんが、木道を踏み外し、突然視界から消えたのにはびっくりしました。

そのおじさん、5分後には今度は滑ってすってんころりん。

私はと言えば、病み上がりのリハビリのつもりで、湿原周辺だけのコースを選んだのですが、情けないことにバテバテでした。

1週間も寝込むと、なかなか回復しないお年頃になってきたんですかね。アーヤダヤダ。

おまけ。

東電小屋のおばちゃん、ジェラートの作り方へたくそすぎw

f:id:tosibo3:20170604111355j:image

もうね、見ていて大笑い。

「量と味は変わんないから」って、そりゃそうだけど・・・w